logo
歯科矯正
最終更新日:2024年7月17日

出っ歯の矯正費用の相場はいくら?種類別の値段や安く抑える方法3つを紹介

真由美さんアイコン
歯科矯正ブログ編集チーム

木村真由美

Oh my teethでのマウスピース矯正を経て、2021年6月に株式会社Oh my teethにジョイン。マウスピース矯正経験者としてOh my teethのオウンドメディア「歯科矯正ブログ」にて記事を更新中。ミッションは「歯並びに悩むすべての方に歯科矯正の確かな情報をお届けすること」。

出っ歯の矯正費用の相場は10〜170万円程度です。しかし、矯正範囲や出っ歯の程度によっても矯正費用は大きく変動するため「結局いくらかかるのかわからない……」と疑問を持つ方も多いです。

そこで本記事では、出っ歯の矯正装置ごとの値段から、治療段階別の費用の内訳まで徹底解説します。出っ歯の矯正費用を安く抑える方法や、保険適用になるケースも紹介しますので「高額な費用がネックになって手を出せない」なんて人も、ぜひ参考にしてください。

月額3,500円から始められるマウスピース矯正
出っ歯 矯正費用 目次下CTAボタン

出っ歯の矯正費用の相場はいくら?何によって決まる?

電卓と歯科器具

出っ歯の矯正費用の相場は、全体矯正の場合60〜170万円程度、部分矯正の場合10〜70万円程度です。矯正範囲や出っ歯の程度によって矯正費用は大きく異なります。

矯正範囲:全体矯正より部分矯正の方が安い

全体矯正は奥歯から全体的に歯を動かす方法です。前歯全体が前に出て、噛み合わせに問題のある出っ歯の場合、全体矯正が必要になる可能性があります。

出っ歯の全体矯正にかかる費用の相場は60〜170万円程度です。歯を動かす範囲が広いぶん、部分矯正より費用が高くなります

一方、部分矯正は一本だけ前歯だけなど、一部分の歯のみを動かす方法です。噛み合わせが正常で抜歯が不要の出っ歯の場合、部分矯正で治せる可能性があります。

出っ歯の部分矯正にかかる費用の相場は10〜70万円程度です。部分矯正は動かす範囲が限定されているぶん、矯正費用は安くなります。

「矯正前の診断を一度も受けたことがない」という方は、ぜひOh my teethの無料カウンセリングをご利用ください。

あなたの出っ歯が部分矯正で改善を目指せるのか、お調べします。

無料診断の所要時間はおよそ30分。予約も簡単1分で完了するので、ぜひお気軽にご予約ください。

→ Oh my teethの無料カウンセリングの空き日程を見てみる

→ マウスピース矯正Oh my teethについて知りたい方はこちら

出っ歯の程度:軽度より重度のほうが高くなる

出っ歯の程度によっても費用は異なり、軽度より重度のほうが高くなります。

たとえば前歯が大きく突出している出っ歯の場合、前歯を後ろに下げるスペースを確保するためには抜歯が必要です。抜歯すると歯の移動距離が大きくなり、治療期間が長くなるため、その分費用も高くなる傾向にあります。

出っ歯 矯正費用 CTAボタン

【種類別】出っ歯矯正費用の相場を比較

出っ歯矯正費用は、矯正装置の種類によっても異なります。表側矯正の場合30〜130万円、裏側矯正の場合40〜170万円、マウスピース矯正の場合10〜100万円が相場です。外科的矯正の場合は、保険適用になるかで違います。

以下の表で、矯正装置別に出っ歯矯正費用の相場を、治療期間の目安と合わせてまとめていますので、参考にしてください。


表側矯正

裏側矯正

マウスピース矯正

外科的矯正

全体矯正

60~130万円

1~3年程度

100~170万円

2~3年程度

60~100万円

1~3年程度

200~300万円

2~4年程度

部分矯正

30~60万円

2ヶ月~1年程度

40~70万円

5ヶ月~1年程度

10~40万円

2ヶ月~1年程度

表側矯正:30~130万円

表側矯正

表側矯正は、歯の表側にブラケットを装着し、そこに通したワイヤーで引っ張ることで歯並びを整える方法です。

抜歯が必要な矯正にも対応可能で、軽度から重度まで幅広い出っ歯を改善できます。ただし骨格に問題がある重度の出っ歯は、表側矯正だけでは対応できません。

表側矯正による出っ歯の費用相場は、全体矯正の場合60〜130万円程度、部分矯正の場合30〜60万円程度です。

表側矯正を含めたワイヤー矯正は、装置に使用する素材の種類によっても矯正費用が異なります。最も安いのは目立ちやすい金属製のブラケットとワイヤーを用いた場合です。目立ちにくい審美ブラケットやホワイトワイヤーは、一般的に費用が高額になる傾向にあります。

表側矯正のメリット

表側矯正のデメリット

・対応できる出っ歯の範囲が幅広い

・裏側矯正と比べて滑舌への影響が少ない

・裏側矯正と比べて矯正費用が安い

・装置が目立つ

・装置の厚みで口元に突出感が出る

・引っかかった食べかすが目立つ

どんな場合に表側矯正が向いているか、詳しく知りたい方は以下の記事を読んでみてください。

あわせて読みたい

表側矯正とは?メリット・デメリットや裏側矯正との違い

裏側矯正:40~170万円

裏側矯正

裏側矯正は、歯の裏側にブラケットを装着し、そこに通したワイヤーで引っ張ることで歯並びを整える方法です。表側矯正と同様に幅広い出っ歯に対応できます。

裏側矯正による出っ歯の費用相場は、全体矯正の場合100〜170万円程度、部分矯正の場合40〜70万円程度です。

表側矯正と比較して裏側矯正の費用が高いのは、以下のような理由があります。

  • オーダーメイドで装置を製作するため

  • 装置を装着するのに高度な技術力が必要になるため

裏側矯正のメリット

裏側矯正のデメリット

・装置が目立ちにくい

・対応できる出っ歯の範囲が幅広い

・表側矯正と比べて虫歯になりにくい

・滑舌への影響が出やすい

・食事や歯磨きがしにくい

・矯正費用が高い

どんな場合に裏側矯正が向いているか、詳しく知りたい方は以下の記事を読んでみてください。

あわせて読みたい

裏側矯正とは?後悔しないためにデメリットや値段・期間を徹底解説

マウスピース矯正:10~100万円

マウスピース矯正 Oh my teethのマウスピースを装着した女性

マウスピース矯正は、治療段階に応じて作られた透明なマウスピースを、1〜2週間ごとに交換することで歯並びを整える方法です。対応できる範囲が限られるため、大きく歯を動かす必要がある出っ歯の場合、ワイヤー矯正をすすめられることもあります。

マウスピース矯正による出っ歯の費用相場は、全体矯正の場合60〜100万円程度、部分矯正の場合10〜40万円程度です。

矯正費用の相場は、マウスピース矯正ブランドや、使用するマウスピースの枚数によっても異なります。

マウスピース矯正のメリット

マウスピース矯正のデメリット

・装置が目立ちにくい

・装置を自分で取り外せる

・痛みが比較的少ない

・対応できる出っ歯に限界がある

・毎日20時間以上装着する必要がある

・装着中の飲食ができない

どんな場合にマウスピース矯正が向いているか、詳しく知りたい方は以下の記事を読んでみてください。

あわせて読みたい

マウスピース矯正とは?メリットや後悔しないために特徴を徹底解説

矯正シミュレーション
出っ歯 矯正費用 CTAボタン

外科的矯正:保険適用になるかで異なる

外科的矯正は、歯科矯正に外科手術を併用する方法です。あごが大きくズレているなど骨格に問題があり、矯正治療で歯を動かすだけでは改善できない出っ歯に適応されます。外科手術であごの位置を修正することで、出っ歯を根本的に改善します。

外科的矯正による出っ歯の費用相場は、保険適用外の場合200〜300万円、保険適用の場合50〜80万円です。

歯科矯正は基本的に保険適用外ですが、以下のような特定の条件下では、出っ歯の外科的矯正治療が保険適用となります。

  • 顎変形症(がくへんけいしょう)と診断され外科手術する場合

  • 厚生労働大臣が指定した医療機関で治療を受ける場合

顎変形症は、あごの骨の大きさや形、位置、バランスの異常が原因で噛み合わせや発音などの機能に問題が生じる状態です。骨格の異常が原因で出っ歯になっている場合、顎変形症と診断される可能性が高いです。

ただし、外科手術を必要としない場合、保険適用外の矯正器具(マウスピース矯正や裏側矯正など)を使用した場合は、保険適用外となります。

外科的矯正のメリット

外科的矯正のデメリット

・保険適用になる場合がある

・顔立ちの変化も期待できる

・入院して全身麻酔での手術が必要になる

・しびれや麻痺などのリスクがある

あわせて読みたい

歯列矯正は保険適用される?適用症例や費用を抑える方法を紹介

【治療段階別】出っ歯矯正にかかる費用の内訳

ここまで紹介してきた費用は矯正装置料で、クリニックによってはほかにも治療段階ごとに追加費用が発生する場合があります。値段の設定や支払うタイミングはクリニックによって異なりますので、トータルでいくらかかるのかを事前に確認しておくことが大切です。

ここでは、出っ歯の矯正費用がどういう内訳で構成されているかを見ていきましょう。

矯正前:カウンセリング料・精密検査料・事前処置料

カウンセリングをする医師
  • 初回カウンセリング料:無料~5,000円程度

  • 精密検査・診察料:10,000~65,000円程度

【必要と診断された場合にかかる費用】

  • 虫歯や歯周病の治療:1回につき1,500~10,000円程度

  • 抜歯:1本あたり5000〜15,000円程度

  • IPR(研磨処置):3,000〜5,000円程度

初回カウンセリングは無料で実施するクリニックもあります。出っ歯の矯正では、抜歯やIPRが必要になるケースが多いです。

矯正中:矯正装置料・調整料

  • 矯正装置料:10~170万円程度

  • 調整料:1回につき3,000~10,000円程度

矯正装置の調整にかかる調整料は、通院のたびに発生するクリニックも多いです。

矯正後:保定装置料・観察料

  • 保定装置料:10,000~60,000円程度

  • 観察料:1回につき3,000~5,000円程度

矯正後は整えた歯並びが元の位置に戻らないように、保定装置(リテーナー)を装着する期間が必要です。観察料は基本的に保定期間中に通院のたびに発生します。

出っ歯の矯正にかかる費用の支払いシステム

電卓を打っているところ

出っ歯矯正にかかる費用の支払い方法は、クリニックによって異なります。大きくわけて、治療費総額を最初に提示する「トータルフィー制度」と、通院や処置するたびに費用がかかる「処置別払い制度」があります。

トータルフィー制度

トータルフィー制度は、矯正治療に必要なすべての費用をあらかじめ提示してもらえる制度です。通院期間が延びた場合でも、最初に提示された金額以外の追加料金は基本的に発生しません

ただし、治療費がどこまでトータルフィーに含まれているかはクリニックによって違います。カウンセリング料・精密検査料・保定装置料は別途必要になる場合が多いです。

処置別払い制度

処置別払い制度は、矯正装置料とは別に、処置ごとに治療費がかかる制度です。通院するたびに調整料がかかるため、総額がわかりにくいです。治療期間が短くなった場合は費用を安く抑えられますが、治療期間が延びるほど支払う総額が増えます

実際に矯正で出っ歯を改善した症例の費用

マウスピース矯正 Oh my teethで、実際に出っ歯を改善した症例を費用と合わせて紹介します。

①治療総額33万円・治療期間2ヶ月

マウスピース矯正 Oh my teethの出っ歯の症例(部分矯正・非抜歯矯正)
  • 総額:33万円 (税込)

  • 期間:2ヶ月

  • 備考:非抜歯/部分矯正/研磨処置込

②治療総額33万円・治療期間3ヶ月

マウスピース矯正 Oh my teethの出っ歯の症例(部分矯正)
  • 総額:33万円 (税込)

  • 期間:3ヶ月

  • 備考:非抜歯/部分矯正/研磨処置込

③治療総額66万円・治療期間10ヶ月

マウスピース矯正 Oh my teethの出っ歯の症例(全体矯正)
  • 総額:66万円 (税込)

  • 期間:10ヶ月

  • 備考:非抜歯/全体矯正/研磨処置込

→ マウスピース矯正Oh my teethの無料診断で「出っ歯」の相談をする

出っ歯の矯正費用を安く抑える方法3つ

財布からお札を出す女性

出っ歯の矯正費用は高額になるため、できるだけ安く済ませたいと考える方も多いのではないでしょうか。出っ歯の矯正費用を安く抑える方法には「モニターへの応募」「医療費控除」「デンタルローン」などがあります。

①モニター募集しているクリニックを探す

クリニックの中には、モニター募集しているところもあります。モニターに採用されると、通常価格より安く出っ歯の矯正治療が受けられます。

しかし、モニター価格で出っ歯の矯正を受けるには、症例写真の提供やアンケートへの回答など、クリニックが指定する条件を満たさなければなりません。ホームページやSNSなどで、自分の写真が使われることに抵抗がない方であれば、魅力的な方法です。

②確定申告して医療費控除を受ける

見た目ではなく、噛み合わせなど機能面の改善を目的に出っ歯の矯正をする場合は、医療費控除の対象になります。医療費控除は年間10万円以上の医療費を支払った場合、確定申告することで税金の一部が戻ってくる制度です。

一旦は矯正費用を負担しなければなりませんが、医療費控除を受けることで、結果的に出っ歯矯正の費用軽減につながります。

あわせて読みたい

歯科矯正の医療費控除はいくら戻る?計算方法や必要書類を詳しく解説

③デンタルローンを利用する

まとまった矯正費用を準備できない方は、デンタルローンを利用して分割払いする選択肢もあります。デンタルローンは、使用目的が歯科治療に限定されたローン商品。一般的なカードローンと比べて金利が低いことがメリットです。

ただし「審査に時間がかかる」「金利分は上乗せとなる」など注意点もありますので、メリット・デメリットを理解した上で利用しましょう。

あわせて読みたい

歯科矯正はデンタルローンを使える?仕組みや月々の支払い額を解説

出っ歯の矯正で後悔・失敗を防ぐための対策

お金をかけて出っ歯を矯正するので、失敗して後悔するような事態は避けたいですよね。出っ歯矯正で後悔しないためには「矯正治療について理解する」「信頼できるクリニックを選ぶ」ことが大切です。

出っ歯 矯正費用 CTAボタン

矯正治療のメリット・デメリットを理解する

メリットとデメリット

出っ歯矯正での後悔や失敗は、矯正治療について理解できていなかったケースも多いです。矯正治療にはメリットだけでなく、デメリットやリスクもあります。

たとえばマウスピース矯正の場合、1日20時間以上の装着が守れなければ、計画通りに歯が動かず、治療期間が長引く原因になります。カウンセリングの時点でしっかり疑問を解決しておくことで、避けられる後悔や失敗もあるでしょう。

歯科矯正のリスクについては以下の記事も参考にしてください。

あわせて読みたい

歯科矯正のリスク・副作用とは?発生を抑える4つのポイントを解説

信頼できるクリニックを選ぶ

出っ歯矯正を成功に導くためには、クリニック選びが非常に重要です。以下のポイントを参考に信頼できるクリニックを選びましょう。

  • 疑問や不安なことを相談しやすい

  • デメリットやリスクも教えてくれる

  • 複数の選択肢を提示してくれる

  • トラブルへの対応が素早い

できれば複数のクリニックでカウンセリングを受けて、あなたが本当に信頼できると思えるクリニックを選ぶのが理想です。

あなたの出っ歯の矯正費用がいくらなのか相談してみよう

Oh my teeth導入クリニックドクターによるカウンセリング

出っ歯の矯正費用は、矯正範囲や矯正装置の種類によって異なります。ただし、あなたの出っ歯に適切な矯正方法は、クリニックで検査してみないとわかりません。

矯正相談は無料で実施するクリニックも多いです。まずはあなたの出っ歯を治す矯正費用が、いくらなのかを相談してみましょう。

マウスピース矯正 Oh my teethの矯正プランは、33万円66万円の2種類のみ。治療期間に関わらず料金は一律です。矯正プラン料金以外の費用が発生することは基本的にありません。

Oh my teeth導入クリニックでは、あなたの出っ歯をいくらのプランで改善できるか診断するための各種検査(初診料・歯型スキャン・レントゲン撮影)が無料です。マウスピース矯正が不適合だった場合は提携クリニックのご紹介も可能ですので、まずはお気軽に無料診断にお越しください。

マウスピース矯正 Oh my teeth の無料診断を予約する

矯正についてもっと知る

ドクター所属学会(一部)

矯正歯科治療にともなうリスクについて