logo
マウスピース矯正
最終更新日:2024年5月13日

安いマウスピース矯正は危険?安さの理由と選び方を解説

安いマウスピース矯正は危険?見極める3つのポイント
万樹さんアイコン
歯科医師

西尾万樹

東京表参道矯正歯科 院長。北海道医療大学歯学部卒業。2018年歯科医師免許取得。旭川医科大学病院口腔外科にて研修後、矯正歯科勤務。2020年コスメコンシェルジュ取得。

SNS広告などでよく見かける安いマウスピース矯正は危険なのでしょうか?

「こんなに安いのには何か理由があるはず」
「高い矯正と比較すると効果が薄かったりするのかな?」

こう不安に感じているあなたのために、本記事では

✅安いマウスピース矯正は高いマウスピース矯正とどう違うのか
✅高いマウスピース矯正よりも治療品質が劣るのか

を徹底解説。

この記事を読めば「安いマウスピース矯正がある理由」がわかり、選ぶ際に自分に合っているかどうかをチェックするポイントがわかりますよ。

安いマウスピース矯正を選んで失敗したくない方は必見です。

目次

「安いマウスピース矯正」がある4つの理由

安いマウスピース矯正と高いマウスピース矯正の違い

「格安マウスピース矯正」と呼ばれるサービスの中には、従来の矯正費用よりも1/3程度で歯並びを改善できるものがあります。

「こんなに安くて大丈夫なの?」と、正直思いますよね。

実は筆者もいわゆる「安いマウスピース矯正」をした一人ですが、「こんなに安くて大丈夫なのかな?」「高い矯正よりも質が劣るのかな?」と不安でした。

「いくらでできるか」は気になるけど、やっぱり「ちゃんと治るのか」を重視したかったからです。

でも、安心してください。「安いマウスピース矯正」には、きちんとした「安い理由」があります。

あわせて読みたい

マウスピース矯正の値段を解説!あなたの歯の矯正費用はいくら?

安い理由①矯正範囲を限定しているから

マウスピース矯正を含む歯科矯正には、奥歯から全体的に歯並びを整える「全体矯正」と、気になる前歯のみなど部分的に歯並びを整える「部分矯正」があります。

部分矯正は歯を動かす部分が限定的なので全体矯正よりも治療費が安く、治療期間も短く済む傾向があります。

部分矯正は軽度のすきっ歯や出っ歯のほか、一度矯正を完了したが後戻りしてしまったケースなどにも適応されることがあります。

以下は実際に過去に矯正を経験していて、歯並びが後戻りしてしまった方が再度マウスピース矯正を受けた際の歯並び写真です。

安いマウスピース矯正はやめた方がいい?
  • 総額:33万円 (税込)

  • 期間:2ヶ月

  • 備考:非抜歯/部分矯正/研磨処置込

※保険適用外の自由診療です。効果や感じ方には個人差があります。マウスピース橋正(Oh my teeth含む)の主なリスク:虫歯・歯周病・ブラックトライアングル・歯根吸収・歯肉退縮・1日20時間以上のマウスピース装着が必須・マウスピースにより痛みを感じる可能性・治療中に一時的にかみ合わせに不具合をきたす可能性・リテーナーを最低1年間は1日20時間以上装着、その後徐々に着用時間を減らし、2年目以降は夜間のみの着用推奨。

▶︎ マウスピース矯正Oh my teethの症例をもっと見る

安い理由②中間コストを削減しているから

近年は安いマウスピース矯正サービス(格安マウスピース矯正)が提供されています。

このようなサービスでは、従来の歯科矯正で必要だった中間コストをカットし、低価格を実現しています。具体的には、これまでは各クリニックがマウスピースメーカーにマウスピースの製造を発注して発生していた中間コストを削減しているのです。

マウスピース矯正Oh my teethも、このような歯科矯正サービスの1つ。テクノロジーで中間マージンをカットし、よりリーズナブルに歯科矯正を提供できるようになりました。

安いマウスピース矯正はやめた方がいい?

詳しくは下記の記事も参考にしてください。

あわせて読みたい

マウスピース矯正 Oh my teethの費用や支払い方法:追加費用が発生するケースとは?

安い理由③自分で歯型を採るから

中間コストの削減につながる話ではありますが、マウスピース矯正の中には、自宅に届いた専用キットを使って自分で歯型を採って郵送し、矯正用のマウスピースを作製してもらえるサービスもあります。こうすることで、クリニックに行って歯型採取や3D歯型スキャンをするコストがカットできます。

たとえば、アメリカの歯科矯正サービス「SmileDirectClub(スマイルダイレクトクラブ)」もそのようなサービスの1つ。自宅に届いた専用キットを使って、自分で歯型データをとることができます(店舗での3Dスキャンも可能)。

国内では「GlorySmile」でキットを使用した歯型採取を採用しています(2023年3月24日時点)。

安い理由④モニター価格で提供しているから

歯科矯正を行っているクリニックの中には、モニター価格を設定しているところもあります。

歯科矯正のモニター価格とは、治療中や治療完了前後の写真を症例写真としてクリニックで利用したり、治療アンケートの回答を求めたりする代わりに、通常の歯科矯正料金よりも何割か安く設定されているものです。

安いマウスピース矯正は危険?

安いマウスピース矯正のリスク

値段が安いマウスピース矯正が必ずしも危険というわけではありません。危険な状態になり得るのは、適切な診断を受けられないまま矯正治療を進めてしまったケースです。

適切な診断が受けられず、無理にマウスピース矯正を行うと、出っ歯になったり、噛み合わせが崩れたりするリスクがあります。

出っ歯になるリスクがある

マウスピース矯正で出っ歯になるケースとは、抜歯の代わりに顎を拡大する場合に起こり得るリスクです。

ガタガタの歯並びをきれいに並べるためには、スペースが必要です。スペースを確保する方法として代表的なものには、抜歯・IPR(研磨処置)などがありますが、顎を広げる装置(拡大床)を用いることもあります。

適切な診断のもと行われる場合は問題ないですが、無理に歯列の拡大を行うと、歯が前に傾斜し、出っ歯になってしまいます。

噛み合わせが崩れるリスクがある

リーズナブルな矯正の中には、上顎のみ・下顎のみ矯正を行うものもあります。実際にマウスピース矯正 Oh my teeth 導入クリニックにも、「気になるのは下の歯並びだけなので、片方のマウスピースでなおせませんか?」と相談に来られる方がいらっしゃいます。

上顎のみ・下顎のみの矯正は不可能ではありませんが、上下の歯並びのバランスが崩れるリスクがあります。片方の顎のみ歯並びを改善することで見た目はきれいになるかもしれませんが、そのせいで上下の歯の噛み合わせが悪くなると、食べ物を十分に咀嚼できなくなったり、全身のバランスが崩れたりする原因に。

片顎のみの矯正をすすめられた場合は、噛み合わせに問題は出ないのか、あらかじめ確認することをおすすめします。

マウスピース矯正 Oh my teethでは、噛み合わせが崩れるのを防ぐため、片顎のみの矯正はおすすめしておりません。

安いマウスピース矯正選びの失敗回避ポイント3つ

安いマウスピース矯正選びで絶対押さえたいポイント

マウスピース矯正において適切な診断を受けるには、クリニック選びで以下のようなポイントを押さえましょう。

ポイント①コミュニケーションを取りやすいところを選ぶ

マウスピース矯正を含め、歯科矯正で「失敗したかも」となるのは、クリニックやドクターとコミュニケーションが十分に取れていなかったのが原因であることが多いです。

なぜならクリニックやドクターとコミュニケーションがしっかり取れないと、治療ゴールのすり合わせも十分にできないため。

「マウスピース矯正によってどんな歯並びになりたいか」
「そもそも自分が理想とする歯並びになるためにはマウスピース矯正が最適なのか」

上記のような部分を矯正開始前にクリニックやドクターに相談し、説明を受け、その説明に納得した上で矯正を開始することが重要です。

ポイント②メリット・デメリット双方を説明してくれるところを選ぶ

マウスピース矯正を行うクリニック選びでは、矯正方法のメリットとデメリット、双方をしっかり説明してもらえるかどうかも大切です。

マウスピース矯正はワイヤー矯正と比較すると矯正装置が目立たず、また取り外しできるため食事やブラッシングをしやすいです。

その一方で、ワイヤー矯正よりも適応症例が限られたり、1日20時間以上の装着をしないと計画通りに歯が動かないリスクがあったりするなど、デメリットもあります。

このような、マウスピース矯正の優れた点だけでなく、ワイヤー矯正よりも劣る点も説明してくれるクリニックなら、安心して矯正を進められる可能性が高いでしょう。

ポイント③トラブルに対応してもらいやすいところを選ぶ

安いマウスピース矯正は部分的に歯を動かす部分矯正であるケースが多いため、その分治療期間も短い傾向があります。しかし、いくら矯正期間が短いとはいえ、その間にトラブルがまったく起こらないとは言い切れません。

マウスピース矯正中によくあるトラブルとしては、マウスピースの紛失・破損があります。

このような場合、たとえば電話やオンラインで連絡を取れ、対処方法を教えてもらえると安心ですよね。また、必要に応じてクリニックで直接診てもらいやすいのも大切なポイントでしょう。

マウスピース矯正 Oh my teethでも「マウスピースを失くしてしまった」という相談を承ることが少なくありません。そんなときも、24時間LINE対応しているため、紛失した時点での矯正進捗を確認し、次のマウスピースをはめてもいいのか、一つ前のマウスピースをはめた方がいいのかをできる限りスピーディーにお返事できます。

安いマウスピース矯正はやめた方がいい?
24時間LINEで相談できるマウスピース矯正の詳細を見る

【重要】最低でも2つ以上のマウスピース矯正を比較検討しよう

ネットの口コミだけを見るのではなく実際にカウンセリングを受けて比較検討しよう

安いマウスピース矯正選びのポイントを紹介してきましたが、いずれも実際にカウンセリングを受けてみないとわからないことばかり。

安いマウスピース矯正で失敗しないためには、最低2つ以上のマウスピース矯正のカウンセリングを受け、ドクター、スタッフの対応や説明の様子を比較検討するのがおすすめです。

ただし実際に矯正プランの提案や見積もりを出してもらうための検査・診断には3〜5万円程度の費用がかかるクリニックがほとんどなので注意してくださいね。

マウスピース矯正Oh my teethはカウンセリングだけでなく検査、診断まで無料なので、比較検討の一つとして選ばれています。

一般的な矯正歯科医院とOh my teeth導入クリニックの違い

上記で紹介している一般的な歯科医院の検査・診断料は一例です。

画像リンク

格安マウスピース矯正ブランド比較表

以下は、2017年以降に提供が開始された、リーズナブルなマウスピース矯正ブランドの矯正プラン・治療費用・矯正期間・治療範囲・初診料および初期検査料・サポート体制をまとめたものです。

ブランド

矯正プラン

治療費用

治療期間

治療範囲

初診料・初期検査料

サポート体制

キレイライン

1種類(回数制)

23.1万〜41.8万円

5ヶ月〜1年3ヶ月

部分

3,300円〜

サポートチームがLINEなどで対応

Oh my teeth

2種類

33万円
66万円

平均3ヶ月
平均6ヶ月

部分〜全体

0円

専属医療チームが24時間LINEサポート

hanaravi

3種類

33万円
49.5万円
66万円

5ヶ月〜1年半

部分〜全体

3,300円前後

365日LINEサポート

Zenyum

1種類

32.45万円
57.5万円
66万円

3ヶ月〜1年3ヶ月

部分〜全体

約2.2万〜3.3万円

専用アプリでサポート

hanalove

3種類(お試しプランあり)

27.78万円
34.8万円
77万円

5ヶ月〜2年

部分〜全体

3,500円

LINEサポート

DPEARL

6種類

30.8万円
42.9万円
55.44万円
69.3万円
83.16万円
99万円

2ヶ月〜(1年2ヶ月以上のコースもあり)

部分〜全体

3,300円

LINEを活用したサポート

マウスピース矯正ローコスト

3種類

30万円〜
45万円〜
55万円〜

3ヶ月半
10ヶ月
1年半

部分〜全体

3,850円〜

提携クリニックと連携してサポート

エミニナル

1種類(回数制)

13万〜47万円
52万〜86万円

約3〜10ヶ月
約11ヶ月〜1年半

部分〜全体

0円

LINEで相談可能

湘南マウスピース(湘南美容歯科)

1種類(回数制)

片顎9.98万円

平均6ヶ月

部分

0円

無料ドクターメール相談

Beforedent

3種類

16.5万〜50.8万円

3ヶ月〜1年

部分

11,000円

LINEで相談可能

ウィ・スマイル

6種類(お試しプランあり)

10.78万〜66万円

1ヶ月半〜10ヶ月

部分〜全体

医院によって異なる

LINEで相談可能

アットスマイル

4種類

12万〜45万円

1ヶ月〜1年

部分〜全体

3,000〜5,000円程度

チャットで相談可能

ホワイトライン

4種類(お試しプランあり)

22万〜46.2万円

3〜9ヶ月

部分〜全体

3,500円前後

クリニックにより異なる

このように、安いマウスピース矯正ブランドにもさまざまな種類があり、矯正プランの数やそれぞれが対応している矯正範囲、治療期間の目安が異なります。

検査や診断を実施すると料金がかかるところが多いですが、相談はLINEなどで無料でできるところもあるので、一度話を聞いてみるとよいでしょう。

注目比較ポイントは「追加費用の有無」

トータルフィーと都度払いの違い

格安マウスピース矯正選びで注意していただきたいのが、追加費用の有無です。

例えば安いマウスピース矯正の中には「1回から始められる」というものもありますが、さらに治療を続けるためには当然追加費用がかかります。

また契約前の検査や診断の段階で費用が発生するケースも多く、「もっと安くできると思っていた」という後悔につながることも。

各ブランドのHPに大きく書かれている金額だけでなく、

  • トータルでいくらかかるのか

  • 追加で費用は発生しないか

を事前にしっかりチェックするようにしましょう。

マウスピース矯正 Oh my teethの料金プランには矯正に必要なものがまるごと含まれていますのでご安心ください。

Oh my teethの矯正プランには矯正に必要なものが丸ごと含まれます
満足いくまで追加費用なしでできるマウスピース矯正の詳細を見る

※再矯正:治療完了後、装着時間を守っていたにも関わらずシミュレーション通りに歯が動かなかった場合、1回までコースをまるごとお受けいただけます。

今回紹介したブランドを含め、計24のブランドの詳細をまとめた記事もありますので、あわせて参考にしてくださいね。

あわせて読みたい

【マウスピース矯正24種類比較】あなたにおすすめのブランドはどれ?

マウスピース矯正は高い・安いに関係なく注意点がある

マウスピース矯正の注意点

マウスピース矯正は、1日20時間以上装着しないと治療計画通りの効果が得られません。安い・高いに関わらず、基本的なルールを守らないと満足のいく矯正につながらないので注意しましょう。

安いマウスピース矯正でしっかり効果を得る方法

注意点①1日20時間以上装着しないと効果が出ない

マウスピース矯正では、1日20時間以上マウスピースを装着しなければなりません。基本的に食事のとき以外はマウスピースを装着するのが理想的です。

1日20時間以上の装着が守られないと、当初のシミュレーション通りに歯が動かないリスクが高まります。「1日20時間装着」と聞いて自信を失ってしまう人は、自分では着脱できないワイヤー矯正を検討したり、装着管理をサポートしてくれるサービスを選んだりしてみましょう。

継続率97%のマウスピース矯正の詳細を見る

※継続率97%:2022年1月〜10月にOh my teethで矯正を開始したユーザーを対象とした実績値。3人に1人が挫折:自社調査 2021年7月、n=3,000

注意点②チューイーを噛まないと効果が出にくい

マウスピース矯正では、マウスピースを装着するだけでなく「チューイー」も活用します。チューイーとは弾力のあるロール状のチューブのこと。

マウスピースを装着してチューイーを噛むと、マウスピースがしっかり歯にフィットし、効果的に歯を動かすことができます。

チューイーを噛む時間は、1日合計30分程度です。毎食後5分ずつに加え、そのほかの時間でも15分、チューイーを噛む時間を毎日確保しなければなりません。

チューイーを噛むのを怠ると、マウスピースが歯から浮いてしまい、計画通りに歯が動かない原因になりますので、注意してくださいね。

注意点③違和感はすぐに相談しないと矯正計画通りに進まない

格安マウスピース矯正ブランドの中には、基本的には通院せずに矯正を進められるものがあります。通院の手間がないのはメリットですが、その分自己管理の時間が長い点には注意が必要です。

特にマウスピース矯正中「マウスピースが浮いた感じがする」「噛み合わせが変わった気がする」といった違和感は、なるべく早く相談するのがおすすめです。

状況によってはマウスピースの交換時期を調整したり、噛み合わせを調整する治療が必要になったりするケースがあるからです。

違和感を早めに相談すれば、その分リカバリーもしやすくなります。

このほか、以下の動画では矯正期間が長引いてしまう原因を5つ紹介しています。あわせて参考にしてくださいね。

安いマウスピース矯正をおすすめできない人

安いマウスピース矯正を注意すべき人

値段の安いマウスピース矯正は適応症例を限定したり、矯正範囲を限定したりしているため、奥歯から完璧に整えたい人や、歯並びの乱れが重度の人には適しません。

①奥歯から完璧に整えたい人

格安マウスピース矯正には、矯正範囲を前歯のみに限定し、比較的スピーディーになおせるのをコンセプトにしたものがあります。このような部分的な矯正の場合、「奥歯から歯並びを完璧に整えたい」というニーズに対応するのは難しいです。

②噛み合わせの不具合を改善したい人

部分矯正は奥歯を動かすことは難しいため、噛み合わせの調整に対応することも困難です

そのため歯科矯正によって噛み合わせの不具合を改善したいという場合も、安いマウスピース矯正(部分矯正)には適さない可能性があります。

③対応できない歯並びの人

安いマウスピース矯正は、前述したように部分的に歯を動かす部分矯正であるケースが多いです。部分矯正が適応されるのは、基本的に歯並びの乱れの度合いが軽度〜中度のケース。

そのため以下のようなケースでは格安マウスピース矯正は適応されない可能性があります。

  • 抜歯が必要

  • 歯並びのデコボコが重度

  • 出っ歯の度合いが大きい

  • 重度の受け口

  • 前歯が噛み合っていない(開咬)

抜歯が必要なほど歯並びの乱れが重度の場合

歯科矯正で抜歯が必要と診断されるのは「抜歯をしないと歯をきれいに並べられない」と判断されたということ。マウスピース矯正でも歯を動かすスペースを作るために歯の表面を少しだけ削る「IPR(ディスキング・ストリッピング)」を行うことがありますが、抜歯よりもスペースを確保することは難しいです。

なぜならIPRで歯の表面を削るのは、1本あたり約0.5mmまでだからです。両側の歯を最大限削っても、その間に確保できるスペースは約1mmです(たとえば5箇所の歯と歯の間をIPRしたとすると、合計約5mmのスペース確保になる)。

一方、抜歯であれば、左右1本ずつ抜歯すれば約1.5cmのスペースが確保できます。その分大きく歯を動かすことができ、重度の出っ歯などでもきれいに歯を並べられる可能性が高まります。

歯並びの乱れの原因が骨格にある場合

重度の受け口になってしまっている場合、歯並びの問題だけでなく、骨格に問題があることがあります。具体的には、下あごが上あごよりも過剰に発達してしまっているケースです。

軽度の受け口は、歯並びを整えれば改善することもあります。しかし上あごと下あごの骨格バランスに原因がある場合は、外科的な処置が必要になることも。このようなケースでは、部分矯正はもちろん、全体的な歯科矯正(全額矯正)でも外科的な処置も行わないと対応が難しいことがあります。

噛み合わせに問題がある場合

奥歯で噛み合わせても前歯が噛み合わない「開咬(かいこう)」は、マウスピースを使った部分矯正では治療が難しいです。なぜなら開咬の原因は奥歯の噛み合わせに原因があることが多く、局所的な歯科矯正では対応できないことが多いからです。

このように、歯並びの乱れとともに噛み合わせにも問題がある場合は、部分矯正が適応されない可能性があることを知っておきましょう。

安いマウスピース矯正がおすすめの人

安いマウスピース矯正がおすすめの人

逆に、以下のようなタイプの人は、値段の安いマウスピース矯正ブランドがおすすめです。

①歯並びの気になる部分だけでも短期間でなおしたい人

治療範囲を限定してコストを抑えているマウスピース矯正は、笑ったときに見える前歯など部分的に矯正する部分矯正のため、気になる部分だけでも短期間で、低コストで治したいというニーズに適しています

全体矯正だと1〜3年程度かかるところ、部分矯正なら最短2ヶ月程度から治せるケースもあるため、「結婚式までに治したい」「海外留学までにキレイにしておきたい」といったニーズに対応しやすいです。

②なるべくコストをかけずに歯並びの見た目を整えたい人

矯正範囲が限られると期間だけでなく費用も抑えられます。

全体矯正だと100万円程度かかるところ、部分矯正なら30万円程度で済むことも珍しくありません。

③これまで歯科矯正の費用の高さから歯並びをなおすのをあきらめていた人

歯並びにコンプレックスがあるものの、「矯正は高いから自分ができるものではない」と思い込み、長らく悩みを抱えている人はいまだに多いです。実際にマウスピース矯正 Oh my teeth 導入クリニックに来院される方の多くが「矯正は100万円以上かかるイメージでした」と口にしています。

しかしここまで紹介してきた通り、部分矯正なら費用を抑えて歯並びを改善できます。あなたの現状の歯並びと、部分矯正で実現できる歯並びと理想の歯並びがマッチすれば、リーズナブルに矯正ができるのです。

これまで費用の高さから歯並びを治すのを諦めていた人にとって、安いマウスピース矯正は大きな一歩を踏み出す機会になるでしょう。

【まずは無料診断】あなたは安いマウスピース矯正ができる?

安いマウスピース矯正はやめた方がいい?

安いマウスピース矯正は魅力的ですが、あなたの歯並びが適合するかは検査しないとわかりません。

まずはお近くのマウスピース矯正を行っているクリニックに、無料相談に行ってみるのがおすすめです。

マウスピース矯正 Oh my teethでは、リーズナブルな上下前歯の部分矯正プラン(月々3,500円〜)に適合するかどうかを無料で検査できます。

矯正治療をするかどうか、まだ決まっていない段階でも、ぜひお気軽にお越しください。歯科医師があなたの歯並びのお悩みを丁寧にヒアリングした上で、適切な治療法をご提案します。

※月々3,500円とは、上下前歯の部分矯正プランを120回払い(初回3,519円)で支払う場合の分割支払い金額。総額420,019円(税込)。

矯正についてもっと知る

ドクター所属学会(一部)

矯正歯科治療にともなうリスクについて