logo
logo
歯科矯正
最終更新日:2024年1月5日

歯列矯正でほうれい線が濃くなる?逆に薄くなる可能性はあるの?

「歯列矯正でほうれい線が濃くなる」または「歯列矯正でほうれい線が薄くなる」という噂をきいたことはありませんか?本記事では、歯列矯正とほうれい線の関係、ほうれい線の原因と対策について解説します。

真由美さんアイコン
歯科矯正ブログ編集チーム

木村真由美

Oh my teethでのマウスピース矯正を経て、2021年6月に株式会社Oh my teethにジョイン。マウスピース矯正経験者としてOh my teethのオウンドメディア「歯科矯正ブログ」にて記事を更新中。ミッションは「歯並びに悩むすべての方に歯科矯正の確かな情報をお届けすること」。

はじめて歯列矯正を始めるときは、気になることを調べておきたいものですよね。

その中で、「歯列矯正でほうれい線が濃くなる」「歯列矯正でほうれい線が消えた」といった噂を耳にしたことがある方もいらっしゃるでしょう。なぜこのように、真逆の噂があるのでしょうか?

「ほうれい線が薄くなるならいいけれど、濃くなるのはちょっと・・・」「歯列矯正でほうれい線が消えるなら一石二鳥かも」とほうれい線と歯列矯正の噂が気になる方も多いはず。

そこで本記事では、歯列矯正後にほうれい線が濃くなる・薄くなるケースの解説や、ほうれい線の原因と気をつけたいことをご紹介します。この記事を読めば、歯列矯正とほうれい線の関係について知っておくべきポイントがわかります。

歯列矯正でほうれい線は濃くなる?薄くなる?

歯列矯正でほうれい線は濃くなる?薄くなる?

結論からいうと、実は歯列矯正がほうれい線に影響することはほとんどありません。

ほうれい線とは、頬と口元の間の皮膚上の溝のこと。一方で歯列矯正は、矯正器具で歯を動かして、理想の歯並びに近づけていく口の中の治療です。歯列矯正は口の中の治療なので、口の外側にあるほうれい線に直接影響することはないといえます。

ではなぜ、歯列矯正によって、ほうれい線が濃く見えたり、薄く見えるようになるという声があるのでしょうか。

まずは、ほうれい線ができてしまう主な原因を見ていきましょう。

ほうれい線ができる原因

ほうれい線ができる原因

そもそも、ほうれい線はなぜできてしまうのでしょうか?ほうれい線が目立ってくると、老けたような印象になりがちですし、加齢によるものと諦めてしまっている方もいるかもしれません。

確かに、ほうれい線は加齢とともに目立ちやすくなりますが、その理由は大きく以下の3つに分けることができます。

肌の乾燥

乾燥している肌は、弾力やハリがなくダメージを受けやすい状態になっています。そのため、表情の動き等によるシワが刻まれやすく、ほうれい線が目立ってしまう原因になります。

乾燥を感じる季節にほうれい線が目立つような気がするのも、肌が乾燥しているためといえるでしょう。加齢とともに肌の吸水力・保湿力は衰えていくため、適切なケアが必要です。

肌のたるみ

肌のたるみも、ほうれい線ができる原因です。ほうれい線は頬と口元の境目にあるため、ほうれい線の上に位置する頬が重力で垂れてきてしまうと、ほうれい線のシワが固定されてしまいます。

肌のたるみは、加齢や紫外線ダメージなどにより、皮膚を支えている細胞の機能が低下することが原因であるため、日々の紫外線対策も重要になってきます。

表情筋の衰え

「表情筋」と呼ばれる顔の筋肉の衰えも、ほうれい線ができる要因のひとつです。頬を支えている表情筋が衰えると、皮膚を支えられなくなって頬が下に下がってきてしまい、ほうれい線ができやすくなってしまうのです。

ほうれい線は、皮膚の状態や表情筋の衰えが主な原因のようですね。ではなぜ歯列矯正後にほうれい線が変化したと感じることがあるのでしょうか?

歯列矯正後に「ほうれい線が濃くなった」と感じるケース

歯列矯正後に「ほうれい線が濃くなった」と感じるケース

歯列矯正とほうれい線には直接的な関係はなく、本来は無関係です。ただし、いくつかの条件のもとでは歯列矯正が間接的な原因となって、ほうれい線が濃くなったと感じるケースがあります。

出っ歯を治療したケース

出っ歯の場合、歯が前に出ていることによって皮膚が引っ張られ、ほうれい線が見えづらくなっていることがあります。この場合、出っ歯を治療したあとは皮膚が引っ張られなくなるため、皮膚が余り、ほうれい線が目立つと感じることがあります。

ただし、出っ歯を治療すると必ずほうれい線が濃くなるわけでなく、稀な症例です。また、このケースでは、「歯列矯正後にほうれい線が濃くなった」というより、「本来あったほうれい線が出っ歯により目立ちづらくなっていた状態が解消された」という方が正しいと言えるでしょう。

抜歯を伴うケース

歯列矯正では、歯を移動するスペースを確保するために抜歯を行うことがあります。抜歯をともなう場合も、出っ歯治療と同様に皮膚が余ってしまい、ほうれい線が目立つと感じることがあります。

例えば、あごに収まり切らない歯が頬に向かって生えているような場合に、抜歯により皮膚が引っ張られていた状態が解消され、皮膚が余ってしまうことが考えられます。ただし、抜歯をしたら必ずほうれい線が濃くなるわけではありません。

また、抜歯は、矯正で歯を動かすスペースがない場合に必要最低限の範囲で行うものです。抜歯により一時的にほうれい線が濃くなったと感じても、その後の歯列矯正で歯を正しい位置に動かしていくことにより、気にならなくなることが多いです。

歯列矯正の期間中、食事がしづらいケース

歯列矯正の期間中は、歯の痛みなどで食事がしづらかったり、硬いものを噛みづらいことがあります。食べ物の咀嚼は表情筋を鍛える運動のひとつであるため、硬いものを噛まないと頬を支えている表情筋が衰えやすくなります。表情筋が衰えて頬が垂れてきてしまうと、ほうれい線が目立つと感じることがあるでしょう。

ただし、食べ物を咀嚼しにくいことが原因である場合は、歯列矯正を終えて従来の食事に戻すことで、表情筋の衰えが解消することもあります。ほうれい線が濃くなると感じるのは一時的なものと言えるでしょう。

あわせて読みたい

歯列矯正で失敗したら老け顔になるの?原因や注意すべきポイントを徹底解説

歯列矯正後に「ほうれい線が薄くなった」と感じるケース

歯列矯正後に「ほうれい線が薄くなった」と感じるケース

一方で、歯列矯正後に「ほうれい線が薄くなった」という声もあります。今度は、ほうれい線が薄くなったと感じるケースについて3つご紹介します。

噛み合わせが良くなったケース

歯列矯正は見た目の美しさだけではなく、噛み合わせなど機能的にも優れた歯並びを目指します。矯正が必要な歯は、もともと噛み合わせがよくない状態であることも多いため、一般的には歯列矯正後に噛み合わせが改善するケースが多いです。

歯列矯正で噛み合わせを改善することにより、これまで動きづらかった表情筋がしっかり動き鍛えられるようになりますので、ほうれい線が薄くなったと感じることがあります。

顔のバランスが良くなったケース

歯列矯正前の歯が左右非対称である場合などは、歯並びが顔のゆがみの原因になっているかもしれません。例えば、口の片側だけで食べ物を噛むことにより、片側だけに力がかかってしまう場合は、ほうれい線が片側だけ濃くなっていたりします。

歯列矯正前の歯並びが顔のゆがみを生じさせている場合、歯列矯正で左右対称な歯並びに直すことで、顔のバランスが整うことが期待できます。結果として、ほうれい線が薄くなったと感じることもあるでしょう。

笑顔が増えたケース

歯列矯正前は歯並びが気になって、なるべく笑わないようにしていたり、歯を隠すような笑い方が癖になったりしている方もいるでしょう。この場合は歯列矯正後に自信のある歯並びを手に入れることで、笑顔が増えることが期待できますね。

笑顔になっている時はほうれい線が目立つと感じるかもしれませんが、笑うことで表情筋を鍛えられるため、長い目で見るとほうれい線改善の効果があることが知られています。

そのため、歯列矯正によって歯並びに自信を持ち、笑顔が増えると、結果としてほうれい線が薄くなったと感じられるでしょう。

歯列矯正でほうれい線が濃くなった場合の対処法

歯列矯正でほうれい線が濃くなった場合の対処法

万が一、歯列矯正でほうれい線が濃くなった場合はどうしたら良いのでしょうか?ほうれい線対策を3つ紹介します。

肌の紫外線対策

紫外線は、肌にとって大敵です。紫外線が引き起こすのは、日焼けやシミだけではありません。近年では、紫外線は肌のハリを保つためのコラーゲンを破壊してしまい、肌のたるみを招いてしまうことも知られています。

肌がたるむと、ほうれい線が目立つ原因となるため、日焼け止めをしっかり塗って紫外線対策をしましょう。日焼け止めは、夏に外に出る時につけるものと思いがちですが、紫外線は年中降り注いでいます。冬や曇りの日でも、日焼け止めを塗り忘れないようにしましょう。

肌の保湿ケア

ほうれい線対策には、肌の保湿ケアも欠かせません。乾燥した肌は、ほうれい線のシワが刻まれやすくなるため、潤い・弾力のある肌を保つことが大切です。

空気が乾燥している季節はもちろんのこと、実は夏も空調などの影響で肌は意外と乾燥しています。季節を問わず、朝晩の肌の保湿ケアを行うことで潤い・弾力のある肌がつくられ、ほうれい線が目立たなくなるでしょう。

表情筋を鍛える

表情筋を鍛えることも、ほうれい線対策に有効です。表情筋は頬を支えている顔の筋肉で、他の筋肉と同じように鍛えていないと衰えてしまいます。

表情筋が衰えると頬を支えられなくなるため、日頃から表情筋を鍛えることが大切です。まずは、硬いものをよく噛んで食べることを意識するだけでも、表情筋を鍛えることができます。

また、表情筋を鍛えるトレーニングなども有効ですが、逆効果にならないように注意が必要です。トレーニングのやり過ぎや、肌が乾燥している状態でのトレーニングは、かえって表情筋の動きが肌に刻まれてしまうこともあります。肌を保湿した上で、適度にトレーニングを行うことが大切です。

あわせて読みたい

理想的なスマイルラインとは?矯正治療で改善できるのか解説

歯列矯正とほうれい線の関係を正しく理解して、歯列矯正を検討しよう

本記事では、歯列矯正後にほうれい線が濃くなる・薄くなるケースの解説や、ほうれい線の原因と気をつけたいことを紹介しました。

まとめ

・歯列矯正とほうれい線は直接的な関係はない。

・出っ歯や抜歯などいくつかの条件のもとでは、ほうれい線が濃くなったと感じるケースがある。

・歯列矯正により歯並びが改善すると、ほうれい線が薄くなったと感じるケースがある。

・ほうれい線の対策には、肌のケアと表情筋を鍛えることが重要。

ほうれい線は一度気になりだすと止まらないものです。ほうれい線と歯列矯正の影響を理解し、正しいケアを行うことで、ほうれい線の解消と歯並びの改善は両立できますよ。美しい歯並びとほうれい線のケアで自信ある笑顔を手に入れましょう。

どうしても、歯列矯正前にほうれい線への影響が気になるという方は、歯列矯正の相談の際に歯科医師に相談してみるのがおすすめです。あなたの悩みや歯並びに合った具体的なアドバイスをもらいましょう。

マウスピース矯正Oh my teethでも、矯正プランのカウンセリングを無料で実施中。精密検査を行い実際にあなたの歯並びを診ながら、適切な矯正方法をアドバイスいたします。まずはお気軽に無料診断へお越しください。

矯正についてもっと知る

ドクター所属学会(一部)

矯正歯科治療にともなうリスクについて