logo
オーラルケア
最終更新日:2024年5月29日

デンタルフロスが臭い!同じところが臭いときの原因と対処法は?

デンタルフロスが臭い!同じところが臭いときの原因と対処法は?
真由美さんアイコン
歯科矯正ブログ編集チーム

木村真由美

Oh my teethでのマウスピース矯正を経て、2021年6月に株式会社Oh my teethにジョイン。マウスピース矯正経験者としてOh my teethのオウンドメディア「歯科矯正ブログ」にて記事を更新中。ミッションは「歯並びに悩むすべての方に歯科矯正の確かな情報をお届けすること」。

歯間を通したデンタルフロスが臭くなるのは珍しいことではありません。

しかし、毎回同じところがにおう場合は、虫歯や歯周病などの口内トラブルが起こっている可能性があるため注意が必要です。

本記事では、デンタルフロスが臭い原因や、同じところで毎回におう場合の対処法を解説します。

「ケアしているのにデンタルフロスがいつも臭い」
「もしかしたら口臭があるのでは…」

このような悩みを抱えている方はぜひ最後までご覧ください。

歯並びの動き方が事前にわかるマウスピース矯正

デンタルフロスが臭い人は口臭がある?

デンタルフロスが臭い人は口臭がある?

「デンタルフロスをするといつも同じところが臭い」という方は口臭がある可能性が高いです。なぜなら、デンタルフロスが臭くなるのは口内の細菌が原因であるためです。

細菌が繁殖して口の中全体に広がると、デンタルフロスがにおう部分だけでなく、口内全体に同じにおいが漂います。

そのため、においの強さによっては、自身の口臭が周囲の人に感じられる場合があります。

一時的にデンタルフロスが臭い場合は磨き残しが原因

一時的にデンタルフロスが臭い場合は磨き残しが原因

デンタルフロスが臭くなる原因で多いのが「磨き残し」です。

歯磨きで落とし切れなかった食べかすが長時間その場に留まると、腐敗が進んで細菌が繁殖し、臭いにおいを放つようになります。

ただ、磨き残しによるデンタルフロスのにおいは一時的なものであるため、原因である食べかすや細菌を取り除くことでにおいを改善できます。

同じところでデンタルフロスから臭いにおいがする原因

同じところでデンタルフロスから臭いにおいがする原因

いつも同じところでデンタルフロスから臭いにおいが漂ってくる場合は、以下の原因が考えられます。

  • 歯周病

  • 虫歯

  • 詰め物・被せ物の劣化

それぞれについて詳しく解説します。

歯周病

歯周病の原因菌は、代謝の過程でガスを放つ特性があります。このガスは揮発性硫黄化合物(VSC)であるため、下記のような特有のにおいが特徴的です。

  • 腐った玉ねぎのようなにおい

  • 生ごみのようなにおい

  • 腐った卵のようなにおい

毎回デンタルフロスからこのような強いにおいがする場合は、歯周病の可能性が疑われます。

同時に、デンタルフロスをしたあとに血や膿が出る、歯茎が痛んだり腫れたりするなどの症状が見られる場合は、さらに歯周病の疑いが強まります。

虫歯

虫歯が進行して歯と歯の間に穴が開くと、そこに細菌が溜まり、デンタルフロスを通した際に臭くなる場合があります。

虫歯の可能性がある方は、歯に通したあとのフロスの状態も確認しましょう。

すぐに糸が毛羽立ったり、フロスがボロボロになったりすると、臭いがする場所が虫歯になっている可能性が高いです。

また、詰め物をしていないのに、いつも同じところでデンタルフロスが引っかかる場合も虫歯が疑われます。

詰め物・被せ物の劣化

長期にわたって詰め物や被せ物をしていると、表面がすり減ったり、接着に使うセメントが溶けたりして、歯との間に段差・すき間ができる場合があります。

そこに細菌が入り込んで繁殖すると、デンタルフロスを通したときに臭いにおいを感じやすくなります。

とくに銀歯は傷がつきやすい素材であるため、細菌が溜まってデンタルフロスを通した際ににおいが生じることがあるでしょう。

一方、セラミックの被せ物は銀歯に比べて傷がつきにくい素材ですが、同じく劣化には注意が必要です。

セラミックの被せ物をしている場合も、劣化が進んで歯茎との間にすき間ができると、デンタルフロスを通したときに臭いにおいを感じやすくなります。

デンタルフロスからドブ臭いにおいがするときの対処法

デンタルフロスからドブ臭いにおいがするときの対処法

磨き残しによってデンタルフロスが臭くなる場合は、継続的にフロスを使用することでにおいが改善される可能性があります。

まずは最低1日1回、デンタルフロスを使ってしっかりケアを行いましょう。

2〜3週間経ってもデンタルフロスから臭いにおいがする場合は、虫歯や歯周病が進行していたり、詰め物・被せ物が劣化したりしているかもしれません。

放置していると、デンタルフロスや口臭がさらにきつくなることがあるため、においが改善されない場合は速やかに歯科クリニックを受診しましょう。

また、歯並びが悪いと磨き残しが多くなるため、一時的なデンタルフロスのにおいが繰り返し起こる方は、歯科矯正を検討するのも一つの方法です。

マウスピース矯正 Oh my teethでは、歯科矯正に必要な各種検査・診断を無料で実施しています。

毎日の磨き残しが気になる方は、ぜひ現状の歯並びを確認するためにも無料診断へお越しください。

今すぐ予約

デンタルフロスで同じところが臭いときは歯科クリニックへ相談を

デンタルフロスが臭くなる場合は、歯に何かしらのトラブルが起こっている可能性が考えられます。

磨き残しによる一時的なにおいは継続的なデンタルケアで改善が見込めますが、虫歯や歯周病などが原因の場合は歯科クリニックでの治療が必要です。

放置しているとデンタルフロスがさらに臭くなったり、口臭が発生したりすることも珍しくありません。

2~3週間デンタルフロスを使い続けてもにおいが改善されなければ、一度歯科クリニックを受診しましょう。

CTA

矯正についてもっと知る

ドクター所属学会(一部)

矯正歯科治療にともなうリスクについて