logo
logo
マウスピース矯正
最終更新日:2024年5月13日

出っ歯はインビザライン矯正で治せる?症例とともに解説

カバー(出っ歯はインビザライン矯正で治せる?)
宣陽さんアイコン
歯科医師

本多宣陽

福岡歯科大学卒業後、九州大学附属病院で研修医を経て、開業医のもと矯正歯科治療を専門に学び数多くの症例に携わる。現在、表参道MJMデンタルオフィスの矯正担当医として在籍。KOGA ORTHODONTIC PROGRAM -Advance-研修終了。日本矯正歯科学会会員。

「インビザラインで出っ歯は治る?」
「逆にインビザラインで出っ歯になるって本当?」

このような悩みや不安を抱えていませんか? インビザラインで出っ歯を治せますが、タイプによっては困難なこともあります。

そこで本記事では、インビザラインで治せる出っ歯のタイプと難しい場合の治療方法について解説します 。また、インビザラインで出っ歯になるのを防ぐためのポイントも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

実際にあなたの出っ歯がインビザライン矯正でなおせるかどうかは、精密検査をして歯科医師による診断を受けてみないとわかりません。マウスピース矯正Oh my teethでは、歯科医師による精密検査および適合診断が無料です。お気軽にご予約ください。

マウスピース矯正 Oh my teethの無料診断を予約する

インビザライン矯正で出っ歯は治せる

インビザライン矯正は出っ歯を治すことができます。ただしインビザラインにも得意・不得意があり、出っ歯のタイプによっては治すのが困難なことも。

まずは出っ歯の3つのタイプから理解していきましょう。

治せる出っ歯のタイプ

説明画像2(出っ歯はインビザライン矯正で治せる?)

出っ歯には、以下の3つのタイプがあります。

  • 歯が前突している

  • 骨格が前突している

  • 歯と骨格が前突している

このうち、インビザライン矯正が得意とするのは、歯が傾いていることで出っ歯になってしまっているケースです。強く傾斜している前歯の角度を矯正し、傾斜を減らすことで出っ歯を軽減できます。

また、軽度の骨格のズレによる出っ歯も、インビザラインで治療することができます。その場合は、歯列全体を後方に動かす方法と、抜歯により歯の移動スペースを確保し、前歯を後退させる方法があります。

あわせて読みたい

インビザラインとは?ほかのマウスピース矯正との違いやおすすめの人を解説

抜歯は必要?

「出っ歯を矯正をするとなると抜歯をしなくてはいけない」というイメージを持つ人も多いと思います。

抜歯はインビザライン矯正において歯のスペースを作るのに効率的な手段ではありますが、出っ歯の状態によっては必ずしも必要な処置ではありません。

インビザライン矯正で抜歯が必要と診断されるケースは主に以下の3つです。

説明画像1(出っ歯はインビザライン矯正で治せる?)

実際に抜歯が必要かどうかは、クリニックで精密な検査を行った上でドクターによる診断が必要です。

マウスピース矯正Oh my teethでは、歯科医師に直接抜歯が必要かどうかを相談できます。検査料・診断料は無料です。詳しくは以下のバナーをチェックしてください。

検査料・診断料0円だから相談しやすいOh my teeth

横顔は綺麗になるの?

理想的な横顔と出っ歯の横顔

矯正治療では、「Eライン」と呼ばれる横顔の美しさの基準を指標にすることもあります。出っ歯を治療することで口元も引っ込み、横顔が綺麗になったと感じることも珍しくありません。

また、口元が引っ込むことで相対的な鼻が高くなったように見なったり、ほうれい線が薄くなったと感じるケースもあります。

以下の記事では、Eラインについて詳しく解説しています。あわせて参考にしてください。

あわせて読みたい

Eラインとは?確かめ方から横顔美人になる方法まで解説

インビザライン矯正の出っ歯の症例

インビザライン導入クリニックの出っ歯のビフォーアフターを引用して紹介します。

出っ歯(口ゴボ・上顎前突)の症例

インビザライン矯正(マウスピース矯正)の出っ歯(上顎前突)の症例

出っ歯・叢生の症例

インビザライン矯正(マウスピース矯正)の出っ歯・叢生の症例

出っ歯・過蓋咬合の症例

インビザライン矯正 (マウスピース矯正)の出っ歯・過蓋咬合の症例

出っ歯・叢生・過蓋咬合の症例

インビザライン矯正 (マウスピース矯正)の出っ歯・叢生・過蓋咬合の症例
矯正治療にともなうリスク

上記の症例について詳しくは、スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川の症例集をご覧ください。

インビザライン矯正で対応できない出っ歯の治し方

骨格が大幅に前突しているタイプの出っ歯や、歯の大きな移動がある場合はインビザラインのみで治療することは難しいとされることが多いです。そのようなケースはどう治療するのか解説します。

外科手術

顎の骨の問題が大きい骨格性の出っ歯の場合は、矯正治療と併用して顎の骨を整形する外科手術を行う場合があります。

ただ、外科手術はワイヤー矯正と併用するのが一般的です。インビザラインとの併用が可能かどうかはクリニックによって異なるため、事前に確認しておきましょう。

アンカースクリュー

アンカースクリュー

画像出典元:インビザラインのアンカースクリューはどんなときに必要?

アンカースクリューは直径1〜2mm、長さ6〜10mmの小さな金属製のネジを麻酔をした上で歯ぐきの骨に埋め込む処置のことです。骨に埋め込まれたアンカースクリューが固定原となり、インビザラインだけでは難しい歯の移動を可能にします。

アンカースクリューは以下のような歯の動かし方ができます。

  • 前歯のみを後方移動させる

  • 奥歯を後方移動させる

  • 奥歯を固定する

アンカースクリューを併用することで、複雑な歯の動きを可能にし、インビザライン矯正で対応できる症例の幅が広がったり治療期間を短縮できるといったメリットがあります。

あわせて読みたい

インビザライン矯正の期間はどれくらい?短縮する6つの方法

ヘッドギア(顎外固定式装置)

ヘッドギア(顎外固定式装置)

頭につけるタイプの矯正装置です。頭につけたキャップと、上の奥歯につけた装置をワイヤーで結ぶ構造になっており、これで顎や歯に力をかけて後方移動を促します。

アンカースクリューは骨の成長が落ち着かないと定着しないため、若年者の矯正にはヘッドギアを使用します。

バイオネーター

バイオネーター

画像出典元:矯正装置の種類

取り外しができるマウスピース型の矯正装置です。咬むという機能を利用して下顎の前方への成長を促します。成長期の体の成長を利用した装置であるため、一般的にバイオネーターを使った治療ができるのは7〜12歳です。

あわせて読みたい

【5分で理解】インビザラインで治療できない6つの症例!対象外になった場合の矯正方法も紹介

インビザライン矯正で出っ歯になる?

「インビザラインで出っ歯になった」という話を聞いたことがありませんか? 出っ歯を治すために矯正をするのに、結果的に出っ歯になることがあるなんて、不安になりますよね。

ここからはインビザラインで出っ歯になったと感じるケースを解説します。

前方拡大の結果

前方拡大の結果出っ歯になった歯列

画像出典元:マウスピース型矯正で【出っ歯】になる⁉️

上図のように、歯列を「前方拡大」させる治療方針から歯並びが前開きに並んだことで「出っ歯になった」と感じることがあります。

予測通りに矯正治療が進んだとしても、歯科医師と患者の考えている治療のゴールが不一致だと、矯正が終わった後に「イメージと違った」「出っ歯になった」といった結果を招いてしまいます。

医師の経験不足

担当医師の経験不足によって、結果的に出っ歯になってしまうこともあります。原因としては主に以下の2つがあります。

間違った診断

矯正治療において最も大切なのが最初の診断です。この診断の時点で誤った治療計画を立ててしまうと、思い通りの結果になりません。例えば、噛み合わせや上下関係を考えずに前歯のガタガタだけを治すためマウスピースで治療すると、綺麗に並んではくるものの、奥歯の噛み合わせがそのまま前歯の噛み合わせに反映され、出っ歯が立つようになってきます。

日本人の下顎は外国人に比べて後方にある傾向があります。したがってなおさら上下の歯列の前後的なズレを考慮して診断する必要があります。

無理な歯列の拡大

矯正歯科専門開業医の団体である公益社団法人 日本臨床矯正歯科医会では矯正歯科治療のトラブルの原因の一つとしてトレーニングを積んでいない歯科医師による「拡大床」の使用にあると警鐘を鳴らしています。

参考:拡大床を使った矯正歯科治療の危険とトラブル|日本臨床矯正歯科医会

拡大とは、「拡大床(かくだいしょう)」などを使用し、歯列を横に広げて歯を並べるスペースを作る処置のことです。薄い入れ歯のような装置に、拡大ネジ(スクリュー)を埋め込み、そのネジを回すことで歯列を広げます。

▼拡大床

拡大床を用いた矯正

しかし、無理な拡大を行うと、歯だけが外側に倒れてしまい出っ歯になることがあります。

拡大床について詳しくは、以下の記事もあわせて参考にしてください。

あわせて読みたい

拡大床の使い方や種類・メリット・デメリットを解説

出っ歯のインビザライン矯正で失敗しないためには

不適切な治療の背景には、経験不足のまま矯正歯科治療を行う歯科医の存在があると指摘されています。

治療を商業的に捉える診療所では適切な検査や診断なしに簡単に治療を行なってしまうケースがあります。こうした状況下で安心して治療を受けるにはどうクリニックを選べばいいのか、慎重になることが大切です。

例えば、矯正歯科医院の選び方として、以下のようなものがあります。

説明画像3(出っ歯はインビザライン矯正で治せる?)

詳しくは以下の記事で解説しています。あわせて参考にしてくださいね。

あわせて読みたい

矯正歯科の選び方|後悔しないためのポイント5選

あわせて読みたい

「インビザラインやらなきゃよかった」と後悔する12の原因と対策

まずは出っ歯の状態を歯医者で調べてもらおう

インビザラインで出っ歯を治療するさまざまなケースを解説しました。一概に「出っ歯をインビザラインで治す」といっても、その治療方針は口腔内の状態や歯科医師によって異なることをご理解いただけたと思います。

まずはあなたの歯並びを歯医者に相談し、適切な治療方法を提案してもらいましょう。

Oh my teethでは無料で歯並び相談ができます

マウスピース矯正 Oh my teeth 導入クリニックでは、無料で歯並び相談ができます。

マウスピース矯正 Oh my teethの無料診断

あなたの現在の出っ歯の状態を3D歯型スキャンで可視化した上で、最適な治療法を歯科医師がご提案します。Oh my teethの矯正プランが不適合の場合、インビザラインを取り扱う提携クリニックをご紹介することも可能です。

まずはお気軽に無料診断へお越しください。

クリニックを選んでマウスピース矯正 Oh my teethの無料診断を予約する

矯正についてもっと知る

ドクター所属学会(一部)

矯正歯科治療にともなうリスクについて