logo
logo
歯科矯正
最終更新日:2024年1月27日

留学を控えた人向けの矯正方法とは?途中で海外に行く場合の対処法

留学を控えた人向けの矯正top

海外留学前に矯正をしたいと考えていませんか?本記事では歯科矯正を検討中の留学を控えた方に向けて、矯正治療にかかる期間や費用を紹介。途中で海外に行くことになった場合などの注意点もあわせて解説します。

万樹さんアイコン
歯科医師

西尾万樹

東京表参道矯正歯科 院長。北海道医療大学歯学部卒業。2018年歯科医師免許取得。旭川医科大学病院口腔外科にて研修後、矯正歯科勤務。2020年コスメコンシェルジュ取得。

留学前に矯正を検討する人は多いです。

なぜなら、欧米では歯の美しさが社会的ステイタスとして捉えられており、日常生活においてマイナス要素になることもあるからです。

そこで本記事では、留学までに矯正を完了したい場合はいつまでに始めればいいのか、また途中で海外に行くことになった場合はどうすればいいのかを解説します。

私の矯正留学前に終わる?
CTA無料診断

留学前に矯正をするメリット

歯の美しさが社会的ステイタス

欧米では、歯の美しさが社会的ステイタスとして捉えられていて、子供が小さいうちに高い費用をかけて歯の矯正治療を行います。歯並びが悪い人は、矯正にお金をかけられない家庭環境の人とみられ、学生生活や恋愛、就職などで大きなマイナス要因になることも。

海外へ留学した際にポジティブな気持ちで周りとコミュニケーションが取れるよう 、歯並びに自信のない方は、留学前に矯正をしておくことのメリットは大きいと言えるでしょう。 海外経験のある方の意見として、SNSでも下記のような投稿が上がっていました。

欧米の歯並びに関する口コミ①

留学したときに海外は歯並び大事っていうのめっちゃ感じたし、金持ちおじさんたちも結構女の歯並び見てる人多いし、でも最初に「歯並び綺麗ですか?」って時々聞かれる 。歯並び綺麗=根本的な美意識がちゃんとしているっていう感じがする

引用元:X(旧Twitter)

欧米の歯並びに関する口コミ②

留学前にしておいた方がいいことのアドバイスとして、英語力を上げることよりも歯並びの矯正や歯のホワイトニングをお勧めしたい。笑

引用元: X(旧Twitter)

欧米の歯並びに関する口コミ③

留学してた時に、歯並びの事に関して何か言われたってことは全くないけど、留学前に歯列矯正しておけば、色々違ったかもなぁ…って思う。 若くして矯正始めたヒトたち、きっといい選択だ。

引用元:X(旧Twitter)

欧米の歯並びに関する口コミ④

留学までにしておいてよかった事

1.全身脱毛

2.歯の矯正(間に合わずマウスピース持っていく)

引用元: X(旧Twitter)

留学前矯正で注意すべき2大ポイント

留学を控えた段階で矯正治療を始める際は、以下のポイントに注意してください。

①日本にいる間に治療を終えられるか

留学や海外転勤までに矯正を終えたい場合、矯正相談の際に歯科医師に出国予定日を伝えましょう。もちろん歯並びの状態によっては対応できないケースもありますが、矯正を完了したい希望日がある場合、それに応じた治療の選択肢を提示してもらえます。

②途中で海外に行くことになった場合の治療・通院の仕方

治療計画では留学までに治療を終えられる予定だったとしても、治療が延長することはあります。歯の動き方には個人差があるほか、装置の調整・装着状況も影響するためです。そのため、矯正開始前に、治療途中で留学することになってしまった場合にどうすればよいのか確認しておきましょう。

【あわせて読みたい】

留学前の矯正はいつから始めればいい?

「留学前に矯正したい」と思い立った時に気になるのが「いつ始めれば留学までに矯正が終えられるか」という点ではないでしょうか。

矯正期間は、種類や方法によって異なる

最短2ヶ月の表

上記のように、矯正にかかる期間は、矯正方法や種類・症状によって異なります。 軽度の「部分矯正」なら、最短2ヶ月で矯正が完了するケースも。

部分矯正とは?

前から数えて3番目までの前歯を動かす のが一般的な部分矯正。動かす範囲が限定される分、治療期間も短くなります。

短期間で矯正治療をしたいなら、表側矯正(ワイヤー)・マウスピース矯正がおすすめです。

表側矯正とは?

歯の表面にワイヤーとブラケットをつける矯正方法 です。表側矯正は対応できる歯並びが最も広いほか、部分矯正であれば2ヶ月程度~の治療が可能です。 ワイヤーとブラケットを表側につけるのでどうしても目立ってしまうことと、取り外しができない ため歯磨きのしにくさが気になることも。

マウスピース矯正とは?

目立たない透明なマウスピース型の矯正装置を用いる矯正方法 です。食事中や歯磨きの際に取り外しができるというメリットもあり、マウスピース矯正を選ぶ人が増えてきています。取り外しが可能なため、1日の必要な装着時間を守れない心配もありますが、最近ではアプリやLINEで装着を管理できるブランドも。 価格もワイヤーと比べてリーズナブルです。

私の矯正留学前に終わる?
CTA無料診断

矯正中に留学することになったら?

一般的に、ワイヤー矯正でもマウスピース矯正でも、1〜3ヶ月に1回程度の通院が必要となります。矯正中に海外に行くことになると、選択肢は以下のようになります。

一般的な矯正治療の場合

✅一時帰国の際に通院しながら矯正を続ける

✅一旦治療を中断し、帰国後に再開する

✅海外の転院先を紹介してもらう

ただし、最近のマウスピース矯正では、治療期間中の通院は不要で、気になることや相談はLINEで24時間対応してくれるブランドも。もちろん、専属の医療チームが対応に当たってくれるので、通院なしでも安心して矯正治療が続けられます。

通院不要のマウスピース矯正の場合

✅マウスピースを海外に持って行って、 これまで通りの治療を継続

※歯ならびの状態によっては複数回の通院が必要

矯正途中で留学になると
CTAモニター

※留学前にマウスピース矯正Oh my teeth導入クリニックで各種検査と診断が完了し、国内でマウスピース矯正キット受け取り後、留学先で矯正を進められます。

歯科矯正の費用はどれくらい?

留学前、海外渡航前は出国準備などで何かとお金がかかります。さらに矯正治療をするとなると、気になるのは費用面ではないでしょうか。

以下は矯正費用の目安を示したものですので、参考にしてください。

全体矯正

部分矯正

表側矯正

60万〜130万円

30万〜60万円

裏側矯正

100万〜170万円

40万〜70万円

ハーフリンガル矯正

80万〜150万円

35万〜65万円

マウスピース矯正

60万〜100万円

10万〜40万円

このように、全体矯正と部分矯正を比較すると、部分矯正の方が安価です。

安いマウスピース矯正ブランドが増えている

「留学前に安く矯正をしたい」と考えている人に紹介したいのが、コストを抑えたマウスピース矯正です。近年は国内でも安くできるマウスピース矯正ブランドが増えてきています。

また、中には基本的に通院不要でできるマウスピース矯正ブランドも。留学前に矯正を完了できなくても、留学先で矯正を完了できるケースがあります。

CTA価格

※従来の3分の1:一般的な全体矯正の費用(100万円程度)と比較したマウスピース矯正Oh my teethの部分矯正プラン料金

海外の矯正費用は安い?

「日本よりも海外で矯正治療を受けた方が安い」という話を耳にしたことはありませんか?その代表格がタイです。

タイではホワイトニングや歯列矯正をすることが身だしなみの一種として捉えられているため、矯正治療をしている人が多いです。また日本では歯の表面にワイヤーやブラケットをつける表側矯正は敬遠されがちですが、タイではファッション感覚でカラフルなブラケットを装着する人もいます。

そんなタイの矯正治療費用の目安は、約10万バーツ。日本円にすると約40万円(記事執筆時点)です。日本で矯正治療を受けると100万円程度はかかりますので、半額以下でできるのは驚きですね。

タイのほか、フィリピンやブラジルなども、日本と比較するとかなり安く歯科矯正治療ができる国として知られます。

留学前に矯正をした人の症例

マウスピース矯正 Oh my teethで、実際に留学前に矯正を開始した人の症例を紹介します。

マウスピース矯正 Oh my teethの部分矯正の症例
  • 総額:33万円 (税込)

  • 期間:5ヶ月

  • 備考:非抜歯/部分矯正/研磨処置込

海外大学院留学前に相談に来られ、矯正を開始したユーザーの症例です。矯正生活中はほとんど海外で過ごされました。治療期間は5ヶ月です。

マウスピース矯正 Oh my teethの部分矯正の症例
  • 総額:33万円 (税込)

  • 期間:6ヶ月

  • 備考:非抜歯/部分矯正/研磨処置込

翌年に海外留学を控え「留学前に矯正を終えたい」と相談に来られたユーザーの症例です。大学生になったばかりで何かとお金がかかり、かつ留学も予定しているため安い矯正を探されていました。治療期間は6ヶ月です。

マウスピース橋正(Oh my teeth含む)の主なリスク:虫歯・歯周病・ブラックトライアングル・歯根吸収・歯肉退縮・1日20時間以上のマウスピース装着が必須・マウスピースにより痛みを感じる可能性・治療中に一時的にかみ合わせに不具合をきたす可能性・リテーナーを最低1年間は1日20時間以上装着、その後徐々に着用時間を減らし、2年目以降は夜間のみの着用推奨。

画像リンク

【あわせて読みたい】

留学前の矯正はマウスピース矯正「Oh my teeth」へ

マウスピース矯正 Oh my teeth 導入クリニックの無料カウンセリング

マウスピース矯正 Oh my teeth(公式サイト)は、矯正開始後の定期通院は原則不要。実際に留学前に矯正を開始し、海外でも矯正生活を継続・完走しているユーザーがいます。

矯正中は専属医療チームによる24時間LINEサポートがつき、痛みなどの不安はいつでもご相談いただけます。

留学前や海外転勤前に、美しい歯並びへの一歩を踏み出してみませんか? Oh my teethなら矯正をはじめるための諸経費(歯型スキャン・レントゲン撮影・診察・歯並び相談)は無料です。まずはお気軽に無料診断へ。

画像リンク

※実際にOh my teethが適合するかは歯科医師の診断が必要です。
※マウスピース矯正 Oh my teethの「通わない」「通院不要」とは、矯正開始後の定期通院原則不要を示しています。矯正プラン適合診断は歯科医師が直接診察した上で出しますのでご安心ください。

矯正についてもっと知る

ドクター所属学会(一部)

矯正歯科治療にともなうリスクについて