logo
logo
マウスピース矯正
最終更新日:2023年12月18日

マウスピース矯正の失敗例8つ!後悔を防ぐ方法とは

マウスピース矯正失敗例 記事タイトル

マウスピース矯正に興味はあるけど、「失敗した」という話を聞いて不安。こんなお悩みを持つ方に向けて、本記事ではマウスピース矯正の失敗事例と、後悔を防ぐ方法やリカバリーする方法を解説します。

佳子さんアイコン
歯科医師

吉良 佳子

マウスピース矯正 Oh my teeth 導入クリニック 所属歯科医師。福岡歯科大学歯学部卒業。卒後、東京歯科大学にて研修。在学中、イギリス、リヴァプール大学にて研修。

マウスピース矯正は、ワイヤー治療に比べて目立たず、痛みも少ないため、多くの方に人気の矯正治療方法です。ただし、時折上手くいかないケースや後悔することもあるようです。

しかしちょっとした心がけや注意次第で、マウスピース矯正の失敗を未然に防ぐことができます。この記事では、以下を紹介していきます!

  • マウスピース矯正治療での失敗例とその原因を8つ

  • 失敗を防ぐための対策方法3つとクリニック選び

原因別:マウスピース矯正の失敗事例8つ

原因別:マウスピース矯正失敗例8つ

マウスピース矯正で「失敗した」と感じる理由は主に8つあります。

失敗例①:歯根の露出

無理な力を加えることで歯槽骨(歯の根を支える骨)が過剰に吸収され、歯肉が退縮し歯根が露出することがあります。適切な治療計画とマウスピースの管理が必要です。

失敗例②:後戻り

治療後に歯が元の位置に戻る「後戻り」に注意しましょう。矯正期間後は、歯並びが不安定な状態です。リテーナー(保定装置)を使用して歯をしっかり固定しないと、再び歯が動いてしまいます

失敗例③:噛み合わせの悪化

マウスピース矯正によって噛み合わせが悪化することもあります。噛み合わせを考慮していない治療計画で引き起こされます。

【あわせて読みたい】

マウスピース矯正は噛み合わせが変わる?その理由や対処法を解説

失敗例④:虫歯・歯周病の発生

マウスピースを装着したまま飲食をしたり、オーラルケアが不十分だと虫歯や歯周病にかかるリスクがあります。治療中に虫歯や歯周病にかかると、治療が中断されることがあります。マウスピースの適切な衛生管理と定期的なクリーニングが重要です。

失敗例⑤:歯の変色

マウスピースの取り外しを適切に行わないと、強い力が加わり歯の神経が充血して歯が変色することがあります。慎重にマウスピースを取り外しましょう。

失敗例⑥:治療効果が得られない

歯列矯正の効果を感じられないと感じる原因は主に下記の通りです。

  • マウスピースや保定装置を規定の時間装着しなかった

  • マウスピースを順番通りに装着しなかった

ドクターの指示に従って治療に臨めば、治療効果が最大限に発揮されるでしょう。

失敗例⑦:出っ歯になる

治療によって逆に出っ歯になることもあります。矯正治療をするためには歯を移動するためのスペースが必要ですが、そのスペースが狭いと、歯が前に押し出されてしまうからです。他にも開始前の治療ゴールの認識が不一致であることも挙げられます。

失敗例⑧:治療期間の長期化

治療期間が長引く場合、虫歯やマウスピース装着不足が原因かもしれません。ドクターと相談し、治療期間を計画的に進めましょう。

不安になった方も以下を実践すれば、大丈夫

ここまで読まれてマウスピース矯正をするのが不安になった方もいるのではないでしょうか。

安心してください。次を実践すれば失敗を防ぐことができます。

マウスピース矯正の失敗を防ぐ方法

マウスピース矯正の失敗を防ぐ方法

マウスピース矯正治療には失敗のリスクがあることをご紹介しましたが、心がけや注意することでこれらの失敗を未然に防ぐことができます。

以下は、マウスピース矯正治療中に心がけるべき4つのポイントです。

①クリニック選び:自分に合った治療ができるか

治療は患者一人ひとりに合わせて行われるため、経験のある歯科医院を選ぶことが大切です。十分な説明と丁寧な診察が受けられる歯科医院を選びましょう。

自分に合った矯正治療を計画してもらえるか、治療中のサポート体制もきちんと確認しましょう。

②マウスピース装着時間を守る

治療期間中は1日20時間以上のマウスピースの装着が必要です。規定の装着時間を守ることで治療がスムーズに進み、効果が得られます。

定期的な通院によって、マウスピースの装着状況と治療の進捗状況を元にアドバイスを受けられます。

【あわせて読みたい】

マウスピース矯正の装着時間が守れないリスク!足りないときの対処法は?

③オーラルケアの徹底

治療期間中に虫歯や歯周病にかかると治療が長引くことがあります。丁寧な歯磨きとデンタルフロス、歯間ブラシを使用して口内環境を整えましょう。

マウスピース自体を清潔に保つことも重要です。

【あわせて読みたい】

オーラルケアとは?意味・デンタルケアとの違い・やり方を歯科衛生士が伝授

マウスピース矯正:失敗しないクリニック選びが超重要!

マウスピース矯正失敗例 失敗しないためのクリニック選び

マウスピース矯正を失敗しないためにも、クリニック選びは大事です。

数あるクリニックの中から選ぶのは大変だという方のために、チェックリストをまとめました!

クリニック選びのポイント4選

・アクセス
定期的な通院が難しくなり、中途半端な状態で矯正治療を断念されてしまう方が3割※近くいます。
※自社調査 2021年7月、n=3,000

・矯正方法
マウスピース矯正よりも適した治療法を提案せず、無理やり進めてしまうクリニックもあるようなので注意しましょう。

・料金
追加料金やオプションで気付いたら予算オーバーなんてことも。

・サポート体制
マウスピース矯正を始めてから気になる事が出てきます。

わざわざ電話で聞くのも億劫だな…という方向けにオンラインでのサポートを実施している医院もあるのでおすすめです。

マウスピース矯正の失敗例の中には、マウスピース矯正では治らない歯並びを無理やり治療したケースも含まれます。

相談した際に、きちんとワイヤー矯正など最適な治療方法を提示してもらえるクリニックを選びたいですね。

マウスピース矯正は歯並びの乱れが軽度な人向け!

2割の方に不適合 申し訳ございません

マウスピース矯正のOh my teethでは、カウンセリングだけでなく、医師による初診料・検査料を無料で矯正相談ができます。

残念ながら2割の方に対しては、マウスピース矯正ではなくワイヤー矯正など別の矯正方法が適切として、提携クリニックを紹介しています。

しかし不適合となった方からは、「どのような治療が必要か無料で分かった」「マウスピースではなおせないことが分かって参考になった」といった声もあります。

ぜひ一度気軽にマウスピース矯正の適合診断を受けてみませんか?

適合診断実施中
空き日程を確認する

マウスピース矯正のOh my teethについて詳しくはこちら

マウスピース矯正で失敗したらリカバリーできる?

マウスピース矯正で失敗したら?
  • まずは矯正治療を受けていた歯科医院に相談
    リカバリーができる場合もあります

  • 再度治療ゴールを担当ドクターとすり合わせる

  • 他の歯科医院での矯正相談に行く

マウスピース矯正で失敗したと感じたら、まずは矯正治療を受けていた歯科医院に相談しましょう。

たとえば後戻りしてしまっている場合、若干の歯の動きであれば再度リテーナーをしっかり装着することでリカバリーできるケースもあります。

一方、治療結果に納得いかない場合は、再度治療ゴールを担当ドクターとすり合わせた上で、現在の歯並びの状況を改善するにはどんな方法があるのか、提案してもらうことが大切です。

たとえば歯列の前方拡大によって出っ歯になってしまっている場合は、抜歯やIPR(歯の表面を少しずつ削り歯が動くスペースを作る処置)を行い、歯列を後方へ下げる方法が選択肢として挙げられます。

失敗してしまったことで「もうこのクリニックで治療を続けたくない」と感じる場合は、ほかの歯科医院での矯正相談も検討しましょう。

【あわせて読みたい】

矯正中にマウスピースが浮く際の対処法!放置は失敗の原因に?

マウスピース矯正の失敗は未然に防げる

マウスピース矯正治療での失敗例を紹介しましたが、心配はいりません。これらの失敗は、本記事で紹介した方法で未然に防ぐことができます。

改めてマウスピース矯正の失敗を防ぐ4つのポイントを紹介するので、参考にしてください。

  • 実績と経験が豊富な信頼できる歯科医院を選ぶ

  • 規定のマウスピース装着時間を守る

  • 口内環境を整える

  • 定期的に通院する

これらのポイントを守ることで、理想の歯並びに近づきます。

マウスピース矯正は工夫次第で成功する治療法です。まずは矯正相談に行き、あなたに適した治療方法を提案してもらいましょう。

【あわせて読みたい】
マウスピース矯正ができない6つの例とは?対処法や別の選択肢を解説【歯科医師監修】

24時間LINEでサポートするマウスピース矯正

24時間サポート

マウスピース矯正 Oh my teeth(公式サイト)は、専属医療チームによる24時間LINEサポートがつきます。定期的な通院が不要な代わりに、LINEで矯正の進捗状況を確認しています。

週に1度スマートフォンで撮影した歯並びを、歯科医師がレビューし、アドバイスが送信されます。

矯正中「なんだか噛み合わせに違和感がある」「結構痛いんだけど薬を飲んでも大丈夫?」こんな風に不安を感じたら、いつでもLINEで相談できます。

専属医療チームのサポートによって自宅で歯科矯正の時代に。

継続率97%

※2022年に開始した方の実績値

継続率97%

※実際にマウスピース矯正を始めるには、適合診断が必要です。Oh my teethは初診料、検査料無料で相談できます

矯正についてもっと知る

ドクター所属学会(一部)

矯正歯科治療にともなうリスクについて