logo
logo
マウスピース矯正
最終更新日:2024年3月8日

マウスピース矯正で顔は変わる?代表的な3つの変化とは

マウスピース矯正で顔は変わる?代表的な3つの変化とは

「マウスピース矯正で顔は変わるの?」「顔が長くなるとか、悪い変化が起こらないか心配」こうお悩みの方に向けて、本記事ではマウスピース矯正で起こる代表的な顔つき・見た目の変化と、逆に変化が見込めないケースを解説します。

万樹さんアイコン
歯科医師

西尾万樹

東京表参道矯正歯科 院長。北海道医療大学歯学部卒業。2018年歯科医師免許取得。旭川医科大学病院口腔外科にて研修後、矯正歯科勤務。2020年コスメコンシェルジュ取得。

マウスピース矯正をすると顔が変わることもあれば、変わらないこともあります。

こう聞くと

「どういう歯並びをなおすと顔の変化が起こりやすいの?」
「顔が長くなるとか、悪い変化が怒った話も聞いたんだけど、私は大丈夫?」

など疑問が出てきますよね。

そこで本記事では、マウスピース矯正で起こる代表的な顔の変化3つと、顔が変わるケースと、変わらないケースを解説。

実際の症例とともに顔つきの変化を紹介しますので、これから歯科矯正を検討している方は必見です。

本記事の要点
  • マウスピース矯正で顔つきが変わるのは噛み合わせが整ったときなど

  • 抜歯を行わないマウスピース矯正(非抜歯矯正)は抜歯矯正より顔が変わりにくく、最も変化が起こりやすいのは外科手術をともなう矯正治療

  • マスクのつけ外しでマウスピース矯正後に顔の印象が変化するかチェックできる

\目次タップで説明箇所へジャンプ👇/

マウスピース矯正 Oh my teethの無料診断を予約する

マウスピース矯正で顔は変わる?代表的な3つの変化

マウスピース矯正で起こる顔の変化

マウスピース矯正は、透明なマウスピースをつけて歯並びと噛み合わせを整える矯正方法です。マウスピースは薄いため、装着しても顔つきが変化することはありません。しかし、歯並びと噛み合わせが整うと、次第に以下のように顔つきの変化が起こることがあります。

①口が閉じられるようになる

口が閉じられるようになるのは、マウスピース矯正によって出っ歯が改善すると起こり得る顔の変化です。

出っ歯は口を閉じようとしても前歯が邪魔になって唇が引っ掛かってしまい、うまく閉じられず、常にぽかんと口が開いた状態になることがあります。マウスピース矯正によって出っ歯が引っ込むと、口が閉じられるようになり、口元の印象が改善します。

②エラが引っ込む

いわゆる「エラが張った状態」は、骨格に原因があるケースもあれば、エラの部分にある「咬筋」が過度に発達しているケースもあります。

咬筋が過度に発達してしまう原因の一つとして、歯ぎしりがあります。そして歯ぎしりの原因の1つが、歯並びが乱れていることによる噛み合わせの悪さです。

この場合、マウスピース矯正で噛み合わせが整うと歯ぎしりが減り、咬筋への負担も軽減。結果、咬筋の過度な発達がなくなり、エラが引っ込むことがあります。

あわせて読みたい

歯列矯正でエラは変化する?変化する人・変化しない人の特徴まとめ

③横顔のバランスが整う

マウスピース矯正によって出っ歯が改善すると起こりやすい顔の変化です。出っ歯が引っ込み口元の突出がなくなると、横顔のバランスが整います。

理想的な横顔と口元が出ている横顔

横顔の美しさの指標として「Eライン」というものがあります(上のイラストの赤いライン)。Eラインとは鼻先とあご先をつないだラインで、口先がこのラインの内側、あるいはライン上にある状態が美しい横顔だとされています。

マウスピース矯正によって出っ歯が改善されるとEラインが整い、横顔が美しくなることがあります。

あわせて読みたい

Eラインとは?確かめ方から横顔美人になる方法まで解説

マウスピース矯正で変化が見込めない部分

マウスピース矯正で変化が見込めない2つの部分

マスピース矯正で改善できるのは歯並びや噛み合わせです。目の大きさや鼻の形、歯の大きさに変化をもたらすことはできません。

①目の大きさや鼻の形

ここまでで紹介したのは、あくまでも可能性として考えられるマウスピース歯科矯正後の顔の変化です。注意してほしいのが、マウスピース矯正やワイヤー矯正といった歯科矯正はあくまでも口腔内にアプローチするものだということ。

噛み合わせが整い顔のバランスが整う、といった副次的な効果はあるかもしれませんが、「目が大きくなる」「鼻の形が変わる」といった劇的な顔つきの変化は起こりません

②歯の大きさ

歯の大きさを変えることは、マウスピース矯正のみならず歯科矯正では難しいです。ただし、歯並びの悪さによって相対的に歯が大きく、または小さく見えている場合、歯並びが整うことで歯の大きさも整って見えることがあります。

たとえば下の写真のような症例の場合、矯正前は一番前の歯と二番目の歯とのガタつきが大きく、一番前の歯が相対的に大きく見える原因になっていました。矯正後はガタつきが改善されるとともに、一番前の歯が相対的に大きく見えることも改善されました。

マウスピース矯正 Oh my teethの症例(部分矯正)
  • 年齢・性別:30代女性

  • 総額:33万円(税込)

  • 期間:3ヶ月

  • 備考:非抜歯/部分矯正 研磨処置込

※保険適用外の自由診療です。※効果や感じ方には個人差があります。※マウスピース橋正(Oh my teeth含む)の主なリスク:虫歯・歯周病・ブラックトライアングル・歯根吸収・歯肉退縮・1日20時間以上のマウスピース装着が必須・マウスピースにより痛みを感じる可能性・治療中に一時的にかみ合わせに不具合をきたす可能性・リテーナーを最低1年間は1日20時間以上装着、その後徐々に着用時間を減らし、2年目以降は夜間のみの着用推奨。

  • マウスピース矯正 Oh my teethのこのほかの症例はこちら

あわせて読みたい

【マウスピース矯正できない例6つ】あなたは当てはまる?【歯科医師監修】

マウスピース矯正で悪い顔の変化が起こるって本当?

マウスピース矯正による顔の変化でよくある勘違い

マウスピース矯正による顔の変化に関して、よくある質問を紹介します。

顔が長く見える?

マウスピースの厚みによって、鼻の下の縦のくぼみ(人中)が伸びて顔が長くなったように感じることがあります。しかし、マウスピースの厚みは0.5mm程度と非常に薄く、顔が長くなるような変化をもたらすことはありません。初めはマウスピースをつけることで唇が引っかかる感じや人中が伸びるような感覚があるかもしれませんが、つけ始めて2〜3週間程度で慣れてきます。

歯並びが整うと顔がたるむ?

出っ歯の場合、突出した歯によって頬の皮膚が引っ張られていることも多く、歯並びが整うと頬の皮膚も下がってたるんで見えることがあります。しかし、マウスピース矯正によって皮膚の状態が変化することはありません

あわせて読みたい

歯科矯正で輪郭が変わるって本当?顔の変化が現れやすい5つの症例

ほうれい線が濃くなるって本当?

マウスピース矯正によってほうれい線が濃くなることはありません。しかし、出っ歯で皮膚が引っ張られていた場合は、歯並びが整うと皮膚が本来の位置に戻るので、ほうれい線が濃くなったように感じることがあります。

注意点

歯科矯正治療においては、自分が理想とする歯並びと、ドクターが理想とする歯並びをしっかりすり合わせることが大切です。

「顔が変わってこんなはずじゃなかった」と後悔しないためにも、カウンセリングでしっかりドクターとコミュニケーションをとりましょう。

詳しくは以下の記事も参考にしてください。

あわせて読みたい

歯列矯正の失敗事例7選!失敗する原因や対処法を解説

そもそも矯正で変化が起こるのはいつから?

マウスピース矯正は歯を動かしてきれいに並べる治療ですから、当然顔の変化だけでなく、当然歯並びの変化の具合も起こります。むしろ顔の変化は副次的なものと捉えたほうがよいです。

「いつから歯並びは変わるの?」という疑問に関してですが、歯並びの乱れには個人差があるため、一概に「いつから変わる」とは言えません。

ただ歯科矯正でも歯並びの乱れが軽度で、前歯のみなど部分的になおす部分矯正が適応された場合、数か月で矯正が完了するケースも。そのような症例では、早い段階で歯並びの変化を感じられるでしょう。

筆者は出っ歯に悩み、約7ヶ月間、マウスピース矯正の部分矯正を受けましたが、特に大きく前に出ている箇所(下の画像の点線で囲んだ箇所)に関しては、矯正開始後3週目あたりから変化を実感し始めました。

歯の動きの変化
  • 総額:33万円 (税込)

  • 期間:7ヶ月

  • 備考:非抜歯/部分矯正/研磨処置込

※保険適用外の自由診療です。※効果や感じ方には個人差があります。※マウスピース橋正(Oh my teeth含む)の主なリスク:虫歯・歯周病・ブラックトライアングル・歯根吸収・歯肉退縮・1日20時間以上のマウスピース装着が必須・マウスピースにより痛みを感じる可能性・治療中に一時的にかみ合わせに不具合をきたす可能性・リテーナーを最低1年間は1日20時間以上装着、その後徐々に着用時間を減らし、2年目以降は夜間のみの着用推奨。

以下の動画はマウスピース矯正Oh my teethの矯正シミュレーションです。あくまでも予測ですが、ステップごとに徐々に歯が移動しているのがわかると思います(Step1あたり7日間装着が基本です)。

矯正シミュレーション

矯正による変化が気になる場合は、このようなシミュレーションを事前に確認できるクリニックを選ぶのも一つの方法です。

未来の歯並びを見てみる
あわせて読みたい

マウスピース矯正は本当に効果があるの?いつから効果が出るか実例とともに紹介

あわせて読みたい

マウスピース矯正のシミュレーションとは?気軽に使えるアプリも紹介

マウスピース矯正で顔が変わるかチェックする方法

マスクをつける女性

「私ってマウスピース矯正したらどんな感じになるんだろう?」
「顔は変わるのかな?」

こう考えている場合、簡単に矯正前後の変化をチェックする方法があります。それは、鏡の前で、マスクをつけた状態と外した状態の自分の顔を確認する方法です。

マスクを外すと顔の印象がイマイチになる場合

「マスクをつけていると大丈夫、でもマスクを外すと理想の顔のバランスと何か違う……」こう感じるのであれば、顔の上半分と下半分とのバランスが崩れているのかもしれません。

たとえば歯並びの悪さによってエラが張っていたり、あごが左右にずれていたりすることがあります。この場合、マウスピース矯正によって下半分の顔のバランスが整えられ、全体的な顔の印象に変化が生じる可能性があります。

マスクを外しても顔の印象は変わらない場合

口元に影響があるほど歯並びが乱れていない可能性があります。これは八重歯が気になる人に当てはまることが多いです。

一方、八重歯や歯並びの凹凸が気になって人前でなかなか笑顔になれない場合、マウスピース矯正によって笑顔に自信がつき、明るい印象になる可能性があります。

あわせて読みたい

八重歯を抜くと顔はどう変わる?矯正の効果やメリット・デメリットを解説

顔が変わりやすい矯正方法2つ

顔が変わりやすい矯正方法2つ

ここでは、顔が変わりやすい矯正方法について紹介します。

①抜歯矯正:移動スペースが大きい分顔が変わりやすい

歯科矯正は重度の歯並びの乱れの場合、歯がきれいに並ぶスペースを確保するため抜歯を行うことがあります。

一方抜歯をしない歯科矯正では、抜歯の代わりに歯の健康を損なわない程度に歯の表面を削る処置(IPR:研磨処置)を行うケースがあります。

単純に考えて、抜歯すると抜歯した歯の本数だけスペースを確保できます。左右1本ずつ抜歯した場合、約1.5cmのスペースができます。

一方、非抜歯矯正で研磨処置を行う場合、削るのは歯1本あたり0.5mmまで。左右1本ずつとそれに隣り合う歯の研磨処置を行っても、合計4mmのスペース確保に止まります。

このような理由から、抜歯をともなう歯科矯正は、非抜歯で行われる歯科矯正よりも歯の移動距離が長くその分顔も変わりやすいと言われることがあります。

あわせて読みたい

抜歯矯正は口元が引っ込みすぎる?原因や予防方法を紹介

あわせて読みたい

矯正で抜歯は必要?歯を抜く理由やデメリット・メリットを紹介

②外科手術をともなう矯正:骨格から修正するため変化が起こりやすい

歯並びや噛み合わせの乱れは、骨格的な問題から起こっていることもあります。たとえば上あごと下あごの大きさのバランスが悪い、左右にずれている、などです。

このような骨格的な問題がある場合、歯を移動させる歯科矯正のみでは治療が難しく、あごの骨切りなどの外科処置が必要になるケースがあります。

このような外科手術をともなう矯正が行われる場合、骨格から変化がともなうため、顔つきの変化もより起こりやすいでしょう。

顔の変化だけじゃない!マウスピース矯正で得られる2つのこと

顔の変化だけじゃない、マウスピース矯正で得られる2つのこと

歯科矯正では顔の変化だけでなく、以下のような変化も起こり得ます。

①体のバランスが整う

歯並びの乱れによって噛み合わせが悪くなっていると、あご・首の筋肉に過度の負担がかかっていることがあります。それが原因で頭をうまく支えられず、ほかの部分でカバーするために体全体のバランスが歪んでいることも。

体全体のバランスが崩れると、肩こり・腰痛・頭痛といった症状につながっているケースがあります。そこで歯科矯正によって歯並びが改善し噛み合わせが整い、体のバランスも整うと、体の不調が改善することもあります。

②気持ちが前向きになる

歯並びが整うと、心の変化も起こり得ます。たとえば人前で笑顔になることへの抵抗感がなくなり、気持ちが前向きになりやすいでしょう。

特に今まで歯並びの悪さから口元を隠すのが癖になっていた場合、歯科矯正によって歯並びが気にならなくなり、気兼ねなく会話などを楽しみやすくなります。気分が明るくなり、表情が豊かになる人もいます。

以下の動画はマウスピース矯正 Oh my teethユーザーの声です。実際に矯正を感想した方の声として参考にしてくださいね。

私はマウスピース矯正でどう変わる?無料診断を受けてみる

マウスピース矯正で変わる歯並びの例4つ

マウスピース矯正では以下の歯並びをなおすことができます。

  • 出っ歯

  • 受け口

  • ガタガタの歯並び

  • すきっ歯

①出っ歯

マウスピース矯正 Oh my teethの出っ歯の症例(部分矯正・非抜歯矯正)
  • 総額:33万円 (税込)

  • 期間:2ヶ月

  • 備考:非抜歯/部分矯正/研磨処置込

※保険適用外の自由診療です。※効果や感じ方には個人差があります。※マウスピース橋正(Oh my teeth含む)の主なリスク:虫歯・歯周病・ブラックトライアングル・歯根吸収・歯肉退縮・1日20時間以上のマウスピース装着が必須・マウスピースにより痛みを感じる可能性・治療中に一時的にかみ合わせに不具合をきたす可能性・リテーナーを最低1年間は1日20時間以上装着、その後徐々に着用時間を減らし、2年目以降は夜間のみの着用推奨。

出っ歯は、前歯が突出した状態の歯並びのことです。出っ歯の方は、笑ったときに前歯が目立つことから、コンプレックスを持つことも。また、歯が邪魔になって唇が閉じられず、口呼吸になりがちです。口呼吸になると、虫歯や歯周病のリスクが高まります。

骨格に問題がなく、軽度の症例はマウスピース矯正でなおせます

あわせて読みたい

マウスピース矯正で出っ歯は治せる?適応症例や費用目安を紹介

出っ歯の症例をもっと見る

受け口

受け口とは、上の歯よりも下の歯が前に出ている歯並びで、いわゆる「しゃくれ」ている状態のことです。上下の噛み合わせが反対になっているため、顎関節に大きな負担がかかりやすく、将来顎関節症になるリスクが高いです。

軽度の症例であれば、マウスピース矯正でなおせます

ガタガタの歯並び

後戻りユーザーのマウスピース矯正 Oh my teethの症例(部分矯正)
  • 総額:33万円 (税込)

  • 期間:2ヶ月

  • 備考:非抜歯/部分矯正/研磨処置込

※保険適用外の自由診療です。※効果や感じ方には個人差があります。※マウスピース橋正(Oh my teeth含む)の主なリスク:虫歯・歯周病・ブラックトライアングル・歯根吸収・歯肉退縮・1日20時間以上のマウスピース装着が必須・マウスピースにより痛みを感じる可能性・治療中に一時的にかみ合わせに不具合をきたす可能性・リテーナーを最低1年間は1日20時間以上装着、その後徐々に着用時間を減らし、2年目以降は夜間のみの着用推奨。

歯が重なり合っていたり、歯列からはみ出して生えていたりすると歯ブラシが届きにくいため、虫歯や歯周病になるリスクが高い傾向にあります。

軽度のガタガタの歯並びは、マウスピース矯正でなおせることが多いです。

ガタガタの症例をもっと見る

すきっ歯

マウスピース矯正 Oh my teethのすきっ歯(空隙歯列)の症例
  • 総額:33万円 (税込)

  • 期間:3ヶ月

  • 備考:非抜歯/部分矯正/研磨処置込

※保険適用外の自由診療です。※効果や感じ方には個人差があります。※マウスピース橋正(Oh my teeth含む)の主なリスク:虫歯・歯周病・ブラックトライアングル・歯根吸収・歯肉退縮・1日20時間以上のマウスピース装着が必須・マウスピースにより痛みを感じる可能性・治療中に一時的にかみ合わせに不具合をきたす可能性・リテーナーを最低1年間は1日20時間以上装着、その後徐々に着用時間を減らし、2年目以降は夜間のみの着用推奨。

すきっ歯の症例をもっと見る

すきっ歯とは、歯と歯の間にすき間がある歯並びのことです。見た目に悪影響を与えることからコンプレックスを持つ方も少なくありません。

すきっ歯はマウスピース矯正が適している症例の一つです。

あわせて読みたい

すきっ歯を自力で治す方法はある?短期間でできる3つの対策を紹介

上記は一例で、歯並びの状態によってはマウスピース矯正治療が難しいことも。まずは検査を受け、適切な治療法を提示してもらうことが大切です。

ゴールのすり合わせが重要

マウスピース矯正による顔の変化が気になる方は、事前にドクターと矯正後のゴールを十分擦り合わせることが重要。

その際に押さえてほしいポイントが「コミュニケーションの取りやすさ」です。

なんでも相談しやすいドクターなら、事前の矯正ゴールのすり合わせもスムーズで、治療中の不安も解消しやすいです。

マウスピース矯正 Oh my teeth 導入クリニックでも無料でカウンセリングを受け付けており、カウンセリング当日に聞き忘れたことはLINEでいつでも相談できます。

あなたの疑問や不安を解消するお手伝いをしますので、まずはお近くの導入クリニックへお越しください。

マウスピース矯正 Oh my teethの無料診断を予約する
あわせて読みたい

マウスピース矯正の症例(ビフォーアフター)・治療例

マウスピース矯正の治療期間と目安費用

マウスピース矯正を検討するにあたって、期間や費用が気になる方もいるでしょう。ここでは治療期間と目安の費用を紹介します。

治療期間の目安

マウスピース矯正の期間の目安

マウスピース矯正は、症例やなおす範囲によって治療期間が異なります。一部の歯並びだけなおす部分矯正は、2ヶ月~1年程度の治療期間で済むことが多いです。歯並び全体をなおす全体矯正は、1~3年程度と長期間に及びます。

詳しくは以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい

マウスピース矯正にかかる期間は?期間短縮のための3つのポイント

治療費の目安

前歯だけの矯正の種類と費用目安

マウスピース矯正の費用は、ブランドや症例によって大きく異なります。目安費用は、部分矯正で10万~40万円程度、全体矯正では60万~100万円程度です。一般的に使用するマウスピースの枚数が増えると費用が高くなる傾向にあります。

詳しくは以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい

マウスピース矯正の値段は?費用を安く抑える方法も解説

3Dシミュレーションで変化予測を見られるマウスピース矯正

スマホで 3D シミュレーションを眺めている様子

「歯科矯正でどれくらい顔は変わる?」
「変な感じで顔が変わったらどうしよう」

歯科矯正を検討中の方にとって、このような不安やお悩みはつきもの。

マウスピース矯正Oh my teethの無料診断にお越しいただくと、理想の歯並びへの変化予測が見られる3Dシミュレーションを作成できます。

シミュレーション作成に必要なドクターによる口腔内診査・レントゲン撮影・3Dスキャン・診断(一般的に3〜5万円相当)は無料。所要時間は30分で、診断結果は最短即日にLINEに届きます。

必ずシミュレーションを確認いただき、納得した上で矯正を開始できます。無理に契約を勧めることはありませんので、一度ぜひお近くの導入クリニックへお越しください。

私はマウスピース矯正でどう変わる?無料診断を受けてみる
あわせて読みたい

Oh my teethの口コミ・評判・無料診断の流れを徹底解説

あわせて読みたい

Oh my teethは怪しい?通わないマウスピース矯正のメリット・デメリットを徹底解説

矯正についてもっと知る

ドクター所属学会(一部)

矯正歯科治療にともなうリスクについて