logo
歯科矯正
最終更新日:2024年6月5日

歯が小さい人の特徴は?大きく治す方法や原因を解説

歯が小さいのを大きくできる?原因や治し方を解説
吏帆子さんアイコン
歯科医師

太田 吏帆子

鶴見大学歯学部卒業。卒後、東京歯科大学にて研修。一般歯科、矯正歯科勤務。

歯が小さいことを「矮小歯」とよび、ほかの歯と比べると非常に小さいのが特徴です。

「なぜ一つだけ歯が小さいの?」
「歯を大きくしたいけど矯正で治る?」

このような疑問を解決しながら、小さい歯を放置するリスクや治療方法などをご紹介します。

小さい歯や短い歯に悩んでいる方は、ぜひ治療方法や費用などを参考にしてください。

「歯が小さいのを大きく見せられる?」事前に無料でわかる矯正
目次下CTA

歯が小さい人(矮小歯)の特徴

歯が小さい人(矮小歯)の特徴

歯が小さい人の特徴は歯のサイズで、解剖学的な平均サイズよりも異常に小さいのが特徴です。

矮小歯(わいしょうし)と呼ばれ、全部の歯が小さい場合や、部分的に小さいこともあります。また矮小歯は、本来の歯の本数よりも多い「過剰歯(かじょうし)」によく見られる症状です。

部分的な矮小歯の発症も珍しくはなく、円錐状や蕾状の形など、形には個人差があります。

矮小歯になりやすい場所

歯が小さいのを大きくできる?原因や治し方を解説

矮小歯は、上顎の前から数えて2番目の前歯(側切歯、上イラスト青矢印)で見られることが多いです。側切歯は一番前の歯(中切歯)の大体67%のサイズが標準とされていますが、これより極端に小さいと矮小歯と診断されます。

上顎の側切歯が小さいと隣の歯との隙間ができていることが多く、結構目立って見えます。実際、Oh my teeth 導入クリニックに来院された方の中にも、前歯の隙間を気にされて相談に来られることはあります。

歯が小さい原因は?なぜ短い?

歯が小さいのを大きくできる?原因や治し方を解説

歯が小さかったり、小さく・短く見える原因は、平均的な歯のサイズと比較すると分かりやすくなります。日本人の前歯の平均的なサイズは以下の通りです。

  • 横幅:男性8.6mm前後・女性8.5mm前後

  • 長さ:10〜11mm程度

このサイズを基準に考えると、歯が小さい原因は4つあります。

歯が小さい原因は4つ
  • 歯列より後ろにあるから

  • 丸みがある形だから

  • 顎骨が大きいから

  • 身体的な理由があるから

歯列より後ろにあるから

前歯の平均的なサイズよりも極端に小さいわけではない場合は、歯並びに原因があるケースがあります。以下の写真をご覧ください。

歯が小さいのを大きくできる?原因や治し方を解説
  • 総額:33万円 (税込)

  • 期間:3ヶ月

  • 備考:非抜歯/部分矯正/研磨処置込

上記は マウスピース矯正 Oh my teethの部分矯正の症例です。矯正開始前は右の側切歯が歯列よりも後ろに下がっていました。これにより、この1本の歯だけ相対的に小さく見えます。

一方、矯正後は右の側切歯が前に出て、歯列に収まることにより、相対的に小さく見えるのも改善しました。

このように、歯並びが原因で相対的に歯が小さく見えるケースもあります。

歯が小さいのを大きくできる?原因や治し方を解説

丸みがある形だから

一本一本の歯のサイズが平均サイズと極端に違わなくても、歯の形状によって小さいと錯覚することがあります。具体的には、歯の縁が丸みを帯びているケースです。

一般的に丸みを帯びていると女性的に、四角く角張っていると男性的に見えるなど、歯の形状は印象にも影響を与えます。

顎骨が大きいから

骨格的に顎骨が大きいと、歯のサイズが小さくみえます。

歯と歯の間に隙間ができやすく、すきっ歯(空隙歯列)になるため、見た目のコンプレックスにもつながりやすいです。

身体的な理由があるから

矮小歯が目立つのは、身体的な理由も考えられます。

  • 遺伝的な影響

  • ビタミンDの不足

  • 下垂体の異常

遺伝的な影響で歯が小さくなる場合もあり、栄養不足や外傷も要因の一つです。

その他にも食生活の変化によって起こる、歯の退化現象の可能性もあるでしょう。

歯が小さい状態(矮小歯)を放置するリスク

歯が小さいのを大きくできる?原因��や治し方を解説

歯が小さいこと自体は問題ありません。問題なのは、歯が小さいことですきっ歯になり、機能的に問題があったり、見た目のコンプレックスにつながっていたりするケースです。

発音がはっきりしない

歯が小さいことで歯と歯の間に隙間ができていると、話す際に発音がはっきりしない原因になります。なぜなら隙間から息が漏れてしまうからです。

特に「サ行」の発音が難しい傾向があります。

見た目のコンプレックスにつながる

矮小歯は円錐状をしていることもあり、歯が尖って見える原因になります。また1本1本の歯が小さく、すきっ歯が気になることもあるでしょう。

このような見た目のコンプレックスがあると、人前でうまく笑えなかったり、口元を隠すのが癖になったりしてしまいます。

虫歯・歯周病リスクが高まる

歯が歯列よりも後ろに生えていることで歯が相対的に小さく見える場合、それだけ歯列のガタつきが大きいということです。

歯列が乱れていると、ガタつきのある箇所に汚れが高まりやすく、虫歯や歯周病だけでなく、口臭リスクも高まってしまいます。

あわせて読みたい

歯並びが悪い原因とリスクを解説!あなたの歯並びはどの種類?

小さい歯を大きくする治療方法

歯が小さいのを大きくできる?原因や治し方を解説

小さい歯を大きくする方法は、歯が小さい原因によって異なります。歯のサイズが絶対的に小さい(矮小歯)場合、被せ物などで形を整える方法や、歯肉をカットして長くする方法が適しています。

一方、相対的に小さく見える場合は、歯列矯正で改善できます。

補綴治療で大きくする

矮小歯など、歯のサイズが絶対的に小さい場合は、補綴治療で改善します。補綴治療とは、歯が欠損した箇所を人工物で補う治療のことで、虫歯を削って詰め物や被せ物をするのも補綴治療の一種です。

小さい歯を大きくする補綴治療には、主にラミネートベニア、セラミッククラウン、ダイレクトボンディングの3つがあります。

ラミネートベニア

歯の最も表側にあるエナメル質だけを薄く削り、薄いセラミックの板(セラミックシェル)を表面に貼りつける治療法です。セラミックを貼りつけることで、本来の大きさを再現し、隙間も閉じることができますが、経年劣化により欠けたり割れたりするリスクがあります。

費用目安は1本あたり5万〜15万円程度です。

セラミッククラウン

歯を全体的に削り、セラミッククラウンを上から被せる治療法です。天然歯のような見た目ですが、ラミネートベニアより歯を削る量が多いのが難点です。

費用目安は1本あたり10万〜15万円程度です。

ダイレクトボンディング

小さい歯に直接レジンを塗り重ねることで形態を修復する方法です。材料によってはセラミック同等の見た目を再現することができますが、経年劣化により欠けたり割れたりするリスクがあります。

※上記3つの治療方法は側切歯の歯の形を整えて隙間を閉じることにフォーカスしています。ほかの前歯の部分にも隙間ができている場合、歯科矯正を併用して行うこともあります。

歯科矯正治療でバランスをよくする

平均的な歯のサイズからあまり小さ過ぎない場合は、歯の形を変えずに歯科矯正のみで相対的な小ささを改善することもできます。

下記はいずれも側切歯が相対的に小さく見えるのが改善した例です。

歯が小さいのを大きくできる?原因や治し方を解説
  • 総額:33万円 (税込)

  • 期間:3ヶ月

  • 備考:非抜歯/部分矯正/研磨処置込

歯が小さいのを大きくできる?原因や治し方を解説
  • 総額:66万円 (税込)

  • 期間:5ヶ月

  • 備考:非抜歯/全体矯正/研磨処置込

歯が小さいのを大きくできる?原因や治し方を解説

歯科矯正治療にかかる費用は、矯正範囲や矯正装置の種類によって異なります。以下の表を参考にしてください。

表側矯正

裏側矯正

ハーフリンガル矯正

マウスピース矯正

特徴

歯の表側に装置をつけるワイヤー矯正

歯の裏側に装置をつけるワイヤー矯正

上の歯は裏側、下の歯は表側に装置をつけるワイヤー矯正

透明のマウスピースを使った矯正方法

メリット

・幅広い症例に対応できる
・自己管理が不要

・正面から見えない

表側矯正と裏側矯正それぞれのメリットを兼ね備えている

・目立ちにくい
・取り外して食事や歯磨きができる
・ホワイトニングも同時進行できる

デメリット

・目立つ
・食べかすが引っかかりやすい

・費用が高い
・滑舌が悪くなりやすい

表側矯正と裏側矯正それぞれの欠点を被る可能性があ

自己管理が必要

費用

全体矯正:60万〜130万円
部分矯正:30万〜60万円

全体矯正:100万〜170万円
部分矯正:40万〜70万円

全体矯正:80万〜150万円
部分矯正:35万〜65万円

全体矯正:60万〜100万円
部分矯正:10万〜40万円

矯正期間

全体矯正:1〜3年程度
部分矯正:2ヶ月〜1年程度

全体矯正:2〜3年程度
部分矯正:5ヶ月〜1年程度

全体矯正:2〜3年程度
部分矯正:5ヶ月〜1年程度

全体矯正:1〜3年程度
部分矯正:2ヶ月〜1年程度

通院頻度

1ヶ月に1回

1ヶ月に1回

1ヶ月に1回

1〜3ヶ月に1回

  • マウスピース矯正 Oh my teethの矯正プランと価格について詳しくはこちら

マウスピース矯正Oh my teethは、無料で検査・診断を実施しています。不安や疑問があれば相談だけでも大丈夫です。ぜひお近くの無料診断にお越しください。

補綴治療の前に矯正治療を行うことも

補綴治療の前に矯正治療を行うことで、その後の歯の生存率が上がる場合があります。

たとえば斜めに生えている歯の形を整えるためにそのまま被せ物を被せると、ブラッシングがうまく行き届かない箇所が発生し、虫歯・歯周病リスクが高まります。また噛み合わせの問題もそのままになるでしょう。

このような場合、あらかじめ矯正治療によって歯根から向きを整えたほうが、虫歯・歯周病リスクを下げ、噛み合わせの改善ができるため、歯の予後も変わってきます。

歯肉形成で長く見せる

歯の長さが平均的な長さよりも短い場合、歯茎を切除して長さを出す方法もあります。笑ったときに歯茎が広く見えるガミースマイルの治療にも用いられる方法です。

費用目安は5万円程度ですが、後戻りのリスクがあります。

あわせて読みたい

前歯が大きい原因は?削るしかない?小さくする方法や費用を解説

歯のサイズにお悩みなら歯科医院に相談を

歯の小ささ、短さにお悩みなら、一度歯科医院に相談に行くことをおすすめします。自分の中では「見た目だけの問題」と思っていても、検査の結果機能的な問題が見つかることもあるからです。

相対的に歯が小さく見える場合は、歯を削ることなく、歯列矯正で動かして改善することも可能です。マウスピース矯正 Oh my teethでも改善できる可能性がありますので、お気軽に無料診断にお越しくださいね。

納得して選んで欲しいから診断まで費用はいただきません

矯正についてもっと知る

ドクター所属学会(一部)

矯正歯科治療にともなうリスクについて