logo
logo
ホワイトニング
最終更新日:2024年3月8日

ホームホワイトニングの効果はいつ現れる?白さを持続させる3つの方法

ホームホワイトニングの効果が出るまでの期間は2週間〜1ヶ月程度です。白さを維持するためには飲食物に注意し、着色を防がなければなりません。本記事を読めば、ホワイトニング後の注意点がわかり、効果的に歯を白く、長持ちさせることができます。

万樹さんアイコン
歯科医師

西尾万樹

東京表参道矯正歯科 院長。北海道医療大学歯学部卒業。2018年歯科医師免許取得。旭川医科大学病院口腔外科にて研修後、矯正歯科勤務。2020年コスメコンシェルジュ取得。

ホームホワイトニングの効果が現れるのは2週間〜1ヶ月程度。歯医者で施術を受けるオフィスホワイトニングと比較すると時間がかかりますが、自然な仕上がりである点や、持続期間が6ヶ月〜1年程度と長い点がメリットです。

ホームホワイトニングで白さを持続させるためには、飲食物の着色成分に注意し、セルフケアをしっかり行わなければなりません。また、さらに白さを求める場合は、オフィスホワイトニングとの並行がおすすめです。

本記事では、ホームホワイトニングの持続性を高めるためにできることや、オフィスホワイトニングとの違いを紹介します。

以下はホームホワイトニング「Oh my teeth Whitening」の実際の症例画像です。ホームホワイトニング1ヶ月でこれだけの効果が出ます。

ホームホワイトニングの効果はいつ現れる?白さを持続させる3つの方法
ホームホワイトニングの効果はいつ現れる?白さを持続させる3つの方法

ホームホワイトニングの効果が出るタイミング

ホームホワイトニングの効果はいつ現れる?白さを持続させる3つの方法

ホームホワイトニングとは、専用のマウスピースとホワイトニング薬剤を使って自宅で行うホワイトニングのこと。自分の好きな時間に、自宅でホワイトニングができるのがメリットです。

ホームホワイトニングで歯が白くなるまでの期間には個人差がありますが、おおよそ2週間〜1ヶ月程度。効果の持続期間も生活習慣に左右はされますが、おおよそ6ヶ月〜1年程度です。

ホームホワイトニングの特徴に関して詳しく知りたい方は、下記の記事もあわせて参考にしてください。

あわせて読みたい

ホームホワイトニングとは?やり方・効果・注意点を解説

歯が白くなるまでの期間:2週間〜1ヶ月

もともとの歯の色や質によって個人差はありますが、平均的に2週間から1ヶ月で効果を実感することが多いです。日数にすると14日〜30日程度になります。

ホームホワイトニングの効果はいつ現れる?白さを持続させる3つの方法

歯の色を評価する指標をとして上の写真でいうと、しっかり毎日ホワイトニングをやり続ければ1〜2ヶ月で1〜2トーン白くなるようなイメージです。

ホームホワイトニングは徐々に歯を白くしていくため、すぐに効果を得たい人は歯科医院で施術を受けるホワイトニング(オフィスホワイトニング)の方がおすすめです。ただしホームホワイトニングでも毎日決まった時間に2時間程度行えば、効果を実感しやすくなるでしょう。

持続期間:6ヶ月〜1年程度

ホームホワイトニングの効果の持続性は6ヶ月〜1年程度です。これはあくまでも目安で、生活習慣などによって個人差があります。

ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングと比較すると即効性は劣りますが、持続性はあるのがメリットです。

ホームホワイトニングの効果が出るまで、効果を持続させるために必要な費用に関しては、下記の記事もあわせて参考にしてください。

あわせて読みたい

ホームホワイトニングの値段の相場は?ほかのホワイトニングとの比較も 

効果的に白くする方法

ホームホワイトニングの効果はいつ現れる?白さを持続させる3つの方法

マウスピース装着時に、歯やマウスピースの水気をとってから装着すると効果が高まります。

また、1日のホワイトニングが終わった直後30分程度は、飲食や喫煙は避けてください。その後も最低12時間は、色の濃い飲食はなるべくしないようにしましょう。色が沈着してしまうかもしれません。

ホームホワイトニング後に気をつけたい飲食物については、次の項で詳しく紹介します。

ホームホワイトニングの効果を持続させる方法

ホームホワイトニングの効果はいつ現れる?白さを持続させる3つの方法

ホームホワイトニング後、歯が再び着色してしまうのを「色戻り」といいます。

ホームホワイトニングの効果を持続させるには、以下のポイントを押さえましょう。

  • 飲食物の着色成分に気をつける

  • セルフケアで着色を防ぐ

  • 歯医者でクリーニングをしてもらう

飲食物・嗜好品の着色成分に気をつける

ホームホワイトニング直後30分程度は、飲食や喫煙は避けてください。その後の飲食でも、以下のような飲食物には注意が必要です。

  • 色の濃い調味料・食材:カレー・ソース・ケチャップ・緑黄色野菜・チョコレートなど。着色の原因になるため。

  • 色の濃い飲み物:お茶・コーヒー・赤ワインなど。着色の原因になるため。

  • イソフラボンを含む飲食物:豆腐・豆乳など。着色の原因になるため。

  • 酸性度の高いもの:レモン・からし・マスタードなど。歯の刺激になるため。

ホームホワイトニング後、着色しやすい飲食物を避けることで、ホワイトニングの効果を持続させられます。

ホームホワイトニング後に避けるべきかどうかは、その飲食物が「白い服につくと落ちにくいかどうか」でざっくり判断しましょう。また、酸性度の高い飲食物は歯を着色しやすい状態にしてしまう可能性があるため、避けたほうがよいでしょう。

口にした場合はすぐに口の中をすすいだりブラッシングをしたりすることで、着色汚れを予防できます。

セルフケアで着色を防ぐ

ホームホワイトニングの効果はいつ現れる?白さを持続させる3つの方法

トリートメント剤やコーティング剤配合の歯磨き粉でブラッシングすることで、着色汚れを防げます。

「分割ポリリン酸」配合の歯磨き粉は、歯に着色汚れをつきにくくする働きがあり、虫歯や歯周病などの予防にもなるためおすすめです。

歯医者でクリーニングしてもらう

セルフケアではどうしても限界があります。日々の磨き残しなどが原因で徐々に汚れが溜まり、ホワイトニングの効果が薄れていきます。

定期的に歯科医院でプロのクリーニングを受けると、すみずみまで歯をきれいにでき、着色汚れを防げます。

筆者も3ヶ月に1回を目安にクリーニングに行っていますが、歯がツルツルになってスッキリします。もちろん歯周病や虫歯の予防にもなりますよ。

ホームホワイトニングの効果が出ない人はいる?

ホームホワイトニングの効果はいつ現れる?白さを持続させる3つの方法

ホームホワイトニングの効果の出やすさには個人差があります。喫煙などの生活習慣にも左右されるからです。

ただし特に以下のような場合はホームホワイトニングの効果が出にくい、または出ない可能性があります。

  • 神経を失った歯(失活歯)

  • テトラサイクリン歯

  • 詰め物や被せ物をした歯

神経を失った歯

神経を失った歯の変色は象牙質内で起こっていることが多く、ホームホワイトニングやオフィスホワイトニングでも効果が出にくいです。

失活歯のホワイトニング手法としては、歯の内部に薬剤を入れる「ウォーキングブリーチ」という方法があります。ただし歯に穴を開けて薬剤を入れるため、歯が割れやすくなるデメリットがあります。

テトラサイクリン歯

かつて日本の風邪薬シロップに使われていた「テトラサイクリン系抗生物質」の影響で歯の色が変色していることがあります。

グレーに着色している場合は重度で、ホワイトニングで白くするのは難しいです。

詰め物・被せ物をした歯

ホワイトニングで歯を白くできるのはあくまで天然歯のみです。詰め物や被せ物はホワイトニングで白くできません。

白い歯にしたい場合はホワイトニングとは別で、金属の詰め物・被せ物を白いものに変えることは可能です。その場合は、歯科医院で相談してみましょう。

歯医者で施術を受けるオフィスホワイトニングとの違い

ホームホワイトニングの効果はいつ現れる?白さを持続させる3つの方法

ホームホワイトニング検討者の中には、歯医者で施術を受けるホワイトニング=オフィスホワイトニングとどっちにしようか迷っている人もいるのではないでしょうか。

ここでは、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングとの違いを、以下のポイントで紹介します。

  • 効果が出るまでのスピード

  • 効果が持続する期間

オフィスホワイトニングとは

オフィスホワイトニングとは、歯科医院で施術を受けるホワイトニング。ホームホワイトニングよりも即効性の高い薬剤を歯の表面に塗布し、特殊なライトを照射して歯を白くします。

ホームホワイトニングと比べて以下のようなメリットがあります。

  • 効果が実感できるまでの期間が短い

  • 歯医者で施術を受けられるため手間が少ない

効果が出るまでのスピード

ホームホワイトニングの効果はいつ現れる?白さを持続させる3つの方法
  • ホームホワイトニング:2週間から1ヶ月

  • オフィスホワイトニング:1回で効果を実感できる

ホームホワイトニングで効果が実感できるのは、2週間から1ヶ月が平均的です。

一方オフィスホワイトニングはホームホワイトニングよりも即効性のある薬剤を使用するため、1回の施術で効果を実感しやすいです。ただし効果が出るまでが早い分、色戻りもしやすいデメリットがあります。

ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングよりも即効性は劣りますが、色戻りがしにくいのがメリットです。

効果が持続する期間

  • ホームホワイトニング:6ヶ月〜1年

  • オフィスホワイトニング:3ヶ月〜1年

ホームホワイトニングで効果が持続する期間は6ヶ月〜1年程度。オフィスホワイトニングは3ヶ月〜1年程度です。

どれくらい白さが持続するのかは生活習慣にもよりますが、ホームホワイトニングの方が徐々に歯を白くしていくため、色戻りするまでの期間も長い傾向があります。

ホームホワイトニングのやり方

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、自宅で自分のタイミングで行えるのがメリットです。ここではホームホワイトニングの使い方の基本を紹介します。

使うタイミングは?

歯の汚れによって、ホワイトニング薬剤が歯に密着せず効果が落ちてしまうので、食後の歯磨きをした後を推奨しています。

ホームホワイトニング中は飲食できないため、空腹に注意しましょう。

1日の装着時間は?

1日1回、1〜2時間を目安にマウスピースを装着します。

1日2時間以上つけると、知覚過敏の症状が出やすくなると言われています。就寝時につけっぱなしにしないようにしてください。

1回のホワイトニング薬剤の使用量は?

ホームホワイトニングの効果はいつ現れる?白さを持続させる3つの方法

米粒大の大きさのホワイトニング薬剤を一粒ずつマウスピースに入れます。たくさん入れても効果は変わりません。

ホワイトニング薬剤は、笑ったときに見える歯(前歯から左右に4本ずつ、片顎で8本)のところのマウスピースに入れます。

使わない分のホワイトニング薬剤は、冷蔵庫に保存しておきましょう。

あわせて読みたい

歯医者のホワイトニングのほうがいい4つの理由!効果・値段やサロンとの違いを解説

ホームホワイトニングは徐々に効果が出る

ホームホワイトニングは効果が出るまでに個人差はありますが、オフィスホワイトニングに比べて時間がかかります。しかし、徐々に白くするため自然な仕上がりになり、効果も長持ちする傾向があります。

着色によっても持続期間が変わってくるため、普段のケアや定期的な歯医者でのクリーニングも受け、素敵な白い歯で長く過ごしましょう。

Oh my teeth Whiteningは、自宅でできるホームホワイトニング。最低0回※の通院で診療~開始、痛みが出た場合などのアフターケアまで、オンラインで簡単に行えます。

  • Oh my teeth Whiteningについて詳しくはこちら

※マウスピースをお持ちでない場合、Oh my teeth導入クリニックで歯型スキャンを行い、専用マウスピースを作成します。

マウスピース矯正 Oh my teethなら、自宅で歯並び矯正とホワイトニングを同時進行できます。歯の色と歯並び、どちらも気になる方は、ぜひ無料診断へお越しください。

画像リンク

※マウスピース矯正 Oh my teethの「通わない」「通院不要」とは、矯正開始後の定期通院不要を示しています。矯正プラン適合診断は歯科医師が直接診察した上で出しますのでご安心ください。矯正開始後も歯並びの状態に応じて前処置を行ったり、歯科医師が必要と判断した場合には直接口腔内の状況を診させていただきます。

矯正についてもっと知る

ドクター所属学会(一部)

矯正歯科治療にともなうリスクについて