logo
logo
歯科矯正
最終更新日:2024年3月8日

前歯が大きい原因は?削るしかない?小さくする方法や費用を解説

前歯が大きいのは削って小さくする?原因別の治療法や費用を解説

前歯が大きいと口元にコンプレックスを抱く原因になります。本記事では前歯が大きい原因と、小さくする方法を解説。詳しい治療方法や費用目安も紹介しますので、歯のサイズに悩んでいる方、削って小さくしようか迷っている方は必見です。

万樹さんアイコン
歯科医師

西尾万樹

東京表参道矯正歯科 院長。北海道医療大学歯学部卒業。2018年歯科医師免許取得。旭川医科大学病院口腔外科にて研修後、矯正歯科勤務。2020年コスメコンシェルジュ取得。

「前歯が大きいのが気になる」
「小さくするには、やっぱり歯を削るしかないのかな…」

このように悩んでいませんか?

結論から言うと、大きい前歯は削ることなく小さく見せることができます。しかし「何が原因で前歯が大きいのか」によって最適な治療方法が異なるので、本記事で詳しく解説していきます。

前歯が大きいことにコンプレックスに感じている方、小さくする方法や治療費などを詳しく知りたい方は、ぜひ最後までご覧くださいね。

本記事の要点
  • 前歯が絶対的に大きい(平均サイズより明らかに大きい)場合は削って被せ物を被せる治療がおすすめ

  • 歯並びのガタつきの影響で前歯が大きく見えている場合は歯列矯正で小さく見せられる

  • 前歯が大きいのを放置すると見た目のコンプレックスだけでなく、虫歯・歯周病リスクなどにもつながってしまう

サクッとわかる!前歯が大きい原因と治療法
歯科医師に直接相談してぴったりな治療プランを教えてもらう

【あなたは当てはまる?】「前歯が大きい」ってどんな状態?

前歯が大きいってどんな状態?日本人の前歯の平均サイズ

日本人の男性と女性の前歯の平均的なサイズは、以下のとおりです。

  • 男性は横幅8.6mm×長さ10~11mm

  • 女性は横幅8.5mm前後、長さ10〜11mm

この平均サイズを大幅に超えている場合は、前歯そのものが大きいと言えます。具体的には、横幅が9mmを超えている場合に大きいと判断できるでしょう。

ただし上記のサイズに当てはまらなくても、相対的に前歯が大きく見えていることがあります。

詳しくは「歯並びが悪くて大きく見える」をご覧ください。

前歯が大きい4つの原因

前歯が大きい4つの原因

前歯が大きい原因には以下の4つがあります。

そもそも「前歯」とは、中切歯(中央の前歯)とその隣の側切歯(前から2番目の歯)犬歯(前から3番目の歯)の上下合わせて12本の歯のことを指します。

「前歯が大きい」と感じる要因は、中切歯が平均サイズより大きいこともありますが、隣りの歯(特に側切歯)のサイズが小さかったり、歯並びが凸凹していたりすることです。

後者の場合、相対的に大きく見えているだけなので、前歯を削らずに大きく見えるのを改善することも可能です。詳しくは後ほど改めて解説します。

前歯が大きい原因別の対処法

まずは4つの原因をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

①歯並びが悪くて大きく見える:歯科矯正で改善可能

前歯のサイズは標準的なのに、歯並びが原因で相対的に大きく見えることがあります。

歯並びが原因で前歯が大きく見えるケース

例えば上記のような、叢生(歯並びが凸凹した状態)と、上顎前突(出っ歯)などです。

実は、日本人の不正咬合(歯並びや噛み合わせが悪い状態)のうち、叢生(そうせい)は44.3%、上顎前突は12.9%を占めるというデータがあります。日本人の悪い歯並びのうち、合計で57.2%を占めています。

日本人の不正咬合の割合

出典元: 不正咬合の種類と実態 | e-ヘルスネット(厚生労働省)

あなたが「前歯が大きい」と悩む原因も、叢生や上顎前突といった歯並びに原因があるかもしれません。

前歯が大きい原因が歯並びにある(前歯のガタつきなど)場合、矯正治療で並びが整えば、前歯が大きく見えるのを解消できます。

以下はマウスピース矯正 Oh my teethの実際の症例です。

マウスピース矯正 Oh my teethの症例(部分矯正)
  • 総額:33万円 (税込)

  • 期間:3ヶ月

  • 備考:非抜歯/部分矯正/研磨処置込

矯正前は1番前の中切歯に比べて隣の側切歯が内側に引っ込んでいることにより、中切歯が相対的に大きく見えていました。

矯正後は中切歯と側切歯との間のガタつきが軽減され、前歯が相対的に大きく見えるのも改善されました。

出っ歯の症例をもっと見る

実は筆者である私も、右の前歯が大きく前に突き出ていることで、1本だけ前歯が大きく見える状態になっていました。以下は、矯正前後の歯型写真です。

歯の動きの変化
  • 年代・性別:30代前半女性

  • 総額:33万円 (税込)

  • 期間:7ヶ月

  • 備考:非抜歯/部分矯正/研磨処置込

矯正治療を受けることで前歯の突出感がなくなり、大きく見えるのも改善されました。

※保険適用外の自由診療です。効果や感じ方には個人差があります。マウスピース橋正(Oh my teeth含む)の主なリスク:虫歯・歯周病・ブラックトライアングル・歯根吸収・歯肉退縮・1日20時間以上のマウスピース装着が必須・マウスピースにより痛みを感じる可能性・治療中に一時的にかみ合わせに不具合をきたす可能性・リテーナーを最低1年間は1日20時間以上装着、その後徐々に着用時間を減らし、2年目以降は夜間のみの着用推奨。

画像リンク

②前歯のサイズが大きい:削って整える必要がある

前歯が平均的なサイズよりも大きい(横幅が9mmを超えている)場合は、削って被せ物を被せて大きさを整える治療を受けるのが一般的です。この治療は虫歯の際に歯を削って被せ物を被せるのと同様の内容です。

③隣の歯のサイズが小さい:削って整える必要がある

平均サイズよりも異常に小さい歯のことを矮小歯(わいしょうし)と言います。矮小歯は上の前歯の、前から2番目で見られることが多く、結果的に1番前の歯が大きく見える原因になります。

歯が小さいのを大きくできる?原因や治し方を解説

この場合、矮小歯を削って被せ物を被せることで改善が可能です。

あわせて読みたい

歯が小さい人の特徴は?大きく治す方法や原因を解説

④歯茎が下がって大きく見える:歯茎の再生治療を受ける必要がある

元々は前歯の大きさが気にならなかったのに、年を重ねていくうちに「私の前歯ってこんなに大きかった?」と感じるケースがあります。

この原因の一つに歯肉退縮が挙げられます。歯肉退縮の原因は以下の4つです。

歯肉退縮の原因
  • 歯周病が悪化する

  • ブラッシングの力が強すぎる

  • 歯ぎしり・食いしばりをする

  • 年齢を重ねる

歯周病が進行すると歯を支えている骨がなくなり、同時に歯ぐきも下がります。

他には、過度なブラッシングや歯ぎしり・食いしばりを繰り返すことで歯ぐきが下がることも。

一度下がった歯ぐきをもとに戻すことは困難なため、歯肉を再生する治療(外科手術)を行うことがあります。ただしこの手術は保険外治療なので、費用がかかることも覚えておきましょう。

必ずしも削る必要はない

多くの人が「前歯が大きい=削って小さくしなければならない」と思いがちです。しかしここまで解説してきた通り、前歯が大きいと感じるのには、前歯のサイズに問題があるケースと、歯並びに問題があって大きく見えるケースがあります。

特に歯並びが原因で前歯が大きく見えている場合は、健康な前歯を削らず、歯科矯正で並びを整えることで改善できます

前歯が大きいのを矯正治療で改善するメリット

矯正治療で改善可能な場合、歯並びのガタつきの程度にもよりますが、前から3番目までの歯を動かす範囲(上下合わせて12本)であれば30万円程度〜の費用で済みます。健康な歯を大きく削る必要もありません。

矯正治療のカウンセリングは無料で行っているところも多いです。前歯の大きさが気になる方は、一度その原因について歯科医院へ相談に行ってみることをおすすめします。

歯科医師に直接相談してぴったりなプランを教えてもらう

【原因別】大きい前歯を小さくする方法と費用目安

【原因別】大きい前歯を小さくする方法と費用目安

前歯が大きい・長いのが気になる場合、歯科矯正で相対的に大きく見えるのを改善する治療や、削って形を整える治療を受ける選択肢があります。

①歯科矯正治療で相対的に小さくする:30万円程度〜

デコボコの歯並びや出っ歯によって前歯が相対的に大きく見える場合は、歯科矯正によって歯並びを整えることで目立たなくできます。

歯科矯正治療のメリットの一つ目は、健康な歯を削らずに前歯を小さく見せられることです。

抜歯をしない矯正の場合、歯の移動スペース確保のために歯の表面を少しだけ(髪の毛数本分程度)削ることはありますが、「削る」というよりは「やすりがけをする」イメージに近いです。

さらに、矯正治療には以下のようなメリットもあります。

  • 噛み合わせが整うことで全身の健康にも好影響が出ることがある(肩こり・頭痛の改善など)

  • 歯磨きがしやすくなり虫歯や歯周病になりにくくなる

一方、治療期間が長くかかったり、高額な費用がかかったりする点はデメリットでしょう。しかし歯1本の価値は100万円とも言われており、歯を失ってしまうとインプラント1本で30万〜40万円程度の治療費がかかります。

矯正治療によって歯並びや噛み合わせが改善し、歯の寿命が伸びることを考えると、歯科矯正はコスパのよい治療とも言えます。

あわせて読みたい

ビーバー歯は矯正で治る?治療法や費用・期間を解説

「矯正は100万円かかる」は過去の話

従来の方法は100万円だが近年はリーズナブルな矯正もある

「矯正治療は100万円以上のお金が必要」というイメージは未だ強いです。しかし矯正範囲を限定すると、治療費を抑えることが可能です。

また近年は定期的な通院をせずにできるマウスピース矯正も増えており、矯正治療のハードルはかなり下がっています。

以下は各種矯正方法の概要と費用・期間をまとめたものです。リーズナブルな矯正治療の特徴をつかむ参考にしてください。

表側矯正

裏側矯正

ハーフリンガル矯正

マウスピース矯正

特徴

歯の表側に装置をつけるワイヤー矯正

歯の裏側に装置をつけるワイヤー矯正

上の歯は裏側、下の歯は表側に装置をつけるワイヤー矯正

透明のマウスピースを使った矯正方法

メリット

・幅広い症例に対応できる
・自己管理が不要

・正面から見えない

表側矯正と裏側矯正それぞれのメリットを兼ね備えている

・目立ちにくい
・取り外して食事や歯磨きができる
・ホワイトニングも同時進行できる

・金属アレルギーでも治療できる

デメリット

・目立つ
・食べかすが引っかかりやすい

・歯磨きがしにくい

・費用が高い
・滑舌が悪くなりやすい

・歯磨きがしにくい

表側矯正と裏側矯正それぞれの欠点を被る可能性があ

自己管理が必要

費用

全体矯正:60万〜130万円
部分矯正:30万〜60万円

全体矯正:100万〜170万円
部分矯正:40万〜70万円

全体矯正:80万〜150万円
部分矯正:35万〜65万円

全体矯正:60万〜100万円
部分矯正:10万〜40万円

矯正期間

全体矯正:1〜3年程度
部分矯正:2ヶ月〜1年程度

全体矯正:2〜3年程度
部分矯正:5ヶ月〜1年程度

全体矯正:2〜3年程度
部分矯正:5ヶ月〜1年程度

全体矯正:1〜3年程度
部分矯正:2ヶ月〜1年程度

通院頻度

1ヶ月に1回

1ヶ月に1回

1ヶ月に1回

1〜3ヶ月に1回

このように、矯正治療は選ぶ方法によって費用・期間に差が出ます。

マウスピース矯正 Oh my teethは矯正範囲を上下前歯(上下12本)に絞り、24時間LINEサポートなどの仕組みで原則通院不要にすることで、最短2ヶ月、一律33万円という価格を実現しました。

「私の前歯が大きいのは、矯正で改善できる?」とお悩みなら、ぜひ一度無料診断へお越しください。お申し込みは以下の赤いボタンより簡単1分で完了します。

歯科医師に直接相談してみる

※治療期間・効果には個人差があります。「最短2ヶ月」に保定期間は含みません。再矯正1回までが料金に含まれます。マウスピースを破損、紛失した場合などは別途料金が発生します。「通院不要」とは、矯正開始後の定期通院原則不要を示しています。矯正プラン適合診断は歯科医師が直接診察した上で出しますのでご安心ください。矯正開始後も歯並びの状態に応じて前処置を行ったり、歯科医師が必要と判断した場合には直接口腔内の状況を診させていただきます。

あわせて読みたい

部分矯正の値段は?前歯のみ・1本だけの矯正費用はいくらぐらい?

②削って形を整える:30万円程度〜

前歯が標準よりも大きい場合、その前歯そのものに原因があるため、歯を削る以外に方法はありません。

歯の表面には痛みを感じないエナメル質という組織があり、一般的に0.5mm程度であれば削っても問題はないとされています。

③セラミッククラウンを被せて理想の大きさにする:10万〜15万円程度/本

標準よりも前歯2本が大きいサイズで気になる場合、「セラミック矯正」という選択肢もあります。セラミック矯正とは、形や並びが気になる部分の歯を削り、それを土台にセラミックの被せ物を被せ、見た目を整える治療法のことです。

ただし矯正とは言っても歯は動かさずに、被せもので歯並びを整える補綴治療の一種

そしてセラミック治療は、歯を削る量によっては抜髄(神経を抜く処置)が必要になることもあります。その場合は、歯の寿命が短くなることも覚えておきましょう。

セラミッククラウンの費用目安は1本あたり10万〜15万円程度です。

④歯肉形成で大きさ・長さを揃える外科手術:5万円程度〜

歯肉退縮(前歯の歯肉が周囲の歯よりも下がっていること)で、相対的に前歯が大きく・長く見えていることもあります。この場合、歯肉の移植手術を行うと、歯の大きさを均等に見せることが可能です。

歯並びは悪くないけれど、前歯1本だけ大きく見える場合などに有効な方法ですが、外科手術が必要で、費用目安は移植の程度にもよりますが、5万円程度です。

⑤矮小歯の補綴治療で大きさ・長さを揃える方法:3万円〜

矮小歯によって前歯の大きさや長さが強調されている場合、矮小歯を補綴治療で形を整える方法もあります。

矮小歯を周囲の歯の大きさに揃える治療法には、大きく以下の3つがあります。

  • ラミネートベニア:薄いセラミックシェルを歯の表面に貼り付けることで大きさや歯と歯の隙間を埋める方法。費用目安は1本あたり5万〜15万円程度

  • セラミッククラウン:矮小歯を全体的に削り、上からセラミッククラウンを被せることで見た目を整える方法。費用目安は1本あたり10万〜15万円程度

  • ダイレクトボンディング:矮小歯と隣の歯との隙間に直接レジンを塗り重ねることで形を整え、前歯の大きさが強調されているのを改善する方法。費用目安は1本あたり3万〜5万円程度

セラミッククラウンは、前述したようにケースによっては歯の寿命を縮めるリスクがあります。ラミネートベニアとダイレクトボンディングは比較的負担を抑えた治療法ではありますが、これらの方法で前歯の大きさを改善できるかどうかは、やはり検査してみないとわかりません

自分で歯を削るのは危険

自分で前歯を削って小さくしてはダメ

「前歯が一本だけ大きいのは自分で削って調整できる?」
「前歯の長さがバラバラなのでヤスリで削って高さを揃えたい」

こう考えている人も中にはいるかもしれません。実際に動画投稿サイトで、前歯を爪やすりで削る動画がアップされたこともあるようです。

しかし自力で歯を削るのは危険な行為です。歯を傷つけ、虫歯リスクが高まったり、歯の光沢を失ったりする原因になります

「できる限り安価に歯の形を整えたい」と思ってとった行動が、余計に治療費がかかる原因になることも。

前歯の大きさや周囲の歯の長さとのアンバランスに悩んでいるなら、自分でなおそうとはせず、まずは歯科医院に相談することをおすすめします。

あわせて読みたい

歯の整形って?種類・費用・期間・リスクを解説

前歯が大きいのを放置する3つのリスク

前歯が大きいのを放置するリスク

前歯が大きいこと自体は不正咬合ではありません。ただし前歯が大きいことによって、見た目や歯並びが悪くなりコンプレックスにつながったり、歯と歯の間に隙間や段差ができ、虫歯や歯周病のリスクにつながったりします。

①見た目のコンプレックスになる

前歯が大きいことが気になり、コンプレックスに感じる方も少なくありません。

見た目が気になり口元を手で隠しながら話したり、人前で話すことに抵抗を感じるなど、口元が原因で自分に自信が持てない方もいるでしょう。

②虫歯や歯周病になりやすくなる

出っ歯などで歯並びが乱れている場合は、食べかすが歯の隙間に挟まりやすく歯磨きがしにくいです。磨き残しがあると歯垢が溜まり、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。

③口臭が発生しやすくなる

前歯が大きいことで、口が閉じにくくなっていませんか?意識しないと口を閉じられず、無意識だとポカンと空いた状態が続いていると口の中が乾燥し、口臭リスクが高まってしまいます。

なぜなら口が空いた状態だと、唾液が口腔内に行き届きにくくなるからです。唾液には口腔内の汚れを洗い流し清潔に保つ役割(自浄作用)があるため、唾液が行き届きにくくなると汚れが洗い流せず、口臭の原因菌が発生しやすい環境になります

あわせて読みたい

歯並びが悪い原因とリスクを解説!あなたの歯並びはどの種類?

前歯の大きさが気になるなら歯科医院に相談を

マウスピース矯正 Oh my teeth 導入クリニックの無料カウンセリング

前歯が大きいと感じるのは、前歯そのものが大きい絶対的な原因と、周りの歯や歯並びなどが影響する相対的な原因があります。

絶対的に大きい場合は歯を削る必要がありますが、相対的に大きい場合は歯科矯正によって改善が可能です。

前歯が大きいことに悩んでいるなら、まずは矯正歯科で相談してみることがおすすめ。あなたの前歯の何が原因で大きく見えるのかを診断してもらうことで、最適な治療方法がわかります

安易に歯の寿命を縮める方法を選ぶことがないように、まずは専門家に相談してみましょう。

前歯の大きさのお悩みを無料で相談しませんか?

マウスピース矯正 Oh my teethでは、無料の歯並び相談を受け付けています。無料診断にお越しいただければ、歯科医師があなたの今の歯並びを3Dスキャンで可視化した上で、お悩みに合った治療法を提案いたします。

出っ歯によって前歯が大きく見えている場合、最短2ヶ月から、平均3ヶ月で改善が可能です▼

マウスピース矯正 Oh my teethの出っ歯の症例(部分矯正・非抜歯矯正)
  • 総額:33万円 (税込)

  • 期間:2ヶ月

  • 備考:非抜歯/部分矯正/研磨処置込

マウスピース矯正 Oh my teethの出っ歯の症例
  • 総額:33万円 (税込)

  • 期間:3ヶ月

  • 備考:非抜歯/部分矯正/研磨処置込

※保険適用外の自由診療です。効果や感じ方には個人差があります。マウスピース橋正(Oh my teeth含む)の主なリスク:虫歯・歯周病・ブラックトライアングル・歯根吸収・歯肉退縮・1日20時間以上のマウスピース装着が必須・マウスピースにより痛みを感じる可能性・治療中に一時的にかみ合わせに不具合をきたす可能性・リテーナーを最低1年間は1日20時間以上装着、その後徐々に着用時間を減らし、2年目以降は夜間のみの着用推奨。最短2ヶ月および平均3ヶ月:2020/1~2023/7 Basicプランの実績値(保定期間除く)

出っ歯の症例をもっとみる

まずはあなたの未来の歯並びを見てみませんか?無料診断のご予約は以下の赤いボタンから簡単1分。24時間受付中です。

画像リンク
あわせて読みたい

Oh my teethの口コミ・評判・無料診断の流れを徹底解説

あわせて読みたい

口ゴボとは?セルフチェック方法や治し方を徹底解説

あわせて読みたい

口ゴボが歯科矯正で治るか治らないかのカギは骨格にあった!?4パターンで解説

矯正についてもっと知る

ドクター所属学会(一部)

矯正歯科治療にともなうリスクについて