logo
マウスピース矯正
最終更新日:2024年6月5日

マウスピース矯正で受け口は治せる!実際に改善した症例を紹介

マウスピース矯正で受け口は治せる!実際に改善した症例を紹介
万樹さんアイコン
歯科医師

西尾万樹

東京表参道矯正歯科 院長。北海道医療大学歯学部卒業。2018年歯科医師免許取得。旭川医科大学病院口腔外科にて研修後、矯正歯科勤務。2020年コスメコンシェルジュ取得。

「マウスピース矯正で受け口(反対咬合)をなおすのは難しい」と聞いて、不安になっていませんか?

確かに受け口は矯正治療の中でも難しい不正咬合(歯並び・噛み合わせがよくない状態)ですが、原因やタイプによってはマウスピース矯正で治せます。

「じゃあ私の受け口も治るのかな?」そんな疑問をもつあなたに向けて、本記事では

  • マウスピース矯正で受け口が治せるケース(症例写真)

  • 受け口のマウスピース矯正でかかる費用と治療期間

を紹介します。

自分の受け口が気になる方、マウスピース矯正で治せるのか知りたい方、費用や期間はどれくらいかかるのかを知りたい方は必見です。

自分の受け口は改善できる?事前にわかるマウスピース矯正
目次下CTA

マウスピース矯正で治せる受け口(反対咬合)は軽度の場合

受け口の症例

受け口で悩んでいる方の中には、マウスピース矯正で治したいと考えている方もいるでしょう。受け口には2つのタイプがあり、マウスピース矯正で治せるケースと治せないケースがあります。

受け口のタイプ
  • 歯の生え方に問題があるタイプ

  • あごの骨に問題があるタイプ

①歯の生え方に問題がある場合→治療可能

上の歯が内側に生えていたり、下の歯が外側に生えていたりすることで生じる受け口のことです。歯の生え方によって生じている受け口は比較的軽度である場合が多いため、マウスピース矯正で治せる可能性があります。

下記は一部受け口(反対咬合)になっている歯並びがマウスピース矯正(前歯のみの部分矯正)で改善した症例です。

マウスピース矯正Oh my teethの症例写真(反対咬合・部分矯正)
  • 総額:33万円 (税込)

  • 期間:5ヶ月

  • 備考:非抜歯/部分矯正/研磨処置込

前歯のマウスピース矯正の症例をもっと見る

②あごの骨に問題がある場合→治療が難しい

生まれつき下あごが出ている、あるいは上あごの成長が不十分である場合に生じる受け口のことです。マウスピース矯正では治すことが困難で、ワイヤー矯正が適用になります

しかし、重度の場合はワイヤー矯正だけでなく、手術が必要になることもあります。

まずは今の受け口の状態を検査してもらうことが大切

ここまでマウスピース矯正で治せる受け口・治せない受け口を紹介しましたが、自己判断は禁物。実際に治療可能かどうかを知るには歯科医院で検査・診断を受けなければなりません。

歯科医院の検査・診断には一般的に3〜5万円程度の費用がかかりますが、こちらのクリニックは無料です。無理に契約をすすめられることもないので、矯正相談の一軒目として選ばれています。

画像リンク

受け口のマウスピース矯正にかかる費用

前歯だけの矯正の種類と費用目安

マウスピース矯正は、部分矯正と全体矯正があります。前者は前歯のみなど一部の歯並びを整える方法で、後者は全体の歯並びと噛み合わせを整える方法です。

部分矯正の費用目安は10万~40万円

部分矯正の費用目安は10万~40万円です。ほかの治療方法よりも費用を抑えられます。しかし、部分矯正は前歯のガタガタした歯並びや、矯正後の後戻りなど比較的軽度な症例に適しています。そのため、受け口は部分矯正で治すのが難しく、全体矯正が適応になることが多いです。

以下のような歯並びのケースではマウスピース部分矯正で改善可能です。

マウスピース矯正Oh my teethの症例写真(反対咬合・部分矯正)
  • 総額:33万円 (税込)

  • 期間:5ヶ月

  • 備考:非抜歯/部分矯正/研磨処置込

全体矯正の費用目安は60万~100万円

全体矯正の費用目安は60万~100万円です。部分矯正よりも治せる範囲が広く、使用するマウスピースの枚数が多くなるため、費用は高額になります。

受け口の中でも軽度な症例のみ治せる可能性があります。しかし、抜歯を必要とする症例は、ワイヤー矯正が適用になることが多いです。

あわせて読みたい

マウスピース矯正の症例(ビフォーアフター)・治療例

受け口のマウスピース矯正にかかる期間

マウスピース矯正の期間の目安

マウスピース矯正は症例によって治療期間が異なりますが、受け口の場合は1年~3年程度です。ただし抜歯が必要な場合は、非抜歯よりも治療期間が長くなります。

また、矯正終了後は、歯並びが元の位置に戻らないように保定装置をつける必要があります。保定装置は1年以上つける必要があるため、その期間も考慮しておくとよいでしょう。

あわせて読みたい

受け口は矯正でなおせる?程度別の治療方法や費用・期間について解説

そもそも受け口(反対咬合)とはどんな状態?原因は?

�受け口の主な原因

受け口とは、上の歯よりも下の歯が前に突出した状態のことで、「反対咬合」や「しゃくれ」とも呼ばれます。

通常の噛合わせは上の歯が下の歯を覆っていますが、受け口は通常の噛み合わせと反対になっています。そのため、食べ物が噛みにくくなったり話し方に悪影響を及ぼしたりする可能性があります。

受け口は以下の原因で生じます。

  • 生まれつき下あごが出ている

  • 下あごの骨が発達しすぎている

  • 上あごの骨が未発達である

  • 上の歯が内側に生えている

  • 下の歯が外側に生えている

  • 下あごを前に出すといった悪習癖がある

受け口は遺伝によるもの、歯の生え方によるもの、日頃の悪い癖などがあります。特にあごの形態は遺伝する場合が多いです。そのため、両親または祖父母が受け口であると、子どもに引き継いでしまうことがあります。

受け口は子どもの頃に兆候が見られ、適切な矯正を受けず大人になると治療が困難になります。子どもの受け口が気になる場合は、早いうちに歯科医院に相談にいくのがおすすめです。

あわせて読みたい

受け口の治し方とは?矯正や手術が必要なタイプを解説

あわせて読みたい

受け口じゃないのにしゃくれる原因は?治し方を解説

受け口を治療せずに放置する5つのリスク

受け口を治療せずに放置する5つのリスク

「かわいいから」などの理由で受け口をそのままにすると、さまざまな問題が生じます。

受け口放置のリスク
  • 見た目に悪影響を与える

  • 虫歯・歯周病になるリスクが高まる

  • 発音に悪影響を与える

  • 胃腸に負担をかける

  • 顎関節症になるリスクが高まる

①見た目に悪影響を与える

受け口はいわゆる、顎がしゃくれている状態です。下あごが突出した見た目は、コンプレックスにつながることも。そのため、人前に出たり笑ったりすることに抵抗を感じてしまう方も少なくありません。

あわせて読みたい

しゃくれは矯正で治る?受け口との違いや原因別の治療方法を解説

②虫歯・歯周病になりやすくなる

歯並びがガタガタで、前歯の一部が受け口(下の歯が上の歯よりも前に出ている状態)になっていることも多いです。ガタガタした歯並びは、歯ブラシが届きにくく汚れがたまりがち。そのため、虫歯・歯周病になるリスクが高まります。また、口臭が発生する原因にもなります。

③発音に悪影響を与える

通常の噛み合わせと反対になっていることから、発音に悪影響を与えてしまうことがあります。特に「サ行」と「タ行」は、発音する際に空気が漏れてしまい、正確な発音がしにくいです。

ご自身ではしっかり発音しているつもりでも、周囲の人は聞き取れないこともあるでしょう。また、日本語では問題がなくても、英語の発音で誤解を招いてしまうことがあります。

④胃腸に負担をかける

歯には食べ物を細かく砕く咀嚼(そしゃく)機能があります。受け口の方は、前歯で食べ物を噛み切れない、奥歯で細かく砕けないなど、咀嚼効率の低下を招いてしまうことも。食べ物が大きなまま胃腸に運ばれてしまうと、胃腸への負担が増えて消化不良を起こしたり、栄養の吸収が妨げられたりすることがあります。

⑤顎関節症になるリスクが高まる

顎関節症とは、口を開けると顎関節が痛んだりする病気のことです。

下あごは前後左右自由に動かせますが、受け口の場合は下あごの動きが制限されてしまいます。食事や話す際も常に顎関節に負担をかけている状態になるため、顎関節症になるリスクが高いです。

子供と大人では違う?受け口の治し方

受け口の治療は大人と子どもでは大きく異なります。

子どもの受け口の治し方

矯正というと歯並びを整えることに目が行きますが、顎の成長過程にある子どもの場合はあごの成長のコントロールやお口周りの悪習慣を改善することで、よい歯並びや噛み合わせにつなげることが可能です。

受け口の場合は、取り外し式のマウスピースやあごの骨を拡げる拡大床(かくだいしょう)などを用いることが一般的。これらの装置は、上あごの成長の促進や下あごの成長を抑制するために使用します。上下のあごのバランスを整え、良い歯並びと噛み合わせになるように導きます。

ただし、あごの成長のコントロールができる時期は限られています。個人差が大きく、上あごの成長ピークは男女ともに10歳前後まで、下あごの成長ピークは男子が18歳頃まで、女子が15歳頃までと言われています。

また、受け口の場合は、子どものうちにあごの成長をコントロールしないと、さらにあごが成長し改善が難しくなることも。そのため、子どもの受け口は、4~6歳頃までに開始することが望ましく、気になる方は早めに歯科クリニックに相談することをおすすめします。

大人の受け口の治し方

大人の場合は、あごの成長が完了しているため、歯並びを整える歯科矯正で受け口の治療を行います。歯科矯正はワイヤー矯正とマウスピース矯正に大きく分けられ、軽度の受け口であればマウスピース矯正で改善が見込めますが、中度・重度の受け口はワイヤー矯正が適用になることが多いです。

ただし、あごの骨に問題が生じている受け口は、歯科矯正と外科手術を併用する外科的矯正治療が行われます。外科手術では「下顎骨切り術(セットバック法)」という方法を行うのが一般的。これは、下あごの骨を切り、後ろへスライドさせる治療方法です。顎変形症など一部の疾患を除いて自由診療になるため、費用は高額になります。

【自力では治せない受け口】まずは矯正相談へ

Oh my teeth 導入クリニックドクターによる問診

受け口は自力では治せず、歯科矯正が必要です。受け口の中でもあごの骨に問題がある場合はマウスピース矯正での治療が難しいですが、歯の生え方に問題がある場合はマウスピース矯正で治療できます。

ただし歯の生え方に問題がある受け口すべてがマウスピース矯正で治せるわけではありません。あなたの受け口に最適な治療法を知るには、歯科クリニックで検査・診断を受ける必要があります。多くの歯科クリニックでは矯正相談は無料で行っていますが、検査・診断には3〜5万円程度かかりますので、費用を準備して受診してみましょう。

マウスピース矯正 Oh my teeth(公式サイト)導入クリニックでは、あなたの受け口の状態を検査し、マウスピース矯正で治療できるかどうかを診断するのに費用をいただいていません。歯並びのお悩みを歯科医師に直接ご相談いただけるだけでなく、当日聞きそびれたことはLINEで24時間質問することもできます。

まずはお気軽にお近くの導入クリニックにお越しください。

ユーザーボイス
マウスピース矯正 Oh my teethの無料診断を予約する

矯正についてもっと知る

ドクター所属学会(一部)

矯正歯科治療にともなうリスクについて