logo
logo
マウスピース矯正
最終更新日:2024年3月8日

【マウスピース矯正24種類比較】あなたにおすすめのブランドはどれ?

マウスピース矯正24ブランド徹底比較

マウスピース矯正には多くの種類があり、それぞれ違いがあります。本記事では24種類のブランドやメーカーを比較して紹介。インビザライン・キレイライン・クリアコレクト、そしてOh my teeth。値段(費用)や治療期間を参考に自分に合った歯科矯正ブランドを探してみてください。

真由美さんアイコン
歯科矯正ブログ編集チーム

木村真由美

Oh my teethでのマウスピース矯正を経て、2021年6月に株式会社Oh my teethにジョイン。マウスピース矯正経験者としてOh my teethのオウンドメディア「歯科矯正ブログ」にて記事を更新中。ミッションは「歯並びに悩むすべての方に歯科矯正の確かな情報をお届けすること」。

近年日本国内で急増しているマウスピース矯正ブランド。「どう選べばいいのかわからない」とお悩みの方に向けて、本記事では合計24種類の人気マウスピース矯正ブランドを徹底比較します。

本記事の筆者自身もマウスピース矯正経験者で、矯正ブランド選びには悩みました。

本サイトは マウスピース矯正ブランド Oh my teethのオウンドメディアではありますが、筆者のマウスピース矯正ブランド選びの経験を活かし、フラットな視点で執筆しております。

ぜひ参考にしてください。

「24種類も見る時間はない!」
「サクッと比較できないの?」

このような方は、以下の表だけでもチェックしてみてください。以下の表で気になるブランドが見つかったら、比較表でそのブランドの部分を確認していただき、ほかのブランドとの違いを中心に確認していただくのがおすすめです。

ブランド

特徴

インビザライン

シェアNo.1のマウスピース矯正ブランド。時間がかかっても噛み合わせなどを考慮した根本的な歯並び改善をしたい方におすすめ。

クリアコレクト

インプラントシェアNo.1のストローマングループのマウスピース矯正。重度の歯並びの乱れに悩んでおり、かつインビザラインよりもリーズナブルに矯正したい方におすすめ。

スマイルトゥルー

日本では部分矯正のみに対応しているマウスピース矯正。気になる部分をリーズナブルに矯正したい方におすすめ。

アソアライナー

ソフト・ミディアム・ハードの3種類のマウスピースを使用して歯を動かす矯正方法。矯正後の後戻りなど軽度の歯並びの乱れに悩んでいる方におすすめ。

キレイライン

月2.2万円からはじめられる回数制のマウスピース矯正。リーズナブルに自分が納得する歯並びを目指したい方におすすめ。

Oh my teeth(オーマイティース)

最短2ヶ月(※1)・定期通院不要(※2)のリモート矯正。気になる部分をサクッと矯正したい方におすすめ。

ウィ・スマイル(We Smile)矯正

1回1,650円(税込)からのお試し治療が可能。マウスピースが目立たないように光沢防止加工を施しているので周囲に気付かれにくい。矯正範囲は、前歯のみの部分矯正から奥歯を含めた全体矯正まで。調整料と保定管理料が無料。

Zenyum(ゼニュム)

シンガポール発のマウスピース矯正。笑った際に目立つ部分だけでなく、奥歯を含めた歯並び全体をリーズナブルに矯正したい方におすすめ。

hanalove(はならぶ)

月々9,075円から、最低1回の通院でできるマウスピース矯正。トライアルプランがあるため、マウスピースの装着感を知りたい方におすすめ。

DPEARL(ディパール)

軽〜やや重度の歯並びの乱れまで対応しているマウスピース矯正。LINEサポートを受けつつ、定期的に通院もして矯正を進めたい方におすすめ。

マウスピース矯正ローコスト

治療1回からお試し可能なマウスピース矯正。歯並びの状態を見ながらリーズナブルに矯正をしたい方におすすめ。

EMININAL(エミニナル)

エキサイト株式会社が提供するマウスピース矯正。軽〜中度の歯並びの乱れを自宅でリーズナブルに矯正したい方におすすめ。

湘南マウスピース

片あご約10万円(マウスピースの上限8枚)の湘南美容歯科が提供するマウスピース矯正。軽度の歯並びの乱れを短期間でリーズナブルになおしたい方におすすめ。

Beforedent(ビフォーデント)

2017年に韓国で誕生したマウスピースブランド。軽度~重度の歯並びの乱れに対応。初回のみの通院でマウスピース矯正を始めることが可能。治療は、LINEでのサポートを受けながら進めていける。

hanaravi(ハナラビ)

軽〜重度の歯並びの乱れに対応できるマウスピース矯正。基本的に通院せずに矯正を進めたい方におすすめ。

アットスマイル矯正

インプラントで有名なストローマン社が提供する「クリアコレクト」を使用したマウスピース矯正。硬めのマウスピースを使用しているので歯を動かす力が高い。軽度~重度までの幅広い歯並びに対応可能。

ホワイトライン矯正

コレクトライン矯正が2022年7月にリニューアルしたもの。マウスピースは完全国内生産。上下の前歯12本の歯並びを整える部分矯正。

スマイルモア矯正

インビザライン・クリアコレクト・アソアライナーでの治療を受けられる。上下前歯12本の軽度~中度の歯並びの乱れに対応。

アクアシステム矯正

日本人歯科医師が開発したマウスピース矯正。部分矯正に特化しているため、短期間・リーズナブルな矯正が可能。

GlorySmile(グローリースマイル)

通院不要のセルフマウスピース矯正。軽度~中度の歯並びの乱れに対応。低価格で矯正可能。

ミュゼのマウスピース矯正

大手美容脱毛サロンミュゼプラチナムがプロデュースするクリニックのマウスピース矯正。インビザライン(全体矯正)とスマイルトゥルー(部分矯正)によるマウスピース矯正が受けられる。

シュアスマイル矯正

デジタル3D技術を活用したマウスピース矯正。リーズナブルな料金変動性プランと枚数無制限のプランがある(※導入クリニックにより異なる)

エーアライナーホーム

矯正範囲を前歯12本に限定することで、最短2ヶ月で歯並びを整えるマウスピース矯正。セルフスタジオでマウスピース矯正ができるかどうかをチェックできる。

クリアライン矯正

上下前歯12本に特化した部分矯正。初回16,500円〜(片顎)、5ヶ月程度〜の矯正が可能。

※:一人ひとり、自分に合った矯正プランを選ぶには、ドクターの診断が不可欠です。上記の内容は、あくまでも目安として参考にしてください。
※1:上下前歯の部分矯正の場合。治療期間・効果には個人差があります。保定期間は含みません。
※2:矯正開始後の定期通院不要。初回の無料診断および歯並びの状態によっては複数回の通院が必要

>>おすすめマウスピース矯正ブランド24種類比較表へスキップ<<

※本記事で紹介する各社サービス概要、料金は記事執筆時点の内容です。最新の情報は必ず公式サイトでご確認ください。
※本記事で紹介する各種料金はすべて税込です。

おすすめマウスピース矯正ブランドの比較観点8つ

まず、本記事で紹介するマウスピース矯正24種類のブランドの比較項目を紹介します。

口コミ画像2_20231010

①矯正プラン

マウスピース矯正ブランドには、いくつか矯正プランが設定されているものもあれば、プランが一つのみのものもあります。

また、複数プランがあるものは、それぞれ値段や治療期間、治療範囲が異なります。

そのためまず24ブランドのプランの数を表で比較し、その後プランの詳細も比較しておりますので、参考にしてください。

②値段(費用)

マウスピース矯正ブランド選びでもっとも気になる点ではないでしょうか。

近年は 格安マウスピース矯正(LCM:Low Cost Mouthpiece)ブランドが急速に増え、値段の比較が難しくなっています。

後ほど各社ブランドの値段を一覧表で示すので参考にしてください。

あわせて読みたい

マウスピース矯正の値段は?費用を安く抑える方法も解説

③治療期間の目安

歯型模型とカレンダー

マウスピース矯正を含め、「歯科矯正は長い期間かかる」というイメージを持つ方が多いです。

しかし近年は安く早くできるマウスピース矯正も普及してきています。

もちろん歯並びの状態に応じて個人差はありますが、各社ブランドHPでどれくらいの期間で治療できるかの目安を公表していますので、そちらを一覧表に記載しています。

あわせて読みたい

マウスピース矯正にかかる期間は?期間短縮のための3つのポイント

④治療範囲

歯科矯正には、笑ったときに目立つ部分のみを動かす部分矯正と、奥歯を含めた全歯を動かす全体矯正があります。

マウスピース矯正ブランドの中には、部分矯正のみに特化して費用を安くしているものや、部分矯正と全体矯正いずれにも対応しているものがあります。

このような治療範囲についても比較していきますので参考にしてください。

⑤支払い方法

「安いマウスピース矯正」と言われるブランドでも、約10万円以上の治療費は大抵かかります。そのような高額な治療費を払う場合、やはり分割できるとうれしいですよね。

また、ブランドによってはデンタルローンを利用できることもあります。

今回は各ブランドが対応している支払い方法についても比較していますので、参考にしてください。

⑥通院頻度

「歯科矯正はしたいけど、仕事が忙しく通院する暇がない」という方も多いのでは?

特にワイヤー矯正は、一般的に月に1回程度ワイヤー矯正のために通院しなければなりません。

しかし今回紹介するマウスピース矯正は、基本的に自分でマウスピースを交換しながら矯正を進められるため、通院頻度を1〜3ヶ月に1回程度に抑えられます。

さらに近年は、定期的な通院なしでマウスピース矯正を進められるブランドも出てきています。今回取り上げたブランドにも定期的な通院不要のものがあるので、参考にしてください。

あわせて読みたい

通院不要のマウスピース矯正って大丈夫?通わない矯正6社比較と選ぶ際のポイント

⑦サポート体制

患者に説明する歯科医師

歯科矯正中は、予期せぬトラブルが起こることがあります。

マウスピース矯正でよくあるトラブルとしては

  • 「マウスピースを紛失してしまった」

  • 「マウスピースが割れてしまった」

  • 「マウスピースがはめられなくなった」

といったものがあります。

このようなトラブル時、どのようなサポートをしてもらえるのかは、マウスピース矯正ブランド選びで重要なポイントと言えるでしょう。

⑧返金・解約について

マウスピース矯正は高額の治療費がかかります。「途中で解約とかってできるのかな?」という不安を抱えている方も多いのでは?

そこで今回の比較では、各社の返金・解約の対応状況についても紹介します。

以下はマウスピース矯正22ブランドを歯科クリニックへの通院(定期通院必要・定期通院不要)・矯正範囲(部分矯正・全体矯正)・料金プラン(プラン制・回数制)の3つの観点で分類したカオスマップです。あわせて参考にしてください。
マウスピース矯正ブランドカオスマップ

上記カオスマップの詳細はプレスリリースをご覧ください。

【重要】最低でも2つ以上のブランドを比較検討するのがおすすめ

矯正ブランドを比較検討するメリット

ここまでマウスピース矯正ブランドの比較ポイントを8つ紹介してきましたが、おすすめしたいのは最低2つ以上のカウンセリングに行ってみて比較検討する方法です。なぜならホームページ上の情報のみでは、マウスピース矯正で重要な装着管理などのサポート体制や、治療期間が延長になった場合も追加費用のことなどが十分にわからないからです。

※注意!
クリニックによっては、カウンセリング〜診断に相場3万円程度かかる場合があります。 Oh my teeth(公式ページ)は診断費用が0円なので、比較検討の一つとして選ばれやすいです。

↓↓詳細が気になる方は以下のボタンをタップしてみてくださいね。↓↓

Oh my teethのプランを確認する

次のセクションからはさっそく、合計24種類のマウスピース矯正ブランドを徹底比較していきます。ここまで紹介してきた比較ポイントをもとに、あなたが矯正生活で重視したい部分を中心に比較検討してみてくださいね。

おすすめマウスピース矯正ブランド24種類比較表

まずは前述した8つの比較観点で、マウスピース矯正24種類のブランドを比較した表をご覧ください。

Check Point 1:プランによって費用・期間・治療範囲が異なる

ブランド

矯正プラン

治療費用

治療期間

治療範囲

インビザライン

5種類

20万〜100万円

3ヶ月〜3年

部分〜全体

クリアコレクト

6種類

15万〜70万円

3週間〜3年

部分〜全体

スマイルトゥルー

日本国内は2種類

25万〜65万円

3〜8ヶ月

日本国内は部分のみ

アソアライナー

1種類(回数制)

10万〜40万円

4ヶ月〜1年半

部分

キレイライン

1種類(回数制)

23.1万〜41.8万円

5ヶ月〜1年3ヶ月

部分

Oh my teeth

2種類

33万円
66万円

平均3ヶ月
平均6ヶ月

部分〜全体

ウィ・スマイル

6種類(お試しプランあり)

10.78万〜66万円

1ヶ月半〜10ヶ月

部分〜全体

Zenyum

1種類

32.45万円
57.5万円
66万円

3ヶ月〜1年3ヶ月

部分〜全体

hanalove

3種類(お試しプランあり)

27.78万円
34.8万円
77万円

5ヶ月〜2年

部分〜全体

DPEARL

6種類

30.8万円
42.9万円
55.44万円
69.3万円
83.16万円
99万円

2ヶ月〜(1年2ヶ月以上のコースもあり)

部分〜全体

マウスピース矯正ローコスト

3種類

30万円〜
45万円〜
55万円〜

3ヶ月半
10ヶ月
1年半

部分〜全体

エミニナル

1種類(回数制)

13万〜47万円
52万〜86万円

約3〜10ヶ月
約11ヶ月〜1年半

部分〜全体

湘南マウスピース(湘南美容歯科)

1種類(回数制)

片顎9.98万円

平均6ヶ月

部分

Beforedent

3種類

16.5万〜50.8万円

3ヶ月〜1年

部分

hanaravi

3種類

33万円
49.5万円
66万円

5ヶ月〜1年半

部分〜全体

アットスマイル

4種類

12万〜45万円

1ヶ月〜1年

部分〜全体

ホワイトライン

4種類(お試しプランあり)

22万〜46.2万円

3〜9ヶ月

部分〜全体

スマイルモア矯正

1種類

18.7万~39.6万円

3~12ヶ月

部分

アクアシステム矯正

1種類

10万~60万円

3〜12ヶ月

部分

GlorySmile(グローリースマイル)

1種類

9.8万円~19.8万円

5〜8ヶ月

部分

ミュゼのマウスピース矯正

2種類

部分:39.8万円
全体:80.3万円

2〜3年

部分〜全体

シュアスマイル矯正

2種類

22万〜100万円

6〜12ヶ月

部分〜全体

エーアライナーホーム

8種類(回数による種類)

19.8万〜78.1万円

2〜10.5ヶ月

部分

クリアライン矯正

1種類

軽度の目安:88,000〜143,000円
中度の目安:143,000〜198,000円
中度以上の目安:198,000〜319,000円

5ヶ月〜1年3ヶ月

部分

  • 比較Tips 1:短期間でサクッと矯正したい方は、プラン制で種類が限られたブランドか、回数制のブランドに注目するのがおすすめ。
    例)スマイルトゥルー・アソアライナー・キレイライン・Oh my teeth・Zenyum・マウスピース矯正ローコスト・エミニナル・湘南マウスピース・アットスマイル矯正・ホワイトライン矯正・スマイルモア矯正・アクアシステム矯正・GlorySmile(グローリースマイル)・エーアライナーホーム

Check Point 2:種類によっては歯科医院ごとに治療内容が違う

ブランド

支払い方法

通院頻度

サポート体制

返金・解約

インビザライン

クリニックにより異なる

1〜3ヶ月に1回

クリニックにより異なる

クリニックにより異なる

クリアコレクト

クリニックにより異なる

1〜3ヶ月に1回

クリニックにより異なる

クリニックにより異なる

スマイルトゥルー

クリニックにより異なる

2週間に1回

クリニックにより異なる

クリニックにより異なる

アソアライナー

クリニックにより異なる

1ヶ月に1回

クリニックにより異なる

クリニックにより異なる

キレイライン

クレジットカード
現金
デンタルローン

1.5〜3ヶ月に2回

サポートチームがLINEなどで対応

条件が合えば解約・返金可能

Oh my teeth

クレジットカード
銀行振込
デンタルローン

最低1回

専属医療チームが24時間LINEサポート

条件が合えば返金可能

ウィ・スマイル

現金
クレジットカード
デンタルローン

2〜3ヶ月に1回

LINEで相談可能

公式記載なし

Zenyum

クレジットカード
現金
デンタルローン

最低2回

専用アプリでサポート

公式記載なし

hanalove

クレジットカード
銀行振込

最低1回

LINEサポート

公式記載なし

DPEARL

銀行振込
PayPal決済

原則月1回

LINEを活用したサポート

公式記載なし

マウスピース矯正ローコスト

クレジットカード
現金
デンタルローン
ローコストPay

2ヶ月1回

提携クリニックと連携してサポート

公式記載なし

エミニナル

クレジットカード
銀行振込

最低1回

LINEで相談可能

解約可能・返金原則不可

湘南マウスピース(湘南美容歯科)

クレジットカード
現金
ビットコイン
メディカルローン
デビットカード

4〜8週間に1回

無料ドクターメール相談

返金・解約可
※SBCグループ全体としての返金・解約ポリシー

Beforedent

クレジットカード
現金
コンビニ決済
Pay-easy決済
ネットバンク決済

初回1回のみ

LINEで相談可能

返金・解約可

hanaravi

クレジットカード
銀行振込
デンタルローン

最低1回

365日LINEサポート

解約可能(途中解約による返金は不可)

アットスマイル

現金
クレジットカード
デンタルローン

1ヶ月1回

チャットで相談可能

公式記載なし

ホワイトライン

クリニックにより異なる

2ヶ月1回

クリニックにより異なる

公式記載なし

スマイルモア矯正

クリニックにより異なる

3ヶ月1回

LINEによる問い合わせが可能

公式記載なし

アクアシステム矯正

クリニックにより異なる

1ヶ月1回

クリニックにより異なる

クリニックにより異なる

GlorySmile(グローリースマイル)

銀行振込み(一括)
デビッド・クレジットカード払い(1回)
デンタルローン

不要

歯科医師・ラボチームによるLINEサポート

なし

ミュゼのマウスピース矯正

デンタルローン(分割払い)
クレジットカード
現金

公式記載なし

クリニックにより異なる

公式記載なし

シュアスマイル矯正

クリニックにより異なる

1〜2ヶ月に1回

クリニックにより異なる

クリニックにより異なる

エーアライナーホーム

一括払い(現金・クレジットカード)
分割払い

定期的な通院不要

24時間LINEサポート

条件が合えば返金可能

クリアライン矯正

クリニックにより異なる

1ヶ月に1回

クリニックにより異なる

クリニックにより異なる

  • 比較Tips 2:ドクターに直接診てもらいながら矯正を進めたい方は、原則通院が必要なブランドに注目するのがおすすめ。
    例)インビザライン・クリアコレクト・スマイルトゥルー・アソアライナー・キレイライン・DPEARL・マウスピース矯正ローコスト・湘南マウスピース・ウィ・スマイル(We Smile)矯正・アットスマイル矯正・ホワイトライン矯正・スマイルモア矯正・アクアシステム矯正・シュアスマイル矯正

【矯正プラン・費用・期間】マウスピース矯正ブランド比較

各マウスピース矯正ブランドの矯正プランと、それぞれの値段(費用)と治療期間の目安を詳しく比較しました。

Check Point 3:プラン別の費用や治療期間をチェック(適合診断は歯科医師が行う)

ブランド

矯正プラン

治療費用

治療期間

インビザライン

①エクスプレス
②ライト
③Go
④モデレート
⑤コンプリヘンシブ

①20万〜40万円
②45万〜65万円
③35万〜50万円
④70万〜90万円
⑤80万〜100万円

①3〜4ヶ月
②最大5ヶ月
③最大7ヶ月
④1年程度
⑤1年半〜3年程度

クリアコレクト

①FLEX
②MINI
③ONE
④TWO
⑤THREE
⑥UNLIMITED

15万〜70万円

①3週間〜(1Stepを1〜2週間で交換するとして算出)
②6ヶ月以内
③1年以内
④2年以内
⑤3年以内
⑥有効期限5年間

スマイルトゥルー

①Level1
②Level2

①25万円〜
②35万〜65万円

①3〜5ヶ月
②5〜8ヶ月

アソアライナー

1種類(回数制)

10万〜40万円

4ヶ月〜1年半

キレイライン

1種類(回数制)

23.1万〜41.8万円

5ヶ月〜1年3ヶ月

Oh my teeth

①Basicプラン
②Proプラン

①33万円
②66万円

①平均3ヶ月
②平均6ヶ月

ウィ・スマイル

①1回コース
②4回コース
③8回コース
④12回コース
⑤18回コース

①1,650円
②10.78万円
③23.1万円
④35.2万円
⑤51.7万円

①約1週間〜
②約1.5〜2.5ヶ月
③約3〜4ヶ月
④約4〜6ヶ月
⑤約5〜9ヶ月

Zenyum

①Zenyum Clear
②Zenyum Clear+
③Zenyum Clear++

①32.45万円
②57.5万円
③66万円

①3〜9ヶ月
②③9ヶ月〜1年3ヶ月

hanalove

①Easy
②Smart
③Premium

①21.78万円〜
②34.8万円
③77万円

①〜5ヶ月
②〜1年
③1年〜

DPEARL

①SHORT
②STANDARD
③LONG
④HYBRID
⑤ハイブリッド+α
⑥ロング×2

①30.8万円
②42.9万円
③55.44万円
④69.3万円
⑤83.16万円
⑥99万円

①2〜4ヶ月
②4〜6ヶ月
③6〜8ヶ月
④8〜10ヶ月
⑤10ヶ月〜1年1ヶ月
⑥1年2ヶ月〜

マウスピース矯正ローコスト

①ライトプラン
②スタンダードプラン
③プロプラン

①30万円〜
②45万円〜
③55万円〜

①3ヶ月半
②10ヶ月
③1年半

エミニナル

1種類(回数制)

13万〜47万円
52万〜86万円

約3〜10ヶ月
約11ヶ月〜1年半

湘南マウスピース(湘南美容歯科)

1種類(8枚まで)

片顎9.98万円
両顎14.5万円

平均6ヶ月

Beforedent

①ライトプラン
②ナイトプラン
③プロプラン

①16.5万〜24.4万円
②27.8万円
③33.9万〜50.8万円

①〜6ヶ月
②4ヶ月以上
③6ヶ月以上

hanaravi

①Basicプラン
②Mediumプラン
③Proプラン
④ハイブリッドプラン

①33万円
②49.5万円
③66万円
④88万円

①5〜7ヶ月
②7〜10ヶ月
③8ヶ月〜1年半
④公式記載なし

アットスマイル

①4回コース
②8回コース
③12回コース
④24回コース
⑤5年間無制限

①12万円
②23万円
③34万円
④45万円
⑤66万円

①1〜2ヶ月
②2〜4ヶ月
③3〜6ヶ月
④6ヶ月〜1年
⑤5年間

ホワイトライン

①1回お試し
②5回コース
③7回コース
④10回コース

①2.2万円
②22万円
③31.9万円
④46.2万円

①公式記載なし
②約3ヶ月
③約4.5〜6ヶ月
④約6〜8ヶ月

スマイルモア矯正

1種類(回数制)

18.7万~39.6万円

3~12ヶ月

アクアシステム矯正

1種類(回数制)

10万~60万円

3〜12ヶ月

GlorySmile(グローリースマイル)

1種類(回数制)

9.8万円~19.8万円

5〜8ヶ月

ミュゼのマウスピース矯正

2種類

部分:39.8万円
全体:80.3万円

2〜3年

シュアスマイル矯正

2種類

22万〜100万円

6〜12ヶ月

エーアライナーホーム

①4回コース
②6回コース
③8回コース
④10回コース
⑤12回コース
⑥15回コース
⑦18回コース
⑧21回コース

①19.8万円
②23.826万円
③33.66万円
④40.458万円
⑤47.256万円
⑥58.476万円
⑦67.485万円
⑧78.1万円

2〜10.5ヶ月

クリアライン矯正

1種類(回数制)

軽度の目安:88,000〜143,000円
中度の目安:143,000〜198,000円
中度以上の目安:198,000〜319,000円

5ヶ月〜1年3ヶ月

  • 比較Tips 3:時間がかかってもしっかり歯並びをなおしたい方は、複数種類の矯正プランがあり、歯並びの乱れの程度が重度まで対応しているブランドに注目するのがおすすめ。
    例)インビザライン・クリアコレクト・Zenyum・hanaravi・hanalove・DPEARL・マウスピース矯正ローコスト・エミニナル・ウィ・スマイル(We Smile)矯正・アットスマイル矯正

治療回数(使用するマウスピースの数)によって費用・期間が変動

上記の表を見てもらうと、もともと矯正プランが分かれていたり、回数制になっていたりするブランドがあることがわかります。

また、矯正プランが分かれているものの中には、使用できるマウスピースの数によって分かれているものと、対応できる症例によって分かれているものがあります。

たとえばマウスピース矯正ブランドで代表的なインビザラインは、以下のようなプランの分け方になっています。

  • インビザライン エクスプレス:軽度の歯並びの乱れに対応 (マウスピース最大7枚)

  • インビザライン ライト:比較的軽度の歯並びの乱れに対応 (マウスピース最大14枚)

  • インビザライン Go:比較的軽度の歯並びの乱れに対応 (マウスピース最大20枚)

  • インビザライン モデレート:中度の歯並びの乱れに対応(マウスピース最大26枚)

  • インビザライン コンプリヘンシブ:〜重度の歯並びの乱れに対応 (マウスピース最大99枚)

自身の歯並びはどの症例に当てはまるのかを確認し、治療回数・費用・期間などの目安をチェックしてみましょう。

回数制のメリット・デメリット

患者に説明する歯科衛生士

回数制のマウスピース矯正のメリットは、1回の治療からはじめられる点。

また過去に歯科矯正をして歯並びが元に戻ってしまった症例など、比較的軽度の歯並びの乱れであれば、治療回数が少なく済み、治療期間やコストを抑えられる可能性が高いです。

回数制のマウスピース矯正のデメリットとしては、治療ゴールが見えにくい点があります。

自分が満足できたら完了できるのがメリットと言えますが、中には治療していくうちに「落とし所がわからない」という状況になる可能性もあります。

プラン制のメリット・デメリット

プラン制のメリットは、そのプランでできる範囲であれば、治療計画の再設計やマウスピースの追加が可能な点です。

これはブランドやプラン内容にもよりますが、たとえば「インビザライン コンプリヘンシブ」や「クリアコレクト UNLIMITED」などでは、保証期間内であれば治療計画の再設計や、マウスピースの追加などを無料(プラン料金内)で行えます

プラン制のマウスピース矯正のデメリットは、歯並びの状態によっては回数制の方がリーズナブルに矯正できる可能性がある点です。

たとえば後戻り症例など軽い歯並びの乱れである場合。

ある程度使用するマウスピースの枚数を見越した料金になっているプラン制よりも、回数制の方が治療回数が少なく済み、コストが抑えられる可能性があります。

【対応症例】マウスピース矯正ブランド比較

各マウスピース矯正ブランドの治療範囲と、対応可能な歯並びの乱れの度合いや、抜歯症例に対応できるかを比較しました。

Check Point 4:矯正種類によっては抜歯が対応可能な場合もある

ブランド

治療範囲

対応できる歯並びの乱れの度合い

抜歯症例に対応できるか

インビザライン

部分〜全体

①エクスプレス:軽度
②ライト:比較的軽度
③Go:比較的軽度
④モデレート:中度
⑤コンプリヘンシブ:〜重度

対応可能

クリアコレクト

部分〜全体

①FLEX:軽度
②MINI:軽度
③ONE:軽度
④TWO:中度
⑤THREE:中度〜重度
⑥UNLIMITED:重度

対応可能

スマイルトゥルー

日本国内は部分のみ

軽度〜中度

対応困難

アソアライナー

部分

軽度〜中度

対応困難

キレイライン

部分

軽度〜中度

対応可能(極力抜かない)

Oh my teeth

部分〜全体

軽度〜中度

対応困難

ウィ・スマイル

部分〜全体

軽度〜重度

対応困難

Zenyum

部分〜全体

軽度〜重度

必要に応じて実施(Zenyum Clear+〜)

hanalove

部分〜全体

①Easy:軽度
②Smart:〜中度
③Premium:〜重度

極力抜かない

DPEARL

部分〜全体

軽度〜やや重度

対応可能(安易に抜かない)

マウスピース矯正ローコスト

部分〜全体

軽度〜重度

公式記載なし

エミニナル

部分〜全体

軽度〜重度

公式記載なし

湘南マウスピース(湘南美容歯科)

部分

軽度

公式記載なし

Beforedent

部分

軽度〜重度

対応困難

hanaravi

部分〜全体

①Basicプラン:軽度
②Mediumプラン:軽度〜中度
③Proプラン:中度以上
④ハイブリッドプラン:重度

対応可能(ハイブリッドプラン)

アットスマイル

部分〜全体

軽度〜重度

対応可能(極力抜かない)

ホワイトライン

部分〜全体

軽度〜中度

対応可能

スマイルモア矯正

部分

軽度〜中度

対応困難

アクアシステム矯正

部分

軽度

対応困難

GlorySmile(グローリースマイル)

部分

軽度~中度

対応困難

ミュゼのマウスピース矯正

部分〜全体

軽度〜重度

対応可能(極力抜かない)

シュアスマイル矯正

部分〜全体

軽度~中度

対応可能

エーアライナーホーム

部分

公式記載なし

公式記載なし

クリアライン矯正

部分

軽度~中程度

公式記載なし

  • 比較Tips 4:「矯正のために健康な歯を抜きたくない」という方は歯並びの乱れの程度が中度まで対応しているブランドや、極力抜糸しない方針のブランドに注目するのがおすすめ。
    ※ただし抜歯のかわりに歯の表面を削る処置が必要だったり、ドクターの診断の結果抜歯が必要となったりすることがあります。
    例)スマイルトゥルー・アソアライナー・キレイライン・Oh my teeth・hanalove・DPEARL・Beforedent(ビフォーデント)・アットスマイル矯正・ホワイトライン矯正・スマイルモア矯正・アクアシステム矯正・GlorySmile(グローリースマイル)

マウスピース矯正自体ワイヤー矯正よりも適応症例は限られる

まず知っておいていただきたいのが、マウスピース矯正自体、ワイヤー矯正よりも適応症例が限られる点です。

適応症例がもっとも広いのはワイヤー矯正(表側矯正)です。

上記の表を見ていただくとわかる通り、マウスピース矯正ブランドには中度の歯並びの乱れまでを対象としているものも多いです。

ただし以下のようなブランドは、中度以上の歯並びの乱れに対応しており、中には抜歯が必要な症例の治療も可能なものがあります。

  • インビザライン

  • クリアコレクト

  • Zenyum

  • hanaravi

  • hanalove

  • DPEARL

  • マウスピース矯正ローコスト

  • EMININAL

  • ウィ・スマイル(We Smile)矯正

  • アットスマイル矯正

  • ミュゼのマウスピース矯正

中度以上の歯並びの乱れでお悩みの方もマウスピース矯正を諦めず、自身に合ったブランド種類の内容をチェックしてみましょう。

対応症例を限定してリーズナブルな価格を実現している

電卓と貯金箱

先に紹介した費用比較と照らし合わせるとわかりますが、対応症例を限定しているブランドは、その分リーズナブルな価格を実現しています。

以下は対応症例を中度の歯並びの乱れまでに絞っているブランドと、それぞれの治療費の目安です。

  • スマイルトゥルー:25万〜65万円

  • アソアライナー:10万〜40万円

  • キレイライン:10万〜30万円

  • Oh my teeth:33万円・66万円

  • ホワイトライン矯正:2.2万〜46.2万円

  • スマイルモア矯正:18.7万~39.6万円

  • アクアシステム矯正:10万~60万円

  • GlorySmile(グローリースマイル):9.8万円~19.8万円

  • クリアライン矯正:8.8万〜31.9万円

また、上記のようなブランドは症例を絞っている分、治療期間も比較的短く済みます。

【通院頻度・サポート体制】マウスピース矯正ブランド比較

冒頭で紹介したマウスピース矯正24ブランド比較一覧表のうち、通院頻度とサポート体制の比較を抜粋したものが以下です。

Check Point 5:通院頻度が多くないブランドはその分遠隔サポートが充実

ブランド

通院頻度

サポート体制

インビザライン

1〜3ヶ月に1回

クリニックにより異なる

クリアコレクト

1〜3ヶ月に1回

クリニックにより異なる

スマイルトゥルー

2週間に1回

クリニックにより異なる

アソアライナー

1ヶ月に1回

クリニックにより異なる

キレイライン

1.5〜3ヶ月に2回

サポートチームがLINEなどで対応

Oh my teeth

最低1回

専属医療チームが24時間LINEサポート

ウィ・スマイル

2〜3ヶ月に1回

LINEで相談可能

Zenyum

最低2回

専用アプリでサポート

hanalove

最低1回

LINEサポート

DPEARL

原則月1回

LINEを活用したサポート

マウスピース矯正ローコスト

2ヶ月1回

提携クリニックと連携してサポート

エミニナル

最低1回

LINEで相談可能

湘南マウスピース(湘南美容歯科)

4〜8週間に1回

無料ドクターメール相談

Beforedent

初回1回のみ

LINEで相談可能

hanaravi

最低1回

365日LINEサポート

アットスマイル

1ヶ月1回

チャットで相談可能

ホワイトライン

2ヶ月1回

クリニックにより異なる

スマイルモア矯正

3ヶ月1回

LINEによる問い合わせが可能

アクアシステム矯正

1ヶ月1回

クリニックにより異なる

GlorySmile(グローリースマイル)

不要

歯科医師・ラボチームによるLINEサポート

ミュゼのマウスピース矯正

公式記載なし

クリニックにより異なる

シュアスマイル矯正

1〜2ヶ月に1回

クリニックにより異なる

エーアライナーホーム

定期的な通院不要

24時間LINEサポート

クリアライン矯正

1ヶ月1回

クリニックにより異なる

  • 比較Tips 5:「忙しくてなかなか通院ができない」という方は、最低1、2回の通院でマウスピース矯正を進められるブランドに注目するのがおすすめ。
    例)Oh my teeth・hanaravi・Zenyum・hanalove・エミニナル・Beforedent(ビフォーデント)・GlorySmile(グローリースマイル)・エーアライナーホーム

定期的な通院がいるものといらないものがある

メッセージアプリのやり取り

上記の表を見てわかる通り、マウスピース矯正ブランドの中には、定期的な通院が必要なものと、そうでないものがあります。

また、定期的な通院が不要のサービスは、その分LINEや専用アプリなどを介した遠隔サポートを実施しています。

定期的な通院が不要のマウスピース矯正ブランドを選ぶ際は、サポート体制の内容も比較するのが重要です。

以下は定期的な通院が不要なマウスピース矯正ブランドと、それぞれのサポート体制の比較です。

ブランド

サポート体制

Oh my teeth

専属医療チームによる24時間LINEサポート
LINE上で進捗状況・シミュレーション確認可能
週次のドクターによる歯並びレビュー

hanaravi

メディカルチームによる365日サポート
LINEで相談可能

Zenyum

専用アプリで治療モニタリングとガイダンスを提供
毎日写真を撮影してアプリで送信
アプリを介してドクターがユーザーの進捗チェック

hanalove

LINEを介したサポートを実施

エミニナル

公式LINEの「相談室」で相談可能

Beforedent

週1回のマウスピース交換時にドクターがマウスピースの装着を写真でチェック
LINE上で毎日の装着をリマインド

GlorySmile

疑問や質問があればLINEで相談が可能
水曜日を除く10時~22時(18時~22時は不定期)まで対応

エーアライナーホーム

24時間LINEで相談可能

  • 比較Tips 6 :「遠隔サポート」と一口に言っても、さまざまな方法があります。ここでは各社HP記載の内容をピックアップしましたが、サポート体制の現状を知るには、実際に問い合わせをしてみるとわかりやすいです。以下は各ブランド公式LINEのリンクですので、ぜひ実際に質問してみて、サポート体制の違い(返信の早さ・情報の豊富さ・不安に寄り添ってもらえるか など)を比較してみてください。

  • 【各社の公式LINEへのリンク】
    Oh my teethhanaraviZenyumhanaloveエミニナルBeforedentGlorySmileエーアライナーホーム

直接診てもらいたい方は定期通院ありのブランドがおすすめ

定期的な通院が不要なマウスピース矯正ブランドは、その分オンラインで進捗状況のチェックなどを実施しています。

しかし「直接ドクターに診てもらいたい」という方は、定期的な通院がデフォルトのブランドを選んだほうが安心感があるでしょう。

定期的な通院が不要でも、ユーザーからの希望があれば提携クリニックでドクターに直接診察してもらえるブランドもあります。

その場合は通いやすい立地に提携クリニックがあるかどうかも確認してみましょう。

タイプ別おすすめマウスピース矯正ブランド

悩む女性

ここまでの比較表を見ても「結局マウスピース矯正ブランドはどこがいいの?」「自分に合った種類はどれ?」となる方も多いでしょう。

そこでここでは、タイプ別でおすすめの種類のマウスピース矯正ブランドを紹介します。

※ここで紹介する内容は、あくまでも目安です。一人ひとり、自分に合った矯正プランを選ぶには、ドクターの診断が不可欠です。

タイプ

おすすめマウスピース矯正ブランド

後戻りなど軽度の歯並びの乱れを安くなおしたい

スマイルトゥルー
アソアライナー
キレイライン
湘南マウスピース
ウィ・スマイル(We Smile)矯正
アットスマイル矯正
ホワイトライン矯正
スマイルモア矯正
アクアシステム矯正
GlorySmile
ミュゼのマウスピース矯正
シュアスマイル矯正
エーアライナーホーム
クリアライン矯正

歯並びの目立つ部分を短期間でなおしたい

Oh my teeth
Zenyum
​​Beforedent(ビフォーデント)

気になる部分だけでなく奥歯から歯並びを整えたい

インビザライン
クリアコレクト
Oh my teeth
Zenyum
hanaravi
hanalove
DPEARL
マウスピース矯正ローコスト
EMININAL
アットスマイル矯正
ミュゼのマウスピース矯正
シュアスマイル矯正

できる限り安く矯正を始めたい

アソアライナー
キレイライン
湘南マウスピース
​​​​ウィ・スマイル(We Smile)矯正
ホワイトライン矯正
スマイルモア矯正
アクアシステム矯正
GlorySmile
シュアスマイル矯正
エーアライナーホーム
クリアライン矯正

あらかじめ矯正にかかる費用を明確にしたい

Oh my teeth
hanaravi
Zenyum
DPEARL
​​​​Beforedent(ビフォーデント)
ミュゼのマウスピース矯正

通院する暇がない

Oh my teeth
hanaravi
Zenyum
hanalove
EMININAL
Beforedent
GlorySmile
エーアライナーホーム

後戻りなど軽度の歯並びの乱れをリーズナブルになおしたい→回数制のブランドに注目

おすすめマウスピース矯正ブランド↓

過去に歯科矯正をしたのち、軽く後戻りしてしまった・少しの歯のズレが気になるなど、歯並びの乱れが軽度の場合は、回数制のマウスピース矯正ブランドがおすすめ

なぜなら回数制でも治療回数が少なく済む可能性が高く、期間や費用も抑えられるかもしれないからです。

目立つ部分を短期間でなおしたい→プラン制で部分矯正できるブランドに注目

カレンダーに書かれた歯科医院の予約日

おすすめマウスピース矯正ブランド↓

軽度〜中度の歯並びの乱れがあり、目立つ部分のみ短期間でなおしたい方は、上記のブランドを検討してみてください。

いずれも部分矯正であれば、3ヶ月程度からマウスピース矯正ができます。

また、万が一当初予定していた期間で理想の歯並びにならなかった場合、条件を満たせばマウスピースの追加が無料でできます。

奥歯から歯並びを整えたい→全体矯正や重度の歯列不正対応ブランドに注目

おすすめマウスピース矯正ブランド↓

上記は全体矯正に対応しているマウスピース矯正ブランドで、奥歯から歯並びを整えたい場合も対応できます。

通院する暇がない→定期的な通院不要のブランドに注目

おすすめマウスピース矯正ブランド↓

これらは初期の検査や処置を済ませれば、基本的に自宅で矯正を進められるブランドです。

クリニックに通院する時間を確保できないことから歯科矯正を諦めていた方にとって、このようなブランドはメリットが大きいのではないでしょうか。

できる限りコストを抑えたい→回数制のブランドに注目

歯とお金

おすすめマウスピース矯正ブランド↓

歯科矯正にかかるお金をできる限り安くしたいなら、回数制で1回からでも治療できるようなブランドにしてみるのも一つです。

ただし「回数を重ねていくうちに結局結構お金がかかった」というケースもあり得るため、ドクターに相談する際に予想される治療回数を確認してみるとよいでしょう。

あらかじめかかるコストがわかりやすいものにしたい→プラン制のブランドに注目

おすすめマウスピース矯正ブランド↓

上記のブランドは、あらかじめ矯正プランの金額が明確なものです。(※アットスマイル矯正およびウィ・スマイル矯正の場合、定額プランと無制限プランがそれにあたります)

回数制のブランドは1回から治療できるメリットはあるものの、最終的にいくらかかるのかが予測しにくいデメリットもあります。

その点プラン料金が明確なブランドは、あらかじめどのくらい費用がかかるかがわかるため安心感があるでしょう。

上記で紹介したブランドのほか、インビザラインやクリアコレクトなどを提供するクリニックで、トータルフィー(矯正の基本料金とその他関連諸費用をパックにした料金プラン)になっていると、かかるコストがわかりやすいでしょう。

あわせて読みたい

【2024年】マウスピース矯正おすすめ8医院&24ブランド!選び方や失敗を防ぐ方法も解説

あわせて読みたい

キレイラインとインビザラインの違いは?特徴・適応範囲・費用などを比較

あわせて読みたい

インビザラインとワイヤー矯正どっちが早くて安い?8つの観点で徹底比較

後悔のないマウスピース矯正ブランド選びをしよう

マウスピースを持つ女性

いかがでしたか? マウスピース矯正24種類のブランドを8つの観点で比較しました。

マウスピース矯正ブランドは近年急速に増加しており、比較観点が複雑化しているのが現状です。

もし本記事を読んでもまだ迷っている部分があるなら、 Oh my teeth(公式サイト) の無料診断時にご相談ください。Oh my teeth 導入クリニックのドクターがフラットな視点で、あなたの歯並びの改善に合った治療方法をご提案いたします。

無理な勧誘は行いませんのでご安心くださいね。

あわせて読みたい

Oh my teethは怪しい?通わないマウスピース矯正のメリット・デメリットを徹底解説

※本記事掲載内容について

※本記事で記載しているサービス内容は、記事更新時点(2023年8月)の各社公開情報に基づいたものです。詳しい情報が開示されていないものは掲載しておりません。最新の情報は必ず各社ホームページをご確認ください。
※本記事で使用しているロゴマークに関する権利は権利者に帰属します。
※本記事はOh my teethが各社の公開情報を元に独自の観点でまとめたもので、網羅性・正確性を完全に担保するものではありません。
※本記事の掲載情報に問題がある場合、次回更新時にブランド掲載を希望する場合は、お手数ですが「[email protected]」までご連絡ください。
※マウスピース矯正 Oh my teethの「通わない」「通院不要」とは、矯正開始後の定期通院原則不要を示しています。矯正プラン適合診断は歯科医師が直接診察した上で出しますのでご安心ください。矯正開始後も歯並びの状態に応じて前処置を行ったり、歯科医師が必要と判断した場合には直接口腔内の状況を診させていただきます。

矯正についてもっと知る

ドクター所属学会(一部)

矯正歯科治療にともなうリスクについて