logo
logo
マウスピース矯正
最終更新日:2024年4月13日

マウスピース矯正で出っ歯は治せる?適応症例や費用目安を紹介

マウスピース 出っ歯

「マウスピースをはめただけで、本当に出っ歯を治せるの?」と疑問を抱いていませんか?実はマウスピース矯正で出っ歯を治せるかどうかは出っ歯の原因によって異なります。本記事では実際に出っ歯が改善した症例や治せない例、費用・期間の目安を解説。あなたの出っ歯がマウスピース矯正で改善できそうかを確認していきましょう。

万樹さんアイコン
歯科医師

西尾万樹

東京表参道矯正歯科 院長。北海道医療大学歯学部卒業。2018年歯科医師免許取得。旭川医科大学病院口腔外科にて研修後、矯正歯科勤務。2020年コスメコンシェルジュ取得。

「私の出っ歯ってマウスピース矯正で治るの?」「どれくらいの出っ歯ならマウスピース矯正で治せるのかな」と思っていませんか?

前歯の重なりや突出が少ない軽度の出っ歯は、マウスピース矯正で治せる可能性があります。

しかし、顎ごと前方へ突出している場合は、マウスピース矯正だけでは治せない場合も。

本記事では、マウスピース矯正 Oh my teethの実際の症例をもとに、マウスピース矯正で治る出っ歯・治らない出っ歯を詳しく解説します。

あわせて費用・期間の目安も紹介するので、参考にしてくださいね。

サクッと分かるマウスピース矯正と出っ歯のこと

実際に出っ歯が改善された症例画像を見たい方はこちら

マウスピース矯正で出っ歯は治せる?

マウスピース矯正 出っ歯

複雑な症例と比べて、マウスピース矯正で出っ歯を治せる可能性は高いです。 ですが、症例によって異なるため実際に診断を受けてみないとわかりません

マウスピース矯正のブランドには、前歯のみを対象としているものや歯並び全体を対象としているものなど、さまざまな種類があります。

そのため、各ブランドが定める適応範囲内の出っ歯であればマウスピース矯正で改善が見込めます。

ただ、マウスピース矯正はワイヤー矯正と比べると適応範囲が限られています。これは出っ歯も例外ではなく、各ブランド共通していると言えるでしょう。詳しくは次から解説します。

CTA
あわせて読みたい

出っ歯は押したら治せる?原因別の治療方法や予防法を解説

マウスピース矯正で治せる出っ歯の例

出っ歯の症例

骨格に問題がない軽度の出っ歯は、マウスピース矯正で治療できます。具体的には、前歯の重なりが少なく、前方への突出が軽度な場合です。

また歯と歯の間を研磨したり、小臼歯(前から4・5番目の歯)の抜歯によりきれいに並ぶスペースを確保できたりする場合も、マウスピース矯正の適応になることがあります。

以下は実際にマウスピース矯正 Oh my teethで出っ歯が改善した例です。

マウスピース矯正 Oh my teethの出っ歯の症例
  • 年代・性別:20代前半女性

  • 総額:33万円 (税込)

  • 期間:3ヶ月

  • 備考:非抜歯/部分矯正/研磨処置込

※保険適用外の自由診療です。※効果には個人差があります。マウスピース橋正(Oh my teeth含む)の主なリスク:虫歯・歯肉炎・歯周病・ブラックトライアングル・歯根吸収・歯肉退縮・1日20時間以上のマウスピース装着が必須・マウスピースにより痛みを感じる可能性・治療中に一時的に咬み合わせに不具合をきたす可能性・リテーナーを最低1年間は1日20時間以上装着、その後徐々に装着時間を減らし、2年目以降は夜間のみ着用推奨。

画像リンク
あわせて読みたい

マウスピース矯正の研磨処置(IPR・ディスキング)とは?リスクや必要な症例を紹介

マウスピース矯正で治せない出っ歯の例

マウスピース矯正で治せない出っ歯の例

前歯が著しく前方に突出していたり骨格が原因で出っ歯を生じていたりする場合、マウスピース矯正では治せない可能性があります。

マウスピース矯正ができない場合は、ワイヤー矯正などほかの矯正方法を検討する必要があります。

【マウスピース矯正で治せない例】
  • 骨格が前方に突出している

  • 歯を大きく動かす必要がある

  • インプラントが埋まっている

骨格の位置がズレている

単に歯が前方へ突出しているだけでなく、骨格ごと前方へ突出している場合、マウスピース矯正のみでの治療が難しいです。

そのほかの歯科矯正のみで治療することも難しく、外科手術が必要になることも。

また、噛み合わせに問題がある場合も、マウスピース矯正だけでは改善が難しいケースがあります。

歯を大きく動かす必要がある

出っ歯の度合いが重度の場合や、出っ歯に加えてほかの歯並びもよくない場合、改善のために歯を大きく動かす必要があります。

マウスピース矯正は歯を前後に並行移動させるのは苦手なため、上記のようなケースは適応外となる可能性があります。

この場合、ワイヤー矯正が適応となったり、ワイヤー矯正で大きく歯を動かした後、マウスピース矯正を行うコンビネーション矯正が適応されることもあるでしょう。

あわせて読みたい

前歯が大きい原因は?削るしかない?小さくする方法や費用を解説

インプラントが埋まっている

顎模型の画像

インプラントは歯科矯正で動かせません。

なぜなら、インプラントは歯を動かすために必要な組織「歯根膜(しこんまく)」がなく、あごの骨と強固に結合しているからです。

多くのインプラントがある場合は歯の移動に制限が出てしまいますが、お口の中の状態には個人差があるため、「⚪︎本インプラントが埋まっていると矯正が難しい」と一概には言えません。

まずは 一度歯科医師に相談することをおすすめします。

こちらのクリニックでは、3万円相当の検査が無料でできるので、「自分の出っ歯はマウスピース矯正で治せるのか分からない...」という人はぜひ利用してみてください。

無料診断CTA

マウスピース矯正で出っ歯を治す場合の費用・期間目安

マウスピース矯正 出っ歯

マウスピース矯正で出っ歯を治す場合の費用は、部分矯正と全体矯正で異なります。

  • 部分矯正の費用:10万〜40万円程度

  • 全体矯正の費用:60万〜100万円程度

部分矯正は、前歯のみなど歯を動かす範囲が限定されているため、全部の歯を動かす全体矯正と比較して費用は安くなります。

マウスピース矯正で出っ歯を治療する場合の期間の目安は、以下の通りです。

  • 部分矯正の期間:2ヶ月〜1年程度

  • 全体矯正の期間:1〜3年程度

期間に関しても、部分矯正か全体矯正かで異なります。

ただし出っ歯がどれくらいの期間で治るかは、出っ歯やその他の歯並びの症状によって異なります。

いずれにせよ、1ヶ月以内など短期間での治療は難しいことを理解しておきましょう。

あわせて読みたい

マウスピース矯正の値段は?費用を安く抑える方法も解説

あわせて読みたい

マウスピース矯正にかかる期間は?期間短縮のための3つのポイント

部分矯正か全体矯正どっち?

部分矯正か全体矯正どっちがいいの?

マウスピース矯正で出っ歯を治したい場合、部分矯正か全体矯正どちらがいいのでしょうか?

部分矯正であれば、費用も抑えられて短期間で治療を終えられるので、できれば部分矯正がいいな...と思う人が多いでしょう。

実は、クリニックによっては笑ったときに目立つ出っ歯を治すだけでも全体矯正を勧められることがあります。

その矯正方法は本当に自分に合っているのか、複数の医師に相談することが必要です。

マウスピース矯正Oh my teethでは、ユーザーの約9割が部分矯正を選択しています。

さらに、歯科医師への相談や精密検査が無料なので、「自分の出っ歯は度の矯正方法が向いている?部分矯正で治せる?」と悩んでいる人は気軽に相談してみましょう。

東京(表参道・有楽町・池袋・新宿)大阪(心斎橋)にストアがあるので、お近くの人はぜひ足を運んでみてください。

マウスピース矯正の出っ歯の症例

マウスピース矯正Oh my teethの出っ歯の症例を、部分矯正・全体矯正それぞれで紹介します。

部分矯正の症例

マウスピース矯正 Oh my teethの出っ歯の症例(部分矯正)
  • 年代・性別:30代女性

  • 総額:33万円 (税込)

  • 期間:2ヶ月

  • 備考:非抜歯/部分矯正/研磨処置込

マウスピース矯正 Oh my teethの出っ歯の症例
  • 年代・性別:20代前半男性

  • 総額:33万円 (税込)

  • 期間:4ヶ月

  • 備考:非抜歯/部分矯正/研磨処置込

全体矯正の症例

マウスピース矯正 Oh my teethの出っ歯の症例(全体矯正)
  • 年代・性別:20代前半女性

  • 総額:66万円 (税込)

  • 期間:10ヶ月

  • 備考:非抜歯/全体矯正/研磨処置込

このほかのOh my teethの出っ歯の症例は下記よりご覧ください。

画像リンク

※保険適用外の自由診療です。※効果には個人差があります。マウスピース橋正(Oh my teeth含む)の主なリスク:虫歯・歯肉炎・歯周病・ブラックトライアングル・歯根吸収・歯肉退縮・1日20時間以上のマウスピース装着が必須・マウスピースにより痛みを感じる可能性・治療中に一時的に咬み合わせに不具合をきたす可能性・リテーナーを最低1年間は1日20時間以上装着、その後徐々に装着時間を減らし、2年目以降は夜間のみ着用推奨。

あわせて読みたい

マウスピース矯正の症例(ビフォーアフター)・治療例

マウスピース矯正で口コボの改善はできる?

出っ歯が原因の口ゴボ

「口ゴボ」とは、口元が前に突出している口元の見た目のことです。

口ゴボは、口元が「ゴボっ」とした見た目を表す言葉として、SNS上で使われるようになった言葉です。

医療用語では「上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)」や「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」といいます。

マウスピース矯正は口コボの改善が苦手とされています。それはマウスピース矯正では抜歯をしないことが多いからです。

出っ歯を改善するには、前歯を大きく後ろに下げる必要があります。以下は出っ歯(口ゴボ)で悩む人の多くが気になる横顔のライン(Eライン)をイラストであらわしたものです。

Eラインの説明画像

Eラインとは、鼻先からあご先を結んだライン(下のイラストの青いライン)のことで、この状態が理想的な横顔と言われています。

あわせて読みたい

Eラインとは?確かめ方から横顔美人になる方法まで解説

歯科矯正によって出っ歯が改善すると、上記の左のイラストのように唇が後ろに下がり、美しい横顔のラインを描けるようになるのです。

歯科矯正でこのように歯を大きく移動させる必要が出た場合、抜歯が必要になることも。仮に矯正のために歯を2本抜いた場合、14mm程の隙間を作ることができ、その分前歯を後退できます。

以下は実際にマウスピース矯正 Oh my teethで出っ歯が改善した例です。

EラインBA症例

※ただし、前歯の後退した分だけ唇も同じように後退する人もいれば、あまり後ろに下がらない人もいます。唇の後退する程度は個人差がある、ということです。口元の改善シミュレーションなどを事前に行うこともありますが、唇がどれだけ後退するかは矯正治療を実際に行わないと分かりません。

あわせて読みたい

口ゴボが歯科矯正で治るか治らないかのカギは骨格にあった!?4パターンで解説

IPRで確保できる歯の移動スペースは限られる

マウスピースの画像

マウスピース矯正の場合、抜歯は行わずに、歯と歯の間をヤスリで削って歯を並べるための隙間を作ることが多いです。

これを「IPR(ディスキング)」と言います。

※Oh my teethでは、IPR(ディスキング)のことを「研磨処置」と呼んでいます

奥歯までヤスリがけを行うと合計で最大5〜6mm程の隙間を作ることは理論上可能ですが、一般的に矯正治療で抜く歯(前から数えて4、5番目の小臼歯)の幅7mmにはおよびません。

抜歯に比べると、出っ歯になった前歯を後ろに下げる隙間が少ないので、口元の後退も少なくなります。

マウスピース矯正でも多少の口元(口ゴボ)の改善があるかもしれませんが、抜歯をして矯正する場合と比較すると効果があまり期待できないかもしれません。

市販のマウスピースで出っ歯を自力矯正できる?

自力で矯正できる?

出っ歯でお悩みの方の中には、どうにかして自力で矯正できないかと考える方もいるかもしれません。残念ながら、市販のマウスピースなどでは、出っ歯を治す効果はありませんので注意しましょう。

また、「出っ歯を押してたら治った」というような情報を参考にするのも避けましょう。

自力で出っ歯を矯正しようとして無理な力を加えると、歯並びや噛み合わせの更なる悪化を引き起こす可能性があるためです。さらに歯の神経が死んでしまい、歯の寿命が縮まってしまう恐れも。

出っ歯を治すには、歯科医師による診断と治療が不可欠です。

「そんなこと言っても矯正は費用が高すぎる...」という人は、分割払いができるクリニックがおすすめです。

こちらのクリニックでは、月々3,500円からマウスピース矯正を始められます。

ですが、このマウスピース矯正は軽~中度の症例のみに対応しているので、自力で出っ歯を矯正しようと歯を指で押してたら、逆に歯並びが悪くなってマウスピース矯正でも治せなくなってしまった...なんてことにならないように、早めに受診することがおすすめです。

CTA

※上下前歯の部分矯正プランを120回払い(初回3,519円)で支払う場合の分割支払い金額。総額420,019円(税込)。

あわせて読みたい

マウスピース矯正は本当に効果があるの?いつから効果が出るか実例とともに紹介

マウスピース矯正で出っ歯になるって本当?

1238843527213137920

「マウスピース矯正で逆に出っ歯になってしまった」という声を聞くことがあります。

この原因としては、無理な歯列の拡大が考えられます。

マウスピース矯正のように非抜歯で歯科矯正を行う際、歯を並べるスペースを確保する方法として拡大床(かくだいしょう)が用いられることがあります。

拡大床とはプレート状の矯正装置。真ん中にあるネジを少しずつ拡大していくことによって、徐々に歯列を拡大していきます。

拡大床は、ドクターによる適切な診断のもとで用いられる場合は問題ないでしょう。

しかし無理な歯列の拡大によって歯が傾斜し、出っ歯になってしまうリスクもあります。

どんな歯並びになりたいかをドクターと話し合うのが重要

マウスピース矯正 Oh my teeth 導入クリニックの無料カウンセリング

マウスピース矯正をおこなった後に、矯正相談に来られる方がいらっしゃいます。再受診の理由は、改善できなかった口元の突出感の改善です。

出っ歯による口元の改善を強く望むのであれば、最初から抜歯を行う矯正治療が良いと思います(抜歯をしても口元が理想通りに改善するとは限りません)。

「口元が出ていても、まずは歯並び(出っ歯)を改善したい」という考えがあるなら、マウスピース矯正を試しに受けても良いと個人的には考えています。

つまり、矯正の最終ゴール、出っ歯の程度によってマウスピース矯正が適応になるかが決まります。

本記事に書かれている内容はあくまで一般的な内容です。皆さんの口腔内の状況により矯正歯科の対応が変わる可能性があります。

「矯正治療を受けてどのようになりたいか」をしっかりと担当ドクターに伝え、マウスピース矯正のメリット・デメリットについての説明も受け、納得した上で治療に進むようにしましょう。

マウスピース矯正「Oh my teeth」では、一人ひとりの声にしっかりと耳を傾けて、治療可否を判断します。無理にマウスピース矯正をすすめることはありません。

Oh my teethの矯正プランに適合した場合は、事前に矯正シミュレーションでゴールを確認した上で、治療を進められます。

シミュレーション上のゴールでもう少しなおしたい箇所があれば、可能な限り調整できます。

まずは無料診断で、あなたの未来の歯並びを見てみませんか?ご予約は24時間Webで受け付けています。

▼Oh my teethの矯正シミュレーション

矯正シミュレーション
画像リンク

※シミュレーション作成には契約が必要です。シミュレーションはLINEにお届けしますので、自宅でじっくり確認することができます。

あわせて読みたい

マウスピース矯正のシミュレーションとは?気軽に使えるアプリも紹介

矯正についてもっと知る

ドクター所属学会(一部)

矯正歯科治療にともなうリスクについて