logo
歯科矯正
最終更新日:2024年5月1日

歯科矯正で横顔はきれいになる?症例別の変化と変わらない人の特徴を解説

横顔はキレイになる?CR1
真由美さんアイコン
歯科矯正ブログ編集チーム

木村真由美

Oh my teethでのマウスピース矯正を経て、2021年6月に株式会社Oh my teethにジョイン。マウスピース矯正経験者としてOh my teethのオウンドメディア「歯科矯正ブログ」にて記事を更新中。ミッションは「歯並びに悩むすべての方に歯科矯正の確かな情報をお届けすること」。

「歯列矯正で横顔がきれいになるって本当?」
「歯科矯正で横顔は変わらないの?」

このような疑問をもっていますか?歯科矯正は歯並びや噛み合わせだけでなく横顔の変化も期待できます。

そこで本記事では、ビフォーアフター写真を用いて歯科矯正で横顔が変わりやすい人・変わりにくい人の違いを解説します。実際に歯列矯正を行った方のSNS投稿も載せていますので、どのくらい横顔に変化があるのか気になる方はぜひ参考にしてください。

「私の横顔はキレイになる?」無料で相談できる矯正
目次下CTA

歯科矯正で横顔が変わるって本当?

結論からいうと、歯科矯正で横顔が変わる可能性は十分にあります。

ただし、症例によって変わりやすい人、変わりにくい人がいます。

また、歯科矯正はあくまで歯並びを整えるものなので整形したような大きな変化や、歯科矯正した人全員に変化が見られるとは限りません。

横顔美人はEラインが基準

Eラインチェック

鼻先からあご先を結んだライン内に唇が収まると横顔美人だといわれています。この指標を「Eライン」と呼び、鼻が低い日本人はEラインに少し触れる程度が理想的な横顔。

自分の横顔がEラインに沿っているかどうかは指や定規を当ててみたり、横顔の写真を撮ることで確かめられます。

歯科矯正治療を受ける際、「Eラインはきれいになりますか?」と気にする人がいます。しかし、Eラインだけが横顔美人の特徴ではありません。

おでこの形や鼻筋などには個人差があり、人それぞれにバランスの良い横顔があります。 歯科矯正でEライン内に唇をおさめることだけに固執しすぎると「Eラインはきれいになったけれど理想の横顔にならなかった」と後悔することも。

横顔全体見るようにするとバランスの良い横顔が手に入りますよ。

あわせて読みたい

Eラインとは?確かめ方から横顔美人になる方法まで解説

あわせて読みたい

横顔がきれいな人の特徴6つ!美しくする方法も解説

ビフォーアフター

歯列矯正をした人がどのくらい横顔に変化があったのか、SNSに挙げられていた画像を紹介します。

自分の横顔はどんな感じに変わりそうか具体的にイメージしてみてください。

1668468762205638658

裏側矯正を2年半された方です。

出っ歯が治って口元の突出感がなくなりました。

口元が目立たなくなった効果で鼻が高く見えますね。

1566373202942496768

この方は矯正をはじめて1年ほどで横顔の悩みがほぼなくなったそうです。

矯正前は少し口が閉じにくそうな印象がありますが、矯正後はきれいなEラインに整っていますね。

症例 BA 5写真

この方はマウスピース矯正で4ヶ月治療された方です。

矯正後は、前歯の出っ張りが気にならなくなっていますね。

矯正治療にともなうリスクに関する注意書き

理想の横顔を叶えるにはカウンセリングが重要

インタビュー風 カウンセリング

歯科矯正で横顔をきれいにするには、歯並びの検査と丁寧なカウンセリングが重要になります。

検査だけではなく、自分の理想をきちんと相談しやすい歯科医院でカウンセリングを受けることで矯正のゴールを擦り合わせることができます。

こちらの医院ではスキャンされた歯型を直接見ながら、ドクターと理想の歯並びの相談ができます。

空き日程を確認する カウンセリングから 無料

※保険適用外の自由診療です

歯科矯正で横顔が変わりやすい人【5パターンで解説】

横顔はキレイになる例

歯科矯正で横顔が変わりやすいのは、以下のような口元の人です。

  • 出っ歯

  • 口ゴボ

  • 受け口(しゃくれ)

  • あごが小さい

  • 口元が引っ込んでいる

①出っ歯

出っ歯は歯が前に出ているため、口元が前に突出したような横顔です。

出っ歯には歯の傾きが原因のものと上あごの過成長で骨格が原因のものがあり、歯の傾きによる出っ歯なら歯科矯正で改善できます

歯が内側に入ると突出感がなくなり、鼻の下を伸ばさなくても唇が自然に閉じられるようになります。口元がスッキリしたり、小顔に見えたりすることがあります。

あわせて読みたい

出っ歯は押したら治せる?原因別の治療方法や予防法を解説

②口ゴボ

口ゴボは、上下のあごが前に出て、口元がもったりしているような横顔です。力を入れないと唇が閉じにくく、下あごに梅干し状のシワができます。

口ゴボも歯の傾きが原因のものと、骨格が原因のものに分けられ、前者なら歯科矯正で改善が見込めます。

上下のあごのバランスが良くなるので横顔が美しく整い、力を使わなくても唇が閉じられるようになるので下あごにできるシワもなくなります。

あわせて読みたい

口ゴボは歯科矯正で治る?治療方法や費用について解説

③受け口(しゃくれ)

受け口とは下の歯が上の歯よりも前に出ている状態で「反対咬合」や「下顎前突」と呼ばれています。

下の歯が前に大きく出ている場合は、あごがしゃくれているように見えるため、横顔に自信が持てないケースも。

歯の傾きが原因の軽度の受け口なら歯科矯正で改善が可能です。噛み合わせが整うとあごの位置が正しくなるのでしゃくれが改善され、あごが目立たない横顔に変わります。

④あごが小さい

あごが小さい人は歯が綺麗に並びきらず、出っ歯や八重歯、ガタガタの歯並びといった歯並びの問題を抱えやすくなります。

また、上あごのほうが大きく見えるので出っ歯のような横顔に見えがちです。

軽度であれば歯列矯正で上あごを下あごに合わせて後ろに下げられます。

上あごの突出感が減り、下あごとのバランスが取れるため横顔が整います。

⑤口元が引っ込んでいる

口元が引っ込んでいるとEラインより内側に唇がおさまります。

一見、横顔美人の条件を満たしているようですが、口元が引っ込んでいると顔が貧相に見え、あごが目立ってしゃくれて見えることも。

深すぎる噛み合わせ(過蓋咬合)や内側に入りすぎた歯が原因なら歯科矯正で修正すれば横顔の変化が期待できます。

後悔したくないならシミュレーションを見てから始めよう

こうならないために!カウンセリングが大事

実際に、自身の理想の歯並びや横顔を伝えるのは中々難しいものです。丁寧に伝えたつもりでも、ドクターの思い描く矯正ゴールと一致しないこともあります。

そうならないためにも、カウンセリングでシミュレーションを作成してくれる矯正医院がオススメ。

画像を見ながら理想を擦り合わせられるので、矯正後の後悔を減らせます。

空き日程を確認する カウンセリングから 無料

※保険適用外の自由診療です

歯科矯正で横顔が良く変化するとは限らない

歯科矯正で横顔が美人になった人もいる一方で、横顔に変化が出ない人やブサイクになったと感じる人も。

具体的には以下のような人たちです。

  • 歯並びが悪いだけの人

  • 骨格から治す必要がある人

  • 抜歯矯正で口元が引っ込みすぎた人

  • 鼻が低い人

歯科矯正で横顔が変わらない人もいる!

変わりにくい人

①歯並びが悪いだけの人

輪郭に影響しない程度の歯並びの悪さは、歯科矯正をしても横顔に変化は出にくいです。

ただし、歯並びが良くなることでコンプレックスが解消して表情が明るくなったり、噛み合わせが整って輪郭の歪みが改善されたりするでしょう。

歯科矯正で顔の歪みが治ったって本当?原因や改善する方法を解説

②骨格から治す必要がある人

あごの未発達や過成長、極端にあごが小さい「アデノイド顔貌」など骨格が原因で横顔に影響がある人は、歯科矯正だけでは調整しきれないことがあります。

その場合、歯科矯正と外科手術を組み合わせた外科的矯正や美容整形が選択肢です。

どちらも麻酔を使用する手術なので体に負担がかかりますが、横顔だけでなく正面の見た目や歯並び、噛み合わせなど大きな変化が期待できます。

【ブサイクになっちゃう?】歯科矯正による横顔の変化を注意したい人

ブサイクになっちゃうかもしれない人

①抜歯矯正で口元が引っ込みすぎた人

抜歯をするとスペースが確保され歯を奥に動かせる距離が大きくなることで、口元が引っ込みすぎてしまうことがあります。

必要以上に歯が奥に下がり、Eラインより大きく内側に唇がおさまってしまうと横顔がブサイクになったと感じることも。

引っ込みすぎた口元は時間と費用をかければ再矯正で治すことができますが、抜いた歯は元に戻せません。

「抜歯が必要」と判断された際に不安を感じたら、きちんと説明を受けたりセカンドオピニオンを受けたりして納得してから歯科矯正を始めるようにしましょう。

抜歯矯正は口元が引っ込みすぎる?原因や予防方法を紹介

②鼻が低い人

もともとEラインは欧米人を基本としたものなので、鼻の低い日本人で理想的なEラインに沿った横顔の人は多くありません。

鼻が低い人がEラインを気にしすぎると口元を引っ込めるしかなく、矯正後にブサイクになったと感じやすくなります。

歯科矯正では鼻を高くすることができないので、全体的に横顔を整えたい人は歯科矯正よりも美容整形を選択し、ヒアルロン酸やプロテーゼなどで鼻を高くすると理想に近づけるでしょう。

横顔はキレイになる?料金注意

矯正が終わってから、理想と違った場合は再矯正が必要となることもあります。

再矯正の費用として、一回分の矯正費用がかかるケースもあるので矯正前に料金体系は確認しましょう。

再矯正 補償付き

※1回までが料金に含まれます。マウスピース装着時間が短いこと(1日20時間以下)が原因で追加マウスピースが必要になった場合、再契約が必要な場合があります。

歯科矯正で横顔の変化はいつ出る?

歯列矯正では1ヶ月で約0.3〜0.5mm程度歯を動かす

歯科矯正で歯を動かせるペースは1ヶ月に0.3〜0.5mm前後です。歯科矯正を始めてすぐに横顔の変化を感じることはありません。

矯正方法や症例にもよりますが、目安としては歯が動いたことを実感しやすい約半年ころから横顔の変化に気付くでしょう。

歯科矯正で横顔をきれいに整えるにはカウンセリングが鍵!

理想の矯正は違うことがある

歯科矯正にはリスクもつきものです。まずは複数のクリニックでカウンセリングを受け、現在の横顔の原因や矯正方法のデメリット、抜歯の必要性などをきちんと説明してくれるドクターを選びましょう。

納得して歯科矯正を始めれば後々のトラブルを防ぐことができます。

そして、歯科矯正で横顔をきれいに整えるにはカウンセリング時に理想の横顔をドクターに伝えることが重要です。具体的な写真や画像があれば持っていくのもいいですし、どのような場面で横顔が気になるかも伝えるといいでしょう。

どの程度の変化が望めるのか最終的な横顔の変化をドクターと共有することが大切です。

歯科矯正で横顔は変わる

歯科矯正は歯並びや噛み合わせだけでなく横顔も変化します。

出っ歯や口ゴボなど横顔に影響がでている症例では、その変化を大きく感じることができます。

一方で、歯並びが悪いだけの人は横顔の変化は感じにくく、また外科的矯正や美容整形でないと理想の横顔に近づけられない症例もあります。

自分の横顔は歯科矯正で変わるかどうか知りたい方は、まずは歯科クリニックでカウンセリングを受けてみましょう。

歯科矯正で美人になったと言われる6つの理由

歯科矯正による横顔の変化について歯科医師に直接相談してみませんか?

歯科矯正で横顔が変わる可能性は十分にあります。しかし、どの程度変わるのか、もしくは変わりそうにないのかを知るには歯科医師による診察が必要です。

マウスピース矯正 Oh my teeth 導入クリニックの無料診断では、歯科医師に直接、矯正に関する疑問や歯並びの悩みを相談していただけます。

マウスピース矯正 Oh my teeth 導入クリニックの無料診断の様子

「自分の横顔に自信がない」
「理想の横顔に近づけますか?」

こんな悩みや疑問もぜひお気軽に投げかけてみてくださいね。

クリニックを選んで無料診断を予約

矯正についてもっと知る

ドクター所属学会(一部)

矯正歯科治療にともなうリスクについて