logo
logo
歯科矯正
最終更新日:2023年8月31日

出っ歯はセラミック矯正で治る?歯科矯正との違いとメリット・デメリット

吏帆子さんアイコン
歯科医師

太田 吏帆子

鶴見大学歯学部卒業。卒後、東京歯科大学にて研修。一般歯科、矯正歯科勤務。

出っ歯をセラミック矯正で治したいという方もいるでしょう。セラミック矯正は短期間で見た目を改善でき、出っ歯の治療にも有効です。しかし、セラミック矯正は歯科矯正とは異なる治療方法のため、よく理解して臨まないと後悔する可能性があります。そこで本記事では、出っ歯をセラミック矯正で治すメリット・デメリット、歯科矯正との違いについて解説します。

この記事を読むことで、あなたの出っ歯はセラミック矯正が適しているのかがわかりますよ。

マウスピース矯正 Oh my teethには、最短2ヶ月の部分矯正プランがあります。まずは無料診断で、あなたの出っ歯はセラミック矯正で治りそうか、歯列矯正が必要そうか、歯科医師に相談してみましょう。

マウスピース矯正 Oh my teeth の無料診断を予約する

※治療期間には個人差があります。最短2ヶ月に保定期間は含みません。

セラミック矯正ってどんな治療方法?

セラミック矯正とは、治したい箇所の歯を削り、セラミック製の被せ物を入れることで歯並びや歯の形、大きさを整える治療方法です。歯科矯正のように装置をつけて歯を動かす必要がありません。「矯正」と呼ばれていますが、歯科矯正とは全く異なる治療方法です。

セラミック矯正で使用する素材の種類や値段など、以下の記事で詳しく解説していますので、あわせて参考にしてください。

あわせて読みたい

セラミック矯正とは?後悔しない?歯科矯正との違いや費用を解説

出っ歯はセラミック矯正で治せる?

出っ歯の原因は、大きくわけて先天的なものと後天的なものに分類されます。先天的な原因には、大きい歯、あごの骨の大きさが関与しています。一方、後天的な原因には幼少期の指しゃぶりや舌で前歯を押す癖などが挙げられます。

セラミック矯正で治せるかどうかは、診査・診断が必要です。しかし、骨格に問題がある場合は治すのが難しい傾向にあります。セラミック矯正は、歯の軸の向きを変えて歯並びを整えるため、骨格に影響を与えることはありません。

前歯の生え方やサイズが大きい場合は治せる

前歯が前方に傾いていたり、歯が大きい場合は、セラミック矯正で改善が見込めます。しかし、前歯の傾きが大きい場合は、セラミック矯正では改善が難しいです。歯の傾きを大きく変えるためには、歯科矯正が必要になります。また、Eラインも整えたいという場合は、セラミック矯正でどの程度の改善が見込めるか、精密検査を受ける必要があります。

※Eラインとは
鼻の先端とあごの先端を結んだラインのことで、横顔の美しさの基準として用いられています。このラインに唇が触れているかほんの少し内側に入っていると美しい横顔と言われています。

あわせて読みたい

前歯が大きい原因は?削るしかない?小さくする方法や費用を解説

骨格に問題がある場合は治せない

骨格に問題がある場合は、セラミック矯正で治すことは難しいです。特に上あごの骨が大きいことによる出っ歯は、歯科矯正や外科矯正が必要になります。軽度なケースは歯科矯正で改善が見込めますが、重度のケースでは歯科矯正と併用してあごの骨を切って位置を調整する外科手術が必要になることもあります。

出っ歯をセラミック矯正で治すメリット

セラミック矯正は歯科矯正と異なり、矯正装置が必要ありません。治療期間中も仮歯で過ごせるため、目立つことなく進められます。また、2~3ヶ月程度で治療が完了するので、短期間で出っ歯を治したいという方に向いている治療方法です。ここでは、歯科矯正と比較しながらセラミック矯正のメリットを6つ紹介します。

【出っ歯をセラミック矯正で治すメリット】

  • 矯正装置の装着が不要

  • 治療期間中も目立たない

  • 短期間で治療が完了する

  • 矯正治療で起こる痛みがない

  • 後戻りしない

  • セラミックの色や形態が選べる

矯正装置の装着が不要

セラミック矯正は歯を動かす必要がないため、矯正装置は不要です。一方、歯科矯正は矯正期間中、装置がついたままになります。ワイヤー矯正の場合は、ブラケットとワイヤーを矯正が完了するまで装着し、マウスピース矯正の場合は、1日20時間以上マウスピースを装着し続ける必要があります。口の中に装置があるため、慣れるまで違和感を覚えたりストレスに感じたりすることも。

セラミック矯正の場合、治療中は違和感の少ない仮歯を使用します。仮歯は矯正装置とは異なり、日常生活や食事においてもストレスを感じることがありません

治療期間中も目立たない

セラミック矯正は、被せ物を入れるまで仮歯を装着して過ごします。仮歯は本物の歯に近い形をしており、周囲の人に治療中だと気づかれることはありません。ただし、仮歯はプラスチック製のため、ケア方法については歯科医師の指示に従うことが重要です。

短期間で治療が完了する

歯科矯正は、症例にもよりますが2ヶ月~3年程度かかります。その間は1~3ヶ月に1回の通院も必要です。一方、セラミック矯正は2~3ヶ月で治療が完了します。神経を取り除く処置がある場合は複数回の通院が必要になりますが、歯科矯正よりも短期間で出っ歯を治せます。

矯正治療で起こる痛みがない

歯科矯正では歯に力を加えて動かすため、一時的に歯の痛みや圧迫感を覚えることがあります。一方、セラミック矯正は歯を動かす必要がないため、歯科矯正のような痛みは感じません。また、歯を削る際は局所麻酔を使用するため、痛みを抑えながら必要な処置を行えます。

後戻りしない

歯科矯正は治療完了後に保定装置(リテーナー)を装着しないと、元の歯並びに戻ろうとする後戻りが生じることがあります。一方、セラミック矯正は治療完了後の保定装置が必要なく、後戻りも起こりません

ただし、歯並びは一生変化するものです。セラミック矯正を受けたからといって、治療直後の歯並びのままで固定されるわけではありません。

セラミックの色や形態が選べる

セラミックは色や形態を選べます。たとえば、ホワイトニングを行わずに、芸能人のような白い歯をセラミックで再現することも可能です。また、隣接する歯や唇などバランスを考慮しながら、きれいな歯並びを実現できます。

出っ歯をセラミック矯正で治すデメリット

セラミック矯正は、短期間で出っ歯の改善が見込めますが、SNSや口コミなどで「セラミック矯正はやめた方がいい」と言われています。その理由は、デメリットやリスクをしっかり理解し、正しい知識を持って治療に臨まないと後悔する可能性があるからです。ここでは、セラミック矯正のデメリットを4つ紹介します。

【出っ歯をセラミック矯正で治すメリット】

  • 健康な歯を削ったり神経を取り除く必要がある

  • 虫歯や歯周病のリスクが高まる

  • 噛み合わせが悪化する可能性がある

  • 一生ものではない

健康な歯を削ったり神経を取り除く必要がある

セラミッククラウンを被せるためには、健康な歯を360°削る必要があります。また、歯の傾きを大きく変える必要がある場合は、神経を取り除いて土台を立てる処置が必要になることも。ただし、一度削った歯や取り除いた神経は元に戻ることはないため、削れば削るほど寿命が短くなる可能性があります。

虫歯や歯周病のリスクが高まる

いくら精巧なセラミックの被せ物を入れても、自分の歯と被せ物の境目には段差ができます。この段差には、歯垢や食べかすなどの汚れが蓄積しやすいです。その結果、虫歯や歯周病のリスクが高まる可能性があります。毎日のセルフケアはもちろん、定期的にクリニックでクリーニングを受ける必要があります。

噛み合わせが悪化する可能性がある

セラミック矯正で出っ歯を治すと、噛み合わせが悪化する可能性があります。なぜなら、上の前歯の角度が変わることによって、下の歯の可動域が限定されてしまうことがあるからです。

それにより、噛み合わせのバランスが崩れたり、あごに負担がかかり顎関節症を引き起こす可能性も考えられます。また、咀嚼の動きのガイド役を担う前歯の形が悪くなると、あごの関節の変形や、歯のすり減りが起こり、どこで噛んだらいいかわからない状態になることも。

前歯の見た目だけを重視したセラミック治療を行うと上記のようなリスクもあることを把握しておきましょう。

一生ものではない

セラミックの被せ物は強い衝撃を受けると欠けたり割れたりすることがあります。この場合、修理はできないため作り直しが必要です。また、加齢によって歯ぐきが下がると、歯と被せ物の境目が目立ち、審美性に影響がでることも。セルフケアを怠らず定期検診をしっかり受けることで長持ちしますが、一生もつものではなく、いずれやり直しが必要になります。

あわせて読みたい

藤田ニコルさんも行ったセラミック矯正が「絶対ダメ」「やばい」と言われる理由とは?

出っ歯をセラミック矯正で治す際の費用目安

セラミック矯正は自由診療になるため、治療にかかる費用は全て自己負担になります。セラミッククラウンを被せるためには、土台と仮歯を作製しなければなりません。これらの料金は別途でかかることも多いです。「手持ちが足りなかった」とならないためにも、事前に料金を必ず確認しておきましょう。ここでは、出っ歯をセラミック矯正で治す際の費用目安を紹介します。

支台歯築造・支台歯形成

10,000~15,000円/1歯

仮歯

1,000~5,000円/1歯

セラミッククラウン

10万~15万円/1歯

たとえば、前歯2~6本をセラミック矯正で治す場合、以下の費用がかかります。


前歯2本

前歯4本

前歯6本

支台歯築造・支台歯形成

15,000円×2歯=30,000円

15,000円×4歯=60,000円

15,000円×6歯=90,000円

仮歯

5,000円×2歯=10,000円

5,000円×4歯=20,000円

5,000円×6歯=30,000円

セラミッククラウン

10万円×2歯=20万円

10万円×4歯=40万円

10万円×6歯=60万円

合計

26万円

48万円

72万円

歯ぐきの形を整える処置が必要になる場合、さらに追加で費用(費用目安1歯10,000円~)がかかります。クリニックによってはセットプランを設けているところもあるので、ホームページなどで確認してみましょう。

あわせて読みたい

前歯2本だけ治すならセラミック治療がいい?値段や治療方法を比較

セラミック矯正と歯科矯正どっちがいい?

出っ歯を治したいと考えている方の中には、セラミック矯正と歯科矯正どっちがいいか迷う方も多いでしょう。どちらを選ぶかは、それぞれの治療目的やメリット・デメリットを理解し、自分に合った治療方法を選択することが重要です。ここでは、治療方法を選択する際のポイントを紹介します。

【治療方法を選ぶ際のポイント】

  • 治療方法や目的が違うことを理解する

  • メリット・デメリットを天秤にかける

  • 将来的にかかる費用を考慮する

治療方法や目的が違うことを理解する

セラミック矯正と歯科矯正は、歯科学的に異なります。セラミック矯正は「補綴(ほてつ)治療」と呼ばれ、虫歯治療や失った歯を補ったり、歯の大きさや色、形態など、歯に対する問題を被せ物で解決する治療方法です。一方、歯科矯正は、歯を1本ずつ動かして歯並びと噛み合わせの問題を解決する「矯正治療」になります。

歯科矯正では歯の形態を変えることができないため、歯の大きさなどで悩んでいるのであればセラミック矯正が適しています。見た目の改善と噛む・食べる・話すといった歯の機能を考えるのであれば、歯科矯正がおすすめです。

メリットとデメリットを天秤にかける

どの治療方法にもメリットとデメリットがあります。セラミック矯正の場合、短期間で治療が完了しますが、健康な歯を削るデメリットがあります。

一方、歯科矯正の場合は、自分の歯をほとんど傷つけることなく歯並びを整えられますが、長期間かかるデメリットがあります。治療方法を選択する際は、ドクターに相談し、それぞれのメリット・デメリットをよく比較することが大切です。

将来的にかかる費用を考慮する

セラミック矯正は、10年を目安にやり替えが必要になります。クリニックや素材によって異なりますが、費用目安は1本10万円です。10年ごとにやり替えるとなると、大きな費用がかかることになります。

一方、歯科矯正は矯正後に保定装置をしっかり装着していれば、長期間歯並びを維持することが可能です。また、部分矯正が適応になる場合は、10万~70万程度で済み、セラミック矯正よりも費用を抑えられる可能性があります。歯科矯正はセラミック矯正と異なり、お口の健康と一生ものの歯並びが手に入ります。

まずはクリニックに相談しよう

あなたの出っ歯がセラミック矯正で治せるのか、歯科矯正が向いているのかは、クリニックで診査・診断が必要です。まずはセラミック矯正と歯科矯正を行っているクリニックに相談し、それぞれの特徴やメリット・デメリットをよく理解したうえで自分に合った治療方法を選択しましょう。

マウスピース矯正 Oh my teethの出っ歯の症例

マウスピース矯正 Oh my teethには、出っ歯の治療実績があります。「私の出っ歯を治すにはセラミックがいいの?それとも矯正がいいの?」と悩んでいるなら、一度無料診断にお越しください。

ドクターがあなたの歯並びを3Dスキャンで可視化した上で、最適な治療法をご提案します。

クリニックを選んで無料診断を予約

以下はマウスピース矯正 Oh my teethの出っ歯の症例です。

マウスピース矯正 Oh my teethの出っ歯の症例
  • 年代・性別:20代前半女性

  • 総額:33万円 (税込)

  • 期間:3ヶ月

  • 備考:非抜歯/部分矯正/研磨処置込

マウスピース矯正 Oh my teethの出っ歯の症例
  • 年代・性別:20代前半男性

  • 総額:33万円 (税込)

  • 期間:4ヶ月

  • 備考:非抜歯/部分矯正/研磨処置込

マウスピース矯正 Oh my teethの注意事項

このほかの出っ歯の症例は、症例紹介ページよりご覧ください。

症例をもっと見る
あわせて読みたい

部分矯正で出っ歯は治る?できない例・費用目安も解説

あわせて読みたい

出っ歯は押したら治せる?原因別の治療方法や予防法を解説

あわせて読みたい

上の歯だけ矯正できる?デメリットや症例まとめ

矯正についてもっと知る

ドクター所属学会(一部)

矯正歯科治療にともなうリスクについて