logo
歯科矯正
最終更新日:2024年6月25日

部分矯正の値段は?前歯のみ・1本だけの矯正費用はいくらぐらい?

部分矯正の値段は?前歯のみ・1本だけだといくら安くなる?
万樹さんアイコン
歯科医師

西尾万樹

東京表参道矯正歯科 院長。北海道医療大学歯学部卒業。2018年歯科医師免許取得。旭川医科大学病院口腔外科にて研修後、矯正歯科勤務。2020年コスメコンシェルジュ取得。

「歯並び1本だけを治したい」「費用を抑えて矯正をしたい」とお考えではありませんか?

部分矯正は軽度の歯並びに対応した矯正方法で、全体矯正と比べて値段が安いです。

しかし、実際にどれくらいの費用がかかるのか、追加費用は発生するのかなど、気になるポイントも多いはず。

そこで本記事では、部分矯正の値段相場から、なおせる歯並び・なおせない歯並びの例、矯正歯科の選び方までをまるごと解説します。

また、「10万円で歯並びはなおせるのか」という疑問にも答えているので、部分矯正の値段について気になる方はぜひ参考にしてください。

目次

マウスピース矯正 Oh my teeth導入クリニック
いくらで改善できるかすぐにわかるマウスピース部分矯正

部分矯正の値段相場は30万円〜70万円

部分矯正は、前歯の歯並びを対象にした矯正方法。値段相場は30万〜70万円程度です。基本的に追加費用が発生せず、最初に提示された料金内で前歯の歯並びの乱れを改善できます。

なお、部分矯正の種類には、大きくワイヤー矯正とマウスピース矯正の2つがあります。

  • ワイヤー矯正:歯にブラケットとワイヤーと呼ばれる矯正器具をつけて歯を動かす方法

  • マウスピース矯正:透明のマウスピース型の矯正装置を装着して歯並びを整える方法

部分矯正の値段相場

またワイヤー矯正は、矯正装置を装着する場所によって、表側矯正・裏側矯正・ハーフリンガル矯正の3つにわけられます。

  • 表側矯正:ブラケットとワイヤーを歯の表側に装着する

  • 裏側矯正:ブラケットとワイヤーを歯の裏側に装着する

  • ハーフリンガル矯正:上顎の歯は裏側に、下顎の歯は表側に装置を装着する

さらに、見た目を整える方法としては「セラミック矯正」もあります。こちらは名前に「矯正」がついていますが、正確には矯正治療ではなく補綴治療(ほてつちりょう:人工的に歯を補う治療法)に分類されます。

セラミック矯正は歯を削り、セラミックの被せ物で見た目を整える方法です。矯正治療ではありませんが、今回は歯の見た目を部分的に整える方法の一つとして、参考にしていただければと思います。

表側矯正(ワイヤー矯正)の部分矯正:30万〜60万円

ワイヤー矯正

表側矯正とは「ブラケット」や「ワイヤー」と呼ばれる矯正装置を歯の表面に装着し、歯を動かしていく矯正方法です。

以下は表側矯正の部分矯正・全体矯正それぞれの値段相場(目安)です。

  • 表側矯正の部分矯正の値段:30万〜60万円

  • 表側矯正の全体矯正の値段:60万〜130万円

このように、全体矯正と比べて、部分矯正は半分程度に値段が抑えられることもあります

値段に幅がある理由は、使用する装置の種類にあります。

ワイヤー矯正は金属製のブラケット(メタルブラケット)を使用した場合もっとも安く、プラスチックやジルコニア、セラミックなどの目立ちにくい素材は値段が上がる傾向にあります

裏側矯正(ワイヤー矯正)の部分矯正:40万〜70万円

裏側矯正

裏側矯正では、ブラケットとワイヤーを歯の裏面に装着します。

以下は裏側矯正の部分矯正・全体矯正それぞれの値段相場(目安)です。

  • 裏側矯正の部分矯正の値段:40万〜70万円

  • 裏側矯正の全体矯正の値段:100万〜170万円

裏側矯正は表側矯正と比べて高い傾向にあります。その理由は以下のようなことが挙げられます。

  • 歯の裏面は複雑な形状をしているため、ブラケットを一つひとつオーダーメイドで製作する必要があるため

  • 表面にブラケットを取りつける場合よりも難易度が高くなり、技術料が加算されるため

ハーフリンガル矯正の部分矯正:35万〜65万円程度

ハーフリンガル矯正

ワイヤー矯正には表側矯正と裏側矯正のほか、ハーフリンガル矯正があります。ハーフリンガル矯正は上顎は裏側に、下顎は表側に装置をつける方法です。値段の目安も表側矯正と裏側矯正のおおよそ中間にあたります

  • ハーフリンガル矯正の部分矯正の値段:35万〜65万円程度

  • ハーフリンガル矯正の全体矯正の値段:80万〜150万円程度

目立ちにくいワイヤー矯正装置を使った部分矯正:35万~100万円

ワイヤー矯正装置の素材別の相場

ワイヤー矯正は使用する装置の素材によっても値段が異なります

金属製のブラケットを使用した装置がもっとも安く、プラスチックやジルコニア、セラミックなどの目立ちにくい素材を使用した矯正装置になると値段が上がる傾向があります

以下に素材別の値段相場(目安)とそれぞれの特徴を表にまとめましたので、参考にしてください。

※ここで示しているのは部分〜全体矯正の値段相場です。

特徴

費用目安

メタルブラケット

金属製で一般に広く利用されている

30万〜80万円

ハイブリッドブラケット

目立ちにくく手頃な値段

35万〜80万円

プラスチックブラケット

目立ちにくく手頃な値段

60万〜90万円

ジルコニアブラケット

美しく強度に優れる

65万〜100万円

セラミックブラケット

歯の色調と近く目立ちにくい

65万〜100万円

ホワイトワイヤー

白く目立ちにくいワイヤー

+10万円

マウスピース矯正の部分矯正:10万〜40万円

マウスピース矯正 Oh my teethのマウスピースを装着した女性

マウスピース矯正では、薄く透明に作られたマウスピース型矯正装置を用います。

以下はマウスピース矯正の部分矯正・全体矯正の値段相場(目安)です。

  • マウスピース矯正の部分矯正の値段:10万〜40万円

  • マウスピース矯正の全体矯正の値段:60万〜100万円

近年の医療技術の発達により、マウスピース矯正の人気は高まっています。ワイヤー矯正よりも値段を抑えられるケースも多く、マウスピース矯正ブランドにもいろいろな種類があります。

ただし、ブランド・サービスによっては、使用するマウスピースの枚数によってかかる費用に差が出たり、対応できる歯並びが限られたりする点には注意が必要です

あわせて読みたい

マウスピース矯正で前歯だけ治せる?症例・期間・値段を解説【歯科医師監修】

なるべく追加費用なしで、満足いく歯並びに改善したいという方は、マウスピース矯正Oh my teethを検討してみませんか?

Oh my teethでは、予定していたマウスピースを使い切った時点で「もう少しなおしたいな」となった場合も、追加費用なしで矯正を続けられる「満足度保証」を用意しています

部分矯正プランは一律33万円で、プランに適合するかどうかは無料で調べられます(一般的に3〜5万円程度かかる初診料・レントゲン撮影・3D歯型スキャンが無料)。以下のバナーから無料診断予約にお進みください。お申し込みはカンタン1分です。

理想の歯並びまで追加費用ナシのマウスピース矯正

※満足度保証:治療完了後、装着時間を守っていたにも関わらずシミュレーション通りに歯が動かなかった場合、1回までコースをまるごとお受けいただけます。

セラミック矯正※:30万〜70万円

セラミッククラウン

※セラミック矯正は矯正治療ではなく補綴治療です。

「セラミック矯正」とは、歯を動かして並びを整えるのではなく、歯を削ってセラミックの被せ物をして見た目を整える方法です。

ワイヤー矯正やマウスピース矯正とは異なり、歯を移動する期間が不要なため、治療期間が短く済むメリットがあります。一方、歯並びの乱れの程度によっては歯を大きく削ったり神経を抜いたりする必要があり、歯の寿命が短くなるリスクがあります。

値段相場(目安)としては、前歯6本の形を整えた場合は30万〜70万円程度 。クリニックによっては1本から対応しているところもあります。

【契約前に必ずチェック】部分矯正の追加費用の例

部分矯正で追加費用が発生してしまうケース

ここまでは、部分矯正で使用する矯正装置それぞれの値段相場(目安)を紹介してきました。なお、部分矯正を行うには矯正装置以外にも、矯正前の各種検査や矯正後の保定のための費用がかかります。

下記は歯列矯正の流れとそれぞれの段階でかかる費用の内訳をまとめたものです。

歯列矯正の流れ

内訳

費用目安

モデルケース(合計:98万円)

プレ矯正期間

カウンセリング

精密検査・診察

虫歯・歯周病治療

抜歯

無料~5,000円

10,000~65,000円

1,500~10,000円/回

5,000~15,000円/本

カウンセリング:無料
精密検査・診察:30,000円
虫歯・歯周病治療:なし
抜歯:4本(5,000円/本)

合計50,000円

矯正期間

矯正費用

調整料

矯正計画の立て直し(リファインメント)

10万~170万円

3,000~10,000円/回

20,000円/回

矯正装置料:75万円
調整料:5,000円/回
矯正期間:2年間
矯正中の通院頻度:1ヶ月に1回

合計87万円

保定期間

保定装置料

観察料

10,000~60,000円

3,000~5,000円/回

保定装置料:20,000円
観察料:5,000円/回
保定期間:2年間
保定期間中の通院頻度:3ヶ月に1回

合計60,000円

プレ矯正期間にかかる費用

プレ矯正期間とは、いわゆる矯正を開始する前の期間です。以下のように各種検査などに費用がかかります。

  • 初回カウンセリング:無料~5,000円程度

  • 精密検査・診察:10,000~65,000円程度

  • 虫歯や歯周病の治療:1回につき1,500~10,000円程度

※歯列矯正には抜歯がともなうケースもあり、その場合は抜歯費用(1本あたり5000〜15,000円程度)も必要です。ただし部分矯正は基本的に非抜歯で行います。

矯正期間にかかる費用

矯正期間とは、ワイヤーやマウスピースを装着して歯を動かす期間のこと。具体的には以下のような費用が発生します。

  • 矯正装置料:30万~170万円程度

  • 調整料:1回につき3,000~10,000円程度

矯正装置料とは、ここまでで紹介したワイヤー矯正やマウスピース矯正で使用する矯正装置に必要な費用です。

調整料とは、矯正装置の調整にかかる費用。クリニックにもよりますが、基本的に通院のたびに発生します。

さらに、最初に予定していた矯正期間で満足のいく歯並びにならなかった場合、追加治療に追加料金が発生する場合もあります。

マウスピース矯正の場合、「リファインメント」と呼ばれる矯正計画の立て直しが必要になると、20,000円/回程度の追加費用が発生することがあります。

保定期間にかかる費用

保定期間とは、矯正によって整えた歯並びをキープするため、保定装置(リテーナー)を装着する期間のこと。この期間を確保しないと後戻り(歯並びが元に戻ってしまう現象)が発生してしまいます。

保定期間には、以下のような費用が発生します。

  • 保定装置料:10,000~60,000円程度

  • 観察料:1回につき3,000~5,000円程度

保定装置料は、クリニックにより料金設定が異なるほか、保定装置の種類によっても費用が異なります。

観察料は、基本的に保定期間中に通院するたびに発生する費用です。

トータルフィーなら事前に矯正費用の総額がわかる

都度払いは通院のたびに調整料がかかり、「結局いくらかかるのかわからない」ということが多いです。

その点「トータルフィーシステム」を採用しているクリニックなら、矯正開始前に総額いくらかかるかを提示してもらえます。

トータルフィーと都度払いの違い

クリニックにもよりますが、トータルフィーシステムを採用している場合、調整料や追加で発生する矯正装置の料金は、基本的に最初に提示される料金に含まれることが多いです

マウスピース矯正Oh my teethは、最初に提示された費用以外はかかりません。部分矯正が適応なら33万円でマウスピース矯正が始められます。詳しくは以下のバナーから、お気軽にご予約ください。

理想の歯並びまで追加費用ナシの部分矯正

※満足度保証:治療完了後、装着時間を守っていたにも関わらずシミュレーション通りに歯が動かなかった場合、1回までコースをまるごとお受けいただけます。

おすすめは料金一律の部分矯正!最安10万円だけど注意が必要

部分矯正では、10万円程度から歯並びを改善できます。ただし 注意してほしいのが、10万円台でなおせる歯並びには限りがある点です。

部分矯正紹介

10万円台の部分矯正では、すでに過去に矯正をしていて後戻りしてしまった場合や、前歯2本の間の少しのすき間のみ閉じたい場合など、ごく軽い歯並びの乱れしかなおせません

部分矯正の注意点

最近は2万円や3万円からできるマウスピース矯正が始められるサービスも増えていますが、1枚のみの「お試しプラン」であることがほとんどです。

10万円台のプランでも、3〜4枚(治療回数3、4回など)までしかマウスピースが使えません。

このようなサービスの場合、最初に予定していたマウスピースの枚数を使い切っても理想の歯並びにならないと、追加でマウスピースを購入しなければなりません。結果的に10万円台では収まらないことも多いです。

つまり、10万円からできるマウスピース矯正でも、通院のたびに調整費用が発生したり、もっと歯並びを改善したい場合に矯正プランの再契約が必要だったりすることがあります。初めから料金一律の矯正プランを契約した方が安く済むでしょう。

このような矯正治療の特徴を知らずに値段だけで決めてしまうと、満足のいく仕上がりにならず、「10万円でなおせると思ったのに…」という後悔につながってしまいます。これを防ぐためには、まずは矯正治療の種類や、それぞれの特徴、費用相場を把握していくことが大切です。

部分矯正でなおせる歯並び・なおせない歯並びの例

部分矯正では、主に3~5番目の歯に限定して、部分的に矯正治療を行います。

ここでは、対応できる歯並びと対応が難しい歯並びの例を解説しますので、あなたの歯並びと照らし合わせてみてくださいね。

部分矯正でなおせる歯並び・なおせない歯並びの例

※ここで挙げるのはあくまでも例です。実際の診断は歯科医師が各種検査した上で出されます。

部分矯正でなおせる例:軽度のガタつきなど

前歯を中心に動かす部分矯正ができる例は、以下の通りです。

  • 軽度の歯並びの凸凹(叢生)

  • 軽度の出っ歯

  • すきっ歯

  • 前歯の中心線(正中)のズレ

  • 矯正後の後戻り

上記のように、歯の乱れ具合が軽度な場合や噛み合わせに大きな問題がない場合、部分矯正ができる可能性が高いです。

あわせて読みたい

部分矯正:できない例・できる人・向かない人【歯科医監修】

部分矯正でなおせない例:噛み合わせに問題がある場合など

次に、前歯を中心に動かす部分矯正ができない例を紹介します。

  • 重度の歯並びの凸凹(叢生)

  • 重度の出っ歯

  • 八重歯

  • 噛み合わせに問題がある場合

上記のように、歯の乱れ具合が大きい場合、部分矯正ができない可能性があります。また、部分矯正は噛み合わせの調整が難しいため、以下の歯並びの人は注意しましょう。

噛み合わせに問題がある歯並びの例
  • 反対咬合(受け口)

  • 過蓋咬合(噛み合わせが深い)

  • 開口(前歯が噛み合わない)

【実際にどんな歯並びが改善できる?】部分矯正の症例と値段を紹介

部分矯正を検討中の方の中には「部分矯正で実際に歯並びはいくらで、どれくらい治せるの?」と考えている人も多いでしょう。

そこでここでは、実際にマウスピース矯正「Oh my teeth」の上下前歯の部分矯正プラン(Basicプラン)の症例と、部分矯正プラン不適合で全体矯正プラン(Proプラン)に適合した症例を紹介します。

Oh my teethの矯正プラン

Oh my teethの上下前歯の部分矯正プランの値段は期間に関わらず一律料金。月々3,500円からスタートできます。

※マウスピースを破損、紛失した場合などは別途料金が発生します。月々3,500円とは、上下前歯の部分矯正プランを120回払い(初回3,519円)で支払う場合の分割支払い金額。総額420,019円(税込)。

出っ歯の症例:33万円・2ヶ月で改善

マウスピース矯正 Oh my teethの出っ歯の症例(部分矯正)
  • 総額:33万円 (税込)

  • 期間:2ヶ月

  • 備考:非抜歯/部分矯正/研磨処置込

※保険適用外の自由診療です。効果や感じ方には個人差があります。マウスピース橋正(Oh my teeth含む)の主なリスク:虫歯・歯周病・ブラックトライアングル・歯根吸収・歯肉退縮・1日20時間以上のマウスピース装着が必須・マウスピースにより痛みを感じる可能性・治療中に一時的にかみ合わせに不具合をきたす可能性・リテーナーを最低1年間は1日20時間以上装着、その後徐々に着用時間を減らし、2年目以降は夜間のみの着用推奨。

あわせて読みたい

部分矯正で出っ歯は治る?できない例・費用目安も解説

すきっ歯の症例:33万円・4ヶ月で改善

マウスピース矯正 Oh my teethのすきっ歯(空隙歯列)の症例
  • 総額:33万円 (税込)

  • 期間:4ヶ月

  • 備考:非抜歯/部分矯正/研磨処置込

※保険適用外の自由診療です。効果や感じ方には個人差があります。マウスピース橋正(Oh my teeth含む)の主なリスク:虫歯・歯周病・ブラックトライアングル・歯根吸収・歯肉退縮・1日20時間以上のマウスピース装着が必須・マウスピースにより痛みを感じる可能性・治療中に一時的にかみ合わせに不具合をきたす可能性・リテーナーを最低1年間は1日20時間以上装着、その後徐々に着用時間を減らし、2年目以降は夜間のみの着用推奨。

下の歯のガタガタ(叢生)の症例:33万円・4ヶ月で改善

マウスピース矯正 Oh my teethの叢生(ガタガタ)の症例
  • 総額:33万円 (税込)

  • 期間:4ヶ月

  • 備考:非抜歯/部分矯正/研磨処置込

※保険適用外の自由診療です。効果や感じ方には個人差があります。マウスピース橋正(Oh my teeth含む)の主なリスク:虫歯・歯周病・ブラックトライアングル・歯根吸収・歯肉退縮・1日20時間以上のマウスピース装着が必須・マウスピースにより痛みを感じる可能性・治療中に一時的にかみ合わせに不具合をきたす可能性・リテーナーを最低1年間は1日20時間以上装着、その後徐々に着用時間を減らし、2年目以降は夜間のみの着用推奨。

あわせて読みたい

下の歯だけの歯列矯正費用はどのくらい安くできる?値段や症例写真を使って解説

八重歯の症例(部分矯正でなく全体矯正適合):66万円・5ヶ月で改善

マウスピース矯正 Oh my teethの八重歯の症例(全体矯正)
  • 総額:66万円 (税込)

  • 期間:5ヶ月

  • 備考:非抜歯/全体矯正/研磨処置込

※保険適用外の自由診療です。効果や感じ方には個人差があります。マウスピース橋正(Oh my teeth含む)の主なリスク:虫歯・歯周病・ブラックトライアングル・歯根吸収・歯肉退縮・1日20時間以上のマウスピース装着が必須・マウスピースにより痛みを感じる可能性・治療中に一時的にかみ合わせに不具合をきたす可能性・リテーナーを最低1年間は1日20時間以上装着、その後徐々に着用時間を減らし、2年目以降は夜間のみの着用推奨。

画像リンク
あわせて読みたい

部分矯正をやってみた人の体験談・症例写真を紹介!失敗を防ぐ方法とは?

【結局いくらかかるの…?と不安にならないために】部分矯正を受ける歯科医院の選び方

SNSなどで「10万円からなおせる」「前歯1本だけなおしたい方におすすめ」といった部分矯正に関する情報が増えています。

しかし、いくら安いとはいえ10万円程度の費用はかかり、「部分矯正するからには後悔したくない」という方も多いのではないでしょうか。

そこで最後に、部分矯正の歯科医院選びで後悔しないためのポイントを2つだけ紹介します。

部分矯正を受けるクリニックの選び方のポイ��ント

①歯科医師とコミュニケーションを取りやすい歯科医院を選ぶ

部分矯正での後悔を防ぐためには、歯科医師とコミュニケーションを取りやすい歯科医院を選ぶことが大切です。

なぜなら事前に治療ゴールが歯科医師との間で共有できていれば、仕上がりへの満足度を上げられる可能性が高いからです

部分矯正を受けるクリニック選びでは以下の点を重視してみてください。

  • 「自分は矯正でどんな歯並びになりたいのか」を相談しやすい

  • 歯科医師から「部分矯正でどこまで整えられるのか」をわかりやすく説明してもらえる

②複数の歯科医院で相談して比較検討する

最低でも2ヶ所以上に矯正相談に行くメリット(アットスマイルVer.)

部分矯正・全体矯正に関わらず、矯正を行う上では複数の歯科医院に矯正相談に行くのがおすすめです。

なぜなら先に紹介したコミュニケーションを取りやすいクリニックかどうかは、複数のクリニックに相談に行かないとわからないからです。

クリニックによって取り扱っている装置が異なるため、一か所のクリニックでは「部分矯正はできない」と言われたとしても、もう一か所のクリニックでは「部分矯正ができる」と言われることもあります。

納得感を高めてから部分矯正を開始するためには、複数のクリニックを比較検討できる状態にしておきましょう。

あなたの部分矯正の値段がいくらか、検査を受けてみよう

マウスピース矯正 Oh my teethの無料歯型スキャン

部分矯正は全体矯正と比べてリーズナブルな値段でできますが、歯科医院や矯正方法、装置の素材によって値段設定が変わります。

本記事を参考に、あなたの部分矯正にかけられる予算とのバランスを見ながら、矯正方法を検討してみてください。

ただし、「早く安くできる部分矯正をしたい」と思っていても、各種検査の結果、全体矯正が適すると診断されるケースもあります。

そのためまずは複数のクリニックに矯正相談に行ってみて、そもそもあなたの歯並びは部分矯正で対応できるのか、対応できる場合はどの矯正方法が適しているのか、歯科医師に話を聞いてみてくださいね。

マウスピース矯正Oh my teethでは、あなたの歯並びが部分矯正が適応になるのか、いくらのプランで改善できるのかを無料で調べられます。

一般的に3〜5万円程度かかる各種検査が無料なので、「なるべく費用を抑えながら複数のクリニックを比較検討して、満足できる矯正をしたい」という方から選ばれています。

上下前歯のマウスピース部分矯正プランの費用は一律33万円(税込)。満足度保証付きなので、マウスピースを使い切ってから「もう少し治したい」となった場合も追加費用なしで継続できます。

まずはお近くのクリニックへ、お気軽に無料診断 へお越しください。

いく��らで改善できるか無料でわかる近所の矯正専門クリニックを探す

※満足度保証:治療完了後、装着時間を守っていたにも関わらずシミュレーション通りに歯が動かなかった場合。1回までコースをまるごとお受けいただけます。

矯正についてもっと知る

ドクター所属学会(一部)

矯正歯科治療にともなうリスクについて