logo
logo
歯科矯正
最終更新日:2023年9月7日

出っ歯でもかわいい人の特徴とは?放置するリスクも解説

芸能人など出っ歯でも「かわいい」と言われる人がいるのはなぜなのでしょうか?本記事では出っ歯でもかわいい人の特徴や放置するリスクを解説します。

佳子さんアイコン
歯科医師

吉良 佳子

マウスピース矯正 Oh my teeth 導入クリニック 所属歯科医師。福岡歯科大学歯学部卒業。卒後、東京歯科大学にて研修。在学中、イギリス、リヴァプール大学にて研修。

上の前歯が前方に飛び出た状態の出っ歯。前歯が目立ちやすいため、見た目のコンプレックスを持ちやすいですが、出っ歯でもかわいいと言われる人もいます。

「かわいいならそのままでもいいのかな……」と考える方もいるのでは。しかし出っ歯は不正咬合の一種ですので、放置しておくことでさまざまなリスクが生じる可能性があります。

そこで本記事では、出っ歯を放置するリスクや治し方を解説します。かわいいと言われる出っ歯を治すべきか悩んでいる方は必見です。

マウスピース矯正Oh my teethでは、歯科医師に直接歯並びのお悩みを相談できます。出っ歯で悩んでいるなら、まずはお気軽に無料診断へお越しください。

マウスピース矯正 Oh my teeth の無料診断を予約する

出っ歯の人はかわいいという印象を持たれる?

出っ歯の横顔と歯並び

口元は人が第一印象を判断する際に大きく影響すると言われています。実際、会話をするときに口元に目線がいくという人も多いのではないでしょうか。

出っ歯(上顎前突)は、日本人で2番目に多い不正咬合(厚生労働省の調査による)で、見た目のコンプレックスを抱えている人も少なくありません。しかし、テレビで活躍する芸能人の中には「出っ歯がかわいい」と言われている人がいます。

まずはSNS上で出っ歯の人が、実際にどのような印象を持たれているのかを調査してみました。

プラスのイメージ

1660256554170597376
1631307919349407744

「前歯が2本だけちょっと出てるのがかわいい」や「笑ったときに見える出っ歯がかわいい」など、出っ歯にプラスのイメージを持っている方もいます。

マイナスのイメージ

1430123108300558341
1624361190796431360

一方で「出っ歯をなおせばもっとかわいくなるのに……」「魅力を生かしきれてない」「もったいない」という声もあります。また、出っ歯というだけでマイナスなイメージを持たれ、 恋愛に発展しにくくなる可能性もあるようです。

出っ歯でもかわいいと言われる人の特徴

鏡を見て嬉しそうな女性

前述したように出っ歯でもかわいいと言われる人がいます。出っ歯であることにコンプレックスを抱えている人からしたら「どうして?」と思うかもしれません。

では、出っ歯でもかわいいと言われる人には、どのような特徴があるかを紹介します。

目鼻立ちが整っている

口元以外の目鼻立ちが整っている人は、かわいいという印象を持たれやすいでしょう。パッチリとした目で鼻筋が通っていると、出っ歯も気になりにくいです。

ただし目鼻立ちが整っている人が出っ歯の場合、「口元だけが残念」という印象を持たれる可能性があります。

いつも笑顔でいる

出っ歯でも、いつもニコニコと笑顔でいる人はかわいいと思われることが多いです。いつでも笑っている人は、人柄が良く親しみやすいイメージもあります。

心から笑っている姿はとても魅力的で、このような人は性別問わず好印象を持たれやすいでしょう。

出っ歯の度合いが軽度

出っ歯といってもその程度はさまざまです。たとえば、上の前歯2本だけが少し出ている程度なら、小動物みたいでかわいいと言われることもあります。

「かわいい」からと出っ歯を放置するリスク

NGを出す女性

実際に家族や友達から「出っ歯がかわいい」と言われた人もいるのではないでしょうか。しかし、かわいいからと言って出っ歯を放置しておくと、さまざまなリスクを生じる可能性があります。

口内環境が悪くなりやすい

出っ歯の人は口がうまく閉じにくくなり、口呼吸になっているケースが多いです。口腔内が乾燥すると、唾液の自浄作用(食べかすや細菌を洗い流す働き)や殺菌作用が弱まり、細菌が繁殖しやすい口内環境になります。その結果、虫歯や歯周病、口臭のリスクが高まります

胃腸に負担がかかる

出っ歯の場合、前歯で食べ物をうまく噛み切ることが難しくなります。特に麺類などは噛み切るのが困難になることが多いです。食べ物をしっかり噛みつぶせないうちに飲み込むようになるため、胃や腸に負担がかかります。

噛む回数が減ることは、食べ物の消化を助ける唾液の分泌量が減少する理由にもなります。食事は毎日のことなので、出っ歯を放置するということは、消化器官に長期間負担をかけ続ける要因にもなってしまうのです。

顎関節症になりやすい

出っ歯は噛み合わせのバランスが悪い状態のため、あごへの負担がかかり顎関節症にもなりやすくなります。顎関節症になると、あごの痛みだけでなく、頭痛や肩こりなどの症状が現れることもあります。

滑舌に影響が出やすい

出っ歯は上下の前歯に隙間が空いている状態です。発音する際に歯の隙間から息が漏れたり、舌が前歯の裏側にあたりにくいといった理由から、滑舌にも影響が出ることも。

特に「さ行」「た行」は発音しづらくなります。また、英語の「th」の発音も難しくなる可能性があります。

あわせて読みたい

歯並びと英語の発音のしやすさは関係ある?歯科矯正でリーディング力アップ

出っ歯を治すメリット

出っ歯を治すと、前述したリスクを回避するだけでなく、以下のようなメリットもあります。

美しい横顔になる

横顔が美しい女性

出っ歯の人は、横から見ると口元が盛り上がった状態(いわゆる口ボコ)になっているケースも少なくありません。その場合、出っ歯を治すことで前歯が後ろに引っ込むため、口元の突出感もなくなり、横顔も美しくなったと感じることがあります。

あわせて読みたい

出っ歯を矯正すると横顔はきれいになる?4つの方法を解説

コンプレックスの解消

いくら周囲から「かわいい」と言われていても、本人は出っ歯をコンプレックスに感じていて、長い間悩んでいることがあります。出っ歯を治してきれいな歯並びを手に入れることで、コンプレックスが解消します。

人前で歯を見せられなかったり、話すときに口元を隠していた人も、自信を持って笑えるようになるでしょう。

出っ歯を治す方法

出っ歯を治すには、歯科矯正が適しています。歯科矯正にもいくつかの種類があり、特徴や適応範囲、費用相場、矯正期間が異なります。それぞれのメリット・デメリットを比較し、ドクターと相談しながら自分に最適な方法を選択しましょう。

ここでは、出っ歯を治す代表的な矯正方法であるワイヤー矯正(表側矯正・裏側矯正)とマウスピース矯正を紹介します。

表側矯正

裏側矯正

マウスピース矯正

特徴

歯の表側に矯正装置をつけて歯を動かす

歯の裏側に矯正装置をつけて歯を動かす

透明なマウスピース型の矯正装置を装着して歯を動かす

メリット

・幅広い症例に対応できる

・滑舌への影響が少ない

・目立たない

・目立たない

・取り外しできる

デメリット

・目立ちやすい

・口が閉じにくい

・滑舌に影響が出やすい

・歯磨きが難しい

・自己管理が必要

・対応できる症例が限られる

適応範囲

〜重度

〜重度

軽度〜中度

費用相場

全体矯正:60~130万円

部分矯正:30~60万円

全体矯正:100~170万円

部分矯正:40〜70万円

全体矯正:60〜100万円

部分矯正:10〜40万円

矯正期間

全体矯正:1〜3年程度

部分矯正:2ヶ月〜1年程度

全体矯正:2〜3年程度

部分矯正:5ヶ月〜1年程度

全体矯正:1〜3年程度

部分矯正:2ヶ月〜1年程度

表側矯正

表側矯正(ワイヤー矯正)

ブラケットとワイヤーと呼ばれる矯正器具を歯の表側につける矯正方法です。歯を動かす力が強いため、抜歯をともなうケースなど幅広い症例に対応できます。

表側矯正の一番のデメリットは、金属製の矯正装置が目立つ点です。見た目を気にされる人には向いていません。しかし最近は、従来の目立ちやすさを軽減できるセラミックやプラスチックを使用した透明や白色の矯正装置も登場しています。

裏側矯正

裏側矯正

ブラケットとワイヤーを歯の裏側に装着する矯正方法です。周りの人に矯正中だと気づかれないため、表側矯正に抵抗感のある人や芸能人にも選ばれています。

一方で、食事がしづらい、歯磨きが難しい、滑舌に影響が出るなど、歯の裏側に矯正装置をつけるがゆえのデメリットも。また、表側矯正と比べて高い技術力を必要とするため、費用が高額になる傾向にあり、対応できるクリニックも限られます。

マウスピース矯正

マウスピース矯正

透明で目立ちにくいマウスピースを、治療段階に応じて自分で交換することで歯並びを整える矯正方法です。自分で矯正装置を取り外しできる点がワイヤー矯正とは異なります。取り外し可能なため、食事や歯磨きも矯正前と同じようにできるメリットがあります。

一方で、マウスピースの装着中は基本的に水・白湯・炭酸水以外の飲食はできません。食事をする際は必ず外し、歯磨きをしてからマウスピースを装着する必要があるため、面倒に感じる方もいるでしょう。

また重度の出っ歯など、大きな歯の移動を必要とする治療はマウスピース矯正では対応できない可能性があります。しかしマウスピース矯正といってもブランドはさまざまで、「インビザライン」や「クリアコレクト」といった重度の出っ歯に対応しているものもあります。

あわせて読みたい

出っ歯がひどいとどうなる?原因や治し方を解説

軽度であれば部分矯正でも対応できる

噛み合わせに問題がない軽度の出っ歯であれば、気になる部分だけを治す部分矯正で対応可能です。部分矯正は全体矯正と比べて、費用を安く抑えられ、治療期間も短くて済みます。

ただし対応できる症例に限りがあるため、「部分矯正がしたい」と希望していても、精密検査の結果次第では対応できないと診断されるケースもあります。

出っ歯の治し方についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事もあわせて参考にしてください。

あわせて読みたい

出っ歯は押したら治せる?原因別の治療方法や予防法を解説

あわせて読みたい

部分矯正で出っ歯は治る?できない例・費用目安も解説

出っ歯が気になるならまずは相談を

「出っ歯がかわいい」と言われても、放置しておくと虫歯や歯周病になりやすかったり、胃腸への負担がかかるといったリスクにつながることもあります。

同じ出っ歯でも症状は一人ひとり異なります。まずはお近くのクリニックであなたの出っ歯の状態を診てもらい、適切な治療方法を提示してもらいましょう。

マウスピース矯正「Oh my teeth」でも無料の歯並び相談を受け付けています。導入クリニックの無料診断では、歯科医師に直接、矯正に関する疑問や歯並びの悩みを相談していただけます。

マウスピース矯正 Oh my teethの無料診断

「マウスピース矯正で出っ歯は治せる?」
「出っ歯を歯科矯正すると横顔も整う?」

こんな疑問もぜひお気軽に投げかけてみてくださいね。

クリニックを選んでマウスピース矯正 Oh my teeth の無料診断を予約する

矯正についてもっと知る

ドクター所属学会(一部)

矯正歯科治療にともなうリスクについて