logo
logo
歯科矯正
最終更新日:2024年1月31日

部分矯正ですきっ歯をなおしたい!気になる費用や期間をわかりやすく解説

本記事では、部分矯正ですきっ歯がなおった症例や方法別にかかる費用や期間をまとめました。歯科

真由美さんアイコン
歯科矯正ブログ編集チーム

木村真由美

Oh my teethでのマウスピース矯正を経て、2021年6月に株式会社Oh my teethにジョイン。マウスピース矯正経験者としてOh my teethのオウンドメディア「歯科矯正ブログ」にて記事を更新中。ミッションは「歯並びに悩むすべての方に歯科矯正の確かな情報をお届けすること」。

「すきっ歯をなおしたいけど、全体矯正は高いから部分矯正がいい」と思ったことはありませんか?実は、すきっ歯は部分矯正でなおしやすいため、気になる前歯の歯並びをピンポイントで改善できることも。

そこで当記事では、すきっ歯を部分矯正する場合の費用や期間について、方法別に詳しくまとめました。歯科クリニックの選び方も紹介しているので、「部分矯正ですきっ歯をなおしたいけど、実際に歯科クリニックへ行くのが不安」という方はぜひ最後まで読んでください。

すきっ歯は部分矯正で治療できるの?

疑問に思う女性

結論、すきっ歯は部分矯正で治療できます 。部分矯正とは、前歯から犬歯にかけての歯並びだけをなおす矯正方法です。奥歯までの歯並びを整える全体矯正と比べると、部分矯正は気になるすきっ歯だけをピンポイントで改善できます。

特に、すきっ歯は前歯のすき間を埋めるように歯並びを整えるので、部分矯正が適応しやすい症例。上の前歯にすき間がある正中離開(せいちゅうりかい)は、部分矯正で治療できる可能性が高いです。

【方法別】すきっ歯を部分矯正する場合の費用や期間

ダイレクトボンディングとは?気になる費用やメリット・デメリットまとめ

すきっ歯を部分矯正でなおす場合、方法は大きく分けてワイヤー矯正とマウスピース矯正の2つ。さらにワイヤー矯正には、表側矯正・裏側矯正・ハーフリンガル矯正の3種類に分けられます。方法による費用や期間の違いは以下の通りです。

部分矯正の方法

費用相場

治療期間

表側矯正(ワイヤー矯正)

30~60万円

2ヶ月~1年程度

裏側矯正(ワイヤー矯正)

40〜70万円

5ヶ月〜1年程度

ハーフリンガル矯正(ワイヤー矯正)

35〜65万円

5ヶ月〜1年程度

マウスピース矯正

10〜40万円

2ヶ月〜1年程度

ここでは、それぞれの方法の特徴について詳しく見ていきましょう。

表側矯正(ワイヤー矯正)

表側矯正は、歯の表面にブラケットをつけ、そこにワイヤーを通す方法 です。部分矯正ですきっ歯を治す場合、費用は30〜60万円と、裏側矯正よりも費用を抑えられます。治療期間は大体2ヶ月〜1年かかるとされています。

懸念点は歯の表側に矯正器具をつけるので、器具が目立ちやすく、口元の出っ張りが気になることもあることです。しかし、表側矯正はメジャーな矯正方法で治療実績が豊富。幅広い症例に対応できるのがメリットです。

裏側矯正(ワイヤー矯正)

裏側矯正は、歯の裏側にブラケットを装着してワイヤーを通す矯正方法 で、舌側矯正やリンガル矯正とも言われています。部分矯正ですきっ歯を治す場合、費用は40〜70万円と他の矯正方法よりも高め。歯の裏側につける分、器具の装着や調整に高度な技術が必要になるためです。治療期間は大体5ヶ月〜1年とされています。

歯の裏側に凸凹した矯正器具をつけるので、滑舌への影響が出ることも。しかし、矯正器具が目立たないので、見た目を気にする心配はなくなります

ハーフリンガル矯正(ワイヤー矯正)

ハーフリンガル矯正は、表側矯正と裏側矯正を組み合わせた方法です。上の歯は裏側に、下の歯は表側にブラケットとワイヤーを装着 します。部分矯正ですきっ歯を治す場合、費用の目安は35〜65万円です。治療は5ヶ月〜1年程度かかるとされています。

ハーフリンガル矯正の魅力は、表側矯正と裏側矯正のいいとこ取りができる点です。表側矯正より装置が目立たず、裏側矯正より滑舌への影響を軽減できます。

マウスピース矯正

マウスピース矯正は、透明なマウスピースを使って矯正する方法 です。治療段階に応じてマウスピースを交換して、少しずつ歯を移動させます。部分矯正ですきっ歯を治す場合、費用は他の方法よりも安く、10〜40万円程度です。治療期間は2ヶ月〜1年が目安とされています。

最大の魅力は透明のマウスピースを使うため、矯正器具が目立たないこと。取り外しもできるので、食事や歯磨きがしやすいですが、マウスピースの付け忘れがないように自己管理が必要です。

すきっ歯を部分矯正でなおした症例

マウスピース 女性

ここからは、マウスピース矯正Oh my teethで実際にすきっ歯をなおした症例をご紹介します。

20代後半男性の症例

マウスピース矯正 Oh my teethの症例(すきっ歯・空隙歯列)
  • 期間:3ヶ月

  • 総額:33万円(税込)

30代後半女性の症例

マウスピース矯正Oh my teethの非抜歯矯正(すきっ歯)の症例
  • 期間:4ヶ月

  • 総額:33万円(税込)

※保険適用外の自由診療となります。
※効果や感じ方には個人差があります。
※マウスピース橋正(Oh my teeth含む)の主なリスク:虫歯・歯周病・ブラックトライアングル・歯根吸収・歯肉退縮・1日20時間以上のマウスピース装着が必須・マウスピースにより痛みを感じる可能性・治療中に一時的にかみ合わせに不具合をきたす可能性・リテーナーを最低1年間は1日20時間以上装着、その後徐々に着用時間を減らし、2年目以降は夜間のみの着用推奨。

すきっ歯の症例をもっと見る

すきっ歯の部分矯正でよくある疑問

Q&A

ここではすきっ歯を部分矯正する際に、よくある疑問を見ていきます。

すきっ歯を部分矯正でなおす場合のリスクはありますか?

すきっ歯を部分矯正でなおす場合に、考えられるリスクは以下の2点です。

  • 噛み合わせまで改善できない

  • 対応できない症例がある

部分矯正は前歯の歯並びを中心に整えるので、奥歯の噛み合わせは改善できません。全体矯正が必要なのに、部分矯正でなおしてしまうと、噛み合わせのバランスが崩れ、頭痛や肩こりの原因になることも。部分矯正をする際は、事前にドクターと自分に合う矯正方法を十分に検討しましょう。

またすきっ歯は部分矯正が適応しやすい症例ですが、対応できない歯並びもあります。歯全体にすき間がある場合は適応できない場合が多いです。

すきっ歯を部分矯正でなおす場合のメリットはなんですか?

すきっ歯をなおす方法として部分矯正を選択するメリットとして、以下の3点が挙げられます。

  • 費用を抑えられる

  • 矯正期間が短い

  • 痛みが少ない

全体矯正が60〜170万円かかるのに対し、部分矯正は高くても70万円程度です。矯正にかかる費用をできるだけ抑えるなら、部分矯正がおすすめです。

治療範囲が限られているので、矯正期間も短くなります。全体矯正が平均1〜3年かかるのに対し、部分矯正は最長で1年程度。結婚式などイベント前に、すきっ歯だけ整えたい場合にぴったりです。

矯正中にできるだけ痛い思いをしたくない方も、部分矯正は前歯周辺の歯並びだけ整えるので、治療にともなう痛みや不快感が抑えられます

すきっ歯の部分矯正にかかる費用を抑える方法はありますか?

部分矯正は比較的リーズナブルな価格でできる矯正ですが、さらに費用を抑えるなら、次のような方法があります。

  • 医療費控除を受ける

  • 総額が事前にわかる歯科クリニックを選ぶ

医療費控除は「噛み合わせに問題があり、矯正治療が必要」と診断された場合に、確定申告すると納めた税金の一部が戻ってくる制度 です。なお見た目を良くすることが目的の場合は、医療費控除の対象外になります。

予算を明確にすることも費用を抑えるポイントです。矯正治療は、通院のたびに矯正装置の調整料がかかることもあり、思ったより費用がかさんでしまうことも。治療前にトータル費用がわかる料金体系を導入しているクリニックなら、追加料金がかからないことが多いです。

あわせて読みたい

歯科矯正の医療費控除はいくら戻る?適応条件や申請方法を解説

あわせて読みたい

すきっ歯の治療は保険適用になる?治療内容や費用を紹介

私のすきっ歯は部分矯正でなおせますか?

すきっ歯は部分矯正が適応しやすい症例ですが、実際に部分矯正ができるかどうかの判断は、クリニックでの検査が必要 です。すきっ歯だとしても噛み合わせに問題がある場合は、全体矯正が良い場合も考えられます。まずは歯科クリニックを予約して、歯の状態を検査してもらいましょう。

なお、矯正をするなら歯科クリニック選びも大切です。安心して治療を受けられ、満足できる歯並びを手に入れるためにも、歯科クリニックは慎重に選びましょう。

すきっ歯を部分矯正する際の歯科クリニックの選び方

ドクターから説明を受ける女性

最後に、部分矯正をする際の歯科クリニックの選び方をご紹介します。ポイントは以下の5つです。

  • 検査・カウンセリング時に希望を聞いてくれるか

  • 矯正ゴールを擦り合わせながら提案してくれるか

  • 通いやすいかどうか

  • 経験豊富なドクターが在籍しているか

  • サポート体制が充実しているか

検査・カウンセリング時に希望を聞いてくれるか

検査やカウンセリングでは、自分の希望を聞いてくれるかをチェックしましょう。無理に高いプランをすすめたり、わざと全体矯正に誘導されたりするような歯科クリニックはおすすめできません。結果として、無駄に費用を払ってしまい、治療に不満も残りやすいです。

対して、希望を聞いてくれる歯科クリニックなら、ドクターと認識のズレが起きないよう安心して治療相談できるので、トラブルが発生することもないでしょう。実際に矯正を進めることになっても、コミュニケーションが取りやすく、不安や疑問を解消しやすいのも魅力です。

矯正ゴールを擦り合わせながら提案してくれるか

矯正したいと思う方の多くは、理想の歯並びがあるはずです。思い描いている矯正のゴールに擦り合わせるように、治療方針を提案してくれる歯科クリニックであれば、満足いく治療が受けられるでしょう。

具体的には、ドクターと密にコミュニケーションが取れるかどうかがポイントです。コミュニケーション不足になると、ゴールの擦り合わせが上手くいかず、理想の歯並びに近づけない可能性が高まります。治療方針も、選択肢のメリット・デメリットをしっかり説明してくれるクリニックだと、自身で比較検討しやすく安心して矯正を進められます。

通いやすいかどうか

矯正は短くても数ヶ月かかるため、歯科クリニックに通いやすいかどうかは重要なポイントです。多くの場合、定期的な通院が必要になるため、自宅や職場近くなどアクセスしやすい場所を選びましょう 。矯正中に急なトラブルが起きても相談しやすいのもメリットです。

立地だけでなく、歯科クリニックの雰囲気も通いやすさを左右します。相談しやすいドクターやスタッフがいる歯科クリニックを選ぶことが大切です。

経験豊富なドクターが在籍しているか

矯正は専門的な知識とスキルを必要とします。経験豊富なドクターがいるかどうかは、歯科クリニック選びの大切な基準です。

わかりやすい基準が、日本矯正歯科学会の「認定医」であることです。矯正に関する知見や技術を保有しているかどうか明確になります。しかし資格にこだわるだけでなく、経験年数や実績も大切なポイント。歯科クリニックの公式ホームページで、ドクターの実績を確認しましょう。

サポート体制が充実しているか

矯正は長期に渡る治療なので、トラブルが起きることもあります。困った時に相談しやすい環境であることは、安心して治療を進めていくうえで大切です。

例えば、電話やオンラインで対処法を教えてくれるシステムを導入しているところであれば、場所・時間を問わず相談できます。歯科衛生士やスタッフが常勤であるかも合わせて確認しましょう。

あわせて読みたい

矯正歯科の選び方|後悔しないためのポイント8選

すきっ歯は部分矯正でなおしやすい症例!まずは歯科クリニックへ相談しよう

Oh my teeth 導入クリニックで口腔内診査を受ける女性

すきっ歯は部分矯正でなおせることが多いです。部分矯正には、ワイヤー矯正やマウスピース矯正といった方法があるので、歯の状態や予算に合わせて自分に合うものを選びましょう。

ただし、噛み合わせに問題があったり、歯全体にすき間があったりすると、部分矯正では対応できない場合もあります。「自分のすきっ歯は部分矯正でなおせるの?」と気になる方は、歯科クリニックで検査を受けましょう。

なおOh my teeth導入クリニックでは、無料相談を実施しています。診察・レントゲン・歯型スキャンといった精密検査を無料で受けられるので、ぜひ気軽にご相談ください。

クリニックを選んで無料診断を予約

矯正についてもっと知る

ドクター所属学会(一部)

矯正歯科治療にともなうリスクについて