logo
logo
Oh my teeth
最終更新日:2024年4月15日

マウスピース矯正Zenyum(ゼニュム)の評判を徹底調査!口コミからわかる費用や効果とは?

Zenyum記事top

「Zenyum(ゼニュム)」は費用を抑えてマウスピース矯正ができるサービス。本記事では「ゼニュムの評判を知りたい」という方に向けて、実際に矯正した人の口コミ調査結果を紹介します。「本当に安くできる?」「ちゃんと治る?」「インビザラインなどとはどう違う?」などの疑問を解消したい方は必見です。

真由美さんアイコン
歯科矯正ブログ編集チーム

木村真由美

Oh my teethでのマウスピース矯正を経て、2021年6月に株式会社Oh my teethにジョイン。マウスピース矯正経験者としてOh my teethのオウンドメディア「歯科矯正ブログ」にて記事を更新中。ミッションは「歯並びに悩むすべての方に歯科矯正の確かな情報をお届けすること」。

「Zenyum(ゼニュム)」はシンガポール発のリーズナブルなマウスピース矯正です。

「本当にこんなに安くできるの?」
「ちゃんと歯並びは治るのかな?」
「インビザラインなど、ほかのマウスピース矯正とはどう違うんだろう?」

と不安な人に向けて、本記事ではZenyum(ゼニュム)の口コミ評判を徹底調査。

「ちゃんと納得した上でマウスピース矯正を選びたい」という方のために、ゼニュムとほかのマウスピース矯正を独自に比較した内容も紹介します。

この記事を読んで、Zenyumがあなたに合ったマウスピース矯正かどうかを知り、満足のいく歯並び矯正へのスタートを切りましょう。

※本記事掲載内容について:本記事で記載しているサービス内容は、記事更新時点の各社公開情報に基づいたものです。詳しい情報が開示されていないものは掲載しておりません。最新の情報は必ず各社ホームページをご確認ください。本記事はOh my teethが各社の公開情報を元に独自の観点でまとめたもので、網羅性・正確性を完全に担保するものではありません。本記事の掲載情報に問題がある場合、お手数ですが 「[email protected]」までご連絡ください。マウスピース矯正 Oh my teethの「通わない」「通院不要」とは、矯正開始後の定期通院原則不要を示しています。矯正プラン適合診断は歯科医師が直接診察した上で出しますのでご安心ください。矯正開始後も歯並びの状態に応じて前処置を行ったり、歯科医師が必要と判断した場合には直接口腔内の状況を診させていただきます。

【1分解説】マウスピース矯正Zenyum(ゼニュム)の3つの特徴

Zenyumのマウスピースを持つ女性

Zenyum(ゼニュム)の口コミ評判調査結果の前に、まずは簡単に特徴を紹介します。

  • 東南アジアで急成長中:Zenyumはすでにシンガポール、香港、マレーシア、台湾、ベトナム、インドネシア、タイ、マカオに進出している企業で、日本は9拠点目。

  • 最低2回の通院でOK:専用アプリで治療モニタリング、ガイダンス、ドクターチェックができるため、最低2回の通院でマウスピース矯正を進められる。

  • リーズナブル:部分矯正に対応したZenyum Clearの値段は324,500円 で、全体矯正に対応したZenyum Clear+は575,000円、Zenyum Clear++は660,000円。

※矯正スタートに必要な初期検査には別途費用がかかり、約2.2万〜3.3万円が目安(検査を受けるクリニックにより異なる)。

このように「Zenyum(ゼニュム)はリーズナブルに、最低2回の通院でマウスピース矯正ができるサービスなので、費用や通院がネックで矯正を諦めていた方には魅力的ですよね。

ただ、「本当にこんなに安くできるの?」「ちゃんと歯並びは治るのかな?」「インビザラインなど、ほかのマウスピース矯正とはどう違うんだろう?」など、不安な気持ちもあるのでは?

筆者もZenyumと同様のコストでできるマウスピース矯正「Oh my teeth」で矯正を経験しましたが、スタートするまでには「本当にここで矯正するのが正解なんだろうか?」という不安がありました。

最近はリーズナブルなマウスピース矯正が増えてきているとはいえ、日常生活で買うものと比較するとかなり高額ですから、やるからには失敗したくないですよね。

そこで重要なのが、Zenyumで矯正をした人の評判を知ることです。

「実際に歯並びは改善したのか」「いくらでできたのか」「矯正中に困ったことはなかったのか」などのリアルな声を知ることで、ゼニュムがあなたに合ったサービスなのかどうかを判断できるようになります。

さっそく次のセクションから、Zenyumの口コミ評判を見ていきましょう。

【口コミ徹底調査結果】Zenyum(ゼニュム)の評判を3つのポイントで紹介

ゼニュムアンサー

実際にZenyumで矯正した方からのリアルな口コミを徹底調査し、その調査結果をもとにZenyumの本当の評判をまとめました。

①インビザラインとの違いに関する評判

Zenyumが気になっている方の声で多いのが「インビザラインとか、ほかマウスピース矯正とはどう違うの?」という内容です。

Zenyumの評判①

マウスピース矯正には多くの種類があります。

インビザライン、クリアコレクト、アソアライナー、シュアスマイル、キレイライン、ゼニュム、スターアライン等々。

現状、適応症例の広さや治療実績はインビザラインがずば抜けてますね。

引用元:X(旧Twitter)

Oh my teeth編集部コメント

インビザラインは1997年にアメリカで誕生しており、世界で1700万人以上に使用されています。

国内の多くのクリニックで導入・提供されているため、日本に上陸して間もないゼニュムはインビザラインと比較すると治療実績は少ないです。

また対応できる歯並びも、インビザラインと比較すると限定されます。

インビザラインは抜歯が必要な難症例も対応できますが、ゼニュムは対応できる症例を絞ることにより、遠隔でサポートしながらの矯正を可能にしています。

②費用に関する評判

Zenyumの評判②

私は前歯16本のマウスピース矯正で約32万円ぽっきりですよ

ワイヤーやインビザラインは100万前後すると思います

どちらもメリットデメリットありますよねー!

私は目立たない、金額安い、来店最低2回で良い。

で今のマウスピース矯正にしました!

引用元:X(旧Twitter)

Oh my teeth編集部コメント

インビザラインやワイヤー矯正が100万円するのに対し、30万円台でできるゼニュムの部分矯正プラン。

対応できる症例は限られますが、これまで高額な費用が原因で矯正を諦めていた人にとっては魅力的ですよね。

③症例(どんな歯並びがどう治るか)に関する評判

Zenyumの評判③

前回息子ちゃんにゼニュムの話して無料診断を昨日しました。回答が次の日きました。残念ながら息子ちゃんには、無理だったようで、残念がっていました。 けど、こういうのがあるって知れたので良かったです。

引用元:X(旧Twitter)

Oh my teeth編集部コメント

ゼニュムでは対応する歯並びを限定することでリーズナブルな価格を実現しているため、検査の結果治せない歯並びと診断されることがあります。

安い部分矯正プランでは対応できない場合、価格は上がりますが全額矯正プランなら対応できることもあるため、まずはカウンセリングを受けてみた方がいいでしょう。

Zenyumの評判④

10代の頃にワイヤー矯正経験有りの私ですが、下の歯が後戻りしたので、ねじれた歯を #ゼニュム #マウスピース矯正 で綺麗にする事に決めた約半年前‼️

あっという間に真っ直ぐな綺麗な歯に😳

引用元:X(旧Twitter)

Oh my teeth編集部コメント

後戻り症例など、比較的軽度の歯並びの乱れはゼニュムの安い方のプラン(部分矯正)で短期間で改善できるようです。

実際に過去に矯正していて後戻りしてしまった方は多く、「次はあまりお金をかけずに、サクッとやりたい」というニーズに合ったサービスと言えるでしょう。

以下にZenyumの症例を引用して紹介するので、あわせて参考にしてくださいね。

Zenyumの実際の症例

引用元:https://www.zenyum.com/jp-ja/blog/zenyum%E3%81%AE%E3%83%93%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%83%95%E3%82%BF%E3%83%BC/

マウスピース矯正Zenyumの症例①

治療期間:7ヶ月

マウスピース矯正Zenyumの症例②

治療期間:10.5ヶ月

マウスピース矯正Zenyumの症例③

治療期間:5ヶ月

※矯正歯科治療にともなうリスクについて:保険適用外の自由診療です。マウスピース矯正では装着状況(原則1日20時間以上)が歯の移動量や効果に影響します。理想の歯並びに近づけるように治療計画は立てられますが、実際の歯の動きには個人差があるため、必ずしも想定した通りに歯が動くというわけではありません。歯磨きが不十分な状態でのマウスピース装着は、虫歯や歯肉炎、歯周病のリスクを高めます。効果や感じ方、また歯がどれくらい動くかについては個人差があり、どの矯正方法を選んだ場合でも、満足のいく治療効果が得られない可能性があります。

④矯正中に関する評判

Zenyumの評判⑤

8枚目も明日が最終日!?10日間が経つのがどんどん早く感じます 今月末には、2回目のIPR(歯を削って隙間を作る治療)に行く予定です ワイヤーのときと比べて痛みだけじゃなく通院回数が少ないのもありがたい

引用元:X(旧Twitter)

Oh my teeth編集部コメント

ゼニュムで順調に矯正が進んでいるようです。

多くの場合半年〜1年程度で治療が完了するようなので、矯正治療は長くかかるイメージが強かった方にとっては魅力的ですね。

通院回数が少ないのも、忙しい方には助かるポイントです。

Zenyumの評判⑥

どんな治療も、メリットとデメリットって必ずあると思うんですよ。私のマウスピース矯正も歯を動かすために健康な歯を削るのですから、間にものが挟まるとか、あります。染みる事はないですけどね。大切なのは、自分で調べて先生に沢山質問して納得できるかどうかだと思います。

引用元:X(旧Twitter)

Oh my teeth編集部コメント

おっしゃる通り、マウスピース矯正選びで失敗したくないなら、情報を調べて、複数のクリニックで検査を受けて、質問をぶつけてみるのがおすすめです。

そこで納得いく答えが帰ってきて、信頼できると感じられるところで矯正を進められるのが一番ですね😊

Zenyum口コミのまとめ

今回ゼニュムの口コミを徹底調査して紹介しましたが、比較的新しいサービスなので、本当に矯正をした人の声はまだ少ないです。

そのためネット上の口コミのみで判断するのは限界があります。

また、マウスピース矯正選びで最も気になるのは「ちゃんと治るのか?」という点。

症例を見たり、サポート体制を尋ねたりするのも忘れずに行ってくださいね。

マウスピース矯正選びで後悔しないためには、実際にカウンセリングや検査、診断を受けてみて比較検討することが重要です。

ネットの口コミだけを見るのではなく実際にカウンセリングを受けて比較検討しよう

Zenyumの場合、初診診断時に約2.2〜3.3万円はかかりますが、あなたの歯並びがいくらで改善できそうか見積もりをもらってから比較検討できるので、納得して矯正を始められるでしょう。

セカンドオピニオンとして別の歯科医師に相談するのがオススメ

ZenyumとOh my teethの7つのポイント比較

「ゼニュムだけでなくほかのマウスピース矯正も見て、ちゃんと納得した上でマウスピース矯正を選びたい」という方のために、ゼニュムとほかのマウスピース矯正を独自に徹底比較した内容を紹介します。

今回はOh my teethを例に挙げますが、このほかのマウスピース矯正サービスと比較する上でも大事なチェックポイントになりますので、ぜひ参考にしてくださいね。

【サクッと紹介】Oh my teethとは?

Oh my teethは矯正開始後の通院が原則不要でマウスピース矯正が進められる日本初のD2C歯科矯正サービス。

DPEARLとの共通点はLINEでサポートが受けられる点や、矯正進捗がスマホで確認できる点など。

矯正は約3人に1人が挫折する中、Oh my teethの継続率は97%です。

※約3人に1人が挫折:自社調査 2021年7月、n=3,000。継続率97%:2022年1月〜10月にOh my teethで矯正を開始したユーザーを対象とした実績値。

従来の矯正とOh my teethとの違い
マウスピース矯正選びで悩んでいるなら無料で診断できるOh my teethへ

※矯正開始後も歯並びの状態に応じて前処置を行ったり、歯科医師が必要と判断した場合には直接口腔内の状況を診させていただくために来院いただきますが、その際の追加費用は原則発生しません。

①矯正開始前にかかる各種検査費用【←要注目ポイント】

ゼニュムとOMT比較_初期検査費用

Zenyumではカウンセリングやシミュレーション作成に必要な3Dスキャンなどには約2.2万〜3.3万円の費用 がかかります。この費用は目安で、パートナークリニックにより異なります。

Oh my teethの場合、導入クリニックで行う適合診断に必要な各種検査費用は、矯正プラン料金に含まれます。別途費用はかかりません

Oh my teeth編集部コメント

矯正開始前には、現在の歯並びの状態やマウスピース矯正に適合するかを把握するため、3D歯型スキャンやレントゲン撮影などを行います。

一般的に3〜5万円程度かかる検査で、矯正費用とは別で設定されていることが多いので、複数のクリニックで検査を受けたい場合は注意してくださいね。

②来院前の相談

ゼニュムとOMT来院前の相談

Zenyumは歯の写真を撮影して送信することで、矯正プランが適合されるかどうかを簡易チェックできます。ただし治療計画立案のためには、実際に来院して検査を受ける必要があります。

Oh my teethはLINEに写真を送信 して歯並び相談ができます 。歯科医師が写真を確認し、Oh my teethの矯正プランに適合しそうかどうかをレビューします。

Oh my teeth編集部コメント

いずれも診断のためには詳しい検査が必要なので来院しなければなりません。

ただ、クリニックから遠方に住んでいる場合など、「プランに適合しそうかどうかだけでも知りたい」ということもあるはず。

そんなときに写真相談サービスがあると便利ですね。

お家で気軽に LINE歯並び相談

③歯型採取の方法

ゼニュムとOMT比較歯形採取

Zenyumの歯型採取はパートナークリニックで行います。歯型採取方法はパートナークリニックの設備によって異なり、従来の歯型採取の方法(シリコン素材の印象材を使ったもの)か、3D歯型スキャンが行われます。

Oh my teethの歯型採取は導入クリニックで行います。歯型採取方法は口腔内スキャナーによる3D歯型スキャン 。以下はOh my teeth 導入クリニックでの歯型採取の様子です。

Oh my teethの歯型採取の様子
Oh my teeth編集部コメント

印象材のむにゅっとした感覚が苦手な場合は、検査に行くクリニックが3Dスキャンに対応しているかどうか事前に確認するのがおすすめです!

筆者も最近久しぶりに虫歯の治療で印象材を使われたのですが、ちょっと抵抗感がありましたね…。

④料金

ゼニュムとOMT比較価格

Zenyumのマウスピース矯正のプランは3つあり、324,500円・575,000円・660,000円です(※記事執筆時点)。前歯に特化した部分矯正に対応するプランに加え、奥歯からなおす全体矯正のプランもあります。

Oh my teethの矯正プランは2つです。Basicプランは33万円で、Proプランは66万円。Basicプランは部分矯正で、Proプランは全体矯正です。

ZenyumとOh my teethいずれも、マウスピース矯正の料金はクレジットカード、銀行振込、デンタルローンの利用が可能です。

Oh my teeth編集部コメント

ZenyumとOh my teeth以外で言うと、例えばインビザラインは合計6種類のプランがあります。ただしクリニックによって取り扱っているプランが異なるため注意が必要です。

インビザラインは難症例まで対応できるコンプリヘンシブというプランがありますが、適応範囲が広い分、80〜100万円程度の費用がかかります。

ZenyumとOh my teethは適応範囲を絞ることで、低価格を実現していることがわかりますね。

⑤通院回数

ゼニュムとOMT比較通院回数

【Zenyum】は最低2回の通院でマウスピース矯正を進められます。Zenyumは基本的にオンライン対応で矯正生活を送れるため、忙しくてクリニックに通う時間が持てない方に合ったサービスでしょう。

【Oh my teeth】は原則初回の通院だけでマウスピース矯正ができます。専属医療チームによる24時間LINEサポートを受けながら、自宅でマウスピース矯正を進められます。

※歯ならびの状態によっては複数回の通院が必要

Oh my teeth編集部コメント

一般的なマウスピース矯正は1〜3ヶ月に1回程度の通院が必要ですが、忙しいときはなかなか通院が難しいため、想定していた通りに矯正が進まないことも。

マウスピース矯正は気軽に取り外せるのも相まって、途中で挫折してしまうことも珍しくありません。矯正治療を開始した約3人に1人が挫折するというデータもあるほどです。

そのためマウスピース矯正選びでは、「続けやすいか」も大切なチェックポイントなのです。

例えば Oh my teethの場合、矯正開始後の通院は原則不要ですが、毎日の装着リマインドや専属医療チームの励ましメッセージなどがあるため、継続率97%を実現しています。

※約3人に1人が挫折:自社調査 2021年7月、n=3,000。継続率97%:2022年1月〜10月にOh my teethで矯正を開始したユーザーを対象とした実績値。歯並びの状態によっては複数回通院が必要なことがあります。

⑥矯正後のリテーナー(保定装置)にかかる費用

ゼニュムとOMT比較リテーナー

リテーナーとは矯正完了後の歯並びを固定するために必要な装置です。リテーナーをつけないと再び歯が動いてしまうので、きれいな歯並びをキープするためには必須アイテムなので、事前にいくらかかるのかは必ずチェックしましょう。

Zenyumは保定期間で装着が必要なリテーナーを購入する場合、上下あわせて3万円が必要です。透明のマウスピース型のリテーナーです。

Oh my teethは最終Stepをリテーナーとして使用できます。新たにリテーナーを購入する場合は、マウスピース型とワイヤー型(フィックスリテーナー)を選択できます。

マウスピース型は上下11,000円、下顎は22,000円でフィックスリテーナー(歯の裏に装着するタイプ)の取り付けが可能です。

Oh my teeth編集部コメント

実は、矯正を検討する時点ではリテーナーの存在を知らない人が多いです。

矯正が終わりに近づくにつれリテーナーの存在を知り、「矯正が終わったのにお金を払わないといけないの?」と驚くことも。

クリニックによってはリテーナー料金のほか、保定観察料もかかるケースがあるため注意が必要です。

矯正は歯を動かすのが終わったらすぐに終了というわけではありません。

保定期間は最低でも矯正にかかった期間は必要(歯を動かすのに1年かかった場合、保定も1年必要)なので、その期間にかかる費用のことも忘れないでくださいね。

⑦提供エリア数

ゼニュムとOMT比較提供エリア

Zenyumは、東京都、神奈川県、千葉県、群馬県、大阪府、兵庫県、鹿児島県、北海道など国内13のエリアで矯正治療が受けられます(※記事執筆時点)。

Oh my teethは東京4エリア、大阪1エリアの計5エリアで矯正治療が受けられます。

Oh my teeth編集部コメント

Oh my teeth導入クリニックはまだ5医院しかないので、「うちの近くにもできてほしい」という声をいただいている状況です…💦

遠方の場合は写真相談もできるので、活用してくださいね。

初回だけの通院であとは基本的に自宅で矯正を進められるので、導入クリニックがある東京・大阪以外のユーザー来店率は43.2%です。

全国にOh my teethユーザーがいるので、遠方の方もぜひご検討くださいね。

※東京・大阪以外のユーザー来店率43.2%:Oh my teethの2020年7月から2022年1月までの実測値

マウスピース矯正選びで迷っているなら無料で診断できるOh my teethへ

マウスピース矯正選びの注意点

「Zenyum口コミ評判まとめと注意点」の部分でも解説しましたが、マウスピース矯正選びで失敗をしたくないなら、実際にカウンセリングに行ってみて、比較検討するのがおすすめです。

その際に役立つのが、本記事で紹介してきた比較ポイントです。

ぜひ、各項目をメモアプリなどにリストアップして、実際にカウンセリングで聞けた話をもとにまとめて、2箇所以上の情報をもとに比較検討してくださいね。

また、矯正治療はドクターとの二人三脚で進めていかなければなりません。

カウンセリングの際に相談しやすいドクターかどうかや、質問した際に納得できる回答してくれるかどうかは、矯正生活をスムーズに送る上で大切なチェックポイントです。

これらは実際にカウンセリングにいかないとわからないので、ぜひご自身の感覚を頼りにチェックしてみてくださいね。

マウスピース矯正 Oh my teeth導入クリニックではカウンセリングだけでなく、一般的な矯正歯科医院では3〜5万円程度かかる検査・診断も無料で受けられます。

契約を無理に勧めることもないので、比較検討の1軒目としてお気軽にご予約くださいね。

一般的な矯正歯科医院とOh my teeth導入クリニックの違い

上記で紹介している一般的な矯正歯科医院の検査・診断料は一例です。

マウスピース矯正選びで悩んでいるなら無料で診断できるOh my teethへ

ここからはZenyumについてもっと知りたい方のために、値段や期間の目安、矯正の流れを解説していきます。

あわせて読みたい

Oh my teethの口コミ・評判・無料診断の流れを徹底解説

▶︎ マウスピース矯正 Oh my teethの症例写真

Zenyumの料金プラン・治療期間の目安

Zenyumには合計3つの料金プランがあります。

プラン

Zenyum Clear(ゼニュムクリア)

Zenyum Clear Plus(ゼニュムクリアプラス)

矯正範囲

前歯部20本

上下すべての歯並び

料金

32.45万円

57.5万円もしくは66万円

治療期間(目安)

約3〜9ヶ月

約9〜15ヶ月

プランに追加してかかる費用

Zenyumの基本的な料金プランに追加してかかる料金は以下の通りです。

  • 初診料:2.2〜3.3万円

  • 歯の再診断:約1万円

  • リテーナー(治療後の保定装置):3万円

Zenyumではパートナークリニックでの初期検査に約2.2〜3.3万円の費用がかかります。また、全てのマウスピースを使い切っても満足いく結果が得られず、歯の再診断が必要になった場合は、約1万円の追加費用がかかります。

支払い方法

Zenyumの料金は現金払いとクレジットカード支払い、ショッピングローン利用が可能です。

ショッピングローンを利用すると月々3,600円の分割払いが可能です。

Zenyumのマウスピース矯正開始までの流れ

Zenyum

Zenyumのマウスピース矯正開始までの流れは、以下の通りです。

①歯並びの写真撮影

Zenyumでは、クリニックでの歯型採取の前に、歯の写真を撮影して送信することで簡易チェックを受けられます。あくまでも目安にはなりますが、自宅にいながらZenyumのマウスピース矯正プランが適合されるかどうかを確認できます。

②提携クリニックでの検診

Zenyumは既存のクリニックと提携することで展開しています。そのため初期検査はZenyumのパートナークリニックで受けます。

初期検診ではレントゲン撮影や歯型採取を行います。歯型採取の方法はパートナークリニックによって異なり、3Dスキャンかシリコン素材の印象材を用いた歯型採取が行われます。

③治療計画の確認・契約

検査結果をもとにシミュレーションが作成されます。このシミュレーションを確認し、納得できれば契約に進みます。

④マウスピース矯正開始

Zenyumのマウスピース矯正キット

契約後、4週間以内にZenyumからマウスピースが届きます。計画通りにマウスピースを装着し、自宅でマウスピース矯正を進めます。

⑤経過観察

Zenyumでは専用アプリで毎日写真を撮影し、送信します。パートナークリニックのドクターがアプリを介してユーザーの進捗状況を確認します。

⑥矯正終了・保定期間開始

理想通りの歯並びになれば矯正終了です。続いて理想の歯並びをキープするための保定期間に入ります。

Zenyumでリテーナー(治療後の保定装置)を購入する場合は3万円が必要です。

ゼニュムがあなたに合っているのかどうか検査を受けてみよう

ゼニュムは歯並びの気になる部分をリーズナブルに改善できるマウスピース矯正サービスです。

対応できる歯並びを限定することで安さを実現しているため、まずはあなたの歯並びがゼニュムのマウスピース矯正適合となるのか検査を受けてみることをおすすめします。

Webで無料診断もできますが、パートナークリニックで検査を受けるとより詳しい診断を得られます。

初期検査の費用目安は2.2〜3.3万円ですが、パートナークリニックによって差がありますので、事前に確認しておくと安心でしょう。

もっとほかのサービスと比較してからマウスピース矯正を始めたいあなたへ

マウスピース矯正選びで失敗したくないなら、自分の納得できるプランを提案してもらえるクリニックを探すことが重要です。

最低でも2医院以上のクリニックを訪れ、実際に治療プランの見積もりを出してもらい、比較検討すると納得度を高められます。

ただし矯正診断を出すための検査には3万円程度の費用がかかるところがほとんどです。

複数クリニックを比較検討するにはその分の費用もかさむ点には注意しましょう。

マウスピース矯正Oh my teeth導入クリニックでは、矯正診断に必要な各種検査を無料で行っています。一人でも多くの方に、納得のいく矯正治療を受けていただくため、費用をいただいておりません。

実際に多くの方が、マウスピース矯正Oh my teethの無料診断で歯並び改善への一歩を踏み出しています。

「矯正をしようか決めていない」という段階でも、「ほかのマウスピース矯正と迷っている」という段階でも大歓迎です。

まずはお気軽に無料診断へお越しください。

矯正についてもっと知る

ドクター所属学会(一部)

矯正歯科治療にともなうリスクについて