logo
logo
マウスピース矯正
最終更新日:2024年3月1日

出っ歯はマウスピース矯正ができない?改善可能な例と難しい例を紹介

かかりつけの歯科医院で「出っ歯はマウスピース矯正ができない」と言われてお困りではありませんか。マウスピース矯正で出っ歯が治るかは、症例によって異なります。当記事では実際にマウスピース矯正で改善できた症例や、マウスピース矯正ができない例を紹介します。

真由美さんアイコン
歯科矯正ブログ編集チーム

木村真由美

Oh my teethでのマウスピース矯正を経て、2021年6月に株式会社Oh my teethにジョイン。マウスピース矯正経験者としてOh my teethのオウンドメディア「歯科矯正ブログ」にて記事を更新中。ミッションは「歯並びに悩むすべての方に歯科矯正の確かな情報をお届けすること」。

周囲に気づかれにくいマウスピース矯正で出っ歯の治療をしたいのに、歯科医院に相談したらワイヤー矯正を勧められて困ってはいませんか。

マウスピース矯正はワイヤー矯正に比べて治療可能な範囲が限定されますが、必ずしも出っ歯の治療ができないわけではありません。症例によっては、マウスピース矯正で出っ歯が改善できる場合もあります。

当記事では、マウスピース矯正ができる出っ歯、できない出っ歯について詳しく解説します

マウスピース矯正で出っ歯が改善できる場合の費用や期間の目安も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

出っ歯はマウスピース矯正ができない?

マウスピース矯正で出っ歯は治せる?

結論から言うと、出っ歯だからといって、必ずしもマウスピース矯正ができないわけではありません。

マウスピース矯正は歯並び全体を整えるものや、上下の前歯のみに特化しているものなど、ブランドによって適応範囲が異なります。

どのブランドのマウスピース矯正も、ワイヤー矯正に比べると適応範囲は限られますが、それぞれのブランドが定める適応範囲内の出っ歯である場合はマウスピース矯正での治療が可能です。

そのため、自身の出っ歯がマウスピース矯正で治るか確かめるには、まず歯科クリニックで実際に歯並びを診てもらう必要があります。

マウスピース矯正 Oh my teethでは、矯正プランの適合診断が無料で受けられます。診断結果は最短即日でLINEに送信。

これにより、自身の出っ歯がマウスピース矯正で改善できるのか、また現在の歯並びが具体的にどのような状態なのかがわかります。

無料診断予約ボタン

マウスピース矯正ができる出っ歯

出っ歯の症例

出っ歯は骨格に原因がある「骨格性上顎前突」と、歯に原因がある「歯性上顎前突」の2種類に大きく分けられます。

マウスピース矯正は歯を移動させて歯並びを整える治療方法であるため、骨格的なバランスに問題のない歯性上顎前突のほうが適応されやすいです。

ただし、マウスピース矯正ができる出っ歯は限定されており、症例によってはマウスピース矯正での治療が難しい場合もあります。

マウスピース矯正ができる出っ歯は、前歯の重なりが少ないなど、基本的には軽度の症例のみです。

以下は実際にマウスピース矯正 Oh my teethで出っ歯が改善した例です。

出っ歯 症例
  • 総額:33万円 (税込)

  • 期間:2ヶ月

  • 備考:非抜歯/部分矯正/研磨処置込

出っ歯 症例
  • 総額:33万円 (税込)

  • 期間:4ヶ月

  • 備考:非抜歯/部分矯正/研磨処置込

マウスピース矯正 Oh my teethの出っ歯の症例(全体矯正)
  • 総額:66万円 (税込)

  • 期間:10ヶ月

  • 備考:非抜歯/全体矯正/研磨処置込

症例 注意
症例をもっと見るボタン

マウスピース矯正ができない出っ歯

マウスピース矯正ができない出っ歯

以下のいずれかに当てはまる出っ歯の場合は、マウスピース矯正での治療が難しいと診断される可能性が高いです。

  • あごの骨格の問題

  • 複雑な症例

  • 重度の歯周病

  • インプラントが多い

  • 埋伏歯がある

  • 装着時間が守れない

それぞれについて詳しく解説します。

あごの骨格の問題

前述の通り、マウスピース矯正は歯を移動して歯並びを整える治療方法です。

そのため、上顎骨ごと前方へ突出している、あるいは下顎骨が後退しているなど、あごの骨格に異常がある出っ歯はマウスピース矯正のみでの治療が難しいです。

骨格に原因がある出っ歯は、そのほかの歯科矯正のみでの治療も難しく、顎矯正手術という外科手術が必要となるケースも少なくありません。

複雑な症例

出っ歯だけでなく受け口などが複雑に絡み合う場合や、歯を大きく移動させる必要がある場合は、たとえあごの骨格に異常がなくても、マウスピース矯正だけでは対応できないことがあります。

なぜなら、マウスピース矯正は歯を前後に移動させることを苦手としているためです。マウスピース矯正での治療が難しい出っ歯と診断された場合は、ワイヤー矯正が適応となることが多いです。

また、ワイヤー矯正で大きく歯を移動させてからマウスピース矯正を行う「コンビネーション矯正」が適応される場合もあります。

重度の歯周病

歯周病とは、歯垢(プラーク)に含まれる細菌によって引き起こされる病気です。

初期段階では歯茎の腫れやかゆみなどの症状が見られ、進行すると歯を支える骨が溶けて、最終的には歯がグラグラしたり、抜けたりすることがあります。

そのため、重度の歯周病と診断された場合は疾患の治療が優先となり、マウスピース矯正を含む全ての歯科矯正ができないことが多いです。

インプラントが多い

インプラントとは、あごの骨にネジのような形状をした人工の歯根を埋め込む治療方法です。

インプラントが多い場合は、軽度の出っ歯であってもマウスピース矯正が難しくなる場合があります。なぜなら、インプラントは一度埋め込まれると、骨と結合して動かすことができなくなるためです。

インプラントは本数が多いほど、歯の移動に制限がかかります。本数によってはマウスピース矯正だけでなく、ワイヤー矯正など、そのほかの歯科矯正も難しくなります。

埋伏歯がある

埋伏歯(まいふくし)とは文字通り、あごや歯茎に埋まっている歯を指します。埋伏歯がある場合は歯を引っ張り出さなくてはならないため、マウスピース矯正のみでの治療が難しいです。

ただし、埋伏歯が親知らずの場合は、抜歯が必要となるケースが多いため、マウスピース矯正ができる可能性があります。

装着時間が守れない

マウスピース矯正はブランドごとに、歯を動かすために必要なマウスピースの装着時間を定めています。

平均的には1日20時間以上の装着が推奨されており、これが守れない場合は、たとえマウスピース矯正で改善が見込める出っ歯でも、納得のいく治療結果が得られないことが多いです。

そのため、マウスピースのつけ忘れやモチベーションの維持が心配な方は、サポート体制が充実しているマウスピース矯正を選ぶのがおすすめです。

マウスピース矯正 Oh my teethでは、専属医療チームがあなたの矯正ライフを24時間LINEでサポート。装着リマインドでマウスピースのつけ忘れが防げるほか、矯正中に異変を感じた場合はすぐに相談ができます。

マウスピース矯正Oh my teeth卒業ユーザーの声

マウスピース矯正で出っ歯の治療が難しい理由

マウスピース矯正で出っ歯の治療が難しい理由

出っ歯は不正咬合の中でも、マウスピース矯正での治療難易度がとくに高いです。その理由は以下の通りです。

  • マウスピースで骨格の矯正ができないため

  • 出っ歯の原因を突き止める必要があるため

歯科医師によっては、マウスピース矯正ではなく、ワイヤー矯正を勧められる場合も。そのため、マウスピース矯正で出っ歯を治したい場合は、歯科医師の技術力が高く、マウスピース矯正の治療症例数が多い歯科クリニックを選ぶ必要があります。

マウスピースで骨格の矯正ができないため

前述の通り、骨格に問題がある出っ歯を治療する場合は、あごの形や大きさなど、骨格そのものを改善する必要があります。

しかし、マウスピース矯正はあくまでも歯を動かす治療方法であり、骨格の矯正はできません。マウスピース矯正で出っ歯の治療が難しいのは、このような理由が大きいです。

出っ歯の原因を突き止める必要があるため

出っ歯の原因は先天的なものと後天的なものに分けられます。

先天的な原因とは、遺伝による骨格異常を指します。このような場合は先にもお伝えした通り、外科手術やほかの歯科矯正との併用が必要となることが多いです。

一方、後天的な原因とは、主に口周りの悪習慣を指します。出っ歯になりやすい口周りの悪習慣は以下の通りです。

  • 指しゃぶり

  • 歯ぎしり

  • 舌で歯の裏側を押す

  • 舌を上下の歯の間に挟む

  • 下唇や爪を噛む

このような口周りの悪習慣がある場合は、マウスピースで歯並びを整えるだけでなく、出っ歯の要因となる悪癖を改善する必要があります。

そのため、出っ歯をマウスピース矯正で改善する際は、歯科医師が出っ歯の原因をしっかりと突き止めなければなりません。

原因を特定できないままマウスピース矯正を行うと、治療完了後に後戻りを起こすことがあります。

出っ歯でもマウスピース矯正ができる場合の費用と期間

出っ歯でもマウスピース矯正ができる場合の費用と期間

出っ歯でもマウスピース矯正ができる場合の費用と期間の目安を紹介します。

費用の目安

出っ歯のマウスピース矯正にかかる費用は、矯正範囲と使用するマウスピースの枚数によって異なります。ここでは部分矯正と全体矯正の費用相場を紹介します。

  • 部分矯正の費用:10万〜40万円程度

  • 全体矯正の費用:60万〜100万円程度

マウスピース矯正は基本的に保険適用外となるため、歯科クリニックによって料金に差があります。また、マウスピースの追加作成が必要となった場合は、作成費用に加えて精密検査代などの追加料金がかかることも。

マウスピース矯正 Oh my teethは一律料金で、追加費用もなし(※1)。矯正プランはBasicプランとProプランの2種類を用意しています。

  • Basicプラン:上下前歯に特化した部分矯正プラン。期間に関わらず一律33万円(税込※2)。矯正期間は平均3ヶ月

  • Proプラン:奥歯からなおす全体矯正プラン。期間に関わらず一律66万円(税込※2)。矯正期間は平均6ヶ月

※1…マウスピースを破損、紛失の場合は別途料金が発生します

※2…平均期間は2020/1~2023/7のBasicプラン/Proプランの平均(保定期間除く)

無料診断予約
あわせて読みたい

マウスピース矯正 Oh my teethの費用や支払い方法:追加費用が発生するケースとは?

期間の目安

費用と同様に、マウスピース矯正で出っ歯を治療する場合の期間も、部分矯正と全体矯正のどちらが適合されるかで異なります。それぞれの期間の目安は以下の通りです。

  • 部分矯正の期間:2ヶ月〜1年程度

  • 全体矯正の期間:1〜3年程度

上記はあくまでも目安です。出っ歯の度合いやほかの歯並びの状態によっては、矯正期間が目安よりも長くなる場合があります。

あわせて読みたい

マウスピース矯正にかかる期間は?期間短縮のための3つのポイント

自身の出っ歯がマウスピース矯正適応か知りたい方へ

出っ歯は不正咬合の中でもマウスピース矯正が難しいとされていますが、必ずしもマウスピース矯正ができないわけではありません。

骨格に異常がない軽度の出っ歯は、マウスピース矯正で改善できる可能性があります。ただし、マウスピース矯正ができるかは、実際に診断を受けてみないとわかりません。

マウスピース矯正 Oh my teetでは、診断に必要な口腔内検査・レントゲン撮影・3D歯型スキャンなど各種検査が無料で受けられます。

「自身の出っ歯がマウスピース矯正適応か知りたい」という方は、ぜひ以下のボタンからお気軽にご予約ください。

無料診断予約ボタン

矯正についてもっと知る

ドクター所属学会(一部)

矯正歯科治療にともなうリスクについて