logo
logo
歯科矯正
最終更新日:2024年1月16日

八重歯は部分矯正で治せる?かかる費用や期間についても解説

「部分矯正で八重歯を治すことはできるの?」と疑問に思っている方が多いのではないでしょうか。部分矯正ならコストを抑えて矯正できて、魅力的ですよね。そこで今回は、八重歯を部分矯正できる症例・できない症例、そして費用や治療期間についても解説していきます。

真由美さんアイコン
歯科矯正ブログ編集チーム

木村真由美

Oh my teethでのマウスピース矯正を経て、2021年6月に株式会社Oh my teethにジョイン。マウスピース矯正経験者としてOh my teethのオウンドメディア「歯科矯正ブログ」にて記事を更新中。ミッションは「歯並びに悩むすべての方に歯科矯正の確かな情報をお届けすること」。

「笑った時に八重歯に唇がくっついてしまい恥ずかしい」「昔は八重歯がチャーミングポイントだと思っていたけど、今はきれいな歯並びにしたい」など、八重歯でお悩みではありませんか?

実は全体矯正よりも費用を抑えて期間も短い部分矯正で、きれいな歯並びを手に入れるのも夢ではありません。

しかし八重歯の状態によっては、部分矯正では治せないケースが多いのも事実です。

そこで本記事では、八重歯の部分矯正に適合する症例や不適合症例、そして部分矯正の費用や期間などについても解説していきます

「八重歯を部分矯正で治したいけどできるのかな?」と考えている方は、ぜひ参考にしてください。

八重歯は部分矯正で治せる?治せない?

八重歯は部分矯正で治せる?かかる費用や期間についても解説

結論から言うと、八重歯は部分矯正で治せます

ただし、八重歯の状態によっては部分矯正で治せないケースがあり、部分矯正に適合するかは歯科クリニックできちんと診断を受ける必要があります。

八重歯を部分矯正で治す際に適合する症例と、適合しない症例をそれぞれ解説していきます。

部分矯正で治せるケース

部分矯正で八重歯を治すには、以下の項目にあてはまる必要があります。

部分矯正で治せるケース
  • 軽度の八重歯

  • 前歯のスペース不足が3mm以下

  • 噛み合わせに問題がない

一般的に、八重歯を部分矯正できるケースは、軽度で歯の重なりが少ない症例に限られます。

例えば、部分矯正に必要な歯を並べるスペースが確保できることや、噛み合わせに問題がなく、奥歯から矯正する必要がない場合などです。

もしあなたの八重歯が重度の場合は、全体矯正や外科手術で治す必要があるため、まずは部分矯正での治療に適合する症例か、診断を受けなければなりません。

次項では、部分矯正で八重歯を治せないケースについて、詳しくご紹介します。

部分矯正できないケース

八重歯を部分矯正で治せない症例として、主に以下の3点が考えられます。

部分矯正できないケース
  • 八重歯が大きくねじれている

  • 前歯に3mm以上のスペースが必要

  • 噛み合わせに問題がある

八重歯が大きくねじれている場合など、歯並びが重度の場合は部分矯正できません。

例えば、前歯に3mm以上の隙間が必要な場合、歯を並べるためのスペース確保に抜歯が必要となり、全体矯正が適用されます。

また、噛み合わせに問題がある場合は、奥歯から動かす必要があり、前歯だけ動かす部分矯正では対処できません。

このように部分矯正では八重歯を治せないケースがあるということを、覚えておきましょう。

ただし、部分矯正で治療できないと診断された場合でも、全体矯正や外科手術で八重歯を治す方法がありますので、諦めないでくださいね。

【部分矯正方法別】八重歯の部分矯正にかかる費用と期間

八重歯は部分矯正で治せる?かかる費用や期間についても解説

八重歯を部分矯正する際には、ワイヤー矯正かマウスピース矯正かの二択になります。

部分矯正の方法によってそれぞれかかる費用や、矯正期間が変わってきますので、自分の理想やライフスタイルに合ったものを選ぶことがポイントです。

下記に部分矯正の方法別に、費用と期間の違いを表にまとめました。

部分矯正の方法

費用の目安

矯正期間の目安

表側矯正(ワイヤー矯正

30万円〜60万円

2ヶ月〜1年程度

裏側矯正(ワイヤー矯正)

40万円〜70万円

5ヶ月〜1年程度

ハーフリンガル矯正
(ワイヤー矯正)

35万円〜65万円

5ヶ月〜1年程度

マウスピース矯正

10万円〜40万円

2ヶ月〜1年程度

表側矯正(ワイヤー矯正)

歯の表面にブラケットと呼ばれる装置をつけ、そこにワイヤーを通して圧力をかけることで歯を動かしていく矯正方法です。

適合ケースが多く、ワイヤー矯正の中では費用も一番安く、矯正期間も短いのが特徴といえるでしょう。

費用に幅があるのはブラケットなどの矯正装置素材によって、値段が変わるためです。

デメリットとして、矯正装置が目立つことや、マウスピース矯正と比べると痛みが強くなることなどがあげられます。

裏側矯正(ワイヤー矯正)

歯の裏側にブラケットを装着して行う矯正方法です。

歯の裏側に装置をつけるため、目立たないことが一番のメリットといえるでしょう。

しかし歯の裏側は凸凹していて、ブラケットはオーダーメイドで製作する必要があり、矯正装置の装着に高度な技術と手間がかかるため、費用が高くなってしまうのがデメリットです。

また表側矯正と比べると、矯正期間が長くなります。

ハーフリンガル矯正(ワイヤー矯正)

目立つ上の歯だけ裏側矯正にして、下の歯は表側矯正にします。

上下とも裏側矯正にすると費用がかかるところ、下を表面矯正にすることで価格を抑えられ、目立たちにくいことがメリットです。

ただし上を裏側矯正にしていることから、矯正期間は長めになってしまいます。

マウスピース矯正

軽度な八重歯に限定され、適合するケースがワイヤー矯正と比べると少ない傾向です。

それでもマウスピースでの部分矯正に適合した場合、費用が安く矯正期間も短いことや、目立たず、痛みが少ないという数多くのメリットがあげられます。

しかしマウスピース矯正を成功させるには、1日20時間以上のマウスピース装着が不可欠であるため、自己管理をしっかりすることが大切です。

部分矯正で八重歯を治すメリット・デメリット

八重歯は部分矯正で治せる?かかる費用や期間についても解説

八重歯を部分矯正で後悔なく治すためには、治療を始める前にきちんとメリットとデメリットを理解しておくことが重要です。

そこでここでは、部分矯正で八重歯を治す際にはどのようなメリットやデメリットがあるのか、解説していきます。

メリット

部分矯正で八重歯を治す主なメリットとして、以下のような点があげられます。

  • 気になる八重歯だけ矯正できる

  • 抜歯せずにすむ

  • 費用が安く矯正期間が短い

部分矯正は歯並び全体を動かすのではなく、上下の前歯6本(犬歯〜犬歯)を整える矯正方法のため、気になる部分や八重歯だけ矯正できるのがメリットの1つです。

また部分矯正の場合、基本的に抜歯はしないため、抜歯に恐怖感や抵抗感を持つ人にとって大きな安心材料になります。

そして全体矯正は矯正完了まで1〜3年程度かかるのに対し、部分矯正は2ヶ月〜1年程度と短く、費用も抑えられるのがメリットです。(※保定期間は含まれていません)

デメリット

部分矯正で八重歯を治すデメリットは、以下の点が考えられます。

  • 重度の八重歯は治せない

  • 歯を削る処置が必要なケースがある

  • 完璧な歯並びは求められない

八重歯が重度の場合、部分矯正で治せないことがデメリットです。

例えば、「歯の重なりが大きい」「歯を動かすスペースを確保できない」「奥歯から動かす必要がある」などの症例があげられます。

また、スペースの確保のために歯を削る処置が必要なケースもあるので、健康な歯を削ることに抵抗を感じる人にはデメリットです。

そして、奥歯から全体的に歯を動かすことができないため、理想の歯並びを得られない可能性があります。

このように部分矯正は対応できる範囲が狭いので、完璧な歯並びを目指したい人や、八重歯が重度の人には向かない矯正方法です。

八重歯を部分矯正する際の支払い方法に関する疑問

八重歯は部分矯正で治せる?かかる費用や期間についても解説

部分矯正は全体矯正と比べれば費用は抑えられますが、誰でも気軽に支払える金額ではありませんよね。

「思った以上に費用がかかってしまった」「こんな支払い方法があったなんて知らなかった」などと後悔しないためにも、支払い方法に疑問や不安を持ったまま契約しないようにしましょう。

ここでは、部分矯正を検討している人にぜひ知っておいていただきたい、支払い方法に関する疑問を2つ紹介していきます。

トータルフィーとは?

トータルフィー・プラン制は一律料金プランのことです。

一律料金であれば、矯正前のカウンセリングをはじめ検査費用から矯正完了まで、基本的に追加料金がかかりません

一方で都度払い・回数制だと、検査費用や定期的な通院、矯正プランの変更などで追加料金がかかってしまいます。

最後まで追加料金の心配なく歯科矯正をするには、トータルフィーがおすすめです。

最初に提示される部分矯正代が安くても、追加料金がかかってしまうことで、想定外に高額になってしまう可能性があるので、支払いプランはしっかり確認しましょう。

部分矯正でもデンタルローンは利用できる?

デンタルローンは、歯科矯正・インプラント・ホワイトニングなど高額になる歯科治療に特化した医療ローンで、部分矯正でも利用できます

デンタルローンの特徴は、一般的に金利が5%前後とカードローンよりも低金利なことです。

手元にすぐに調達できる資金がなくても、デンタルローンを利用すれば無理なく矯正費用を支払えるのは魅力的ですね。

ただしデンタルローンを利用するには審査があり、18歳以上で安定した収入があることを求められ、「属性情報」「信用情報」「他社からの借り入れ状況」が重視されています。

また歯科クリニックによっては、デンタルローンを取り扱っていないこともあるので、デンタルローンの利用を検討している人は契約前に確認しましょう。

あわせて読みたい

歯科矯正はデンタルローンを使える?仕組みや月々の支払い額を解説

八重歯の部分矯正でよくある質問

八重歯は部分矯正で治せる?かかる費用や期間についても解説

ここからは、八重歯の部分矯正を考えている人から多く聞かれる質問を紹介していきます。

八重歯を放置するとどんなリスクがありますか?

八重歯を治さずに放置すると、「虫歯・歯周病・口臭の原因になる」「口内炎ができやすくなる」リスクがあります。

特に八重歯とほかの歯との重なりがひどい場合、歯ブラシが入り組んだ場所に届かず、食べカス・歯垢をきれいに掃除するのが難しいです。

後で鏡を見てみると、「あれなんだか八重歯だけ黄色い」なんてことも少なくないでしょう。

磨き残しが積み重なると、虫歯・歯周病・口臭を引き起こす恐れがあるため、歯磨きに支障が出ている場合は特に注意が必要です。

また、八重歯が唇・舌・頬の内側にあたっている場合、知らず知らずのうちに口内炎の原因になっていることもあります。

それぞれ放置しておくと、口腔内の病気だけなく、全身疾患(特に歯周病は糖尿病・心疾患・慢性腎臓病の原因になることがあると言われています)にも発展する恐れがあるため、「たかが八重歯だから」と軽視せずに、早めに歯科クリニックへ相談してみてください。

本当に10万円台で八重歯の部分矯正ができますか?

マウスピース矯正であれば、八重歯を10万円台から矯正できる可能性があります。(※ブランドによります)

しかし、ごく軽度な八重歯の症例に限られるため、10万円で済むケースは非常に稀です。

また、マウスピース1枚2〜3万円からできる部分矯正もありますが、あくまでもお試しプランであって、10万円台で理想の歯並びにはならないケースが多いので注意が必要です。

通常マウスピース1枚で歯を動かす移動量は約0.25mmなので、3枚程度のマウスピースで動かせるのはせいぜい約0.75mm。よほど軽度の八重歯でないと満足いく結果は得られません。

また、10万円台で契約してもマウスピースの枚数に制限があったり、治療の継続に追加料金が必要だったりするケースもあるので、目先の低価格だけに飛びつかないように、しっかり契約内容を把握してくださいね。

八重歯を部分矯正する際にどんなクリニックを探せばいいですか?

歯科矯正で長期的に付き合うことになるクリニックを探すときには、後悔しないためにも次のポイントを大切にしましょう。

クリニックを選ぶ際のポイント
  • 日本矯正歯科学会の認定医が在籍していること

  • 親身に対応してくれること

  • 具体的に費用・料金プランを説明してくれること

  • フォロー体制が整っていること

  • 自分に合った支払いプランがあること

  • 通いやすいこと

八重歯を治してきれいな歯並びにするには、クリニックやドクターと良きパートナーとなって一緒に進めていくものです。

八重歯の部分矯正で満足いく結果を得るためにも、相性も大切に信頼できるクリニックを選びましょう。

※東京でお探しの方は以下記事をご参考にしてください。

あわせて読みたい

【2024年】東京の矯正歯科おすすめ14医院!クリニックの選び方も解説


部分矯正で八重歯を治せるか診断を受けてみよう

八重歯は部分矯正で治せる?かかる費用や期間についても解説

八重歯を部分矯正で治療できるかどうかは、歯科クリニックでドクターの診断が必要ですので、まずはカウンセリングを受けてみましょう。

マウスピース矯正 Oh my teeth 導入クリニックでは、部分矯正の適合診断や各種検査も無料で行っています。

もしマウスピース矯正に不適合だった場合には、提携クリニックをご紹介することも可能です。ぜひお気軽に無料診断にお越しください。

矯正についてもっと知る

ドクター所属学会(一部)

矯正歯科治療にともなうリスクについて