logo
logo
歯科矯正
最終更新日:2024年1月6日

成人式に向けた矯正でおすすめの方法2つ!間に合わない時はどうする?

成人式前矯正top

成人式(二十歳のつどい)までに矯正をしたいと考えていませんか?本記事では成人式までに歯並びをきれいにしたいと考えている方に向けて、どんな治療法がおすすめか、どのくらい期間・費用がかかるかを解説します。

万樹さんアイコン
歯科医師

西尾万樹

東京表参道矯正歯科 院長。北海道医療大学歯学部卒業。2018年歯科医師免許取得。旭川医科大学病院口腔外科にて研修後、矯正歯科勤務。2020年コスメコンシェルジュ取得。

人生で一度きりの成人式(二十歳のつどい)を前に、歯科矯正で歯並びをきれいにしたいと考える人は多いです。

実際にマウスピース矯正 Oh my teethにも「成人式までに私の歯並びはなおりますか?」と相談にいらっしゃるユーザーがいます。

そこで本記事では、成人式までに矯正を完了するにはいつまでに始めればいいのか、おすすめの歯科矯正方法について解説します。実際に成人式をきっかけに矯正をした方のビフォーアフター写真や矯正期間も紹介しますので、参考にしてください。

成人式前の矯正は、部分矯正で最短2ヶ月!

最短2ヶ月の表

上記のように、矯正にかかる期間は、矯正方法や種類・症状によって異なります。 軽度の「部分矯正」なら、最短2ヶ月で矯正が完了するケースも。

部分矯正とは?

前から数えて3番目までの前歯を動かす のが一般的な部分矯正。動かす範囲が限定される分、治療期間も短くなります。

短期間で矯正治療をしたいなら、表側矯正(ワイヤー)・マウスピース矯正がおすすめです。

表側矯正とは?

歯の表面にワイヤーとブラケットをつける矯正方法 です。表側矯正は対応できる歯並びが最も広いほか、部分矯正であれば2ヶ月程度~の治療が可能です。 ワイヤーとブラケットを表側につけるのでどうしても目立ってしまうことと、取り外しができない ため歯磨きのしにくさが気になることも。

マウスピース矯正とは?

目立たない透明なマウスピース型の矯正装置を用いる矯正方法 です。食事中や歯磨きの際に取り外しができるというメリットもあり、マウスピース矯正を選ぶ人が増えてきています。取り外しが可能なため、1日の必要な装着時間を守れない心配もありますが、最近ではアプリやLINEで装着を管理できるブランドも。 価格もワイヤーと比べてリーズナブルです。

「部分矯正」で対応できるかクリニックで確認(有料)

部分矯正なら、比較的短期間で治療できますが、あなたの歯並びが部分矯正で対応できるかどうかは、実際にクリニックへ行って診断を受けなければわかりません。

矯正診断にはお金かかる

矯正治療は、一般的に矯正の契約をする前に、 カウンセリング・精密検査・診断を行って、 どの矯正治療が適しているかを見極めます

その費用はクリニックによって異なりますが、3万円~5万円程度。中にはこれらの矯正診断が無料でできるクリニックもあるので、よく調べてから受診することをおすすめします。

マウスピース矯正Oh my teeth〈公式サイト〉 導入クリニックは診断費用が0円なので、気軽にご相談いただけます。 ↓↓詳細が気になる方は以下のボタンをタップしてみてください↓↓

無料診断ボタン

【あわせて読みたい】

間に合わなくても目立たないマウスピース矯正なら問題なし!

もし成人式に間に合わず、当日が矯正途中でも、透明で目立たないマウスピース矯正なら気にせず目一杯笑うことができます

ワイヤー矯正デメリット
マウスピース矯正メリット

透明なマウスピース矯正は、目立たず、歯磨きの時などは取り外せるのが魅力。また一般的なマウスピース矯正は1~3ヶ月に1回程度の通院が必要となりますが、 マウスピース矯正Oh my teeth〈公式サイト〉 なら、矯正期間中の通院が原則不要(※1)のため、継続率は97%(※2)という高い数値を誇っています。

また、最短10日(※3)で矯正キットが自宅に届くので、思い立ったらすぐはじめられるのもいいところ。気になる方は〈こちら〉 をご覧ください。

※1.歯並びの状態によっては複数回の通院が必要 ※2.2022年1月〜10月にOh my teethで矯正を開始したユーザーを対象とした実績値※3.マウスピース矯正キットが自宅に届くまでの期間は契約状況や矯正シミュレーション作成・承認状況などによって前後します。最短10日とは、無料診断当日に契約し、矯正シミュレーション作成に進んだ場合の例です。

OMT誘導ボタン

成人式前に矯正をするメリット

成人式までに矯正を行うと、以下のようなメリットがあります。

  • きれいな歯並びで写真に写れる

  • 同窓会が楽しみになる

  • 就活・就業前に歯並びを改善できる

きれいな歯並びで写真に写れる

成人式を迎えた娘と写真を撮る親

成人式は写真を撮る機会が多いです。人生一度きりのイベントのため、ダイエットをしたり、肌をきれいに整えたりする人も多いでしょう。その一環として、歯並び矯正を検討する人もいます。

成人式までに歯並びがきれいになると、思い切り歯を見せて、笑って写真を撮影できます。実際に後から成人式の写真を見返したときに「矯正をしていてよかった」と思う人は多いです。

同窓会が楽しみになる

1483060204761600001

成人式当日はそのまま同窓会が開催されることも多いでしょう。矯正をしていると口まわりの印象が変わることもあり、「美人になった」「垢抜けた」と言われることも。

成人式に関わらず、矯正後、変化した自分への反応が楽しみになる人は多いです。

就活・就業前に歯並びを改善できる

1614890514997981185

「成人式前の矯正=就活・就業前の矯正」という人も多いでしょう。就活が始まる前や、社会人になる前に矯正を終えられると、以下のようなメリットがあります。

  • 通院の時間を捻出しやすい

  • 面接時に歯並びを気にしなくてよい

  • 矯正治療に制限がある職業を目指す際に安心

就活中や社会人になってからだと、日々のスケジュールの中で矯正歯科に通う時間を捻出するのが難しいです。その点就活・就業前に矯正を開始すると、比較的時間に余裕がある中で治療を進められます。

また就活前に終えられれば、就職面接時に歯並びが気にならないです。面接官をまっすぐ見て受け答えができるので、印象アップにもつながります。

さらに客室乗務員などは、就業後に歯列矯正する場合は上司の承認が必要だったり、受けられる矯正方法が限定されていたりすることも。その点、就職前に矯正治療を終えられれば問題ありません。

マウスピース矯正 Oh my teethは矯正開始後の通院が原則不要。通院の時間がなかなか取れない人も、自宅で歯並びを改善しています。

画像リンク

成人式前に矯正をする際の注意点

成人式

成人式前に矯正治療を受けることにはメリットが多いですが、以下のような注意点も押さえておきましょう。

  • 成人式に間に合わないことがある

  • 遅くても式の半年前には矯正相談に行く

  • トータルいくらかかるか把握する

成人式に間に合わないことがある

矯正治療では、最初に治療期間の目安が提示されます。しかしこれはあくまでも目安。当初は成人式に間に合う予定でも、治療の進み具合によっては間に合わないことも。

なぜなら治療期間は矯正器具の調整具合や装着時間によって左右されるからです。また歯の動きやすさにも個人差があるため、治療開始前に成人式に絶対に間に合うとは言えないのです。

この点を踏まえて、矯正方法も検討するのがおすすめです。たとえば成人式に矯正をしていることを周囲に知られたくないのであれば、万が一当日までに間に合わなかった可能性も考えて、目立たない矯正を検討するのも一つの手でしょう。

成人式におすすめの矯正方法に関しては、こちらの項で詳しく紹介します。

遅くても式の半年前には矯正相談に行く

歯科衛生士によるカウンセリング

成人式までに矯正治療を終えたいのであれば、1〜3年以上前に一度相談に行けるのがベストです。しかしそこまで前もって矯正を検討できない人も多いでしょう。

成人式半年前までなら、諦めずに矯正相談に行くことをおすすめします。なぜなら部分矯正であれば間に合う可能性があるからです。

逆に言うと、成人式までに矯正を終えたいのであれば、遅くとも半年前には相談に行きましょう。半年を切ると、たとえ部分矯正が適応されても、矯正開始前の各種検査や矯正器具の作成期間を含めると、当日に間に合わない可能性が高まってしまいます。

マウスピース矯正 Oh my teethは、マウスピース矯正キットお届けまで最短10日。上下前歯の部分矯正プランなら最短2ヶ月で完了します。

画像リンク
画像リンク

※治療期間には個人差があります。「最短2ヶ月」に保定期間は含まれません。マウスピース矯正キットが自宅に届くまでの期間は契約状況や矯正シミュレーション作成・承認状況などによって前後します。最短10日とは、無料診断当日に契約し、矯正シミュレーション作成に進んだ場合の例です。

トータルいくらかかるか把握する

矯正治療は基本的に自由診療で全額自己負担のため、高額な費用がかかります。

成人式前に矯正治療を検討するとなると、振袖や袴レンタル、前撮り写真撮影などにも費用がかかるため、予算をしっかり決めておかないといけないでしょう。

また親御さんに矯正費用を出してもらう場合も、できるだけ正確な予算を提示しなければなりません。

そこで重要になるのが、矯正治療には一体どんなお金が、どれくらいかかるのかという点です。「矯正治療には100万円はかかる」というおおよそのイメージを持っている人は多いものの、その内訳を詳しく知っている人は少ないです。

次の項で歯科矯正治療にかかる具体的な費用を紹介しますので、参考にしてください。

歯科矯正は何にどれくらいお金がかかる?

1546785325845864449

「歯科矯正には大体100万円はかかる」と言われていても、何にどのくらいのお金がかかるのか把握している人は意外と少ないです。

以下の表をご覧ください。

歯科矯正の流れ

内訳

費用目安

モデルケース(合計:98万円)

プレ矯正期間

カウンセリング

精密検査・診察

虫歯・歯周病治療

抜歯

無料~5,000円

10,000~65,000円

1,500~10,000円/回

5,000~15,000円/本

カウンセリング:無料
精密検査・診察:30,000円
虫歯・歯周病治療:なし
抜歯:4本(5,000円/本)

合計50,000円

矯正期間

矯正費用

調整料

10万~170万円

3,000~10,000円/回

矯正装置料:75万円
調整料:5,000円/回
矯正期間:2年間
矯正中の通院頻度:1ヶ月に1回

合計87万円

保定期間

保定装置料

観察料

10,000~60,000円

3,000~5,000円/回

保定装置料:20,000円
観察料:5,000円/回
保定期間:2年間
保定期間中の通院頻度:3ヶ月に1回

合計60,000円

このように、矯正治療には矯正期間中だけでなく、その前の各種検査や抜歯、虫歯治療などにも費用がかかります。

具体的な費用例に関しては、表の一番右の列のモデルケースをご覧ください。今回は矯正治療に合計98万円かかったケースを記載しました。

モデルケースを抜粋すると以下の通りです。

矯正治療の流れ

内訳

費用例

プレ矯正期間

カウンセリング

0円

精密検査・診察

30,000円

抜歯4本

20,000円

矯正期間

矯正装置料

750,000円

調整料

120,000円(5,000円×24)

保定期間

保定装置料

20,000円

観察料

40,000円(5,000円×8)

合計

980,000円

※上記は矯正期間2年で、矯正期間中の通院頻度は1ヶ月に1回、保定期間は2年で、保定期間中の通院頻度は3ヶ月に1回の場合

「総額いくらかかるか」がポイント

上記モデルケースを見るとわかる通り、矯正装置料金は75万円でも、通院の度に発生する費用や、その前後でかかる費用をトータルすると、約100万円かかることがあります。そのため矯正治療の予算を立てるには、総額いくらかかるのかをしっかり把握しておくことが大切です。

モデルケースでは通院の度に費用が発生する料金システムの場合を書きましたが、最初に提示される総額に調整料や観察料が含まれるケースもあります。このような料金システムをトータルフィーシステムといいます。

トータルフィーの場合、矯正期間に関わらず料金が一律なことが多いため、支払い計画を立てやすいメリットがあります。

   マウスピース矯正 Oh my teethの矯正プランは33万円と66万円の2種類。治療期間に関わらず料金は一律です。矯正プラン料金以外の費用が発生することは基本的にありません。
マウスピース矯正 Oh my teethの矯正プラン
画像リンク

※マウスピースを破損・紛失した場合は追加費用が必要です。

成人式に向けた矯正に関してよくある疑問

成人式に向けた歯科矯正治療に関して、よくある疑問にお答えします。

間に合わなかった場合一時的に外すことはできる?

矯正歯科医院にもよりますが、成人式当日に一時的に矯正器具を外すこと自体は可能です。ただし追加料金がかかるのが一般的です。

一時的に外す場合にかかる費用の目安は、1歯あたり3,000円程度です。全て外すと費用が嵩むため、目立つ上顎だけ外す人もいます。

マウスピース矯正の場合や裏側矯正の場合は矯正中でも目立たないため、成人式でも外さずに済みます。

【あわせて読みたい】

同時にホワイトニングはできる?

成人式当日、美しい口元で写真に映るため「歯のホワイトニングもしたい」と言う人もいるのでは? ただし矯正治療と同時にホワイトニングができるのは、マウスピース矯正か裏側矯正の場合です。

表側矯正だとワイヤーがついている部分のホワイトニングができないので色ムラになってしまいます。

またマウスピース矯正の場合も、アタッチメント(歯の動きを調整するため、歯の表面につける突起物)を装着していると、その部分の色ムラの原因になるため、ホワイトニングは避けた方がいいでしょう。

写真撮影のときだけアタッチメントは外せる?

マウスピース矯正のアタッチメントは、色は歯の色に馴染むため目立ちませんが、突起物が気になる人もいます。

クリニックにもよりますが、成人式当日や前撮り、後撮りのときだけアタッチメントを外すことは可能です。ただし追加料金がかかるのが一般的です。

マウスピース矯正 Oh my teethのアタッチメントつきプランでも、大切なイベント前にアタッチメントを一時的に外すことができます。その際の費用に関しては、無料診断時や公式LINEにてお尋ねください。

成人式をきっかけに矯正をした人の症例

マウスピース矯正 Oh my teethで、実際に成人式をきっかけに矯正を始めた人の症例を紹介します。

マウスピース矯正 Oh my teethのすきっ歯(空隙歯列)の症例
  • 年齢・性別:20代前半男性

  • 総額:33万円 (税込)

  • 期間:5ヶ月

  • 備考:非抜歯/部分矯正/研磨処置込

「成人式で写真を撮ったときから前歯のすきっ歯が気になって」と相談に来られたユーザーの症例です。矯正後は鏡を見る回数が増えたそう。治療期間は5ヶ月でした。

マウスピース矯正 Oh my teethの注意事項
画像リンク

【あわせて読みたい】

成人式前の矯正はマウスピース矯正「Oh my teeth」へ

マウスピース矯正 Oh my teeth 導入クリニックの入り口

「成人式前に歯並びをなおしたいけど、通院が面倒そうだし、お金が100万円もかかるのはちょっと……」

こう悩んでいるなら、ぜひ一度Oh my teeth 導入クリニックの無料診断へお越しください。

マウスピース矯正 Oh my teethなら、矯正開始後に何度も歯医者に通う必要はありません。また、上下前歯の部分矯正プランなら、33万円(税込)。矯正期間に関わらず料金は一律です。

あなたも成人式前に、「思い切り歯を見せて笑える自分」を目指しませんか?

Oh my teethなら矯正をはじめるための諸経費(初診料・歯型スキャン・レントゲン)が無料です。

画像リンク

※マウスピース矯正 Oh my teethの「通わない」「通院不要」とは、矯正開始後の定期通院不要を示しています。矯正プラン適合診断は歯科医師が直接診察した上で出しますのでご安心ください。矯正開始後も歯並びの状態に応じて前処置を行ったり、歯科医師が必要と判断した場合には直接口腔内の状況を診させていただきます。
※マウスピースを紛失・破損した場合などは追加料金が発生します。

矯正についてもっと知る

ドクター所属学会(一部)

矯正歯科治療にともなうリスクについて