logo
logo
ホワイトニング
最終更新日:2023年10月10日

デュアルホワイトニングとは?効果からデメリットまで徹底解説

万樹さんアイコン
歯科医師

西尾万樹

東京表参道矯正歯科 院長。北海道医療大学歯学部卒業。2018年歯科医師免許取得。旭川医科大学病院口腔外科にて研修後、矯正歯科勤務。2020年コスメコンシェルジュ取得。

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせた方法です。

2種類のホワイトニング方法を併用しているため、短期間で理想の白さを目指せ、効果の持続期間も長いメリットがあります。ただし、ほかのホワイトニング方法と比べて知覚過敏が起きやすいといったリスクもあります。

まずは本記事で、費用相場・効果が出るまでの期間・施術の流れ・メリット・デメリット・ほかのホワイトニングとの違いなど、デュアルホワイトニングを検討する際に知っておきたいポイントを押さえましょう。

画像リンク

デュアルホワイトニングの特徴

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングとは、歯科クリニックで施術を受ける「オフィスホワイトニング」と、クリニックで処方してもらった薬剤で自宅で自分でホワイトニングを行う「ホームホワイトニング」を組み合わせた方法です。

使用する薬剤

オフィスホワイトニングで使用されるホワイトニング薬剤は、基本的に「過酸化水素」を含むもの。一方ホームホワイトニングで使用されるのは基本的に「過酸化尿素」を含む薬剤です。

過酸化水素配合薬剤によるホワイトニングは即効性がある一方で色戻りがしやすい特徴があります。また、過酸化尿素配合薬剤によるホワイトニングは即効性は低いものの、白さが長続きしやすいです。

これら2種類のホワイトニング方法を組み合わせることで、即効性と持続性を兼ね備えたホワイトニングを実現したのがデュアルホワイトニングです。

種類

各歯科クリニックによって、オフィスホワイトニングおよびホームホワイトニングに使用する薬剤や光を照射する機械の種類が異なります。オフィスホワイトニングの種類には、以下のようなものがあります。

※効果や費用などは目安です。

種類

内容

効果

1回で作用する本数

費用目安

ブライドホワイトニング

・紫外線が発生しないライトを使用
・薬剤は低濃度
・安全性を高めたシステム

8〜10段階

上下20〜24本

1回6万〜7万円

ズームホワイトニング

・アメリカで高いシェア
・フィリップスから発売
・波長の短い光を照射する

6〜7段階

上下16本

1回2.5万〜5万円

ティオン オフィス

・比較的低濃度の薬剤を使用
・低刺激
・エナメル質が脱灰(※)しにくい薬剤(pH6)を使用

4〜6段階

上下12〜16本

1回2.5万〜5万円

ルマクール

・アメリカでポピュラーなホワイトニングシステム
・LEDを照射し歯を白くする

2〜4段階

上下12本

1回1万〜3万円

半導体レーザーホワイトニング

・光の照射時間を短くして歯への負担を抑えた方法
・照射時間が短い分、漂白作用が高い薬剤を使用できる

3〜4段階

上下6〜12本

1回1万〜5万円

ビヨンド

・紫外線・過度な発熱を抑えたシステム
・国内の導入率が高い
・日本人の歯に合わせて開発

5段階

上下12本

1回1万〜3万円

*エナメル質とは、歯の最も外側にある層。歯は酸性にさらされると、このエナメル質からリンやカルシウムが溶け出します。この現象を「脱灰」と言います。

一方、ホームホワイトニングの種類には、以下のようなものがあります。

種類

特徴

使用時間

費用目安

オパールエッセンス

・アメリカでポピュラー
・ジェルに粘着性がありマウスピース(マウストレー)から漏れにくい

1日2時間以内

5,000円程度/約2週間分

ナイトホワイトエクセル

・日本で最初に認可されたホームホワイトニングキット

1日2時間以内

7,000円程度/約10日分

松風ハイライトシェードアップ

・国産のホームホワイトニングキット
・デュアルホワイトニングができない

1日2時間

6,000円程度/約2週間分

ティオン ホーム

・ジェルが乳白色でどこまで行き渡っているのかがわかりやすい
・ジェルが緩めなので少量で広い範囲をカバーできる

1日2時間

5,000円程度/約2週間分

施術の流れ

ホームホワイトニングは、一般的に次のような流れで行われます。

  • ドクターによる診療と歯型をとるために通院する

  • マウスピースの完成を待つ

  • マウスピースの受け取りとホワイトニング薬剤を処方してもらうために通院する

  • 自宅でホワイトニングを行う

  • ホワイトニング薬剤がなくなったら、定期的なメンテナンスのために通院する(白さのチェックやクリーニングなどを行う)

ホームホワイトニング開始前は、必ずドクターによる診察を受けなければなりません。

効果

デュアルホワイトニングは、もともと即効性のあるオフィスホワイトニングと持続性のあるホームホワイトニングを並行していくため、理想の白さに効果的に近づきやすいホワイトニング方法です。シェードガイド(歯の色見本)で言うと、M1.5からM1までの白さを目指せます。

デュアルホワイトニングとは?効果からデメリットまで徹底解説

画像出典元:Amazon

デュアルホワイトニングの費用・期間

ここでは、デュアルホワイトニングの費用・期間について紹介します。

あくまでも目安とはなりますが、ホームホワイトニングやオフィスホワイトニングとの比較の参考にしてください。

デュアルホワイトニングの特徴

効果が出るまでの期間

1〜3ヶ月程度

効果が出るまでの費用相場

50,000〜80,000円程度

効果が続く期間

1年〜2年程度

効果が出るまでの期間

一般的に、オフィスホワイトニングを1回行っただけでも白さを実感しやすいとされています。さらにホームホワイトニングを並行するデュアルホワイトニングにおいては、理想の白さに近づくまでの期間の目安は1か月から3か月とされています。

効果が出るまでの費用相場

デュアルホワイトニングにかかる費用の相場は50,000円から80,000円程度です。一方、歯科クリニックで受けられるホワイトニングシステムによっても差が出ます。詳しくは前出の表をご覧ください。

効果が続く期間

デュアルホワイトニングの効果が続く期間の目安は、1年から2年間とされています。しかし白さがどのくらい持続するかは、ホワイトニング後の生活習慣によっても異なってきます。

デュアルホワイトニングの効果を長続きさせるためには、ホワイトニング後に着色しやすい食事を避けたり、タバコを控えたりする必要があります。

デュアルホワイトニングのメリット

デュアルホワイトニングとは?効果からデメリットまで徹底解説

デュアルホワイトニングのメリットには、次のようなものがあります。

  • 短期間で理想の白さを目指せる

  • 白さが持続しやすい

  • 自然な白い歯を目指せる

短期間で理想の白さを目指せる

デュアルホワイトニングは、それぞれ即効性・持続性のある2種類のホワイトニングを組み合わせた方法。そのため短期間で理想の白さに近づきやすいです。

白さが持続しやすい

ホワイトニング後は歯の表面の構造が変化します。そのためオフィスホワイトニング後にホームホワイトニングを行うと、ホームホワイトニングの薬剤が効果的に浸透し、白さが持続しやすくなります。

自然な白い歯を目指せる

オフィスホワイトニングは即効性があるホワイトニング方法ですが、歯の表面の構造変化が起こりやすく、歯の透明度が失われやすいとされています。

一方でホームホワイトニングはオフィスホワイトニングよりも低い濃度の薬剤でじっくり歯を白くしていくため、歯の表面の構造変化も起こりにくく、自然な透明感のある白い歯を目指しやすいです。

デュアルホワイトニングはこれら双方のホワイトニングを組み合わせているため、白さをすぐに実感しやすく、また自然な白い歯も目指せる方法と言えます。

このほか、ホワイトニング(ホーム・オフィス・デュアル)に共通するメリットとしては、次のようなものがあります。

  • 口腔内環境がよくなる

  • 歯を削らずに白くできる

  • 笑顔に自信がつく

一般的に、クリニックで施術を受けるオフィスホワイトニングは、歯の表面のクリーニングやコーティングも受けられることが多いです。これらの施術を受けると、歯や口の中の汚れを除去でき、むし歯や歯周病を防げるメリットも。

また、歯を白く見せる方法としてはラミネートベニア(歯の表面を薄く削りセラミック製のカバーのようなものをつけて歯を白く見せる方法)もありますが、薬剤を使用して漂白するホワイトニングは、健康な歯を削ることなく白くできるメリットがあります。

デュアルホワイトニングのデメリット

デュアルホワイトニングとは?効果からデメリットまで徹底解説

デュアルホワイトニングのデメリットとしては、次のようなものがあります。

  • コストがかかる

  • 通院が面倒

  • 知覚過敏が起きやすい

コストがかかる

デュアルホワイトニングは2種類のホワイトニングを並行する方法のため、やはりコストがかかりやすい特徴があります。費用相場としては50,000円から80,000円程度とされています。

通院が面倒

オフィスホワイトニングはクリニックで施術を受けるホワイトニング方法のため、クリニックに通院する必要があります。

またホームホワイトニングにおいても、自宅で使用するホワイトニング薬剤がなくなればクリニックで再び処方してもらうために通院しなければなりません。

知覚過敏が起きやすい

医療機関でしか取り扱えない濃度や種類の薬剤を使用するオフィスホワイトニングは、知覚過敏などの刺激も起こりやすいと言われています。また、デュアルホワイトニングはさらにホームホワイトニングも並行するため、人によっては歯への刺激が起こりやすいかもしれません。

ただしクリニックで知覚過敏抑制剤も処方してもらえるため、刺激を抑えながらホワイトニングを行うことも可能です。

このほか、ホワイトニング(ホーム・オフィス・デュアル)に共通するデメリットとしては、次のようなものがあります。

  • 全額自己負担

  • 再着色のリスク

  • 知覚過敏のリスク

  • 白くなりにくい歯がある

  • ホワイトニングを避けるべき人がいる

ホワイトニングは審美目的(病気の治療目的ではなく見た目を美しくする目的)で行われるため、保険は適用されず、全額自己負担となります。またホワイトニング後の食事に気をつけないと、知覚過敏や再着色のリスクが。

ホワイトニングで白くなりにくい歯とは、詰め物や被せ物、セラミックなどの人工歯、神経の治療をした歯、テトラサイクリン歯※などがあります。

ホワイトニングを避けるべき人は、15歳未満の人、妊娠中・授乳中の人、無カタラーゼ症の人(ホワイトニング剤にアレルギーがある人)です。

※テトラサイクリン歯とは
テトラサイクリン系抗生物質により変色した歯のことを指します。 テトラサイクリン系抗生物質とは、かつて日本の風邪薬シロップに使われていたもの。 多量摂取すると、歯の色が灰色がかったように変色する副作用を持つため、妊婦・授乳中の母親・歯の形成期(0〜12歳ごろ)にある子どもは避けるべきとされています。

デュアルホワイトニングに関する注意点

デュアルホワイトニングとは?効果からデメリットまで徹底解説

デュアルホワイトニング後の後悔を防ぐため、以下のような点に注意しましょう。

  • 歯の刺激になる飲食物を避ける

  • 着色しやすい食事を避ける

  • 食事の前に水を飲む

  • 薬剤の個人輸入を避ける

歯の刺激になる飲食物を避ける

ホワイトニング後は歯をコーティングする役割を担う「ペリクル」が剥がれ、刺激が伝わりやすくなっています。そのため冷たい飲食物や、酸性度の高い飲食物は避けましょう。

酸性度の高い飲食物には、レモン・からし・マスタードなどがあります。

着色しやすい食事を避ける

ホワイトニング薬剤によってペリクルが剥がれると、飲食物の色素が着色しやすくなります。このペリクルは12時間から48時間で再生すると言われていますので、その間はとくに着色しやすい食事を避けましょう。

着色しやすい食事とは、次のようなものがあります。

  • 醤油・味噌・ケチャップ・ソースなど色の濃い調味料やそれを使った食事

  • 緑茶・コーヒー・ココア・赤ワインなど色の濃い飲み物

  • 豆腐・豆乳などイソフラボンを含む飲食物

ホワイトニング後に注意すべき食事については、以下の記事もあわせて参考にしてくださいね。

あわせて読みたい

ホワイトニング後の食事制限はいつまで?食べていいものを紹介

食事の前に水を飲む

歯の表面が乾いていると、飲食物の色素が着色しやすいと言われています。特にオフィスホワイトニングの施術中はマウスオープナーという器具を使って口を開きっぱなしにするため、口の中が乾燥しています。

そこで、ホワイトニング後に飲食をする前は水を飲むのがおすすめ。水によって歯の表面が湿るため、着色汚れをある程度軽減できるでしょう。

薬剤の個人輸入によるリスク

デュアルホワイトニングは、ドクターの指示に従って行わなければなりません。たとえばクリニックでオフィスホワイトニングを受けたあと、自分の判断でホームホワイトニングを行うのは避けましょう。

海外通販サイトで購入できるホワイトニング薬剤を使用し、知覚過敏に見舞われるトラブルも稀に起こっています。国内では医療機関でしか取り扱えない種類の薬剤が、海外通販サイトでは購入できるようになっていることがあるためです。

「薬剤を取りに行くのが面倒だから」といって、薬剤を個人輸入して使用するのは避けましょう。

あわせて読みたい

アメリカのホワイトニング歯磨き粉は何が違う?危険って本当?

あわせて読みたい

ホワイトニングでよくある後悔とは?原因や注意点を解説

ほかのホワイトニング方法との違い

デュアルホワイトニングとは?効果からデメリットまで徹底解説

デュアルホワイトニングを検討している方の中には、ほかのホワイトニングとの違いを知りたい方も多いのでは?

ここではデュアルホワイトニング以外の、次のホワイトニング方法についての概要を紹介します。

  • セルフホワイトニング

  • オフィスホワイトニング

  • ホームホワイトニング

セルフホワイトニング

セルフホワイトニングとは、「ホワイトニング」と記載のある市販の歯磨き粉や、歯の消しゴムなどを使用して自分で歯をケアする方法です。また、ホワイトニングサロンに通い、自分で専用ライトを照射して行う方法もセルフホワイトニングに含まれます。

以下は自宅で行うセルフホワイトニングと、サロンに通って行うセルフホワイトニングの特徴を比較したものです。

自宅

ホワイトニングサロン

どんな方法?

市販されているホワイトニンググッズを使ってケア

サロンに来院し、自分で専用ライトを照射する
※照射を行う前の歯磨きや、歯の表面に薬剤を塗布するのも、すべてセルフサービス

使用する道具は?

・歯のマニキュア
・ホワイトニング専用の歯磨き粉
・ホワイトニング専用のマウスウォッシュ
・歯の消しゴム
など

・LED照射
・ホワイトニング専用薬剤

値段相場は?

必要は費用やホワイトニンググッズの購入代
相場は500〜5,000円程度

1回の来院につき2,000〜5,000円程度
サロンの中には月額制のところもあり、その場合の値段相場は約15,000円/月

セルフホワイトニングは、ホームホワイトニングやデュアルホワイトニングのように歯を漂白することはできません。あくまでも歯の表面に付着した汚れを除去し、歯本来の白さに近づける目的で行います。

費用相場は、自宅でケアする方法では500円から5,000円程度、ホワイトニングサロンに通う場合は1回あたり2,000円から5,000円程度とされています。

以下の記事では自宅でできるセルフホワイトニングのグッズを紹介しています。それぞれの特徴や費用目安も紹介していますので、あわせて参考にしてくださいね。

あわせて読みたい

気軽に自宅で!セルフホワイトニングの賢い選び方【おすすめ7選】

オフィスホワイトニング

歯科クリニックで診療を受け、濃度の高いホワイトニングジェルと特殊な光を照射して歯を白くする方法です。費用相場は20,000円から50,000円程度で、1度の施術でも効果を実感しやすいです。

オフィスホワイトニングについて詳しくは、以下の記事もあわせて参考にしてください。

あわせて読みたい

オフィスホワイトニングとは?気になる費用やメリット・デメリットを解説

ホームホワイトニング

歯科クリニックで処方された専用薬剤を使用して、自宅で自分で行うホワイトニング方法です。

まず、歯科クリニックでドクターの診療を受け、歯型をとってもらい、ホームホワイトニング用のマウスピースを作製します。そこへ処方された薬剤を注入し、1日1時間から2時間程度装着。オフィスホワイトニングよりも濃度の低い薬剤で、じっくり時間をかけて歯を白くしていきます。

オフィスホワイトニングと比較して即効性は劣りますが、効果は持続しやすいホワイトニング方法です。費用相場はマウスピース制作に10,000円から30,000円程度、薬剤費は7日分で5,000円から10,000円程度かかります。

詳しくは以下の記事もあわせて参考にしてください。

あわせて読みたい

ホームホワイトニングとは?基礎知識から効果的なやり方までを解説

ホワイトニング方法の選び方

デュアルホワイトニングとほかのホワイトニング方法、どれを選べばいいか迷っている方は、以下のチェック項目から判断してみてください。

ホワイトニングの希望

チェック項目

おすすめのホワイトニング

今の歯の白さをキープできたらいい

・「歯がきれいだね」と褒められることが多い
・特に歯の黄ばみには悩んでいないが今の白さをキープしたい
・なるべくナチュラルな成分で歯を美しく保ちたい

セルフホワイトニング+クリニックでのクリーニング

自分で手間をかけずスピーディーに白くしたい

・着色汚れや黄ばみが気になる
・ホワイトニング歯磨き粉ではあまり効果が出ない
・自分で手間をかけてケアするのは向いていないと感じる

オフィスホワイトニング

なるべくリーズナブルに自然な白い歯を目指したい

・歯の黄ばみや着色汚れが気になる
・真っ白というよりも透明感のある白い歯を目指したい
・あまりお金をかけずに歯を白くしたい

ホームホワイトニング

芸能人のような美しい白い歯をキープしたい

・オフィスホワイトニングをしたが色が戻ってしまった
・次のホワイトニングでは効果をもっと持続させたい
・コストはかかってもいいので芸能人のような白い歯を保ちたい

デュアルホワイトニング

画像リンク

「今の歯の白さをキープできたらいい」:セルフホワイトニング+クリニックでのクリーニングがおすすめ

  • 「歯がきれいだね」と褒められることが多い

  • 特に歯の黄ばみには悩んでいないが今の白さをキープしたい

  • なるべくナチュラルな成分で歯を美しく保ちたい

これらにあてはまる人は、市販のホワイトニング歯磨き粉などを使用するセルフホワイトニングと、クリニックでの定期的なクリーニングで美しい歯を保つのがおすすめです。

「自分で手間をかけずスピーディーに白くしたい」:オフィスホワイトニングがおすすめ

  • 着色汚れや黄ばみが気になる

  • ホワイトニング歯磨き粉ではあまり効果が出ない

  • 自分で手間をかけてケアするのは向いていないと感じる

これらにあてはまる人は、即効性の高いオフィスホワイトニングで、歯の黄ばみをスピーディーに除去するのがおすすめです。

「なるべくリーズナブルに自然な白い歯を目指したい」:ホームホワイトニングがおすすめ

  • 歯の黄ばみや着色汚れが気になる

  • 真っ白というよりも透明感のある白い歯を目指したい

  • あまりお金をかけずに歯を白くしたい

これらにあてはまる人は、自宅で自分のタイミングで行えるホームホワイトニングがおすすめ。歯を漂白するホワイトニング方法の中では最もリーズナブルに行えます。

▼Oh my teeth Whiteningの症例

デュアルホワイトニングとは?効果からデメリットまで徹底解説

Oh my teeth Whiteningは、通院不要で月々11,000円からホームホワイトニングをはじめられ、毎月自動的にホワイトニングジェルが届くため、通院や決済の手間はありません。

まずはドクターによる無料オンライン診療を受けてみませんか?

※導入クリニックでの歯型スキャンによって、よりフィット感のあるマウスピース作製をご希望の場合、歯型スキャンのための来院が必要です。この場合の費用は、初月22,000円、次月以降は月々11,000円です。

デュアルホワイトニングとは?効果からデメリットまで徹底解説
画像リンク

「芸能人のような美しい白い歯をキープしたい」:デュアルホワイトニングがおすすめ

  • オフィスホワイトニングをしたが色が戻ってしまった

  • 次のホワイトニングでは効果をもっと持続させたい

  • コストはかかってもいいので芸能人のような白い歯を保ちたい

これらにあてはまる人は、理想の白さにスピーディーに近づきやすいデュアルホワイトニングがおすすめ。特にこれまでのホワイトニングでは満足できなかった人は、デュアルホワイトニングへのステップアップを検討してみましょう。

あわせて読みたい

歯医者のホワイトニングのほうがいい4つの理由!効果・値段やサロンとの違いを解説

デュアルホワイトニングで芸能人レベルの白い歯を目指そう

デュアルホワイトニングを検討する人は、「もっと歯を白く美しく見せたい」という思いが強い人が多いのではないでしょうか。確かにデュアルホワイトニングは芸能人レベルの歯の白さを目指せるホワイトニング方法と言われており、周囲から見ても違いを指摘されるほどの白さを叶えることもできます。

しかしコストが大きくかかる方法でもあるため、ほかのホワイトニング方法と比較検討しつつ、納得した上でスタートさせてみてくださいね。

デュアルホワイトニングの特徴おさらい▼

  • 使用する薬剤の作用:オフィスホワイトニングで一般的に使用する即効性の高い「過酸化水素」配合の薬剤と、ホームホワイトニングで一般的に使用される持続性の高い「過酸化尿素」の2種類を使用する

  • 効果が出るまでの回数:オフィスホワイトニングは1回の施術でも効果を実感しやすい。さらに持続性のあるホームホワイトニングを並行することで効果が長続きしやすい。

  • 理想の白さに近づくまでの期間:1ヶ月〜3ヶ月。シェードガイドで言うと、M1.5〜M1までの白さを目指せる。

  • 効果が出るまでの費用相場:50,000円から80,000円程度

  • 白さが続く期間:1年から2年間

※いずれも目安

歯の色も歯並びも気になるなら、マウスピース矯正 Oh my teethをご検討ください。自宅でマウスピース矯正とホームホワイトニングを同時進行できます。

気になる方はお気軽に無料診断へ。

画像リンク

矯正についてもっと知る

ドクター所属学会(一部)

矯正歯科治療にともなうリスクについて