logo
logo
歯科矯正
最終更新日:2023年10月30日

部分矯正で前歯のねじれは治療できる?費用や治療方法を徹底解説!

部分矯正で前歯のねじれは治療できるのでしょうか?本記事では部分矯正で前歯のねじれを治す方法、費用や期間について、失敗しないためのポイントを解説します。

真由美さんアイコン
歯科矯正ブログ編集チーム

木村真由美

Oh my teethでのマウスピース矯正を経て、2021年6月に株式会社Oh my teethにジョイン。マウスピース矯正経験者としてOh my teethのオウンドメディア「歯科矯正ブログ」にて記事を更新中。ミッションは「歯並びに悩むすべての方に歯科矯正の確かな情報をお届けすること」。

部分矯正は気になる前歯のみを矯正する治療方法です。

「ねじれている歯も前歯だから部分矯正で治せる?」このように考えている方もいるのではないでしょうか。

確かに部分矯正で前歯のねじれは治療できます。ただしねじれ具合いや骨格によってはできない場合も。

本記事では部分矯正で前歯のねじれを治す方法や費用・期間について解説します。

前歯のねじれが及ぼす影響や、部分矯正の失敗しないためのポイントも紹介しますので、参考にしてくださいね。

部分矯正で前歯のねじれは治療可能※ただし例外あり

部分矯正で前歯のねじれは治療可能※ただし例外あり

部分矯正は軽度のねじれなら治療可能です。ただし歯並びの状態によってはできないケースもあります。

例えば前から2番目の歯は、歯が小さい上に回転速度を多く取らなければいけません。

特にマウスピースでの部分矯正は、歯の頭をつかんで動かしていく治療です。歯が小さいとコントロールが難しくなるため、部分矯正では対応が難しいケースがあります。

そして全体的な噛み合わせに問題がある場合は、全体矯正や外科矯正が必要になる可能性があることを覚えておきましょう。

部分矯正で前歯のねじれを治す方法

部分矯正で前歯のねじれを治す方法

部分矯正で前歯のねじれを治すには、歯を並べるスペースを作る必要があります。スペースを確保してからワイヤーもしくはマウスピースを用いて、矯正を進めていきます。

それぞれの工程が理解できるように、詳しく見ていきましょう。

IPRで歯を並べるスペースを作る

IPRで歯を並べるスペースを作る

部分矯正で歯を並べるには、歯を動かすスペースが必要です。スペースを確保するために歯を薄く削り、隙間を作ります。

この隙間を作る処置をIPR(ディスキング)と言います。

エナメル質の厚みは2~3mmあり、IPRで削る量は最大でも0.5mm程度です。歯を削るというよりも、ヤスリをかけるという感覚に近いでしょう。

ワイヤーで部分矯正を行う

ワイヤーで部分矯正を行う

ワイヤー矯正は歯科矯正の中で最も歴史の深い治療法で、幅広い症例に対応しています。

矯正する範囲にもよりますが、部分矯正は基本前歯の8本にブラケットを装着。ワイヤーを通して、力を加えることで歯を動かしていきます。

ワイヤー矯正は固定式で、矯正が終了するまで装置を付けっぱなしにしておかなければいけません。

矯正装置が目立つ・歯磨きや食事がしにくいなどのデメリットはありますが、固定式なぶん自己管理が不要です。

もし矯正装置の見た目が気になる場合は、装置を歯の内側に装着する裏側矯正を検討してみてください。

マウスピースで部分矯正を行う

マウスピースでも部分矯正ができます。

マウスピース矯正の一番のメリットは目立ちにくい点。マウスピースは半透明のプラスチックで作られているので、会話で口を開いた時でも見えにくいです。

また、金属を使用していないので金属アレルギーの方でも装着可能。自身のタイミングで着脱できるので、食事や歯磨きに支障が出ないなどのメリットもあります。


しかし、着脱が自由にできる文、自己管理が重要です。

一日20時間以上の装着が必要で、装着時間が守られていないと、予定通りに治療が進まなくなる恐れも。

場合によってはマウスピースの作り直しが必要になることもあります。

部分矯正が終わったら保定装置(リテーナー)を装着する

部分矯正が終わったら保定装置(リテーナー)を装着する

矯正後の保定装置の装着は必須。

保定装置を装着しないと、歯並びが後戻りしてしまう恐れがあるからです。

保定装置には透明で自身で着脱するタイプと、ワイヤーを接着剤で装着する固定式の2つのタイプがあります。

歯科矯正は、歯を並べたら終わりではありません。矯正終了後は保定装置を使って、整った歯並びを安定させる必要があることを頭に入れておきましょう。

部分矯正で前歯のねじれを治す費用や期間の目安

部分矯正で前歯のねじれを治す費用や期間の目安

部分矯正の種類別の費用と期間の比較表

種類

表側矯正

裏側矯正

マウスピース矯正

費用

30~60万円

40~70万円

10~40万円

期間

2ヶ月~1年程度

5ヶ月~1年程度

2ヶ月~1年程度

通院頻度

1ヶ月に1回

1ヶ月に1回

1~3ヶ月に1回

部分矯正は、症例によってや矯正する範囲によって料金が異なります。

たとえば後戻り後の再矯正の場合は、費用が10万円ほどで押さえられるケースもあります。

ただし、以下のような部分矯正の場合は、30~70万円は見ておいたほうがよいでしょう。

  • ある程度の歯並びの乱れをカバーする

  • 提示された料金内で満足のいく仕上がりの歯並びを求める

あわせて読みたい

部分矯正の値段は?前歯のみ・1本だけだといくら安くなる?

前歯がねじれて生える原因

前歯がねじれて生える原因

遺伝や歯が並ぶスペース不足・過剰歯などが原因で、前歯がねじれて生えることがあります。

これらは先天的なものですが、指しゃぶりなどの後天的なものが原因になることも。

それぞれの原因が正しく理解できるようにチェックしていきましょう。

歯の大きさや骨格の遺伝

歯並びがそのまま遺伝するというよりは、歯の大きさや骨格が遺伝したことで、同じような歯並びになることがあります。

両親や親族の前歯がねじれて生えている場合は、同じように生えてくることがあるでしょう。

歯が並ぶスペース不足

顎が小さい人は歯が並ぶスペースが不足してしまうことが多いので、歯並びが悪くなり前歯のねじれの原因になります。

そして大人になってから前歯がねじれてきた場合は、親知らずが原因ということも。

親知らずが横になっていることで歯が押し出されて、前歯がねじれることもあります。

指しゃぶりや舌癖などの悪習癖

指しゃぶりが原因で前歯がねじれることもあります。

もともと永久歯が生えてきたときはねじれていなくても、指しゃぶりで歯を押す癖があると、歯がねじれることがあります。

そして指しゃぶりに加えて、舌癖も注意が必要。舌は上顎のスポットという位置にあるのが正常です。

指しゃぶりや舌癖などの悪習癖

舌の位置がスポットではなく、前歯の後ろにあると要注意です。このような舌の癖のことを、「舌癖」と言います。

指しゃぶりや舌癖は心がけ次第で治せるので、日頃の悪習慣には注意しましょう。

過剰歯

過剰に生えている歯が原因で、前歯がねじれて生えてくることがあります。

また過剰歯のほかにも、もともとの乳歯が抜けずに残ってしまうのが原因で、前歯のねじれが生じる可能性があることも覚えておきましょう。

前歯のねじれが及ぼす影響

前歯のねじれが及ぼす影響

前歯のねじれを放置しておくと、以下の影響が出る恐れがあります。

  • 見た目が気になって思いっきり笑えない

  • 虫歯や歯周病のリスクが高まる

  • ほかの歯に負担がかかる

影響が正しく理解できるように詳しく見ていきましょう。

見た目が気になって思いっきり笑えない

前歯のねじれは人から見えやすいので、コンプレックスに感じる人も少なくありません。

特に一番前の歯(中切歯)は最初に目に入りやすいので、ここにねじれがあると「歯並びがよくない人」という印象を与えがちです。

そのぶん歯科矯正をして「歯並びがきれい」という印象を与えやすいのも前歯なので、矯正をすることで得られるメリットは大きいです。

虫歯や歯周病のリスクが高まる

前歯のねじれで歯並びが悪いと歯磨きがしにくく、プラークが溜まりやすいため、虫歯や歯周病の原因になります。

ほかの歯に負担がかかる

前歯の歯並びが悪いと、物を噛む際に奥歯に集中してしまう恐れがあります。奥歯で噛む頻度が高くなり負担をかけてしまうと、奥歯に負担がかかってしまう恐れがあります。

奥歯に負担がかかると、歯がかけてしまうことも。前歯だけの問題と思っていたのが、奥歯にも影響が出てしまうことがあるので、注意が必要です。

前歯のねじれの部分矯正で失敗しないためのポイント

前歯のねじれの部分矯正で失敗しないためのポイント

前歯のねじれの部分矯正で失敗するのを避けるには、経験豊富な歯科医師が在籍しているかをチェックする、複数の歯科クリニックを比較するといったポイントを押さえることが大切です。

後悔しない部分矯正が受けられるように、詳しく見ていきましょう。

経験豊富な歯科医師が在籍しているかチェック

矯正治療の仕上がりは、矯正担当医の経験やスキルによって左右されると言っても過言ではありません。

しかしドクターの経験値やスキルを、患者さん自身が見極めるのはなかなか難しいでしょう。

そこでおすすめしたいのが、ドクターが認定医や専門医の資格を持っているかどうかをチェックすることです。

認定医や専門医は、学会や団体が定める審査をクリアしたドクターで、一定水準以上のスキルがあることが認められています。

ただしこれらの資格を持っていれば絶対安心というわけではありません。ほかの要素とも照らし合わせて検討してみましょう。

カウンセリング・問診が丁寧かをチェック

可能な限り疑問を解消できるように、事前説明をしっかりと行っている歯科クリニックを選ぶことも大切です。

治療法のメリットはもちろん、デメリットまでくまなく教えてもらえるかも重要なポイント。

治療にかかる具体的な費用を提示してくれるかもチェックして、すべて納得できてから治療を検討しましょう。

複数の歯科クリニックを比較する

前歯のねじれの部分矯正には、さまざまな治療法があります。歯科クリニックによって治療法は異なりますし、「あなたの歯並びでは部分矯正できません」と言われる可能性も。

部分矯正は全体矯正と比較すると安価ですが、高額な費用を支払うことは同じです。

複数のクリニックに行って治療法や費用を提案してもらい、比較検討し納得した上でクリニックを選びましょう。

部分矯正と前歯のねじれに関するQ&A

部分矯正と前歯のねじれに関するQ&A

次に部分矯正と前歯のねじれに関する質問を紹介します。

ねじれた前歯を自力で動かせませんか?

結論から言うと歯を自力で動かせませんし、非常に危険です。

自力で無理やり動かすと歯と歯茎を傷つけてしまい、最悪、歯の神経が死んでしまった場合は、抜歯になってしまうことがあります。

自力でできる範囲としては、今以上に歯並びが悪くならない対策をとることです。

舌癖の部分で解説したスポットの位置を常に意識することや、口呼吸などの悪習癖に注意してみてください。

90度に大きくねじれた前歯を部分矯正で治療できますか?

部分矯正で対応できるかは、歯並びによります。歯並びのガタガタがひどかったり、歯を並べるスペースが足りなかったり(抜歯が必要)するケースでは、全体矯正が必要になることがあります。

そして歯並びだけでなく骨格に問題があるケースでは、全体矯正に加えて外科矯正が必要になることも覚えておきましょう。

自身の前歯のねじれが部分矯正で治療できるか相談してみよう

自身の前歯のねじれが部分矯正で治療できるか相談してみよう

部分矯正は全体矯正と比較して費用は安価ですが、矯正方法や装置の素材・歯科クリニックによっても相場は変わります。

そして自身の前歯のねじれが部分矯正で治療できるかは、詳しく検査をしないとわかりません。

「まずは部分矯正で対応できるかだけでも知りたい」という場合は、ぜひマウスピース矯正 Oh my teethへお越しください。

上下前歯の部分矯正ができるか、無料で検査が受けられます。マウスピース矯正 Oh my teethは矯正に必要な検査は無料、原則矯正開始後の来院は不要です。

まずはお気軽に無料診断へお越しくださいね。

矯正についてもっと知る

ドクター所属学会(一部)

矯正歯科治療にともなうリスクについて