logo
logo
歯科矯正
最終更新日:2024年2月29日

出っ歯は矯正で治せる?改善した実例を写真付きで解説

「出っ歯の矯正をしたい」という方に向けて、治療方法から費用や期間を徹底解説。矯正装置の選び方のポイントや費用負担を抑える方法も紹介しているので、出っ歯の矯正でお悩みの方はぜひご覧ください。

真由美さんアイコン
歯科矯正ブログ編集チーム

木村真由美

Oh my teethでのマウスピース矯正を経て、2021年6月に株式会社Oh my teethにジョイン。マウスピース矯正経験者としてOh my teethのオウンドメディア「歯科矯正ブログ」にて記事を更新中。ミッションは「歯並びに悩むすべての方に歯科矯正の確かな情報をお届けすること」。

「出っ歯は矯正で治る?」
「出っ歯をなおすとかわいくなれる?」
「出っ歯矯正の費用は高い?期間は?」


出っ歯の矯正で疑問や不安があり、一歩を踏み出せずにいませんか?
出っ歯がコンプレックスで、自然に笑えなかったり、横顔に自信を持てなかったりする人は少なくありません。

そこで本記事では、出っ歯矯正にまつわるさまざまな疑問にお答えします。

矯正装置の種類、費用や期間なども解説しているので、あなたに合った改善方法が見つかります。

費用負担を抑える方法も紹介しているので、「出っ歯をなおしたいけどお金がかかる…」と躊躇している方もぜひ最後までご覧ください。

出っ歯の矯正に関する悩みをドクターに相談してみませんか?マウスピース矯正 Oh my teethは、無料相談を実施しています。「出っ歯の矯正費用はいくらかかる?」といった疑問も受け付けています。

以下のボタンからお近くのクリニックをチェックしてみてくださいね。

無料診断を予約する

出っ歯の矯正方法は「部分矯正」と「全体矯正」の2種類

出っ歯(上顎前突)を矯正する方法には、部分矯正と全体矯正の2種類があり、動かしたい歯の範囲によって異なります。まずは、それぞれの違いを見ていきましょう。

部分矯正

全体矯正

動かせる範囲

上下の前歯部分

すべての歯

費用目安

10~70万円

60~170万円

治療期間

2ヶ月~1年程度

1~3年程度

前歯を中心に動かす部分矯正

「部分矯正」は前から数えて3番目までの前歯部分を中心に動かす方法で、主に見た目の改善を目的に行います。

部分矯正で対応できるのは、比較的軽度の出っ歯です。そのため、前歯だけをなおしたい場合でも、重度の出っ歯だと部分矯正では対応できないケースがあります。

部分矯正で対応できる軽度の出っ歯とは以下のようなケースです。

部分矯正で対応できる出っ歯のレベル
  • 隣の歯との間に少し段差がある程度

  • 噛み合わせに問題がない

  • 抜歯の必要がない

部分矯正は動かせる範囲が限定されているので、全体矯正と比べて費用や治療期間が短い傾向にあります。

部分矯正の費用目安は10万〜70万円、治療期間は2ヶ月〜1年程度です。

全体的に動かす全体矯正

「全体矯正」は奥歯を含めて上下すべての歯を動かしていく方法で、見た目だけでなく噛み合わせの改善も期待できます。

軽度から重度まで幅広い出っ歯に対応可能です。ただし、あごの骨格異常が原因の出っ歯は全体矯正でも対応も難しく、外科手術を併用する外科的矯正治療が必要になります。

全体矯正で対応できる中度~重度の出っ歯は、具体的には以下のようなケースです。

全体矯正での対応となる出っ歯のレベル
  • 歯の出っ張りが大きい

  • 噛み合わせに問題がある

  • 抜歯を必要とする

全体矯正は動かせる範囲が広いため、部分矯正と比べて費用が高く、治療期間も長い傾向にあります。全体矯正の費用目安は60万〜170万円、治療期間は1〜3年程度です。

※出っ歯の状態は一人ひとり異なります。部分矯正・全体矯正どちらが適切かを知るためにも、まずは歯科医院で相談・カウンセリングをしましょう。

出っ歯矯正で使う矯正装置の費用・期間

出っ歯の歯科矯正治療で使う代表的な装置には、「マウスピース矯正」「表側矯正」「裏側矯正」の3種類があります。装置ごとに異なる特徴がありますので、それぞれの違いをよく理解しておくことが大切です。

種類

マウスピース矯正

表側矯正

裏側矯正

特徴

マウスピース型の矯正装置で歯を動かす

歯の表側にブラケットとワイヤーを装着して歯を動かす

歯の裏側にブラケットとワイヤーを装着して歯を動かす

見た目

目立たない

目立ちやすい

目立たない

対応できる範囲

対応できない症例もある

軽度~重度まで幅広い症例に対応可能

比較的多くの症例に対応可能

衛生面

装置を外して食事・歯磨きができる

食べかすが溜まりやすいが目視しながら歯磨きができる

食べかすが溜まりやすく歯磨きもしにくい

費用目安

部分矯正:10万~40万円

全体矯正:60万~100万円

部分矯正:30万~60万円

全体矯正:60万~130万円

部分矯正:40万~70万円

全体矯正:100万~170万円

治療期間

部分矯正:2ヶ月~1年程度

全体矯正:1~3年程度

部分矯正:2ヶ月~1年程度

全体矯正:1~3年程度

部分矯正:5ヶ月~1年程度

全体矯正:2~3年程度

通院頻度

1~3ヶ月に1回

1ヶ月に1回

1ヶ月に1回

ここからさらに詳しく各矯正装置の特徴を紹介していきます。

①マウスピース矯正

マウスピース矯正 Oh my teethのマウスピースを装着した女性

マウスピース矯正は、薄くて透明なマウスピース型の矯正装置を使って歯を動かす方法です。治療段階に応じて作られたマウスピースを順番に交換することで、少しずつ歯並びを整えます。

マウスピース矯正と一口にいっても、インビザラインやクリアコレクトなどさまざまなブランドがあり、対応できる範囲や費用、期間などが異なります。


マウスピース矯正による出っ歯治療の値段相場は、部分矯正10万〜40万円、全体矯正60万〜100万円。治療期間は部分矯正2ヶ月〜1年程度、全体矯正1〜3年程度 です。

マウスピース矯正のメリット

マウスピース矯正のデメリット

・装置が目立たない

・食事や歯磨きの際に取り外せる

・口腔内を傷つけにくい

・金属アレルギーのリスクがない

・対応できる症例に限界がある

・1日20時間以上装着しなければならない

・装着中は飲食できない

・自己管理が必要

マウスピース矯正の詳しい治療方法や費用、期間などは「マウスピース矯正とは?メリットや後悔しないために特徴を徹底解説」で詳しく解説しています。合わせてご覧ください。

②表側矯正

表側矯正

表側矯正は、歯の表面にブラケットを装着し、そこにワイヤーを通すことで歯並びを整える方法です。最もオーソドックスな方法で、歯科矯正の中でも一番長い歴史があります。

近年は、金属のメタルブラケットだけでなく、白や透明の目立たないブラケットも登場していますが、素材が高価になるほど矯正費用も高くなります。

表側矯正による出っ歯治療の値段相場は、部分矯正30万〜60万円、全体矯正60万〜130万円。治療期間は部分矯正2ヶ月〜1年程度、全体矯正1〜3年程度 です。

表側矯正のメリット

表側矯正のデメリット

・幅広い症例に対応できる

・発音へ影響しにくい

・目視しながら歯磨きができる

・比較的値段が安い

・装置が目立ってしまう

・食べかすが引っかかった際に目立つ

・装置の厚みで口元が突き出て見える

・金属アレルギーのリスクがある

③裏側矯正

裏側矯正

裏側矯正は、歯の裏面にブラケットを装着し、そこにワイヤーを通すことで歯並びを整える方法です。目立ちにくいことから、装置が目立つと困る芸能人などからも選ばれています。

裏側矯正による出っ歯治療の値段相場は、部分矯正40〜70万円、全体矯正100〜170万円。治療期間は部分矯正5ヶ月〜1年程度、全体矯正2〜3年程度です。

裏側矯正のメリット

裏側矯正のデメリット

・装置が目立たない

・舌癖(舌で前歯を押す)防止につながる

・発音への影響が出やすい

・目視しにくく歯磨きが難しい

・表側矯正より装置が外れやすい

・口内炎ができやすい

あわせて読みたい

出っ歯は押したら治せる?原因別の治療方法や予防法を解説

出っ歯の矯正装置を選ぶポイント

出っ歯の矯正方法には、範囲や装置によってさまざまな種類があるため、自分にはどれが合うのか迷うことも多いでしょう。ここでは、タイプごとのおすすめ矯正方法を紹介します。

※ここで紹介するタイプ別のおすすめ矯正方法は、あくまでも目安です。歯並びは一人ひとり異なるため、適切な歯科矯正方法を知るにはドクターによる診断が必要です。

前歯だけを早く低コストでなおしたい→マウスピース矯正 or 表側矯正の部分矯正

「気になる出っ歯だけを早く低コストでなおしたい」という方には、マウスピース矯正や表側矯正の部分矯正がおすすめです。

マウスピース矯正ブランドの中には10万円から始められるものもあります。また、ワイヤー矯正でも、表側矯正はベーシックな装置を選択すればコストを抑えられます。

バレずに出っ歯を矯正したい→マウスピース矯正 or 裏側矯正

人前に出る機会の多い職業の方や、周囲に矯正中だと気づかれたくない方には、マウスピース矯正や裏側矯正がおすすめです。

マウスピース矯正は透明なので、相手に伝えない限り矯正中だとバレることはないでしょう。裏側矯正もよほど大きな口を開けない限りは装置が見えません。

整った歯並びと噛み合わせを手に入れたい→表側矯正による全体矯正

奥歯の噛み合わせから整った歯並びを手に入れたい方には、表側矯正による全体矯正がおすすめです。

表側矯正は最も適応範囲が広いので、大きくズレのある出っ歯も改善が期待できるでしょう。

なるべく痛みを少なくしたい→マウスピース矯正

痛みが苦手な方は、マウスピース矯正を検討してみましょう。

マウスピース矯正は少しずつ歯を動かしていく方法(1〜2週間かけて約0.25mm)のため、ワイヤー矯正に比べて歯を動かす際の痛みが少ないです。

忙しくて通院する時間が作れない→マウスピース矯正

忙しくてクリニックに通院する時間が作れない方には、通院頻度が少ないマウスピース矯正がおすすめです。

マウスピースを自分で交換して進められるため、ブランドによっては初回カウンセリングのみでそれ以降は通院不要の場合もあります。

マウスピース矯正 Oh my teethの出っ歯の症例

骨格に問題がなく、軽度~中等度の出っ歯はマウスピース矯正でなおせる可能性があります。ここでは、マウスピース矯正 Oh my teethで出っ歯が改善した症例を紹介します。

マウスピース矯正 Oh my teethの出っ歯の症例(部分矯正)
  • 年代・性別:30代女性

  • 総額:33万円 (税込)

  • 期間:2ヶ月

  • 備考:非抜歯/部分矯正/研磨処置込

マウスピース矯正 Oh my teethの出っ歯の症例(部分矯正)
  • 総額:33万円 (税込)

  • 期間:3ヶ月

  • 備考:非抜歯/部分矯正/研磨処置込

マウスピース矯正 Oh my teethの出っ歯の症例
  • 年代・性別:20代前半男性

  • 総額:33万円 (税込)

  • 期間:3ヶ月

  • 備考:非抜歯/部分矯正/研磨処置込

※保険適用外の自由診療です。

※効果には個人差があります。

※マウスピース橋正(Oh my teeth含む)の主なリスク:虫歯・歯周病・ブラックトライアングル・歯根吸収・歯肉退縮・1日20時間以上のマウスピース装着が必須・マウスピースにより痛みを感じる可能性・治療中に一時的に噛み合わせに不具合をきたす可能性・リテーナーを最低1年間は1日20時間以上装着、その後徐々に着用時間を減らし、2年目以降は夜間のみの着用推奨。

CTA症例_出っ歯

出っ歯を矯正する3つのメリット

出っ歯矯正を行うことで、以下のような3つのメリットがあります。

①横顔(Eライン)が整う

Eラインの説明画像

出っ歯によって口元が突き出た状態(口ゴボ)になっていた場合、矯正することで口元も引っ込み、横顔も整います。横顔の美しさを決める基準の一つとして用いられるのが「Eライン(鼻先とあごの最も突き出た部分を結んだライン)」です。

理想的な横顔はEラインの内側に口先がある状態だといわれていますが、出っ歯の場合、Eラインをはみ出しているケースが目立ちます。 出っ歯を矯正すると理想的なEラインを描けるようにもなります。

あわせて読みたい

出っ歯を矯正すると横顔はきれいになる?4つの方法を解説

②歯茎が露出しなくなる

出っ歯の場合、「ガミースマイル」を引き起こしていることもあります。ガミースマイルは笑ったときに歯茎が見えすぎてしまうため、笑うことに抵抗感を持っている方もいるでしょう。

矯正で前歯を引っ込めると歯茎部分も露出しなくなるので、笑顔にも自信を持てるようになります。

③虫歯や歯周病のリスクが減る

出っ歯の矯正治療を受けると、虫歯や歯周病になるリスクも低下します。これは歯並びが整うことで、歯ブラシが届いていなかった部分もしっかり磨けるようになるからです。

口腔内が清潔に保たれるようになるので、口臭予防にもつながります。

出っ歯矯正の費用負担を軽くする3つの方法

歯の模型と電卓

いくら低コストの方法といっても矯正治療には高額な負担がかかるため、少しでも安くしたいと思いますよね。ここからは、出っ歯矯正の費用負担を軽くする3つの方法を紹介します。

①モニター価格で治療を受ける

クリニックによっては、通常より安いモニター価格で矯正治療を受けられる場合があります。ただし、「症例写真の提供」「指定された矯正方法のみ」など、クリニックが提示する条件を満たさなければなりません

条件が合うのであれば、お得に出っ歯矯正を受けられる魅力的な方法です。

②確定申告で医療費控除を申請する

間接的に矯正費用を軽減する方法として医療費控除があります。医療費控除は、1月1日から12月31日までの1年間で10万円以上の医療費を支払った場合、確定申告することで税金の一部が戻ってくる制度です。

ただし、医療費控除の対象となるのは「噛み合わせの改善を目的とした矯正」で、「見た目の改善を目的とした矯正」は対象外です。たとえば、以下のような機能面の問題がある出っ歯は、医療費控除の対象となりえます。

  • 食べ物を噛み切れない

  • 発音に支障が出ている

医療費控除は一旦、治療費の負担をしなければなりませんが、お得になる制度ですのでぜひ活用してみてください。

あわせて読みたい

歯科矯正の医療費控除はいくら戻る?適応条件や申請方法を解説

③デンタルローンを利用して分割払いする

矯正費用が安くなる方法ではありませんが、一度にまとまったお金を用意するのが難しい方はデンタルローンを活用するのも一つの手です。

デンタルローンは歯科治療に限定したローン商品で、一般的なカードローンより低金利で分割払いができます

ただし、金利分は上乗せされますので、しっかりとメリット・デメリットを理解した上で利用してくださいね。

出っ歯の矯正でよくある質問

Q&A

ここでは出っ歯の矯正でよくある質問を紹介します。

出っ歯は自力でなおせる?

インターネットやSNS上で「出っ歯を押していたら治った」と目にすることがありますが、自力でなおすことはできません

無理に歯に力を加え続けると、思わぬ方向に歯が動いたり、歯茎や歯を支える骨に悪影響をおよぼしたりすることがあります。

出っ歯が気になる方は、クリニックでドクターの診断を受けて適切な治療方法を選択しましょう。

出っ歯をなおすと顔つきは変化する?

矯正治療で前歯が適切に位置すると口元の突出が解消され、顔つきが変化することがあります

特に抜歯をともなう矯正治療の場合は、横顔や輪郭に変化が見られることが多く、「顔が変わった」と感じるほどの印象を受けることもあります。

出っ歯の治療は保険適用にならない?

基本的に出っ歯の矯正治療は保険適用外です。しかし、顎変形症や先天性疾患などで出っ歯が生じ、外科手術が必要と診断された場合は、保険適用で矯正治療を受けられる可能性があります。

ただ、どこのクリニックでも実施できるわけでなく、指定された自立支援医療機関や顎口腔機能診断施設に受診する必要があります。

出っ歯を矯正して理想の口元を目指そう

出っ歯を矯正治療で改善する方法にはさまざまな選択肢があります。費用を抑えられる部分矯正で対応できる場合もありますが、実際にどの方法が適しているかは詳しく検査をしてみないとわかりません。

出っ歯を矯正すると顔の印象も大きく変わる可能性があります。理想の口元を手に入れるためにも、まずはクリニックへ相談に行ってあなたの出っ歯の状態を確認してもらいましょう。

ただ、クリニックによっては相談する際に費用がかかることがあります。マウスピース矯正 Oh my teethは、矯正相談を無料で実施しています。ドクターに出っ歯の悩みを気軽に相談できるので、ぜひ活用してみてくださいね。

納得して選んで欲しいから診断まで費用はいただきません

矯正についてもっと知る

ドクター所属学会(一部)

矯正歯科治療にともなうリスクについて